ドラマ『あなたには帰る家がある』第3話

いや~今回も下衆い展開だったねぇ~。←完全に楽しんでる。
玉木宏は、もう開き直って「浮気しているほうが良い」みたいなこと言ってるし、こりゃ完全に頭いかれちゃってます。確かに、好きな人がいるのは良いことだろうけど、浮気はいかんだろうよ。まぁ百歩譲って、1度の過ちは許そう。でも、2度3度はダメだ。でも、こういう既婚者、いるんだろうなぁ。

山か何かのシーンで、秀明が綾子とデートしてて、ひそかに盛り上がってる最中に、真弓が来たときは、それこそ「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と思ったね。そして、秀明のあのテンパりようと言ったら無かった。ほんとみっともない。私なら、あのオタオタした姿を見ただけで、百年の恋も冷めるわ。

それが終わったら、茄子田先生宅で、遂に4人が大集合w もう下衆いワクワクが止まりませんw 茄子田先生、これ絶対分かってやってるだろう、って思っちゃう。本当の所はどうなのかな?
私は前回の2回目の放送で、茄子田先生と奥さんが結託して、美人局やってるのかな、と思ってた。今でも思ってる。でも多分、違うような気がする。どうだろうか?
にしても、茄子田先生は怖いな~。奥さん(綾子)を完全に支配してる。でも、綾子は秀明に対してはとても大胆で、愛の言葉を求めている。このあたりで、どうしてもこの綾子という女を信用できないのだよね。茄子田先生の言いなりになっているのも演技のうちというか。いや、ドラマだから全部演技なんだけどさ。

真弓が遂に浮気に気が付いて、っていうか前回のクレカの明細で気が付いて、秀明にそのことをそれとなく確認するシーンは、さすが名女優・名俳優って感じで、緊迫感が伝わってきて、とても良かった。この2人、ほんと演技、上手いね。

両家の家族でバーベキューしているシーンは、秀明があまりにも挙動不審で、それを見つめる茄子田先生が怖くて、笑うに笑えなかった。緊迫感が凄い。
そして遂に茄子田先生が不倫のこと(でも多分、茄子田先生と真弓が考えている相手は違う)を話した時に、真弓が言った長台詞が凄いなと思った。1回や2回の浮気がどうだっていうの、みたいなやつ。真弓も、そうでも言ってないと心が壊れそうなんだろうな、と思った。そりゃそうだよね、夫を信じて10年以上生活してきて、裏切られたわけだから、正常な精神ではいられないだろうよ。

にしても、茄子田先生の息子が「うち、普通の家じゃないから」と言ったのは、物凄く意味深だなぁ。
言われるまでも無く、今までのたった3回のドラマで、茄子田家はちょっと異様な家庭として描かれているんだけど、子供も気が付いていたのが可哀相な話だ。まぁ綾子が台所で、鬼気迫る様子で料理をしている時に、息子が通りかかってチラ見しているシーンで、なんかあるな、とは思っていたけど。
炊事場で綾子(と秀明)が歌ってたの、「雨に歌えば」だと思うんだけど、あれを意味ありげに炊事場で歌うのが、怖かった。やっぱり絶対この綾子、おかしいよ。ゴミ捨て場で秀明とキスしたりするのも、あまりにもリスキーだし。

最後、浮気がバレて、相手も分かっちゃって、いや~見ごたえあるな~って感じでした。ホントこれ、「嘘もつけないくせに浮気なんかしてんじゃないよ!」が名言です。浮気するくらいなら、バレずにこそこそこっそりやれよと言いたい。バレるような浮気なら、絶対にするべきじゃないね。4人(今回は家庭持ちだから、子供も)が傷付くから。
秀明が最悪だったのは、本妻との結婚記念日に、よその女と48000円もするホテルで浮気していたことだろうな。これは普通の女性は許せないでしょう。条件が悪すぎる。ただのなんでもない日に、休憩4800円の郊外のラブホで浮気していたら、まぁ一時の気の迷いでしょ、とも思えるけど、秀明の条件は、本気と受け止められてもおかしくない。

でも、今後の展開が気になるね。たった3回でここまで話を持ってきたのは、早すぎないか?と思うんだけど、どうなんだろう?

ドラマ『特捜9』第2話

リビングでテレビを見ていた母と話していたら、たまたまこの『特捜9』が始まったので、流れで見てしまった。録画はしてあったのだが、まだ見ていなくて、見よう見ようと思っていたところだったので、ちょうど良かった。

この回は、推理が苦手な私でも、超序盤で犯人があっさり分かってしまった。分かりやすすぎだろう、これ。被害者の婚約者が、あまりにもあからさまに態度がおかしいって、疑ってくださいと言わんばかりだ。それでも見続けたのは、個人的に好きな俳優である吹越満と、あんまり興味の無い俳優の田口浩正のコンビが面白いからだ。多分、捜査一課9係の時代から時々見ている主な理由は、このコンビにあると言っても過言ではない。
トリックも単純で、流石に序盤は分からなかったけど、中盤にはもう死体の状況から、睡眠薬を使われて、冷凍庫等の冷たい所に放置されて死んだんだな、って分かった。唯一分からなかったのは、防犯カメラの録画で、再生している時は録画されない、という古い機械の特徴を逆手に取ったトリックだった。

でもまぁほんと、よくできてるドラマだと思った。楽しかった。犯人がなんとなく分かってて、それでも楽しめるドラマというのは、そう無いだろう。

ドラマ『あなたには帰る家がある』第2話

いやーむちゃくちゃ気になる、面白いドラマが始まったねぇ。『あなたには帰る家がある』。これ初回は全然ノーチェックで見てなかったんだけど、先週の日曜だったか、日中に再放送版をやっていて、それを途中から見て、ものの5分で「こりゃ面白い!」と思って目が釘付けになってしまった。

で、第2話なんだけど、木村多江の薄幸そうな雰囲気が、ある特定の男性には受けるんだろうな~って物凄く良く分かるドラマになっていて、見ててハラハラした。木村多江の旦那役が、これまた不機嫌そうな役をやらせたら定評のあるユースケ・サンタマリアで、横暴な夫に、つき従う気弱な妻、って設定が物凄く利いてるなと思った。
でもさぁ。夫に弱そうに振舞ってるけど、「寂しい」って言って男に、それも既婚者に甘えてみたりするあたり、この木村多江演じる綾子も、なかなかしたたかな女だと思うよ?

一方の、中谷美紀演じる真弓は、気が強くて姉さん女房で、って感じなんだけど、これどうなんでしょうねぇ? 髪の毛もショートカットだし、気も強いし、確かにユースケの言う通り、少しは女らしくしてないと、夫に相手にされなくなる、って気もするんだよねぇ。
銀座築地でデートの約束をしていたのに、当日ドタキャンされたりするのは、本当に可哀相と思ってしまった。ありゃ無いわ。理由が仕事でも、無いかなぁ。

今回は、いつあの浮気がバレるか、冷や冷やしたけど、最後にクレカの明細でバレたっぽくて、あぁ男ってバカですね、って思いました。

ドラマ『アンナチュラル』最終話

ドラマ全然見れてないけど、なんとか『アンナチュラル』最終話だけ見た。
案の定、前半の話が全然分からなくて、ついて行けなかった。でも、石原さとみは随分良い演技をするなぁってことは、凄く感じた。死亡鑑定に嘘は付けないみたいな話の時は、凛としてたし、後半の、被告人の裁判では、「同情します」ってセリフのところ、迫力が凄くて、惹き込まれた。声もドスが利いてて、こんな風にプライドを刺激されたら、そりゃ被告人も喋りたくなるよなぁと思った。

ドラマ『アンナチュラル』第3話

支援センターの職員が、ドラマ『アンナチュラル』が面白いよ、と言っていたので、もう第3話になってしまったけど、録画して見てみた。
職員が言っていたように、傷跡やそのホルマリン漬けなどが出てきて、かなりグロいんだけど、それを上回る面白さがあると思った。特に第3話では、女性の職業人が社会、あるいは男性にどれくらい信用してもらえるのか、みたいな話題性もあって、凄く感心した。この第3話では、女性法医学者は依頼人にも社会にも信用されない、という感じで最後まで描かれていて、ちょっと残念に思った。最後くらいどんでん返しで、女性法医学者でも十分にやっていけるんだ、ってところを見たかったのにな。
でも、もしかしたらこれは伏線で、このドラマ全体の終盤には、女性法医学者でも信用してもらえる、というエピソードが出て来るのかもしれない。それに期待したい。

このドラマが好感を持てた所はもう1つあって、ホルマリンの成分分析をした時に、成分結果がきちんと元素記号のみで出ていたところ。この手の専門分析機器って、だいたいその道の専門家が使うわけだから、いちいち成分を日本語名に表記することは、まず無いと思われる。
そういう意味で、いまいち感情移入できないのが、科捜研の女。あれは成分分析などもいちいち日本語名表記するし、映像や画像の矩形選択を、マウスやタッチパッドではなく、キーボードで行う。特に後者は、現実にはありえないと思う。

最終的に、中堂が法廷に立って証言をして、事無きを得たわけだが、この中堂って、ARATAに似てるなぁ~って思ったら、名前を改めた井浦新さんだった! ぎゃあ~! ARATAの頃から好きだよ~。イケメンだよね~。そして、今注目株の可愛い窪田正孝君も出ている!
それに、この第3話では吹越満が出てきて、個人的に大好きな俳優さんなので、もうなんというか、目の保養? 私的神回?と思いました。

ドラマ『99.9』第2話 雑感

ようやくドラマ『99.9』第2話を見た。
今回は、深山のお父さんの事件の話。これSeason1からチラチラ出ていた話なので、もっと引っ張るんだろうと思っていたら、この第2話だけで解決してしまい、拍子抜けした。マジでこのテンポで良いの?
深山のお父さんが冤罪だったのは分かるとして、じゃあ犯人は誰だったんだ?という問題も、わりとありがちな展開で、現場のおまわりさんだった、というオチ。ドラマ全体の雰囲気は、法曹界全般に対する問題提起のように思われるけど、ことこの第2話に関しては、ありきたりだな、という印象だった。
それでも、相変わらずのダジャレ合戦は面白かったし、木村文乃演じる尾崎のムカつく女っぷりも健在で、見ていてワクワクした。これだけ見ていて楽しい、展開が気になる、と思わせるドラマは、やっぱり久しぶりだ。
私は香川照之が大好きなので、それもあってこのドラマを楽しみにしている。今回は、終盤に香川が良いセリフを言うシーンがあって、嬉しかった。

ドラマ『99.9』第1話 雑感

Season1を見て、見事にハマったドラマが帰ってきた。嬉しい。ドラマを見るのは精神力が必要だけど、これからも頑張って見たい。最悪、録画しているのでそれで見れたらいいなと思っている。

で、今回の話は、新キャラの尾崎舞子が曲者だなぁ~と思った。っていうか、物凄く嫌な女で、鼻に付く。見てるだけでイライラする。そういう演出なんだろうけど、個人的にこの役を演じている女優の木村文乃が大嫌いなため、輪をかけてイメージ悪化になっている。
今回、絶対に犯人はこの尾崎だろうと思っていた。かたくなに鈴木二郎の供述を信用せず、「罪を早く認めて」と何度も力説して、怪しいなと思っていた。なのに、最後あんなどんでん返しがあるとはなぁ~。やられたよ~って感じ。
深山も相変わらず、イケメンでニヤニヤしてて、何考えてるのか分からないんだけど、証拠や状況を手堅く着々と詰めていく感じは、見ていてワクワクドキドキしてしまう。これだよ、これが見たかったんだよ~と身をよじりたくなる。

最終的には、深山がカラクリを暴いて、被告無罪となるんだけど、結論を知っていてもこのカラクリを暴く過程がたまらなく面白い。作業所で、ドラマ好きな人がいるのでこのドラマをお勧めした時に、「どうせ最後は無罪になるんでしょ?」と言われて、あぁそういう過程を楽しめない人なのか、と思ってかなり残念な気持ちになった。その人が99.9を見てどういう感想を持つかは分からないけど、面白かったと言ってくれるといいな。

ドラマ『ドクターX』 第10話最終回

これだけはどうしても見たくて、録画を消さずに残していた。ドクターX第10話最終回。今更ながらだけど、ようやく見れました。
大門未知子も病気になって、内神田の手術をするのかどうか気になっていたけど、結局あの人の事だから、するんだよね。大門も内神田に嫌われていることは重々承知のはずだけど、それでもなんかほんと「患者第一」って感じで、やっぱりなぁ、凄いなぁと思ってしまった。
大門が、自分の病気のことに気づいていたらしいことが、名医紹介所の事務所の机の上に置いてあったノートで分かった。このくだりは、上手い演出だなぁと思った。手術中に、状況が悪すぎて若い医者(名前失念)がどうしていいか分からなくなった時、晶さんが、大門のノートを読み上げて「未知子がこうしろって」って紹介するの、本当にゾクゾクして鳥肌が立った。

いつものお金請求の時に、「三十五億」と書かれていたので、大爆笑をしてしまった。今回はこういう所で流行のネタを突っ込んできたか!と思った。前シーズンは、ペンメロンペンメロン(PPAP)だったよね。なんだろ、ドクターXは、流行のギャグを取り入れる決まりでもあるんだろうか?w それも、かなりタイムリーなギャグを入れて来るから、撮影しながらアドリブで入れてるのかな?って思ったりする。

最後、蛭間院長が、大門がもういないようなことを言っていたので、え、手術失敗したの? 死んじゃったの? と思っていたのに、突然常夏のビーチの映像が流れて、キューバ?で例の「いたしません」の紙を配布していて、え、生きてるじゃん! ってことは、次回もあるってこと? とか、色々期待が膨らんでしまった。
やっぱりこのドラマ面白いわ。医者クラスタから見ると、「私、失敗しないので」はあまりにも極端で、嘘くさい、って意見があるようだけど、これはただの娯楽だから、これくらいぶっ飛んでるほうが面白いと思うな。

『君の名は』がつまらなかった

あらゆるところで絶賛されまくっている映画『君の名は』。映画館へ行くのは私にとってかなりハードルが高いので、テレビで放送してくれる日を待ち、ついに先日、テレビ放送がされたので、録画しておいて見たのだけど。
あまりのつまらなさに、30分でギブアップした。再生停止。なんだねこれは。ただのよくある、男女が入れ替わる設定のお話じゃないか。こんな小説、昔から吐いて捨てるほどあるじゃん。何をいまさらって感じだよ。あるある設定にプラス、綺麗なアニメーションと、今時っぽいかっこいい音楽を合わせてるだけ。まぁそこが斬新というか魅力だよと言われたら、あぁそうですか、としか言えないけど、マジでそれだけなの? この作品の魅力って。ホント分からない。

ドラマ『陸王』第2話

今日、母が昼間、テレビのチャンネルを回していたら、陸王のダイジェスト版をやっていた。「これ見てる?」「いや見てない」みたいな会話をして、私が「あの半沢直樹の作者が書いたドラマだよ」とか言いながら、しばらくダイジェストを見ていたら、見事にハマってしまったw 30分くらい経ったところで、母が「面白いね、なんか集中しちゃうわ」と言う。ほんと、CMの時間があっという間で。面白かった。それで、夜放送されるぶんも見てみようかと思った。

基本、スポーツが苦手な私は、スポーツ関係のドラマなんて、と最初思っていたけど、第2話はスポーツの部分よりも、半沢直樹みたいにビジネスの面が前面に出ていて、特に特許を取った飯山の挙動が本当に面白くて、凄く楽しめた。
会社を倒産させてしまった飯山は、借金取りにでも追われているのか、こそこそ暮らしていて、それがかつて取った特許で大金が稼げると分かると、どんどん気が大きくなっていく。そして、アメリカの大企業からオファーが来ると、天狗になってしまい、こはぜ屋のことなんかきにもかけなくなる。しかし、人間驕ってはいけませんね。アメリカの大企業からは断られ、こはぜ屋に協力することになる。
ここらへんの飯山の描き方が、本当に見事なんだよねぇ。嫁さん働かせて、自分は昼間っから酒飲んでゴロゴロして、とんでもないやつなんだけど、宮沢が一生懸命地道にモノ作りをやっている姿を見て、またアメリカの大企業から断られて、現実を見せられて、改心する、という、非常に分かりやすい、池井戸作品らしい展開だった。

最後に、茂木に試作品シューズを履いてもらって、「お?」という感じがして、次回も面白そうだな、と思えた。時間が取れれば、見るつもり。