卵巣嚢腫の傷口を診てもらってきた

ようやく母の時間が取れたので、8/30からおかしくなった、卵巣嚢腫で手術したおへその傷口を診てもらいに、地元と言うにはちょっと遠い、総合外科という診療科がある総合病院へ行ってきた。
初めての場所へ行くとあって、予想通り予期不安が炸裂し、朝から3回も排便があった。本当は、午前10時には家を出て、午前の診察終了時間11時半までには病院へ着いて受付を済ませる予定だった。しかし、何故か急に銀行員が来て(毎月、貯金のために来てもらっているらしい)、それも40分以上も長居したので、完全に予定が狂い、午前10時に出かけることが不可能となってしまった。母曰く「銀行が来るの忘れてた」……。なんかちょっといろいろ忘れすぎじゃない? 初期の痴呆症なのかな。脳ドックでも、怪しいと言われているらしいし。
まぁそれで、午後14時からの診察に間に合うようにしようと、頭を切り替えた。そうでもしないと、イライラしてやってられない。それに、私は母の運転する車で送ってもらう身分だし。あまり強いことは言えない。不満があるなら、自力で行けばいいじゃん?と言われるのがオチだから。自力で行くのは、やはり予期不安で難しいのだ。また、待合室で待っているのも、予期不安でお腹が痛くなったらどうしようとか、色々なことを考えてしまって、怖い。だから、母に付き添ってもらいたかった。

とりあえず受付で、「こちらの病院、初めてなんですけど」と言うと、「どうされました?」と聞かれたので、「昔、他の病院で手術した傷跡が、膿んでるみたいで膿が出てきて痛いんです」と言ったら、「熱あります?」「手術した病院はどちらですか?」等と聞かれ、「うちの医師で対応できるか、聞いてきますので、少々お待ちください」と言われた。第一印象は、丁寧で機敏、出来る人っぽい感じだった。
というか、病院全体の雰囲気が良い。入院患者や認知症患者もいる病院なんだけど、すれ違う看護師さんや医療スタッフっぽい人たちが、みんな笑顔で患者に話しかけてて、凄く温かい雰囲気が漂っていた。車で来ると家から15分くらいかかる病院で、母も診てもらったことは無いし、評判も聞いたことが無い、って言ってたが、ここは結構良さそうな雰囲気。今まで知らなかったのが不思議なくらい。
で、待っていたら、受付の人が戻ってきて、「総合外科で診れるそうです」と言う。思わずホッとして、「ありがとうございます!」と言った。ホントマジで、どこの診療科に診てもらったらいいか分からなかったから、安心したよ~。そのまま「1番診察室の前でお待ちください」と言われたので、30分ほど待っていたら、呼ばれた。

診察室に入ると、優しそうな、それでいてハキハキしているおじいちゃん先生で、頭にには手術用のキャップってういのかな? 結びつける帽子のようなものを被っていた。さすが外科だと思った。
すぐに、看護師に「では横になってください」と言われ、ベッドに横になって患部を出した。その間に、問診があって、「いつ頃手術したの?」と聞かれたので、手術日を答えた。4年も前なのに、今頃傷跡が膿むとか、あるんだろうか? 疑問だったけど、なんか聞ける雰囲気じゃなくて(初診で緊張していて)、聞けなかった。
看護師が、私が貼っていった絆創膏をベリッと剥がし、医師が私のお腹をのぞき込むと、一言「うん、傷口が膿んでます」と言った。それだけかい!みたいな。とりあえず、ガーゼとピンセットでお腹の膿をほじくり出していたようだった。ちょっと痛かった。そのあと、イソジンで患部を消毒し、ガーゼをあてて、テーピングして処置は終わった。
服を直し、椅子に座ると、医師に「傷口が膿んでいるから、抗生物質の飲み薬を出しておきます。それと、抗生物質の塗り薬ね、これ1日2回塗ってください。5日分出すので、それでもし様子がおかしいようだったら、また来てください」とか言われた。診察はわりとすぐに終わってしまった。

再度待合室で待っていると、15分くらいで名前が呼ばれた。お会計を済ませると、「当院は院内処方となっております。この代金に薬代も含まれています」と言われた。マジで? 薬込みで1480円は安すぎない? と思った。病院のある場所が、ちょっと辺鄙な場所なので、周辺に調剤薬局が無いんだよね。母は「院内薬局のほうが安いから、いいよ!」と言っていた。
で、隣の窓口にある薬局に調剤番号の札を出して、私は色んな薬を飲んでいるので、お薬手帳も出したほうが良いかと思って、「お薬手帳があるんですけど、出したほうがいいですか?」と聞いたら、「気になるんでしたら、お出しください」と、なんかちょっと引っかかる言い方をしたので、「ん?」と思ったけど、まぁいいかと冷静になって、出しておいた。そしたら、その場で「少々お待ちください」と言うので、待っていたら、すぐに手帳をパラパラと見て、「飲み合わせで問題になるものはありませんね」と言った。えーマジー?見ただけで分かるの~?
一応、こちらで調べて行ったものとしては、リーマスがロキソニンと相性悪い、ってのだけは把握していた。だから、もし消炎鎮痛剤を処方されたら確認するつもりでいたんだけど、診察室の中では飲み薬は抗生物質だけのようだったから、何も言わなかった。
まぁ病院薬剤師が問題無いと言うのだから、大丈夫なんだろう。で、塗り薬に関しては、「1日2回、患部に塗ってください」と言われたんだけど、いつ2回なのか分からないので、「朝と夜の2回でいいんですか?」と聞いたら、「ガーゼを取り換える時ですね」と言う。え、ガーゼ処方してないんだから、取り換えるガーゼが無いじゃないか……。これに関しては、帰りにドラッグストアで買えばいいか、と割り切った。

そんな感じで、だいたい1時間半くらいで帰ってくることができた。総合病院だからもっと混むかと思っていたが、そんなでも無かった。とりあえず向こう5日は抗生物質を飲んで、お腹の処置もしなくてはならなくなった。めんどくさいけど、仕方ない。

卵巣嚢腫の傷跡が更に悪化

卵巣嚢腫の傷跡が、更に悪化してしまった。朝起きて、あまりの痛さに服をめくっておへそを見たら、灰色の膿がおへそに溜まっていて、「ひえー!」と声を上げてしまった。ティッシュでちょんちょんと触ってみると、膿がティッシュに付く。かなり外に出てきているようだ。
私は朝食を床に置いて食べているので、今日もそうしたが、かがむ姿勢がキツくて、おへそが痛いなぁと思っていた。朝食後にまたおへそを見ようと服をめくったら、なにやら「ぴちゃ」という感触がする。なんだろ、と思って下着のタンクトップを見たら、膿が破裂したようで、大量の膿と少量の血が混ざった液体が、べったりと付いていた。またもや「ひえー!」と声を上げてしまった。ヤバイヤバイ。これはヤバイ。
あまりに「ひえー!」と言ってるもんだから、母が「何やってんの」と言う。そこで、タンクトップを見せたら、「はぁ~!?大丈夫なの?」と聞かれた。大丈夫なわけ、無いだろう! あんたが土曜日に娘を置いて出かけず、病院に連れて行ってくれてたら、こんなことにならなかったんだ!
膿は服に付くだけでなく、下腹部にも垂れていて、それをティッシュで拭いて、絆創膏を貼って、なんとかしのいだ。はぁ~。怖いよ。大丈夫なんだろうか? なんでこんなに膿が出るほど化膿しているんだろうか? 謎過ぎる。卵巣脳腫の手術なんて、4年も前の話だよ? それがなんで今更こんな悪化するんだろうか? それとも、手術の痕と、今回の化膿の箇所とは、関係が無いとか? う~ん、分からない。
とりあえず、母は「明日の午前にしようよ、診察。早いほうが良いよ」と言う。今日みたいに起きれれば、そりゃ早く出かけられるけど、どうだろうなぁ。明日の体調次第、ということになる。

卵巣嚢腫の傷跡が悪化している

数日前に、卵巣嚢腫の傷跡がおかしい、痛い、と書いたが、改めて写真を撮ってみて、これは尋常ではない、と思った。明らかにおかしい。

卵巣嚢腫傷跡2017-01

もともと腹腔鏡での手術で、主治医が非常に若く、多分まだ研修医なのだろうと思うくらいだったから、はっきり言って傷跡は汚かった。それでも、誰に見せる傷でなし、こんなもんかと諦めた。その時の傷跡は、おへその穴がほぼ完全に塞がれた状態で、かろうじて出来た、塞ぎ忘れのような穴に、へそのゴマが溜まる、というものだった。
それを放置していたら、上の写真のような状態になってしまった……。ぱっと見、出べそみたいになっているが、患部が痛くなるまでは、こんなおへそじゃ無かった。穴は無かったけど、出っ張ってもいなかった。腫れが酷いので、化膿しているのは確実だと思う。手術して4年くらい経つけど、急にこんな酷い状態になるものかな? 私、なんか変なことしたかな? 全然思い当たらないんだけど。
唯一、思い当たるとすれば、太ったことだろうなぁ。お腹がはちきれんばかりに太ってきたので、それが何か悪さをしたと……うーん、やっぱり考えられない。関係無いと思う。だって、私以上に太ってる人なんかいっぱいいるのに、こんな傷跡がはちきれるなんて、聞いたこと無いよ。

とりあえず、今日、その総合外科に行くのは体力的に無理だったので、行かなかった。かなり患部が痛くて、迷ったんだけど、体が動かなかった。
そして母に頼み込んで、4日の午後だったら送っていける、と言うので、送ってもらうことにした。やっぱり、ペーパードライバー講習、受けに行こうかなぁ。車があるのに運転できないのは、マジで不便だよ。自分で運転さえできれば、遠方の病院にも自力で通院できる。今回みたいに、母のご機嫌とご予定をお伺いしなくても良くなる。

追記。患部があまりにも痛すぎて、遂に鎮痛剤を飲んでしまった。何もしなくても常時ズキズキと痛む感じで、耐えられなかった。効いてくれるといいのだけど。

体調と日記

昨晩は22時半には眠剤を飲んで寝ようとしたが、案の定、なかなか寝付けず、寝たのは23時を過ぎていたようだ。朝は一旦6時過ぎに目が覚めたけど、まだ起きる時間ではなかったので二度寝して、目覚まし時計のアラームが鳴るのを待った。目覚まし時計、携帯と時間差でアラームをかけていたが、どうしても調子が悪く、眠くて起きれなかった。
精神的には、多分鬱なのだろう。作業所でも陰鬱な気分で、でも受け答えで作り笑いは出来るので、そこまで深刻ではないと思った。支援センターでは、うるさい職員にロックオンされたら嫌だなぁと思っていた。そして予想通り絡んできたので、時々無視するという根性ひん曲がった手段で対抗した。コミュニケーション能力がそんなに高くない私は、それくらいの手段しか選べないのだよ。
まぁ今日はラッキー?なことに、支援センターへの来所者がとても少なくて、あまり人と無理に話すことなく帰ってこれた。支援センターで帰り際に、同世代の利用者さんから「erikoさんてお酒飲むの?」と聞かれたので、「量は飲めないけど、飲むのは好きだよ」と答えた。その場では、飲み会の話は出なかったけど、誘ってもらえたら嬉しいなぁ。他の利用者さんも、「私もみんなでわいわい飲むの好き」みたいなこと言ってたし、あの場にいたメンツで飲んだら楽しそうだなーと思った。
でも、みんな結構飲んでるんだね。今まで飲み会の話なんか出たこと無かったから、薬のこともあるし、みんなお酒は飲んでいないんだと思ってた。飲み会、いいなぁ~。最後の飲み会って、最後の職場での歓迎会だったと思う。楽しかったなぁ~。お酒、1人で飲んでも美味しいけど、楽しい仲間と一緒に飲んだら、更に美味しいよね。

そして、おへその傷だけど、明らかに悪化しているように感じる……。服の生地が傷に当たってなくても、普通にしているだけでズキズキと痛む。座るときやかがむ時など、腹圧がかかるようで、「うっ」とうめきたくなるほど痛い。
患部を見ると、赤黒い線がビシッと2cmくらい刻まれている。これ、縫う前の裂け目じゃないのか……? 手術して腫れが引いた写真があるので、それと今の状態を見比べているんだけど、明らかに異変が起きている。素人目に見ても、違う。とりあえず、患部全体、おへその周囲3cmくらいが全体的に赤く腫れていて、中心部は化膿しているようだ。
もうマジで今すぐ医者に診せて、この痛みをやわらげてもらいたいけど、どの診療科にかかればいいのかすら分からない。手術をした婦人科では無いだろうし、外科?にしては傷が小さすぎる。皮膚科?もなんか違うように思う。で、地元の総合病院を調べたら、「総合外科」という診療科を掲げている病院があった。やけどや切り傷などを診てくれるようだ。そこなら診てもらえるかな。
でも、今日仕事して、明日も連続で外出するというのが、もう本当に猛烈に無理なんだよ。体力的にも精神的にも。その病院は、気が利いていて、土曜日の午後診察もやってくれる。だから、明日の午後、母に付き添いを頼んだんだけど、そっけなく「用事がある」と断られてしまった。どうせ宗教だよ。娘より宗教のほうが大事なんだな。信じられないよ。
このまま土日を痛いまま過ごして、月曜日に改めて行こうかと思っている。思ってるだけ。本当にこのところ精神状態が悪いから、実行に移せる気がしないよ。5日には作業所の検便で提出しに行かなきゃいけないし、6日はメンクリと絵画教室がある。そして8日にはまた作業所。あぁ予定が詰まりすぎてて、気が狂いそう。

体調

最近、作業所も絵画教室も何かもすべて、やりたくない、という感情が芽生えている。作業所は遅刻することでバランスを取っている。絵画教室はどうしようかな、と思ったとき、来月まるまる1か月休もうか、という考えがよぎったんだが、多分それをやると、絵を描く感覚を忘れてしまうだろう、と思った。こういうのはホント「継続は力なり」で、私は隔週で習っているけど、何度か1週間後にお教室があった時など、やはり全然違うんだよね。作業効率というか、気分のノリというか、そういうのが全然違う。前回指摘された問題点をまだハッキリ覚えているので、すぐに作業に取り掛かれるし、作業する内容も質的に高いものが得られる。
さて、最終的に今日はどうしたか?というと、作業所と一緒で、30分遅刻することにした。朝は7時半に目が覚めていたし、朝食も身支度も普段通り、こなせていた。ただどうしても気持ちが付いて行かなかった。体のだるさだって、そんなに気になるほどのものじゃなかった。でも、ホント気持ちね。精神状態が「外に出たくない」と訴えていた。こういうとこ、さすが元引きこもりだよなぁ。
それにしても、どうしたんだろうなぁ。この何をするのも億劫な気持ちは。あれだけ楽しみだったメンクリの通院すら、月1でいいかな、と思い始めている。

肉体的には、昔、卵巣嚢腫の手術をした傷跡、正確には、傷跡であるおへその周辺が、急に痛くなった。皮膚が痛いのか、内臓が痛いのか、ちょっと判別付かないような痛みで、対処に困っている。そもそも、どの診療科の病院に行けばいいのかすら分からないし。患部に触るだけでも鈍痛が走るので、服はなるべく患部に触れないよう、位置をずらして着ている。
食事や新聞を読むなど、腰を屈めて腹圧がかかるような体勢を取ると、かなり激痛なのも気になる。皮膚の炎症なら、そういう体勢になるだけでこんな痛くなるとは思えない。何か内臓に異変があるように思うのだが、どうしたらいいのだろうか?
他には、26日27日にこなした、弟家族への接待疲れが、まだ残っているようだ。だるい。

過敏性腸症候群に関しては、朝起きた時点では大丈夫だと思っていたんだが、絵画教室へ出かける30分くらい前に、急にお腹が痛くなって、排便した。つくづく、今日は遅刻して良かったなと思った。これが絵画教室へ向かう途中だったりしたら、大変だった。先生のお宅で便意を催しても、なかなかトイレには行きづらい。小ならともかく。