卵巣嚢腫の傷跡が膿んで通院3

卵巣嚢腫の傷跡の通院をしてきた。また朝から「行きたくない」病が発動し、かなり母とモメた。私は「もう治りかけてるから行く必要ない」、母は「もう来なくていいと言われるまで行け」。平行線だ。
今日は駐車場の段階でかなり車が停まってて、待合室へ行くと結構人がいた。実際に、30分くらい待たされた。
診察は、初診の時に診てくださったご年配の外科医だった。この人、実は前院長の模様。今日、名札をしっかりと見て名前を確認してきたから。年齢は略歴から推察するに70歳前後で、その年齢でこの意欲(仕事熱心)とは、たいしたもんだと思った。

今日の看護師は、前回と違う人だった。それで看護師が「どんな感じ?」と私に聞いてきたので、「痛みも膿もほとんど無くなったんだけど、血の塊が溜まるようになってしまって」と言ったら、患部を見て「おへそ綺麗になってますよ」と外科医に報告していた。なので、あぁもう出血は無いのかな?と思った。
今度は外科医のほうが私に「痛みとかある?」と聞いてきた。「無いです」とまた答えていたら、医師が診察台に来て、患部を見ていた。そして、おもむろに私のおへそ周辺を揉みだしだ……。痛くは無いが、やっぱ揉むのか、と思った。それで「う~ん、やっぱり膿出るね」と言った。マジか。まだ残ってるのか。それで「ガーゼ持ってきてー」とか言ってた。なにやら処置をしていたが、膿で濡れたガーゼが腹に付いて、気持ち悪かった。そんなにまた大量に出たのか、と思った。

診察台で処置をしながら、外科医から「膿の袋にまだ残っているみたいだね。まだしばらくは出るかもしれないから、様子を見てね。っていうか、膿の袋って自然には無くならないから、今回みたいに、何かの拍子に急に膿が出てくることが今後もあると思う。その時はまた来てくれたらいいよ。あまり何度も繰り返すようだったら、膿の袋を取り出す手術をしなければならない。まぁ今のところは大丈夫かな」と言われた。
私はこういう怪我みたいなもので診察してもらったことがほとんど無いので、何もかも知らない事ばかりで、単純に驚いた。最悪、手術なのか……。まぁ手術は怖くないけど、痛いのがなぁ。
それで、母を納得させるためにも、次回の診察について聞きたかったので、「次回の診察はどうしたらいいですか?」と聞いた。かなりアバウトな聞き方で、申し訳ないと思ったが、これが限界だった。すると外科医は嫌な顔一つせず、「痛みがあったり、まだ膿が出るようだったら、また来てください。それが無ければ、もう大丈夫ですよ」と言ってくれた。ホッとした。これで言質を取ったも同然だ。

診察が終わって、最後に言われたことを母に話すと、「ほらー、私の言った通りでしょ?」とまた私が嫌いなセリフを吐いたので、殺してやろうかと思った。
まぁとにかく、あと数日くらいガーゼをあてていれば良いかな?という感じ。それにしても、急な異変で今回は本当に戸惑ったよ。

卵巣嚢腫の傷跡がまだ治りきらない

卵巣嚢腫の傷跡が、まだ治りきらない。今日もガーゼを取り換える時、おへそに血の塊がへばりついていた。ただ、それを取ったあとには、膿は出ていなかった。ちょうど抗生物質の飲み薬も終わったし、このあたりは意志の計算通りになっているのではないか?

卵巣嚢腫傷跡2017-05

母は、明日も総合病院の総合外科へ行けと言う。しかも、関係無いことに私の腹を触って、「出っ張り方が異常だ。しかも私に比べて固い。これは肥満や脂肪じゃないのではないか? なんか別の病気ではないのか? 一度レントゲンでも撮って調べてもらったらどうだ?」と言ってきた。失礼だろそれ……。そんな理由でレントゲンなんか撮ってもらえるわけないじゃん。まぁ確かに私も以前から気にはなっていたけど、二の腕も超太くなっているし、体重もアレだし、下腹部がポッコリ出ているのは、完全に肥満によるものだと思う。

卵巣嚢腫の傷跡まだ膿が出る

卵巣嚢腫の傷跡だが、まだ膿が出てくる。
ガーゼを替える時に患部を良く見たんだが、やはり縫った傷跡の一部が裂けて、そこから出血かつ膿が出ているようだ。ガーゼを取った瞬間は、おへそが赤黒くて、血の塊がへばりついているような状態だった。あんまりグリグリしたら痛いかな、と思ったけど、勇気を出してちょっと力を入れて、消毒液で浸したティッシュで拭いたら、案外スルリと血の塊が取れた。そしたら、案の定、奥に膿が溜まっていた。
おへそに異変を感じてから、もう2週間近く経つけれど、まだ治らないんだね。一体どうなっているのか? あと1日分、抗生物質が残っているけど、明日1日でこの傷治るのかなぁ? なんか、奥からどんどこ膿が出てきている気がするんだが。母は、膿が出ているなら、まだ通院したほうがいい、って言ってるけど、大袈裟過ぎない?とも思うんだよね。と同時に、やっぱり母の言う通り、膿が出ているうちは通うべきなのかな、とも思って。
まぁいいや、明日1日あるから、もう少し様子を見よう。

卵巣嚢腫の傷跡が急に治り始めた

卵巣嚢腫の傷跡が、急に治り始めた。昨日、ガーゼを変えた時は、まだじゅくじゅくしている感じだったけど、今日、入浴時にガーゼを外したら、ほぼ乾燥していて、0.5cmくらいの血の塊が付いていた。さすがにこの血の塊を剥がす勇気は無く、そのまま風呂に入った。入浴中、特にこすったりしたつもりは無かったんだが、風呂から上がって体を拭く前におへそを見たら、血の塊が無くなっていた。どこで取れたんだろう。まぁ痛みも無かったから、自然に取れたんだろう。それならいいや。
改めて自室に戻って、患部を覗いたら、やはりまだ膿が出てきていた。まだ治らないのか……。どうなってるんだろうなぁこれ。とりあえず、またティッシュに消毒薬を付けて、患部を拭き、薬を塗ってガーゼをあてた。
痛みはまだちょっとある。またもう少し様子見だな。

卵巣嚢腫の傷跡がまだ治らない

今日も夕方に患部のガーゼを取り換えた。もう膿は無いだろう、と思ったのに、ガーゼには膿と血の塊が付着していた。怖っ。まだ出るのかよ。

卵巣嚢腫傷跡2017-04

患部はまだ膿の固くなった物などが付着しており、汚かったのでティッシュ+消毒液で拭いた。こびりついていた膿の塊がボロリと取れた。嗅いでみたら超臭かったw なんでだろうね、臭いと分かっているのに嗅いじゃうの。
でも、昨日よりも赤みは引いているような気がするし、少しずつだけど確実に回復はしていると思う。

卵巣嚢腫の傷跡がまだ膿んでる

卵巣嚢腫の傷跡に異変を感じて10日以上経つが、まだ膿が出てくる。どうしたもんか。抗生物質はきちんと飲んでいるし、患部も綺麗にしている。まぁ風呂は毎日は入らないけど……。薬を塗るときに、マキロンのパチモンの消毒液をティッシュに取って、患部を拭いてから薬を塗るようにしている。
今日も夕食後、薬を塗り直すためにガーゼを取って患部を拭いた。ぱっと見、おへその奥にかさぶたが固まっているように見えたので、「もう治りかけたかな?」と思い、思い切ってそのかさぶたを剥がそうとしたら、結構簡単に剥がれてしまった。ちなみに、すごく臭かったw 多分かさぶたじゃなくて、膿が固まっただけのものだと思う。
で、そのかさぶたが取れた後を見たら、白い膿が出てきていた……。どんだけ~。総合外科の医者と看護師が話しているのを聞いたら、おへそはお腹の奥に繋がっているらしい。それで、看護師が「レントゲン撮ります?」と医者に確認していたんだけど、昨日の時点では「まだいい」という判断だった。でも、このままあと4日も膿が出続けるようだったら、レントゲンを撮るのかもしれない。なるべくそうならないようになって欲しいけど。
勿論、おへその奥に残っていた膿も、ティッシュで拭いて取ってから、抗生物質の塗り薬を塗った。素人の処置だから「こんなんでいいの?」と思うけど、どうなんだろうねぇ?

卵巣嚢腫の傷跡が膿んで通院2

私はもう通院しなくてもいいと思ったんだが、母が「まだ痛いんだったら、膿が出てるんだったら、診てもらいなさい」と言って聞かないので、眠い目をこすって、なんとか地元の総合病院へ行った。母が送迎してくれたので、行くことが出来た。
受付で「今日はどうされました~?」と聞かれたので、「お腹の傷が膿んでたんですが、今はもう治りかけてて、経過観察で来ました」と言ったら、「では5番診察室へどうぞ~」と言われた。5番診察室の前で待っていると、5分くらいで前回診察してもらった1番診察室がガラッと開いて「erikoさーん」と呼ぶではないか。おいおい、受付の人どうなってんの。結構離れているので、小走りで1番診察室まで行った。

診察は医者が変わっていて、誰だか分からなかったけどまぁいいや。看護師のほうが私のことを覚えていて、「あれから傷どうなりました?膿出てます?」と聞いてくる。思わず普通に「膿はほとんど出ないんですが、まだ少し痛いです」と答えた。すぐに診察台に「横になってください」と言われたので、横になった。横になりながら「婦人科の手術をした病院には連絡したの?そこで診てもらえないの?」と言われたので、「手術は〇〇センターなんですが、あそこは紹介状が無いと診てもらえなくて」と言ったら、納得してもらえたようだった。
手術してもらった病院は、地域の基幹病院となっていて、基本、町医者などの紹介状が無いと患者を受け付けていない。紹介状が無い場合、自己負担金を払えば診てもらえるのだが、そこまでして診てもらうような傷なのか?とも思う。最初は、あまりにも膿がドバドバ出るし痛かったので、救急車で〇〇センターを指定して連れてってもらおうと思っていた。でも、それこそモンスターペイシェントだよな、と思って、思いとどまった。

看護師が傷を診ると、「まだ膿出てます」と医者に報告していた。おや、私が朝確認した時は、ほとんど出ていなかったんだけど、着替えたりするのに体を屈めたりして、膿が出ちゃったのかな?
それを聞いて医者が診察台までやってきた。「痛みはまだある?」と聞かれたので、「普通にしている時はほとんど無いけど、屈んだり触ったりすると痛いです」と答えた。すると、患部を絞るように揉みだした! マジ痛いんですけど! 思わず「いたたた!」と声を上げてしまった。
すると膿がまた出てきたようで、「う~ん、やっぱりまだ出るね。膿の袋がまだ残ってるんだろう。これ傷、奥だね」などと言っていた。そうなんです。目に見える傷口はおへその入口なんだけど、膿はおへその奥から染み出すように出ている。それにしても「膿の袋」とは笑いそうになった。そんなもんがあるのか。
で、今日の消毒は、細長い綿棒にイソジンらしきものを染み込ませた道具を使っていた。医者が傷口をぎゅう~っと開いてグリグリ消毒するので、本当に痛かった! でも、これくらい消毒しないとダメなんだろうな……。とりあえず今日は痛いことだらけで、つらかった。

診察自体は10分あったかどうか。あっという間に終わってしまった。この診察が終わったら、母とサイゼリヤへお昼を食べに行こうね、と言っていたのに、10時半に終わっちゃって、当てが外れた。仕方が無いので、コンビニで弁当を買って家で食べることにした。あともう5日分、抗生物質が出たけど、それで治ってくれるといいなぁ。

卵巣嚢腫の傷跡は微妙

卵巣嚢腫の傷跡の化膿に対して、5日分の飲み薬が出ている。明日までなんだが、今の状態は、まだ化膿が残っている。ぱっと見の傷周辺の腫れは引いたが、奥のほうからドンドコ膿が出ているようだ。朝と夕方、ガーゼを交換して傷を良く見たが、明日1日で治るとはとても思えないので、明日外科の病院へ行くことになった。

卵巣嚢腫傷跡2017-03

それにしても、通院が面倒。母が送ってあげると言ってくれたので、ありがたく送ってもらうけど、10日には美容院の予約を入れていて、本当は明日は外出したくない。せめて月曜日にしてくれればいいんだけど。と言うと、母が月曜日は予定があるから無理だと言う。いっそのこと救急車でも呼んでやろうかと思った。

卵巣嚢腫の傷跡がかなり落ち着いた

卵巣嚢腫の傷跡がかなり落ち着いてきた。朝、ガーゼを交換した時は、ガーゼにまだ結構な量の膿が付着していたけど、夜、交換した時は激減していた。内用薬の抗生物質も出ているし、かなり抗菌作用が功を奏した模様だ。
痛みはまだあるが、それほど強いものでもなく、かがんで新聞の折り込み広告を読んでいても、そんなに気にならない痛みにはなってきた。
ただ、見た目がまだグロい……。裂けた傷口がぱっくり開いていて、中の肉が見えている。ううう。怖いよ。

昨日、外用薬が入っている袋の裏側を見たら、「患部を清潔にしてから塗ってください」と書いてあった。ヤバイ、患部は膿をティッシュで拭うというか、チョンチョンとするだけで外用薬を塗っていた。これだけじゃダメなのかも。そういえば病院では、医師が看護師に「イソジン持ってきてー」と言ってたっけ。消毒しないとダメなのか。
というわけで、昨日から患部の消毒をまずしてから、外用薬ゲンタシン軟膏を塗っている。心なしか、回復が早まったような? 気のせいかw

卵巣嚢腫の傷跡が若干落ち着いた

総合外科でもらった抗生物質の軟膏と錠剤のお蔭か、膿の量が減ってきた。まぁ3日がピークで、その後自然に減っているだけ、という気がしないでもないけど、でも、薬を飲んで塗れば、早く治るだろうから、これでいいのだ。

卵巣嚢腫傷跡2017-02

画像を見ると、腫れは若干引いた感じがする。でも、赤みなどはまだ残っている。そりゃ1日じゃ治らないよなぁ。
痛みも当然あって、普通に座っているだけでも、服のウエストゴムが患部に当たって痛かったりするし、かがんだりしても痛い。
軟膏の塗布は、1日2回とあったので、朝起きて朝食後と、夜寝る前の2回かな、と思っていたら、今日夕方風呂に入って、そのタイミングで塗布しないとおかしなことになると気が付いた。私は普段から夕方に風呂に入っているので、どうしてもタイミングがずれてしまう。

ガーゼは12枚入りを買って、そんなに使うわけがないと思っていたけど、軟膏を塗布する際にガーゼが必ず膿で汚れていて、とても再利用する気になれないほど汚いので、毎回交換している。だから、5日で10枚は普通に使うと思う。