体調+日記

昨晩は、早くから眠くなってしまい、23時には薬を飲んで寝た。最近めっきり寒くなったので、厚手のパジャマで寝たところ、さすがにまだ早かったようで寝苦しくて5時前に起きてしまった。それと、全身が痒くて……。もう10日以上体を洗っていないと思う。どうにも気力が出なくて、なんとか頭は1日おきくらいに洗えるんだが、どうしても体が洗えない。
結局、二度寝はしたけど、体が痒いのと寝苦しいのと尿意で、何度も起きてしまい、7時過ぎにようやく父が出勤するから起きれるぞ、と思ったら、なんだか聞き覚えのある男性の声が。リフォームを取り仕切ってくれた街の電器屋の兄ちゃんが来ている! あぁ~そういえば、壁に空いた穴の修理と、壁紙の見積もりで、壁紙業者を連れて来るって言ってたっけ~。それにしても、なんでこんな早朝に。体が痒いのと寝苦しいのはもういいけど、尿意がもう我慢できない! ってことで、さくっと着替えて1階へ下りた。電器屋の兄ちゃんに「おはようございます! 朝早くからすみません(苦笑)」と言われて、少し立ち話をするが、「ごめんなさい、トイレ行きたいんで」と断って、トイレへ行った。はぁ~間に合った。
朝からこんな感じだったので、朝食を食べた後もなかなか居眠りできず、しばらくホットカーペットの上でゴロゴロしていたが、ふと気が付くと寝ていたみたいで、9時を過ぎていた。

その後、母が生協の注文用紙を見ていて、「この服いいんじゃない?」と聞いてきたので、見てみたら、私が最後まで悩んだビジュー付きのセーターだった。「それ悩んだんだよねー」とか話してて、最終的に、ビジュー付きのセーターは持っていなかったから、注文をアルパカ混から変えることにした。でも、今考えたら、アルパカ混も持ってないや……。まぁいいか。気に入らなければ返品できるし。
その他、白いショート丈のダウンコートを買うことにした。安かったので。これも気に入らなければ(ry

午後は、久しぶりにヒルナンデスを見た。最近、昼は「ひるおび」を見ることが多かったが、なんだか「ひるおび」がやたらと相撲協会の肩入れをしていて、貴乃花関を悪者だと言っているようで、気分が良くなかった。それで、たまたまヒルナンデスを見たら、ファッションをやっていたので、そのままヒルナンデスを見た。ファッションは面白いけど、植松だっけ。男にモテることしか考えていないところが、ほんとモテないオカマって嫌ね~と思う。世の中の女は、そんなに男のことばかり考えて生活していない。

それが終わったら、久しぶりに考えた系のブログを書いて、風呂に入った。ようやく体を洗えて、すっきりさっぱり。
その後は、初めてブログ村のダイエットカテゴリーを見てみた。なんだか、異世界でした……。摂食障害の人がいっぱいいる……。私、そこまでじゃないし。あんまり参考にならないかなー、って感じ。
とりあえず、踏み台昇降運動を始めて約1か月。ほぼ毎日やってきた。一時期、逆に体重が増えたこともあったけど、ようやく1か月前の体重に戻ってきた。体脂肪率がまだ全然減らないけど、このまま継続していこうかな、と思う。強度はもう少し上げたほうがいいかな。

今日1日、ずっと鼻水がズルズルしていて、夕飯時にも垂れて来る感じだったので、夕食後に風邪薬を飲んだ。今はぴたりと止まっている。風邪薬もあまり飲みたくないんだよね。他科の疾病に影響があるから。でも、明日は絵画教室があるので、どうしても休みたくないし、風邪ひいてる場合じゃない。

精神状態は、朝からイケメンとお喋りできて、若干気分が良かった。イケメンが旦那だと、色々と捗りそうだよなぁ。見るだけで元気出るじゃん。でも最後はやっぱり性格か。まぁ街の電器屋さんは性格も良いですけどね。

ガルモ3は、今日も午前中にやってみたけど、月限定モチーフは出てくれなかった。曜日限定モチーフすら出てくれなかった。とほほ。そう毎日簡単に出してやらないよ、ってことなのかな? がっかりだった。

アキネトンは、昼に抜いているのに、午前中から焦点のブレブレが激しくて、ガルモ3も「モチーフ出ないんなら、もういいや」ってすぐに止めてしまった。ブログ巡回も少ししたんだけど、焦点がブレまくって酔いそうだったので、全然捗らなかった。
それなのに、昼食後に焦点のブレブレが止まった不思議。アキネトン飲んでないのに。体がおかしくなってるのかな? でも、主治医が「離脱症状かもしれないので」って言うから、なんとか耐えて、昼は抜いている。朝夕は欠かしていない。うっかり忘れた、というのも、数を数えたらそれは無かった。どうしたんだろうなぁ?

挨拶ができない人

このタイトルで、数日前に記事を書きかけて、ゴミ箱に捨てていたんだけど、今日11/21は「挨拶の日」だそうなので、良い機会だから記事を書き直すことにした。

どこにでもいるよね、挨拶ができない人。今は、お向かいのおばさんや、作業所の大人しい利用者、支援センターに来ている人などで、挨拶ができない人をちらほら見かける。
挨拶は、学校でも家庭でも地域でも、「して当たり前」という教育を受けて育ったので、挨拶をしない人というのが本当に理解できないんだよね。例えば地域だと、近所のおばさんに家の前で会えば、「おはようございます、良い天気ですね」とか言う。小学生の頃、学校でイジメかなんかあって、帰宅途中に近所のおばさんから話しかけられても無視したことがあって、その時凄い怒られたんだよね。「挨拶もしないとは何事だ」って。で、私が号泣したら、おばさんもさすがに「何かおかしい?」と思ったようで、「学校で何かあったの? おばさんで良ければ聞くよ」と言ってくれて、号泣しながらいじめられたことを話した、って経験がある。
だから、私が挨拶を無視したのって、それくらいで、それ以降はどんなにそれ以外の場で嫌なことがあっても、挨拶だけはしよう、と思うようになった。

それが普通だと思っていたので、特にいがみ合っているわけでもないのに、挨拶しない人っていうのは、やっぱりちょっとなぁ。うーん。どうなの?って思っちゃう。
お向かいのおばさんは、作業所へ行くときや帰りのバスでよく遭遇する。朝は家を出るタイミングが同じだったので、さすがに「おはようございます」とお互いに挨拶したけど、気が付いたらお向かいさんのほうが、家を出る時間を早めにずらしていて、遭遇しないように対策されていた。明らかに避けられている。
帰りのバスも、たまに同じバスに乗るんだけど、見もしないし、挨拶も無い。母曰く、「目が悪いらしい」っていうけど、地元の第一地銀でパートで働いてるのに、そんな目が悪いままにしてて、仕事になるの?って気もする。まぁその働いている先が一流企業だから、天狗になっている、という噂は聞いたことがある。
これが、古くから顔馴染みの近所のおばさんだと、挨拶だけに留まらず、世間話まで始まったりするから、大変だ。

作業所は、私も意外だったんだけど、挨拶をする人のほうが圧倒的に多かった。精神障害だから、コミュニケーションに難がある人が多いのかな、って勝手に思ってたけど、全然そんなことなかった。口数が少なくて、おとなしい男の子でも、こちらから「おはようございます」と声をかければ、「あ、おはようございます」と消え入りそうな声で返してくれる。
ただやっぱり、コミュ障な人も中にはいて、誰に対しても挨拶をしない、っていう人が、いなくはない。数は少ないけど。
作業所の方針としては、先日の勤務で自己反省表みたいなものを書かされた時に、「挨拶ができる」みたいな項目があったので、出来ない人はどんどん指導されていくと思う。

支援センターについてはねぇ。いろいろかな。思っていたよりも挨拶できる人のほうが多いかな。社会人経験が無い人でも、学生時代に部活をやっていた人なんかは、凄く礼儀正しい。これはすごく感じる。立派な企業にお勤めの経験があっても、傲慢な態度で挨拶もしない人も、中にはいる。客商売をやっていた人なんかは、人当たりも柔らかいし、穏やかだし、凄く話しやすい。
あとは、人によって態度を変える人が、私はちょっとかなり苦手だね。よく話す人には挨拶するけど、話さない人には挨拶しない、っていう人。内気なだけなのかもしれないけど、そういうの印象悪いよ、って思う。挨拶って、仲が良くなくてもお互いギスギスしないための、潤滑油のようなものじゃん。それをしないというのは、どうなのかな、って思うわけ。
支援センターの挨拶って、部屋に入るときに「こんにちは」「お疲れ様でーす」って言ったり、帰る時に「お先に失礼します」「帰ります」「お疲れさまでした」等を言うだけなんだけど、たったこれだけができない人がたまにいるので、「なんで?」ってなっちゃう。言うだけだよ? そんな労力要らないだろうに。
しかも、作業所と違って指導する人がいないので、傲慢な人はいつまで経っても傲慢だし、内気な人はいつまで経っても内気。性格は変えられないとか、それも個性とか、言う人がいるけど、最低限の集団行動がとれないと、地震や災害などの非常時に困るよ? まぁ支援センターは、いざと言う時にはセンターを利用者に開放する、と言っていたような気がする。確かに、重度障害者は地域で指定された避難所では生活ができないと思う。

いずれにしても、挨拶は出来たほうが気持ちがいい。それは、私が支援センターへ通い始めたばかりの頃、一人の女性利用者がとても礼儀正しく、挨拶もきちんとしていて、「わ、凄くしっかりしているな、私も見習わないと」と思ったことがきっかけだ。勿論、それ以前から挨拶はきちんとするように心がけているというか、躾と教育で身に付いていると思っていたけど、より一層、気を付けていかないと、と思った。

体調+ガルモ3のモチーフ2ゲット

昨晩はかなり早い段階から眠くなってしまい、23時には薬を飲んで寝てしまった。朝は寒かったせいか、4時半頃に尿意で目が覚め、トイレへ行った。自室に戻って二度寝をしたが、やっぱり寒いせいか何度も目が覚めてしまう。7時半頃にリビングへ下りて、ホットカーペットの上で30分ほど寝て、朝食を食べた。なんだか食欲が無く、食パンは1枚が多くて食べられそうに無かったので、半分にした。
そのあと母が出かけ、私はまたホットカーペットの上でゴロゴロしていた。なんだかやる気が出ない。寒さが半端ない。そのうち、またコートをどれ買うか、あるいは買わないか、ウール混が欲しい、今の時期に着る中綿も欲しい、と買い物に関する考えがポンポン頭の中に湧いて出て、気が狂いそうだったので、慌てて頓服を飲んだ。しかし、あまり効いてくれなくて、しばらく悶々としていた。

11時頃、ふと思い立ってガルモ3をプレイし始めた。モチーフが欲しいのだ。適当に街をぶらついていると、嬉しいことに「♪」マークの女性を発見。早速話しかけて、「空の絵」をゲットし、「おえかきセット」を開発してもらった。
昨日、バラのモチーフを11月限定のモチーフと書いたけど、それは間違いみたい。曜日限定みたい。「おえかきセット」も月曜日限定なのだそうだ。あぁ~じゃあ11月限定モチーフはどこでもらえるんだ~?

昼食はカップ焼きそばを食べ、そのあと洗濯をした。激烈に何もやる気が起きないけど、洗濯はやらないと溜まっちゃうし、なんとか頑張った。
実家に住んでいるのに、なんで自分で洗濯をしているのかというと、うちは洗濯を干すのが主に父の仕事で、下着とか、まぁ普通の服もそうだけど、絶対に触られたくも無ければ見られたくも無いので、渋々自分でやっている。

風呂は、体を洗おうかと思ったんだが、やっぱりだるくて、とてもそれどころじゃなくて、諦めた。そうこうしているうちに母が帰宅し、ミスタードーナツを買ってきたので、それを食べた。また太りそう……。
というわけで、踏み台昇降運動をやった。10分。やっぱり10分じゃ足りないんだろうなぁ。あまり汗をかかなかった。ただ、運動するタイミングは一応気を付けている。空腹時や食前にしている。つまり、ドーナツを食べた直後には運動していないで、夕食を食べる直前に運動した。食後は血管内に糖がたくさん流れていて、運動してもその糖が使われるだけで、体脂肪は使われない、と聞いたので。本当かな?

過敏性腸症候群は、やばかった。朝、午後2回と出た。午後はそりゃもう大量に出て、トイレが詰まるかと思った。お腹も痛かったし。ちなみに、今日はトランコロンもイリボーも飲んでいない。イリボーを数日連続で飲むと、血中濃度が上がるのか、その後5~6日便秘になる。かといって、今回みたいに何も飲まないと、こんな腹痛になるし。

アキネトン減薬は、焦点のブレブレは確かに慣れてきたというか、あまり気にならなくなってきたけど、倦怠感や疲労感が、いまだに抜けないのが、もしかして離脱症状なのかなぁとも思うわけで。
というのも、午後からの疲労感が異常。午前はまだ体が軽い。最近、夜の歯磨きも立ってすることが出来ず、ダイニングの椅子に座ってやってる。私は歯磨きに10分以上かかるんだけど、その時間が立ってられないのだ。日中、バスを待つとかはできるので、夜に疲労が溜まり切っている状態で、体力が出ないんだと思う。
しっかし、40代でこの衰えはまずいよ。そのうちの半分は、脂肪の多さも原因にあると思う。体脂肪率37%だからね。働いていた頃は17%だったのに。どこでこうなった?

体調+ガルモ3のモチーフゲット

昨晩は普通に深夜0時頃に薬を飲んで寝た。中途覚醒も無く、4時半頃に目が覚めて、二度寝して5時6時7時と目が覚めた。今日は姪っ子の運動会で、両親とも早朝から出かけることを忘れており、8時まで何度も寝直してしまった。
8時半に起きたら、リビングには誰もおらず、そこでようやく運動会のことを思い出した。これならもっと早く起きれば良かった。朝食を食べ、だらだらしようと思ったが、ガルモ3で11月限定のメイクセットのモチーフが午前中にしか出ないので、慌てて3DSを起動し、ガルモ3をプレイした。すると、バラ園に「♪」マークが出ているではないか。早速訪れてバラのモチーフをゲット。やったね。あと10日で、もう1つのモチーフ、取れるかなあ?
そのあとは、ペプシのヘッドフォンの応募はがきを作っていた。

昼は当然自炊で、パスタを作った。今の麺が無くなったら、ポポロスパの低糖質パスタを買ってみようと思ったんだが、カップラーメンでも食パンでも、低糖質のものは激烈に不味かったので、どうしようか迷っている。多分、美味しくないんだろうな……。やっぱ止めるか?
その後、なんやかんやであっという間に15時になり、風呂を沸かしていたら、母から電話があって「メール見て」とのこと。私はPC宛のメールはちょいちょいチェックするが、携帯のほうは電話着信などのチェックもほとんどしなくて、たまに失礼を働いてしまうことがある。ので、最低限、夕方17時前に一度チェックするようにはしているんだが、15時という時間だとチェックしない。
携帯をチェックしに自室に戻ると、「今電車の中だから電話ができない。夕飯は何がいい?」みたいな内容のメールだった。なんだかすごく過食をしたくて、「豚カツ」と返して、風呂に入った。あがってくると、「豚カツだと、ご飯が無いから、炊いておいてね」とあって、今日も作業所の疲れがまだ抜けないのか、激烈に疲れていて、風呂も頭を洗うのが精いっぱいで、体が洗えなかったくらいなので、今からコメ洗って炊飯器セットするの無理だわ、と思って、「無理だから、寿司に変えて」と返信を送った。
すると、「もう豚カツ買っちゃいました」と返ってきた……。どんだけ帰宅が早いんだよ。まぁ最終的には、冷凍のご飯があったから、それを食べたんだけどね。

それにしても、過食するつもりで頼んだ豚カツだけど、8割食べた時点でだいぶ「もうお腹いっぱいです」だった。ご飯も180gくらいあって、お茶碗に盛った時にテンコ盛りになっていたので、最初はそれを見て「よおし、たらふく食べてやるぞー」と思っていたのに、いざ食べてみたら、全然食べられなくて、50gくらいは残してしまった。意外と入らないもんなんだな……。やっぱり普段食べている量くらいしか食べられないのか。

精神状態は、これといって変化が無く、安定していたように思う。ただ、肉体疲労が酷い。それに伴うのか、あるいは精神的にも疲れているのか分からないけど、やる気も出ない。ぐったりしてしまう。まぁ久しぶりに作業所へ行って働いたんだから、そりゃ疲れるよね。明日は地元の百貨店に買い物に行こうと思っていたけど、無理かもしれない。
というか、なんか、私ごときが百貨店のようなセレブな人たちが行く所で買い物していいのか、とか思っている。だってやっぱり高いしさ。コート買いたいんだけど、入ってるテナントのWebショップを見たら、軒並み4万5万しますからね。
そして、それだけなら良いんだけど、今の私だと、散財しかねない可能性がある、ということが問題なわけで。確かに欲しいものはいっぱいあるんだけど、欲望のままに買っていたら駄目なわけで、コート2着、靴1足くらいが欲しいなぁとは思っているんだけど、それやると、10万いっちゃう。……。まずいよな。母に付いてきてもらえるなら、付いてきてもらったほうがいいし、もっと言えば、ネット通販で買ってしまいたい。
なんだろうなぁ。もうハッキリ言って私、肥満じゃん。Lサイズでもキツイ服があるくらいだから、下手すると、LLか、13号か。もう普通のお洒落なブランドのお店には、売ってないサイズなんだよね。すると、店員に「うちの服が入らないようなデブが来たw」って思われるの、嫌じゃん。その点、ネット通販は自宅で誰にも見られずに試着できるから、怖くないんだよね。

過敏性腸症候群については、トランコロンを飲んでいたけど、緊張感からか、夜に若干の排便があった。

アキネトンの減薬は、今日はいつもより焦点のブレブレが気にならなかった。離脱症状が緩和されつつあるのだろうか?

体調

昨晩は、調子こいてアルコール度数9%の缶チューハイを飲んだせいか、なんだか気持ち悪くなっちゃって、なかなか吐き気が治まらないので、指を喉に突っ込んで胃液を吐いたら、少し落ち着いた。でもそこまで結構時間を浪費してしまい、寝る準備が出来たのが深夜1時を過ぎていた。
それなのに、朝はまた5時くらいに目が覚めた。凄いなー。体内時計が出来上がっているのかな? まぁそこできちんと起きずに、二度寝してしまうから、あんまり意味は無いんだけどね。作業所でいろんな人の話を聞くと、多くの人が21時に寝て、朝5時6時に起きる、と言っていた。夜更かし大好きな私には、ちょっとその生活サイクルは出来そうに無いよ……。
その後、8時過ぎに目が覚めて、リビングへ下りたが、激烈に眠くて、ホットカーペットの上で30分ほど寝てしまった。慌ててご飯を食べて、午前中は来月の作業所の出勤日を考えたり、もらった書類を読んだりしていた。

昼ご飯は冷凍のたこ焼き。母の分まで作ってあげた。母は普通の火を使う料理はとても上手いんだが、電子レンジで調理する料理は、何故か失敗する。というわけで、私が作った。こんなの、失敗しようが無いと思うんだがなぁ。
そのあと1時間ほど昼寝をして、いつも通りおやつを食べ、ゲームをしたりして、踏み台昇降運動をやった。やはり太ももの筋肉が熱いです。今も熱い。手で触っても熱いと感じる。筋肉付いてるのかな。本当なら、今日は外出していないので、15分を2セットやりたいところだけど、昨日久しぶりの作業所で仕事をしてきて、バッテバテに疲れていたので、10分しか出来なかった。

ホント疲労感が凄い。昨日の夜から酷かったけど、今日はなお酷い。倦怠感と眠気で、これといったことが何も出来なかった。いや、録画を何本か見たか。5分程度のものとか。
私、金曜日の22:54からやってる「100年の音楽」ってプチ番組が好きで、録画に録ってるんだよ。川井郁子さんのバイオリンが好きで、いろんな素敵な曲をバイオリンにアレンジして紹介してくれるので、ひそかに楽しみにしている。これCMも含めて5分だから、見る(聴く)のに負担がかからないんだよね~。なにしろ楽しいし。

それにしても踏み台昇降運動。恥ずかしい話、意識しないと、足と手が一緒に出ちゃうんだよね……。どうしてだろう? いつも左足から踏み出すんだけど、左手が一緒に出ちゃう。で、慌てて直す。普通の道を歩く時は、手足が一緒に出ているわけではないと思うけど、どうかな? 今度意識してみよう。

昼のアキネトン抜きは、どうなのかなぁ。やっぱり焦点がブレブレだし、夕方には、足のソワソワ感が若干あって、イライラしてしまったので、抜くのは難しいのかな、と思わなくも無い。でも、これ以上認知機能が衰えるのは嫌だし、減らしたいんだよね。
ところで、アキネトンの離脱症状がありうる問題なのかどうか、軽くWeb検索してみたら、そのものズバリの記事があり、減薬方法としても、私が今やっている昼抜きの方法が紹介されていたので、偶然って怖いと思った。

体調と作業所考

昨晩は、今日にB型作業所の勤務があるから、早めに寝ようと22時半過ぎには薬を飲んで布団に入ったのだが、数分で猛烈な便意に襲われ、慌てて電気をつけてトイレへ行った。しかし、ガスすら出ず、お腹がグルグルと鳴っているだけだった。まずい、このままで明日、作業所へ行けるんだろうか?と、とても不安になってしまった。でも、布団に戻ったらものの数分で寝てしまったようだった。
朝は4時半過ぎに目が覚めたが、すぐに二度寝した。その後、5時6時と目が覚め、7時過ぎに起きた。この時点では、作業所へは全然行きたくなくて、どうしようかな、と悩んでいた。しかし、とりあえずご飯を食べて、身支度をして、とやっていたら、出かけられる態勢だけは整った。母が車で送ってくれるというので、出かける時間が30分遅く済む。バス停での待ち時間も無いし、それでかなり助けられた面はあった。

作業所での勤務とモニタリングが終わり、支援センターでくつろいでいたら、色んな人が「大丈夫だったー?」と声をかけてくれた。みんな私が作業所を休んでいたことを知ってるんだな。情報が筒抜けなんですけど。ま、いいか。
正直言って、今日作業所へ実際に行って働くまでは、というか、もっと飛んで帰宅するまでは、作業所へ行く価値が無いと思っていた。私には、作業所での仕事はレベルが低いといったら失礼かもしれないけど、まぁ実際軽作業がメインで、頭脳労働じゃないし、物足りないのは事実なんだけど、じゃあ今の私に頭脳労働が出来るか?と言われたら、出来ないだろうな、とも思うわけで。
そういうことを考えていたので、朝の時点で気持ちの9割くらいは、作業所を辞めるつもりでいた。でも、実際に1時間半作業してみて、作業に没頭して時間を忘れるとか、絵画教室以来のことだし、職員や他の利用者と話したり、あるいは安否を確認しあったりするのが、とても心地よかった。
というわけで、作業所の利用を継続することにした。他の仕事をするんでも、こんなにしょっちゅう休んでたらすぐクビになるだろうし、体力作りをするなら、私にはもうここしか残されていない。せめて週2日、勤務が出来るようになってから辞めたい。

精神状態は、ちょっとハイテンションだったかな? 支援センターの廊下で職員と話していたら、私の高笑いの声が室内にまで届いたみたいで、センターの部屋に入った途端、いつも仲良くしてくれてる男性に「きゃははは!」と物真似された……。「笑い声響いてたよ」だって。くっそー。分かってるよ。軽躁状態がまだ残っているんだろうなぁ。自分でも「あーちょっとテンションがおかしいー」と思ってたもん。自覚あるよ。でも止められないんだよ。

過敏性腸症候群は、今日は朝にイリボーを飲んでいった。便意は無く、平穏無事に、と言いたいところだが、ガスが……。物凄い勢いでガスが出そうで、マジで我慢するのがつらかった。我慢すると、お腹が「ボコンッ」と鳴ったりして、恥ずかしかった。どうにかならんかねぇ?

久々に作業所復帰 午後はモニタリング

9/1に勤務して以来、ずっと休んでいた作業所だが、ようやくなんとか復帰することが出来た。朝、出勤してくるのが本当につらかったけど、母に送ってもらって、なんとか出勤することが出来た。なので、まぁまだ完全復帰というわけじゃないんだけどね。
従業員室へ行くと、みんなが「erikoさん、久しぶり! 大丈夫だったの?」と心配してくれて、なんだかご心配をおかけして申し訳ありません、という感じだった。「ちょっと鬱が酷くてね」と話した。
出勤日を記入した出勤表が無かったので、職員室に取りに行ったら、職員にも復帰を歓迎されて、とても嬉しかった。職員には、足の怪我も話してあったので、その心配をされた。「割れた爪が伸びてきた」と話したら、「そんなことがあるんだね」とビックリされた。職員側から手渡される書類もいくつかあって、それを受け取った。私の担当職員が、「午後はモニタリングで良いかな?」と言ってきたので、「大丈夫です!」と答えた。もしかしたら、勤務の疲れが出るかもしれないけど、その時はその時で言えばいいや、と思った。

仕事は、外部委託された金券を扱う仕事だった。私と、かなり神経質そうで仕事が丁寧な男性が、結構神経を使う仕事を任され、知的障害と思われる利用者が、簡単な仕事を割り振られたのだが。一部の知的障害者がミス連発で、それを注意する職員も若干イラつき気味なのが分かった。
なんだろうなぁ。うちは、知的と精神の両方に対応しているB型作業所だけど、正直言って、知的は専門の所へ行ったほうが、本人のためでもあるんじゃないかなぁと思った。というのも、仕事が一段落して、昼休憩になったとき、ミスしまくっていた人が「ああー間違ってばかり、私、だめだー」と頭を叩いて自分を責めていた。こんな精神状態になるんじゃ、本人のためにも良くないよね。

その後、配布された資料を改めて見たら、工賃に対する規定が変わっていた。一部、歩合給のようなシステムが取り入れられるらしい。そりゃそうだろう、って思った。例えばキッチンなど、責任が重くて、肉体的にもキツい担当と、内職係が同じ時給なのは、おかしいなぁと思っていた。キッチンはもっと多めに出してあげてもいいと思う。
あと、同じ内職でも、ミスの多い人とミスの少ない私(と自分で言うのもなんだが)が同じ時給なのも、なんだかなぁと思っていた。それがいくらか解消されるのなら、歓迎かな、と思った。

午前の仕事は思っていたよりも疲れず、むしろ集中していたので、あっという間に1時間半が過ぎた。
午後は昼食を食べたあと、面談室でモニタリングを行った。過去ログを漁ると、9/1にモニタリングを行った、とあるので、あれ?と思ったんだが、それは支援センターのほうのモニタリングだったようだ。作業所は作業所で別にやらなきゃいけないんだよな……。

モニタリングは、雑談から始まって、過去半年の振り返りを行った。週2日出勤する計画は頓挫したが、1日の勤務時間を延ばす計画はクリアできたので、とんとんじゃないか、と話した。
他は、出店に2か所行けたのも良かった。今後も行きたい、と話したところ、「小学校などの学校系はどう?」と聞かれた。近場でなければ行きたい、と話すと、「やっぱり近所は嫌?」と聞かれたので、「なまじ顔が広いので、近所のおばちゃんに声をかけられたら嫌だなと思って」と答えた。
顔が広いのは、私じゃなくて母なんだけどね。「〇〇さんの娘さん?似てるけど」って言われることが本当に多い。近所の小学校・中学校のバザーなどだと、確実に近所の人が行くので、顔を合わせるのが嫌なんだよなぁ。やっぱり病気のことを聞かれたら嫌だし。

それで、担当職員が最初から最後まで、何度も何度も繰り返し「言っておきたいこと無い? 相談したいこと無い? 困ってること無い?」としつこいくらいに聞いてくるので、どうしようかなぁとかなり相当悩んだんだけど、思い切って、長期休暇をもらう前に起きたトラブルを話した。
すると、「それね。他の人からもその話、出ているの。erikoさんだけじゃないの。よく言ってくれたね」と言われた。そうだったのか。確かに、そのトラブルがあった時に、何人か別の利用者がいたのは覚えているんだけど、誰だったかまでは覚えてなくて、あぁそうなんだ、とだけ思った。
そして、そのトラブルに巻き込まれた利用者が、精神状態を崩した、という話を聞かされ、驚愕してしまった。私はなんともなかった、というのは嘘か。多分、作業所に行けなくなったり、鬱になったりした遠因は、このトラブルかもしれない。担当職員はかなり神経を使っていたみたいで、「erikoさんは悪くないんだからね」と何度も繰り返し言っていた。
1時間くらいでモニタリングは終わった。人と話すのも疲れるね。

体調

昨晩は23時半過ぎに薬を飲んで寝た。楽しい妄想をしてあっという間に寝られた。中途覚醒も無く、5時過ぎに目が覚めたが、トイレには行かず、そのまま二度寝した。そこからは眠りが浅く、何度も寝起きを繰り返して、8時15分前に起きた。
朝食を食べる前に、リビングのホットカーペットで少し寝た。多分、自室で寝られなかったのは寒かったからだと思う。今季一番の冷え込みらしい。

そのあとはいつも通り、なんだかダラダラとブログ巡回、ピグライフなどをやっていた。昼食前に踏み台昇降運動を10分やった。何故か5分を過ぎたあたりから汗をかき始めた。どうしたんだろう? 体力、戻っちゃったのかな。でも、体の異変は若干感じてはいる。足が組めなくなったのだ。そう、太ももが太くなったみたいで、足が引っかからない。これは単純に踏み台昇降運動の効果で太ももに筋肉が付いたのか、それとも肥満で脂肪が付いたのか、分からないけど、ただ言えるのは、体重と体脂肪率が少しだけ減ってきたということ。もしかしてこのまま続ければ、減るのかもしれない。腹筋の時もそうだったが、とりあえず3か月は続けてみたい。
そういや、腹筋は秋の激鬱祭りをきっかけに、まったくやらなくなってしまった。筋トレ自体が、私の他科の疾病に悪影響だとかで、あまり推奨されていないんだよな。だから、やりたくなくなったんだけど。

午後は風呂に入ったり、洗濯をしたり、ペプシスペシャルの懸賞、限定ヘッドホンが当たる、というやつの応募はがきを作ったりしていた。
ふとエアコンを見上げると、白いはずのルーバーが真っ黒なことに気が付いた! ひえー! 戦慄が走ったよ。これカビじゃん! 私の部屋のエアコンがカビだらけじゃん! なんでこんなことになってるのよ。思わず、吐き気が込み上げた。今まで、こんなカビだらけの空気の中で生活していたのか。最近、朝起きた時に喉が痛いのは、このせいか? 色々考えてしまった。
慌てて母に、業者に連絡してもらうよう頼んだ。まだ日取りは決まってないが、出来れば今年中にエアコンの丸ごと掃除をやってもらいたい。

昼のアキネトンを抜いてみたが、やはり視界がブレまくる。主治医曰く、離脱症状だということで、しばらく抜いて様子を見て欲しい、とのことだが、結構つらい。ちょっと酔うような感じになることがある。

やっぱり最近、ドラマが見れない。見る集中力が持たない。ゲームをするんでも、10分おきくらいに休み休みやっていた。見ていられないのだ。それはアキネトンの離脱症状のせいも、少しはあるかもしれないけど、やっぱり認知機能障害のほうが大きいんじゃないかな、と思った。

ガルモ3難しくなってきた

昨日のメンクリの薬局で、待ち時間が30分くらいあると言われたので、ガルモ3をやっていたんだけど、その前にファッションショーが失敗して、「お客さんは満足しなかったみたい」みたいなことを言われて、お店にショーに使った服を求める客が殺到してくれなくて、それどころか何を求めているのかまったく分からない客ばかり殺到して、出す服出す服「それじゃない」と言われていた。
だから、昨日も「どうせ変な客しか来ないんだろうな」と思ったんだけど、1日経ったらリセットされたのか、比較的分かりやすい客が来てくれて、色々と捗った。
今日は、午前中が今月のメイクセットのモチーフが出る時間帯だという情報をゲットしたので、せっせこやっていたけど、全然出てくれなかった。必ず出るわけじゃないのか。ちょっとがっかりした眠気を我慢して頑張ったのに。

失敗したファッションショーというのは、「ハジける文化祭コーデ」で、文化祭といったら学校、プレッピーなベイカーブリッジだと思うじゃん? だから、普通に無難にベイカーブリッジで固めたら、味方のお姉さん方に「おとなしいコーデね」とか言われて、「あれ? もしかして間違えた? いやそんなはずは……」って感じで、とりあえずショーに突入したんだけど、終わったら男の人に「残念だったね」みたいなこと言われるし、あぁやっぱり失敗したんだ、って分かった。
というか、ショーの最中に、他のモデルが全然プレッピーじゃないので、失敗したのは分かってた。
そこで、じゃあ何が「ハジける文化祭コーデ」の正解なのか、って話だよね? そこで色々お客さんと会話していたら、トルテポルテのお客さんが「個性的で素敵!ハジけてていい!」みたいなことを言ったのかな? それで、「あ、これだ!」と。で、今日もガルモ3をプレイしていたら、ショー会場が満席になったので、早速「ハジける文化祭コーデ」でトルテポルテで固めてみてやってみた。
そしたら、見事に当たり! ショーは大成功だねって言われて、無事に終わりました! やったね。

それにしても、ガルモ3、なかなか難しくなってきた。秋冬のコーデは、上着を着せてあげたいんだけど、上着を着せると予算オーバーになることが多々ある。それで泣く泣く上着を止めると、「これじゃ寒い」……。どうしろっちゅーねん。
あとは、いまだに「カノコイ」と「SOYMILK」の違いが分からないよ~。お客さんで、アジアンな感じ(に見えた)の服を着てて、「私に会う服をお願い」と言うので、カノコイで出したら、「これじゃない」だって。もう何が何だか分からない。よく似てるよね?

体調

昨晩は深夜0時頃に薬を飲んで寝た。中途覚醒はせず、5時過ぎに尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝。その後、7時8時と起きたが眠く、8時半に起きた。朝食を食べてゴロゴロしようとしたら、母が出かけるというので、母の留守中に来客があったら出なくてはいけないから、慌てて着替えた。
日中はピグライフをやったり、ブログ巡回をしたり。最近、ブログ巡回が楽しい。今までは精神疾患系のブログを読むことが多かったが、他のカテゴリーを見たら、もっと面白いブログがたくさんあって、色々と見ている。

昼食後、13時半頃に急に便意があって、トイレへ行ったら大量に排便した。食後にトランコロンを飲んでいたが、この便意のままだと、メンクリへの通院に差し障ると思って、慌ててイリボーを飲んだ。しかし、急には効かないんだね。30分後くらいにもまた便意があり、今度は下痢。そして出かける直前にもトイレへ行って、なんとか間に合った。
メンクリから帰宅して、夕食を食べて、ペプシを飲んでいたら、また下痢。半分残して明日飲むことにした。

それにしても今日の診察は楽しかったなぁ。主治医は、緑色のアンゴラっぽいセーターを着ていた。以前は若草色のカーディガンを愛用していたし、本当に緑色が好きなんだと思う。ちょっと変わった色だから目立つ。そして、毛玉だらけだから目立つ……。