『精神科医の診察能力、態度、コミュニケーション能力についてのアンケート』夏苅郁子医師による調査

今朝の朝日新聞に、精神科医としては比較的有名な、夏苅郁子医師による大規模な調査が掲載されていた。このリンク先の朝日新聞記事だと、無料では途中までしか読めないうえに、恐らく時間が過ぎればリンク切れとなるだろうから、新聞記事に書いてあった夏苅郁子医師の調査本体のリンクを張っておく。『精神科医の診察能力、態度、コミュニケーション能力についてのアンケート』。

内容としては、夏苅医師が自費で全国の患者・家族団体などを通じてアンケートを取った結果だそうだ。アンケートが実施されたのは2015年らしいが、学会での発表等の都合で、こんなに遅くなってしまったとのこと。そのあたりはアンケートサイトに書いてあるので、読んでみてください。

さて、このアンケートを見ると、書面でアンケートを答えた人のほうが高齢者が多く、ネットで答えた人のほうが若い人が多いことが伺える。ただ、これは当然の結果とも言え、例えば私の母なんかはPCでネットをすると言っても、クックパッドでレシピを調べたり、Yahoo!検索で簡単なことを調べたりするだけで、まさか地域精神保健福祉機構(通称コンボ)のサイトを探り当てて、アンケートに答える、なんてことは、到底できないと思う。
しかし、女性が多いのはなんでだろな? 男性は早死になんだろうか? それとも、男性のほうが重篤な患者が多く、アンケートにすら答えられないのだろうか?
それと気になるのが家族のアンケート結果で、患者本人より、無回答や無効回答が多い傾向にあることが伺えた。高齢ゆえに質問の意図が理解できないのか? あまりにも無効回答が多い質問は、質問そのものを見直すべきだと思った。

全体的な印象としては、私が20代でかかっていた悪徳精神科医のような人は、1割くらいいるのではないか?ということだった。そして、私が今かかっているような良心的な精神科医は、5割以上はいるような印象だった。
そして、患者が精神科医に求める能力が、適切な薬の処方よりも、性格だったりコミュニケーション能力だったり、といった曖昧な能力である傾向が強いことが分かった。確かにそれも大事なんだけど、やはり私は複数の精神疾患を抱えているせいか、薬の種類が多くなりがちだから、薬の処方に長けている精神科医に診てもらいたいと思う。
にしても「共に頑張りましょう」などの声かけって、逆に「バカにしてるのか?」と思っちゃうなぁ、私だったら。医師は患者じゃないのだから、頑張りどころも違うだろうし、「共に」って偽善っぽい。

『凹凸ちゃんねる~生きにくい人のまとめブログ~』

今回は、最近(といってもだいぶ前だけど)よく読んでいる、まとめブログを紹介する。その名も、『凹凸ちゃんねる~生きにくい人のまとめブログ~』だ。
ここは多分、はてなブックマークか何かで知って、読むようになったんだけど、よくある5ch(あるいは2ch)のまとめブログとは少し違って、Twitterのまとめもやっている。5chのまとめだと、スレッド自体が落ちてたりして、過去ログが読めないことも多いけど、Twitterだとたいがい過去のツイートは残っているし、気に入ったツイートをしている人をフォローするきっかけにもなるので、毎日とても楽しみにしている。

さて、今回『【悲報】障害者の『自立支援』全く自立させる気がないと話題に』というまとめが上がった。これは本当に実感することなので、少しだけだが感想を書きたい。

例えば、私は何年も前に、外出同行ヘルパーサービスを受けようとしたことがあるんだけど、「同行してくれるヘルパーの人がいないので、サービスを提供できません」と言われたんだよね。そして、その時に担当職員から、「身体障害者はそういうヘルパーが沢山いるんだけど、精神障害者は階段など自力で上れるから、ヘルパーが必要無いと思われている」と教わった。
これねぇ。ほんと精神障害者差別だと思うよ。周囲の音が怖い、人の目が怖い、心細い等々で、1人での外出が困難なことが、精神障害者にはあるんだよ。そういうことが、行政にまったく伝わってない。

あるいは、このまとめブログにも書かれているとおり、障害者枠雇用をされても、給料設定が障害年金を貰える前提になっていて、不自然に安いとか。今、正規労働者と非正規労働者の間で、同一労働同一賃金という話が出ているけど、障害者にもその理念は適応されて良いんじゃないの?と思うね。
勿論、ブログ村などでも障害者枠雇用で働いていて、しっかり自立した一人暮らしをされている方もいらっしゃるけど、まぁ見た感じでは、働いていても家族と同居されている方のほうが多い印象だし、なかなか難しいと思うよ。

私自身も、今は認めたくないけど父親に扶養されている状態で、父親が死んだらどうなるんだろうと、かなり逼迫した不安を抱えている。もう75歳を過ぎているからね。死にはせんでも、病気で倒れて寝たきりになったりだとか、あるいは認知症などになって働けなくなったら、うちの家庭は立ち行かなくなるだろう。その時にどうすればいいのか?
最初というか数年前までは、私が働けばいいんだ、と思っていたけど、4年作業所に通って、それはかなり無理っぽい、ということが分かって、もうホント絶望しか無い。

第三者委員会から返信が来た パート3

少し肉体的なゆとりが出来たので、昨日、例の支援センターの問題職員に関するメールを、第三者委員会へ送ってみた。すると、驚いたことに当日の夕方、返信が来た。

こちらとしては、問題職員が謝罪して辞職する以外に解決方法は無いと考えているし、譲歩もしない。もしこれ以上、支援センターに居続けるのであれば、殺傷することも考えている等々、正直に書いた。
すると、第三者委員会は私の事をアホだと思ったのか、「何度も書きました通り、こちらには辞職させる権限がありません」「支援センターのAさんと話し合ってください」等々、職務放棄とも受け取れる文面をよこしてきて、そして最後に「病状が悪いようですね。早く病院へ行ってください。お大事に」と締めくくられていた。
私の事をバカにしてるのか! あぁ腹立たしい! 舐めとんか! なんだこの締めの言葉は。実際には、もうちょっと違う言葉遣いだけど、だいたいこんなことが書かれていた。はあー!

バリバラ「バリバラSHOW百科」(後編)

バリバラ「バリバラSHOW百科」(後編)を見た。前編も見たんだけど、特にブログに書くようなことは無いかなーと思ったので、書かなかった。
後編は、1つだけ気になった相談コーナーがあった。精神障害者が障害者雇用されたんだけど、簡単な仕事、健常者より少ない仕事しか任せてもらえない、というもの。

そもそもまず、このバリバラSHOW百科というのがよく分からない人のために書いておくと、NHKで『バラエティー生活笑百科』という番組がある。この番組は、相談者が漫才をしながら法的な相談して、「補償してもらえる」or「補償してもらえない」みたいな法的な回答をする人がいて、ゲストが「どちらの回答が正しいと思いますか?」みたいな答えをして、じゃあ正解は?って弁護士が答える番組だ。バリバラSHOW百科はそのパロディだと思ってもらえたら良いと思う。

それで冒頭に戻るけど、この問題は、SNSなどでも本当によく聞く問題なので、「精神障害者あるある」なんだな、と思った。
仕事が終わった頃など、「今日も仕事が無く、1日暇だった。苦痛」みたいなことを呟く人が結構いる。A型作業所へ行っている人の話を聞いたこともあるけど、「簡単な誰でも出来る仕事しか無いよ。俺は頭悪いから、それでいいけど」みたいなことを言っている人も居た。
仕事の量を少なくする、というのも、障害者差別なのだと初めて知った。私は、障害者枠で働いたことが無いので、ちょっとそこらへんのことが分からない。

障害者といっても千差万別で、私がSNSでフォローしている人の中には、大学院の博士課程を出ているような、超優秀な人もいる。こんな優秀な人に単純作業をやらせたりするのは、本当にもったいないと思う。
まぁ同じく博士課程を出ている人は、多分障害者枠雇用で単純作業をさせられるのが嫌だったのだろう。自分で起業していたけどね。でも、そこまでできる精神障害者は、なかなかいないと思う……。

ブログ村でも、英語を頑張ったり、ExcelやWordの資格を取ったり、あるいはもっと別の資格を取ったりしている精神障害者がたくさんいるけど、きっとそういう資格は考慮してもらえないんだろうなぁと思うと、悲しくなる。せっかく頑張って資格を取っても、精神障害があるというだけで、過剰な配慮をされ、「どうせ出来ないだろう」と思われて、仕事を任せてもらえなくなるのは、本当に虚しい。

樺沢紫苑『ネガティブな口癖はやめなくていい』から思ったことなど

またもや樺沢紫苑の動画から。『ネガティブな口癖はやめなくていい』というもの。

以前、「1日に3個、ポジティブなことを書きだそう」みたいな動画を紹介した気がするんだが、今度はこれだ。なんか真逆の事を言ってる気がするが……。
まぁいきなり「ポジティブなことを3個書き出そう」って言われたって、出来ないです。実際問題、このところ全然出来てない。それで自分を責めて、鬱っぽくなっていたら、世話無い。

そんな時に、この動画が上がった。「ネガティブな口癖(書き癖もそうだろう)はやめなくてもいい」。
見たらすぐ分かるけど、ネガティブなことを言っても良い、ただ、その3倍は良いことも言おう、というもので、なるほどな~と思ったのだ。
ただ、実際に実行するとアホみたいな感じになるので、あまり実行したくない(爆。

とか言ったら身も蓋も無いので、少し頑張ると、私はコーヒーや紅茶が好きで、特にコーヒーは朝食後に必ずドリップバッグのものを淹れて飲むので、「コーヒーが美味しい」というのは、どれだけ気分がやさぐれていても感じられる正直な気持ちだ。
このコーヒーが不味いと感じることは、殆ど無い。どれだけ食欲が無くても、朝食が不味くても、コーヒーだけは美味い。だから、ネガティブなことを言ったら、「コーヒー美味しい」「良い香り」とか言おうかな~と思ってるし、実際にコーヒーを飲めばいいと思ってる。

良い香りと言えば、アロマも持っているんだよね。これも好きな香りのアロマを焚くと、本当にうっとりした気分になって、幸福感に包まれる。だいたい午後に焚くことが多い。こういったものも活用して、気分が落ち込まないようにしたい。けど、落ち込む時は落ち込むなぁ……。

ちなみに、樺沢さんのメルマガは解除して配信停止にしました。何週間?か読んでいたけど、内容が7割くらい毎日同じコピペ(出版した本の宣伝とか)なので、読む価値無いなと判断した。

障害者手帳の中身(顔写真)見せる?見せない?

今日、バスに乗る時に、運転手から「それ(障害者手帳)、今度から中身見せて! 表紙じゃ本人確認できないから!」と怒鳴られた。
言いたいことは分かる。私もずっと気になってた。精神障害者の手帳の表紙には「障害者手帳」としか書いてないから、誰の手帳か分からず、悪用できるのではないか?と、以前から考えていた。だから、それを指摘されるのは構わない。
でも、なにも怒鳴る必要無いじゃないか? こっちだって隠したくて隠してるわけじゃないし、普通に「本人確認のため、中身見せてもらえますか?」って聞かれたら、「あっハイ、すみませんでした」って言うよ。他の乗客もいるのに、大声出されたら、「あの人、どうしたんだろう?」ってみんなの視線が私に向くし、嫌でしょ。あまりにも怖くて、その場で涙ぐんじゃったよ。

この運転手、前から態度が悪くて、障害者手帳を持たない健常者には、にこやかに「おはようございます」とか「ありがとうございます」とか「いってらっしゃいませ」とか、挨拶している。なのに、私みたいな手帳持ちに対しては、途端にムスッとした顔になり、手帳を見せると露骨に嫌そう~な顔をして、運賃箱の機械を操作している。
私が普段使っているバス会社は、比較的愛想の良い運転手が多かったけど、今は運転手のなり手も少ないらしく、こんな態度の悪い運転手も雇わざるを得ないんだろうな、と思うと、とても残念な気持ちになる。

何も「お客さんじゃなくてお客様と言え」とか、「土下座して頼め」とか、そういうことを言ってるんじゃない。私はそこまでクレーマーじゃない。ただ一言、「疑う訳じゃないんですけど、本人確認させてもらってもいいですか?」って言うだけじゃないか。これくらい、高校生のバイトでも出来るでしょ? ましてや、人生酸いも甘いも噛み分けた推定70歳くらいの高齢ベテランドライバーなら、余裕かまして客に聞けると思うんだけど、どうなのかねぇ~?

統合失調感情障害に認知行動療法は効くのか?

ちょっと今晩からやってみようかなーと思っていることがあって、またそいつか!って言われそうなんだけど、樺沢紫苑の動画から。
『毎日がつらくて死にそうです』

この中に、『寝る前に今日あった楽しかったことを3つ書く』というワークが紹介されている。これを見て、私はかなり反省した。
自分のブログでは、主に精神症状・身体症状の変遷、体調メモや、その日起きたことの日記などを書いているが、どちらかというと、ネガティブなことを書く傾向が強いと自覚している。

ブログ村の精神疾患系ブログをいくつか読んでいるが、ネガティブな内容のブログは、やはり読後感が悪くて、「読まなきゃ良かった」と思うし、実際そういうブログは徐々に読まなくなる。前向きな人のブログは、時々愚痴があっても全然気にならなくて、むしろ応援したくなるから、毎日読みたくなる。
もちろん、精神疾患を持った人だから、ネガティブな内容になりがちなのは分かるんだけど、自分も注意しなきゃいけないな、と思った。ネガティブなことをつぶやいたり、言葉にしたり、って言霊になると思うんだよね。まぁまた胡散臭いもの出してきて、って言われそうだけど、自分はそういうのはわりと信じるほうなので、今までは本当に良くなかったと思った。

まぁもちろん、これも性格だったり、病気がさせることだったりするんだろうけど、なるべく意識的に変えていける所は変えていきたいな、と思った。紹介した動画の中でも、このワークは「認知行動療法」と呼ばれるものだそうで、私も、陰性症状が強くて、どうにもならなかったりする現状を、認知行動療法で改善できないものか?と思っていたところなので、とりあえずやってみるだけでもやってみようかな、と思った。
まぁ毎日が無理なら週1日でもいいし。私の場合、週の過半数は自宅に引きこもって生活しているから、書けるような「楽しかったこと」ってそうそう無いんだよね。だから、外出した時だけでも、悪かったことより、良かったことに焦点を当てて書いてみようかな、という気になった。

ハートネットTV シリーズ 平成がのこした”宿題” 第3回「ひきこもり」

12/11にハートネットTVで放送された、『平成がのこした”宿題” 第3回「ひきこもり」』という番組を録画していたので、見た。
私も6年くらい引きこもっていたので、とても興味があるテーマだった。

番組に登場した、引きこもりの大阪の男性が言っていたが、「世の中に貢献しないと生きている意味が無い」というようなことは、私もかなり考えていて、それが自分自身の首を絞めていると、改めて思った。
最初の大学を中退する時、仲の良かった同期の男性から「おいeriちゃん、働かざる者食うべからず、だぞ」と強く念押しされたのが、いまだに頭から離れない。その男性は、今でもFacebookで繋がっていて、私が今現在も働いていないことを伝えても、特になんとも言ってこなかったが、多分腹の中では「働けよ、クズ」と思っているんだろうな、ということしか考えられない。それくらいに、彼の言葉は私の心に深く傷を付けている。

私がこう考えるのは、もともと子供の頃から結婚願望が無く、子供も欲しいとか産みたいとか思ったことが無く、すると勢い、働かなければ生活が出来ないので、恐らくなにかしら定年まで働き続けなくてはならないのだろうな、と中高生時代から考えていたことがベースにあったからだ。
だから、「働かない」という選択肢は、私にとって物凄い重罪なのだ。引きこもっていた頃ですら、某アフィリエイトで月2万円程度は稼いでいた。本格的に引きこもっているので、服も化粧も何も必要では無く、タバコ代1万円と海外ゲーム代年1万円くらいの出費で、十分生活できていた。
今は作業所や病院へ通うためにも服が必要で、障害年金として入ってくる金額も増えたが、出て行く出費も増えてしまった。それが、精神的につらい。自分だって、好き好んでこんなにお金をパッパカ使いたくない。

それでまぁ引きこもりだけど、なんかもう作業所へ通うのは辞めようかな、って思えてきた。こんな幼稚園ごっこみたいなことしてて、本当に社会復帰できるのかよ、っていう疑問が大きいのと、私は小学生の頃から、不登校に片足を突っ込んでいるような状態で、保健室登校や図書室登校をしていたので、きっとどこか家の外へ毎日通う、っていうのは、向いていないのだと思う。在宅でできる仕事を探そうかな、と。
よく、在宅ワークは孤立するから精神的につらい、と聞くけど、自分の場合はそんなのまったく感じたことが無かったので、向いているんだと思う。

それから、精神科医の斎藤環さんが言っていたが、暴力的な支援をする団体の話。これは怖いなと思った。夕方のTVニュースでも放送されたことがあるので、何度か見ているけど、引きこもっている青年の部屋のドアを蹴破ったり、大声で暴言を浴びせかけて引きずり回したり、いわゆる戸塚ヨットスクールを彷彿とさせるやり方に、ゾッとしたもんだ。
これを、テレビは好意的に放送していて、頭おかしいと思った。引きこもりは怠けているわけでも何でも無くて、自分の中では「外に出なくちゃ、働かなくちゃ」って物凄い葛藤をしている。昼夜逆転も治さなくちゃ、って思うけど、自力では治らない。そのうち、風呂にも入れなくなるし、歯も磨かなくなるし、どんどん自分の身の回りの事が出来なくなっていって、在宅浮浪者みたいになる。
そういうところを社会は分かっていないなぁと、夕方のTVニュースで感じた。

地域活動支援センターの個別支援計画の見直し

午前中は作業所で勤務したあと、午後は支援センターへ行って個別支援計画の見直し、要は、利用更新みたいなものをしてきた。
職員室に問題職員がいたら嫌だなぁと思いつつ、支援センターの職員室を覗くと、一発で面談を予約していた担当職員と目が合って、すぐに出てきてくれた。
「今日は、出勤職員はこんな感じですけど」と言って、職員の出勤表を見せられたが、そこに問題職員がいなかったので、安心した。担当職員も本当に気が利く人で、問題職員の名前を出さずに、問題職員が来ていないことを表現してくれるのは、本当に高度なコミュニケーションスキルだと思う。

さて面談だが。「この半年どうでしたか?」という感じで始まったので、ペーパードライバー講習へ行ったことから、母が倒れてちょっと大変だったことまで、色々話した。っていうか、ほぼ母の話になった。最初のうちは、私も頑張って料理をしていたけど、元々得意なほうではないので、ストレスが凄くてキレてしまい、今は母も回復してきて、料理はほとんどしなくても済むようになっているとか。
また、今回の事で、もし親が死んだらこういう生活になるのかなー、ということを日々考えるようになった、みたいなことも話した。年齢的には、順番は父が先なのだけど、持病の数と深刻度でいったら母のほうが先になりそうで、本当に怖い。
今やってる家事は、土日に掃除をするだけで、そんなに負担は無いのだけど、やはり家に病人がいて、「痛い痛い」とか呻いているのを聞くと、あまり気持ちのいいものではないし、イライラしたり鬱屈としたりする、みたいなことを話した。

あらかた母のことを話し尽くしたあと、問題職員の話になった。「どうですか? やっぱりまだ気持ちは整理できませんか?」みたいなことを言われたので、「そりゃ、こんな格好(と睨んできた時のしぐさを真似る)で何回も繰り返し睨んで来たら、悪意しか感じないし、謝罪も横向いてたし、反省の色も無いみたいだし、何しろ大声を出したり怒鳴ったりするのが怖くて、無理です」みたいな話をした。
担当職員も、立場があるので軽々に個人の意見を言うことは出来ないから、もどかしそうだった。ただ、私が今でも怒っていること、怖がっていることは、センターとして受け止めて職員内で情報共有します、みたいな話をされた。
担当職員が「問題職員と会って話すのは嫌なんですよね?」と何度も確認してくるので、「そちらはそうさせたいのでしょうけど、とにかく問題職員が怖くて、またあの目で睨まれるのかと思うと、気が狂いそうになります」と答えた。

そして、「問題職員は常日頃から、自分は仕事ができると自画自賛しているのだから、利用者から第三者委員会にまでチクられてモメられているんだったら、普通の人ならよその法人に転職しますけどね」と言ってやった。
更に、「この支援センターって所は、精神病の人が来る施設じゃないですか。ちょっとしたことで恐怖を感じたり、不安になったりする人が利用者なのに、なんであんなに安易に大声を出したり、威嚇をしたり、睨みつけたりできるんでしょうね? 私は正直言って、問題職員は福祉職としての適性が無いと思います」とまで言ってやった。スッキリした。って言う相手が違うけどな! 本当は問題職員にこのセリフを言ってやれればいいんだけど!

最後に支援センターの利用についてだが(これ本題なんだけど)、過去半年、ほとんど利用できなかったけど、これから半年、また利用継続をすることにした。朝の段階では、作業所にも行きたくないし、支援センターの更新もしない、って決めてたんだけどな~。担当職員がすごく良い人だから、流されてしまったわ。こちらの愚痴を上手くまとめてくれて、「それはこういうことですね」って上から目線じゃない的確なアドバイスというか、合いの手?みたいな上手い一言をくれる。

で、支援センターの目標が「作業所に遅刻しても良いので自力で継続して通う事」となった。そこで、私が「ちょっとここで話すべきか分からない内容なんですが」と前置きして、作業所の工賃に納得がいかない話をしてみた。担当職員は、作業所のモニタリングもやってくれる人なので、そのあたりも勘案したのか、親身になって聞いてくれた。
要は、以前にも書いたと思うが、全然仕事が出来ないし、やる気も無いのに、何故か毎日来ることだけは出来る人が、私と同じ時給で月1万いくらもお給料をもらっているのは納得がいかないと。そういう話をしたら、「そういった話は、主に仕事が出来るとされる人から、何名か聞いてます」と言われた。やっぱり……。
それで、不満な人は次の段階、例えばA型作業所だったり、作業所以外のアルバイト等だったり、もっと言ったら障害者枠雇用だったりに、ステップアップしていくのだそうだ。担当職員曰く、「erikoさんがそこに不満を持ち始めた、ということは、それだけ仕事をする気力や体力が付いてきたってことだと思うし、これは次の段階へ進む兆候なんじゃないかと思います」とのことだった。
とはいえ。週1日既定の時間も働けないようでは、アルバイトも勤まらないだろうし、ほんとせめて1日で良いから、15時まで勤務できるようにならないとダメだな、って痛感した。それも1日だけじゃなくて、1か月継続してできないとね。ということは、あとまた半年くらいはやってみないと、なんとも言えないかな……。

障害者手帳の更新が完了した

作業所の帰りに、障害者手帳の更新をしてきた。
年金証書を使った申請自体は、10月に行ってきているんだけど、審査が必要なので、1か月ちょっと待たされた。結局、11月末日という有効期限には間に合わず、私は律義な性格なので、期限切れの障害者手帳を使う気になれず、この1週間、正規料金でバスに乗っていた。

保健福祉センターで役人に「障害者手帳の更新をしたいんですが」と話しかけると、「診断書か年金証書かお持ちですか?」と言われてしまったので、「あ、そうじゃなくて、通知書?が届いたんですけど」と返すと、「あ、そういうことですね」となった。うーん、役所的には、市から「2級に認められたから、更新に来てね」っていう通知の封書が来て、それを持ってくることを「更新」とは言わないのか。まぁ私が自分で書いた記事でも、年金証書を持って行って、更新手続きをしたことを「更新してきた」って表現しているしな。
ま、そんな細かいことはどうでも良いか。

で、手続き自体はあっさり終わり、手帳に平成32年の期限がハンコで捺されて、無事更新完了です。

ついでなので、これまた私が書いた記事で申し訳ないが、『障害者手帳をカードでも』というニュースがあったので、役人に聞いてみた。「障害者手帳がカードになるかも、って話を小耳に挟んだんですが、どうなるんですか?」みたいな。
すると、「いやー、うちの市ではそういう話は聞いてないですね。よその自治体さんはやってらっしゃる所があるのは知ってます。でもうちは、財政も厳しいし、カード化するのは難しいんじゃないかな?」と言われてしまった。なんだよ、そうなのか。しかし、これには続きがあって、「市民の皆さんから要望が多数挙がれば、市のほうでも考えるんじゃないかと思います」とのことで。
なので、私も「いやぁこの手帳って、サイズが大きいじゃないですか。パスケースにも入らないし、せめて大きさを変えるだけでもやってもらえないかな、って常々思ってたんですよねぇ。なるほど、要望ですか。検討してみます」と応戦しておいた。

そして、帰りのバスは堂々と障害者手帳を提示してバスの清算をした。