ハートネットTV WEB連動企画”チエノバ”▽精神科病院の”身体拘束”を考える

7日に放送されたEテレの『ハートネットTV WEB連動企画”チエノバ”▽精神科病院の”身体拘束”を考える』を録画していたので、見た。
Twitterでも事前にWebへの投稿を募集していて、いくつか読んでいたが、本当に嫌な思い、つらい思いをした人が多くて、驚いた。冷静に考えれば、身体拘束は必要だった、と言っている人も中にはいたが、少数派だった。

私自身は精神科への入院経験が無く、当然ながら身体拘束もされたことが無い。だから、どんなものかはあまりよく分からない。YouTubeで見たり、それこそこのハートネットTVやバリバラ、あるいは夕方のニュース番組の特集で見たことくらいしか無い。
見ただけの感想では、やはり急性期には身体拘束もやむを得ないのではないか、と思っていた。特に、支援センターで躁状態が酷くなり、大声を出した人と同じ空間に居合わせた時に、「誰か早くこいつを救急車に乗せて入院させて!」と思った。この時の「入院させて!」は「身体拘束させて!」とほぼ同義だ。
この考えは、番組を見ていても変わらなかった。精神科医の斎藤環さんが、「拘束しなくても治療できる、オープンダイアローグという手法がある」とおっしゃってて、これは斎藤環さんのTwitter等での発言と変わらないのだけど、私個人では、オープンダイアローグというものをちょっと胡散臭いと思ってる。
精神科医である斎藤さんが、精神科医療の修羅場をくぐり抜けて、それでもなお「オープンダイアローグがいい」と言うのだから、よほど効果があるのかもしれないけど、私が若い頃、症状が炸裂していて暴れたりしていたころに、斎藤さんみたいな医師から「話し合いましょう」と言われても、話し合いにならなかったと思う。むしろ殴っていたと思う。
実際問題、斎藤さんも殴られたことが何度もある、と言っていたけど、それは治療者のほうが「拘束してやるぞ」というような圧力を患者に与えていたからで、患者は悪くない、と主張していたので、驚いてしまった。どこまでお人好しなのだろうか? 精神科の救急外来に来るのは、そんな聞き分けの良い患者だけではないと思う。それこそヤクザが覚せい剤中毒で、暴れまくって来ることもあるだろう。そういうときでも、斎藤さんは同じことを言えるのだろうか?

ただ、そんな私にも唯一、解せないことがあって、「措置入院だからとりあえず拘束しておくか」みたいな、なんというか流れ作業的に拘束されてしまうことがあるのが、それはおかしいな、と思った。
また、拘束の上限時間・日数が無いことにも、違和感というか不満を覚えた。これじゃ患者を暴力で抑え込んでいると言われても仕方がない。でも、どうなんだろうな? 薬物で患者を鎮静化させるのはOKで、物理的な身体拘束はNGなの? なんか、似非人権派みたいな気がする。

ハートネットTV「生きるためのTV▽仕事がつらい、死にたい、働くって何?」

インタビューに応えていた25歳教師のハムさん、もう少し自分で工夫したほうがいいんじゃないの?と思った。誰も、給食食べるのも我慢して子供の面倒を見ろなんて言ってないよね。教師が給食を食べている時に、子供たちが寄ってきたら、「先生はまだ給食を食べているから、終わったら遊んであげる」って諭すのも、教師の仕事じゃないの? 無条件に子供の要求を受け入れようとしたら、そりゃ潰れますよ。
水も飲まない、トイレにも行かない、って人間としてどうなの? 基本的な生理現象を止められるの? こういう人、たまにいるけど、私は強い尿意を感じたらそれを止められない。話盛ってるだけで、実際はそんなこと無いんじゃないか、って思ってしまう。だって不可能だもん。朝から夕まで1度もトイレに行かずに過ごすって。水飲まなくたって、給食という食べ物の中に水分入ってるでしょ? そしたら、尿が作られるよ。
「申し訳ない」を連発していたけど、これは恐らく抑うつ状態、あるいはうつ病なのだと思う。なんか、うつの時って自分が存在してはいけないような気になるんだよな。上に書いていたこともそうだけど、ハムさんは自分を責めすぎ、追い詰めすぎだと思う。まぁそれが病気なんだと思うけど。そう、精神的な病気なんだと思う。だから、対向車が突っ込んでこないかなーとか思ってないで、早く病院へ行ってほしい。
つくづくこの「申し訳ない」は、聞いていてイライラした。なんか、お前がいることのほうが迷惑だよ、休まなくていい、もう教師辞めちまえ、と思った。

2人目のあおさんも、「申し訳ない」と自分で自分を追い込んでいた。これマジ見るのつらいわ。ほんとイライラする。自分もそういう時期があったから、余計にこの人たちの気持ちが分かる。
特にこの女性は、親からの教育の影響があると考えているみたいで、親から怒られる時に「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」と言われたとか、言っていた。私もまさに同じセリフを言われて育ったので、やっぱり似たような親の元に育つと、うつ思考に陥りやすくなるのかな、とか考えてみたりした。
「辞める」の前に「死にたい」があるのは何故か、という問いだけど、そこだけは私も理解ができない。仕事に関しては、嫌なら辞めればいいじゃん、と軽く考えている。だって世の中、仕事の数なんてごまんとあるんだよ? 私だって、性に合わずに1週間で辞めたバイトがある。そこはさすがに職歴にはカウントしてない。でも、自分の中では「あぁこういうタイプの仕事は、私には合わないんだ」と知ることが出来て、良い経験だったと思っている。それくらい、仕事を利用してやる、くらいに思ってないと。
やっぱりこの人もかなり病気だよね。聞いててイライラした。

3人目のAさんの言ってることが重すぎて、これもまたきつかった。死んだらダメ<仕事辞めちゃダメ。……。ありえないだろ。でも、一般社会にそういう考え方が蔓延しているのは、すごく感じる。
この人は最終的にはこの考えから脱却できて、「自分で考えたことで動くからこそ生きていけるんだな」という考えにまで至ったと話していた。なんかそこは、私には無い領域だったので、「そうなのか」と思った。やっぱりなんといっても私は、親からまだ自立できていないからね……。働いて収入を得ること、一人暮らし出来る程度の金額を稼ぐことは、多分今後も出来るようにはならないだろう。そう考えると、普通に働ける人が本当に羨ましいと思う。

ココズレ2「ココがズレてる健常者2~障害者100人がモノ申す~」

統合失調症の茶ボーズさんの話がとても面白かった。街で独り言を言っている人を見かけたらどうするべき?という問題だが、放置していい、が正解だった。私もそう思う。他の統合失調症の参加者に聞いても、下手に話しかけられると、それが刺激になって感情的になる可能性があるから、そっとしておいて欲しい、と言っていた。これもまったく同感だ。
このことに対して、ゲストの芸人たちは、正直に「なんか危ない人だと思うから、怖くて声をかけられない」等と言っていて、これが世間一般の意識だろうなぁと思った。だって、患者の私ですら、そんな街中で独り言言っている人がいたら怖いもん。実際、メンクリで独り言を言ってる女性が隣に座ってきたら、本当に怖かったし。どう接していいのかも分からないし。これは偏見というより、本能的なもんだよね。危害を加えられるかもしれない、という。
精神障害者や知的障害者は、身体障害者と違って、「危ない」という感想を持たれることが多いと思う。知的障害者(児)は、今は養護学校へ行くのでも送迎バスがあるみたいで、滅多に知的障害児を見なくなったけど、つい20年くらい前までは、母親が送迎をしているのをよく見かけた。当時、うちの近所で知的障害児が母親を、建築現場の鉄パイプで殴って血だらけにしているのを見たことがあって、バス停で待っていた成人男性たちが、助けに入ったことがあった。そういう経験があると、知的障害者は怖い、と反射的に思ってしまう。

脳性まひなどの障害者の真似をしてもいいのか?という問題に対しては、これは重い問題だなぁと思った。私も一応、障害のある人の真似をしてはいけません、という教育を受けたほうなので、もし親の立場だったら、真似はしなかったと思う。
またうちの近所にも、脳性まひの2年上の先輩男性がいて、中学までは私たちと同じ普通学級に通っていたため、よく知っているんだけど、やっぱり誰も真似しなかったからねぇ。それどころか、いじめも無かったと思う。

障害をカミングアウトする問題も、なかなか難しいなと思った。
私個人は、支援センターや作業所でも病名まで教えている人はそんなに多くない。逆に、病名を知っている人もそんなに多くない。ただ、お互い精神疾患があるよね、くらいの認識でしかない。
さらに、絵画教室でも先生にはカミングアウトしていない。このことについては、メンクリの主治医は意外だったようだ。「教えてないので」と言ったら、「え、そうなの?」と驚いていた。支援センターや作業所でも、そのことを言うと皆一様に驚く。詳しく突っ込まれたことは無いが、多分「カミングアウトしていなくて、やっていけるの?」と言いたいのだと思う。
絵画教室に関しては、今のところカミングアウトしなくても十分にやっていけてる。カルチャーセンターのようなところではなく、個人の先生がやってる教室で、先生自身も絵画教室以外にパート勤めをやったりして、忙しいそうだから、急に休んだり、その振り替えを入れたり、というのは結構融通が利くようになっている。婦人科の手術の時も1か月休みをもらったし、ほかにどうしても体調が悪かった時は2か月休みをもらったと思う。
一番困るのは、美容院かな。「お仕事は何されてるんですか?」という質問が本当に苦痛で、先日パーマをかけてもらった所は、その質問をしてこなかったのでホッとしているんだけど、やっぱり会話がいつそういうのになるか、ビクビクしてしまう。

この番組は、前作パート1も見ているんだけど、今回のほうがこなれてきたというか、番組がまとまっているように感じた。特に序盤で統合失調症という精神障害を取り扱ってくれたのも大きい。24時間テレビもそうだが、障害者=知的・身体、しか扱わない世間一般のことを考えると、精神まで扱ってくれるのは、非常に嬉しい。

バリバラ「バリバラジャーナル 見え始めた精神医療の実態」

バリバラ選、つまり再放送だが、「バリバラジャーナル 見え始めた精神医療の実態」を録画していたので、見た。
前半は、精神疾患の患者が「精神病」というレッテルを貼られた途端、一般社会で生きていくことを許されず、精神科病院に放り込まれる現実を描いていた。40年、50年と精神科病院に入院「させられた」患者たち。見たところ、意思疎通が出来ないわけでもなく、この程度だったら、福祉のサポートさえあれば、地域で十分暮らしていけるのではないかと思った。
特に「俺、入院してたから、何も出来ない」という男性患者が印象深かった。入院していなかったら、一般社会で一人暮らしをしていたら、料理は難しいかもしれないけど、洗濯くらいなら出来るようになっただろうに。長い入院生活は、患者から「生きるちから」を奪うのだと痛感した。
ただ、いわゆる急性期の患者には、入院施設は必須ではなかろうかと思った。私自身は、精神科への入院経験が無いので、想像や伝聞でしか語れないのだけど、もし、最初の大学時代に通っていたメンクリで、医師の前で興奮状態に陥った時に、すぐ「鎮静剤の注射」ではなく「措置入院」の対処が取られていたら、もっと違った人生になったかもしれない。まぁ悪い意味で違った人生になっていたかもしれないけど。

番組では、福島の矢吹病院という所が取材されていた。原発周辺にあった精神科病院に入院していた患者が、原発事故で県外へ転院し、また福島に戻ってくるために、矢吹病院が一旦受け入れることになっているそうだ。
でも、なんで患者の多くが、「もし入院してなかったら、結婚とか仕事とか出来たと思う」って言うんだろうねぇ? それ、今時健常者でも難しいのに。まともな収入の無い精神障害者の男性が、簡単に結婚できるわけ無いだろうに。そこらへんの現実感の無さが、まさに長年の入院で麻痺してしまった所なんだろうねぇ。
矢吹病院の医師が、「家族が入院を望んでいる」的なことを言っていたのが印象的だった。ほかにも、患者の家族へのインタビューが何名が出てきたけど、揃って「家には置いておけない」「家で面倒が看られない」等を言っていて、なんかモニョった。精神疾患の患者は、認知症の患者と似たような感じなのかもしれない。本人への意思確認が疎かにされがち、という意味で。患者が「家で、地域で生活したい」と言っても、家族が「無理」と言ったら、入院させられてしまうのだ。
でも、多分、今はそうはなっていないと思う。というか、そう思いたい。私が通う支援センターにも、結構症状が重めの人がたまに来るけど、訪問介護などを受けて、なんとか地域で暮らしているようだ。みんながそういう風になれればいいと思うんだけどね。
なんか、「真面目にやってれば退院できるから」と思って暮らしてきた女性が、まるで刑務所にいる受刑者のようで、精神科病院って何なんだろう、と愕然とした。
また、知的障害者が精神科病院に入院させられているケースが結構ある、というのも驚いた。なんだろうな、この矢吹病院の医師は、すごく良心的だなと思った。無駄に入院させて患者から医療費を巻き上げようってタイプの医者じゃない。ちゃんと患者の疾病を見極めて、「この人は精神病じゃなくて知的障害だから、それに合ったサポートをしてあげるのがいい」と判断している。これからの精神科はこうでなくちゃ、って思った。

後半、時男さんという約40年入院していた男性が出てきた。この人もぱっと見は障害者に見えない。むしろ、ダンディーな雰囲気で、テレビでも言ってたけど、熟女にモテそう。
この人は最初、ATMの使い方や切符の買い方も分からなかったそうだが、サポートスタッフに付き添われて、社会復帰をしていったようだ。今は「普通の生活」をエンジョイしているようで、良かったなぁと思った。とても40年近く入院していた人には見えない。
時男さんの弟さんがテレビに出てきたけど、音声を変えてて、そのあたりからして、精神病に偏見があるんだろうな、と分かった。言ってる内容も、偏見に満ちたもので、家族に理解されていないというのがこれほど悲しいことなのかと、改めて痛感させられた。

ハートネットTV『障碍者施設殺傷事件から1年』

Eテレの番組、ハートネットTV『障害者施設殺傷事件から1年』を昨日今日と見ているんだが、溜息が出る。私は、犯人である植松聖の意見にほぼ同意する。意思疎通のはかれない重度知的障害者は、生きている価値が無いと思う。同様に、意思疎通のはかれない重度精神障害者も生きている価値が無いと思う。
私は精神障害者で、通っている支援センターでごく稀に、障害者手帳1級だろうな、という人を目にする。向こうから話しかけてくるから、会話に応じようとするけど、相手が話す内容は「言葉のサラダ」状態で、何が言いたいのかまったく理解不能だから、コミュニケーションが成立しない。結局、話は聞き流すことになる。こんな経験は、いまだかつてしたことが無かった。支援センターで初めてそういう人に遭遇して、「この人、生きてる意味あるのかな?」と思った。
ご家族の話も伺えた。入浴も、食事も、自力では何もできない。全部親が手伝っていると。常に幻聴が聞こえている状態だから、食事中に幻聴にそそのかされて、食事を中断することもあるらしい。そういう人が果たして生きていていいのか? そりゃ親はわが子だから、生きていてほしいだろうけど、親が死んだあと、どうするつもりなのか?
支援センターへ来るのも、自力では不可能らしく、毎度毎度高齢の父親が送迎している。「2時間後にまた来ます」と言った父親の晴れ晴れとした表情を見ると、いかに普段、家で娘の相手をすることが苦痛であるかが分かる。実際に、母親から「ここは助かる。2時間でも預かってもらえるから。その間に家の掃除ができる」と言われたことがある。ここ(支援センター)、そういう施設じゃないんだけどなぁと思った。あなた方親が支援センターに娘を預けている間、同じく支援センターを利用している精神障害者は、あなたの娘のお守りをさせられてるんですけど、と思った。

昨日の番組だったかな? 重度身体障害者で、アパートでの一人暮らしを実現するために、ヘルパーが8人も割り当てられているそうだ。8人だよ? たった1人の、それもなんの生産性も無い、息して飯食ってウンコして寝るだけの生き物に、若い男性8人もの労力が割かれている。なんという無駄だろうか。その8人が、クロネコヤマトの運送をしたほうが、よっぽど世のためになるんじゃないか?
そこまでして、重度身体障害者は生きていたいのだろうか? 贅沢すぎないか? 自分のために、どれだけの税金が使われているのか、考えたことがあるんだろうか? おそらく障害年金だけでは自立した生活は送れない。生活保護をもらっていることだろう。その原資はなんだ。税金だろうに。健常な人たちが汗水垂らして働いて収めた貴重な税金を、福祉施設等の集団生活は嫌、プライバシーが無い、等の個人的なわがままで、湯水のごとく使うのはいかがなものなのか。
今日出ていた母子だってそうだ。親が子供の面倒を看ているうちは、勝手にすればいい。だが、親が死んだらどうする? 社会保障・福祉のお世話にならざるを得ないことは分かり切っているだろう。それを厚かましくも「将来のことは考えない」とか、よく言えたもんだな、と思った。

支援センターの利用更新面談

午後は、主に作業所へ行った時に昼食をとる場所として利用している、地域活動支援センターの利用更新の面談を受けた。13時半に作業所の勤務が終わって、支援センターでお茶を飲んでくつろいでいたら、担当職員が「あれ、暇そうだね。もう面談やっちゃう?」と言うので、こちらも早く終わったほうが良いと思い、「いいですよ」と答えた。
面談では、利用更新ということで、改めて「利用の手引き」のようなチラシを持たされた。特に変更点は無いけど、ルールは守って利用してくださいね、みたいな。それ以外では、利用目的、今後の生活目標、短期目標、長期目標、またその振り返り等々、色々話し合った。

目標などはほとんど変わらないんだけど、私の中で、意識として少し変わった点があって、それは、支援センターでの交流が楽しくなってきた、ということ。以前は、人と話すのが億劫だったり、あまり興味が無かったりしたけど、最近は楽しくなってきた、と担当職員に話した。すると、職員は「それはerikoさんが毎週金曜日に支援センターに来る、って分かってる人が増えて、erikoさんてこういう人なんだ、って分かってる人が増えて、話しかけやすくなったりしたのもあると思うし、erikoさんが集団の中で緊張せずにいられるようになったせいもあると思いますよ」と言われた。前半部分はすぐに納得できたけど、後半はいまいち納得が出来なかったので、「私、緊張してたんだ」と言ったら、職員が「と思いますよ」と言っていた。そうなのか。そうかもしれない。
支援センターに通い始めた最初の3年は、プログラムにも1つ2つ、月2~3回くらいしか参加できなくて、そこで一緒になった年下の女性2人くらいとしか話したことが無かった。3年がそんな状態だよ? だいぶ大人しい人だと思われちゃうよね。でも、リスパダールから変薬して今のロナセンに変わったあたりから、恐らく陰性症状が改善されたのだろうね。自分から話しかけたり、会話のキャッチボールができるようになったり、笑ったりできるようになってきた。と思う。

それ以外では、やはり今は作業所最優先で動いているので、どうしても作業所関係の目標が多かった。とりあえず、遅刻してでもいいので自力で続けて通うこと、が引き続き目標になった。これは、何度か母に車で送ってもらったことがあって、このことを指して「自力で通う」と敢えて書いているのだ。母に送ってもらわず、自力で通えるようになったらいいよね、的な。
なんだろうなぁ。仕事が嫌なわけじゃないんだけど、家から出てバス停まで歩くのが億劫だったりするんだよね。バス停まで10分かかるから。更に、駅から作業所までのバスを待つ時間もバカにならなくて、車だったらすぐなのに、とか思ってしまうんだよねぇ。
そして、これは自分から言い出したことだけど、作業所で勤務した日は、夜中の1時2時まで夜更かしするというか、眠れなくなって、その理由の1つに飲酒があるのではないかと思うので、今日からお酒は翌日飲むことにしようかと思っている、と相談した。すると、職員に「お酒は睡眠の質を落とすというし、確かに勤務当日は止めておいたほうがいいかもですね」と言われた。ということなので、今日は飲んでない。今22時だけど、やっぱり意識に覚醒感があって、寝られそうにないので、頓服を飲もうかと思っている。

絵画教室プログラムでは、確か先月、私とトラブルがあった女性が堂々と参加していたので、ビックリして私は参加を取りやめたことがあった。そのことを担当職員に話すと、「私もビックリした。なんでいるの?って」と言っていた。職員ですら、そう思うんだから、よっぽどだよなぁ。どんだけ面の皮が厚いんだろうか?
職員からは、「そんな人にペースを乱される必要ないよ。来てたら、不本意かもしれないけど、erikoさんは参加を取りやめて、トラブル女性のことは避けたほうがいい。あの人は恐らく何も考えてない、erikoさんのこと傷付けるかもしれないとか考えてないから、そういう行動ができるんだと思う。そんなのに付き合う必要無いよ」みたいなことを言われた。私も、そうだろうな、と思ったので、その通りにしようと思う。

結局、面談は45分くらいで終わった。次回は12月だけど、その前に8月に作業所のモニタリングもあるから、職員が「なんかちょこちょこ面談があるね」と笑っていた。
面談が終わった後は、支援センターで『こころの元気+』を読んだ。そして帰路に就いた。

自立支援医療の更新

自立支援医療の更新をするため、保健福祉センターまで行ってきた。メンクリで渡された用紙、更新手続きに関する案内には、必要なものとして「自立支援医療申込書」「印鑑」「健康保険証のコピー(同じ医療保険に加入している世帯全員分)」「所得を証明できるもの」が書いてあったので、印鑑と保険証のコピーを持って行った。しかし、結果的には印鑑は使わなかった。
保健福祉センターの障害者向けの窓口がちょっと混んでいて、10分ほど待たされた。相談が始まると、センターの人はテキパキと仕事を片付けていった。途中で、「障害者手帳、お持ちですか?」と聞かれたので、「持ってますよ」と言って出すと、更新日を確認していたようで、「もったいないですね。更新時期が、自立支援医療とちょっとしか変わらないんですね。何度もセンターに来るの、大変じゃないですか?」と言われた。
そうなのだ。以前から思っていたんだけど、自立支援医療は有効期限が9月末までで、更新可能なのは7月から。障害者手帳は有効期限が11月末までで、更新可能なのは9月から。微妙にズレているのだ。これには理由があって、ちょうどその頃、地域活動支援センターへ通うようになり、そこの職員から立て続けに「erikoさんは自立支援医療受けてる? 受けたほうがお得だよ」「障害者手帳は発行してもらった?あったほうがお得だよ」と言われ、その都度、手続きをしてきたからだ。つまり、先を見越して手続きをしたわけではないのだ。
更新手続きは同じ保健福祉センターで行われる。もし、事前にこのことを知っていたら、自立支援医療と障害者手帳の手続きを、同じ時期に行っただろう。支援センターの職員も、もう少し丁寧に紹介してくれれば良かったのに、と思っている。

その後、何度か保健福祉センターの職員がカウンター内のデスクに引っ込み、職員同士で話し合いをしていたようだが、戻ってきて、「やっぱり自立支援医療と障害者手帳の更新時期を今から合わせることは無理みたい」という結論になった。それ以外のことも、たくさん話してくれたんだけど、悲しいかな、認知機能の衰えた私の脳では、何を言っているのかまったく理解できなかった。だから、もしかしたら、「無理みたい」という結論に対しても、私がそう解釈しただけで、先方はそういうことは言っていないかもしれない。自信が無い。

更に更に、悪いことは重なるもので、自立支援医療の自己負担上限額が20,000円で「重度かつ継続」に該当する人は、平成30年3月31日で制度の適用が終了することになっているそうだ。この問題、何年か前もあったんだよね。その時は、国会で制度を継続することが決まり、無事、自立支援医療の恩恵に与らせてもらうことができたんだけど、今回はどうなんだろうか?
この制度は、障害者を扶養している人が一定金額以上の所得を得ていると、引っかかってくる。うちで言えば、父親の年収がそうなんだけど、確かに一般のサラリーマンよりはもらっているので、引っかかるだろうな、とは思っていた。でも、来年からは役職を降り、勤務も週に2~3日で、年収も大幅にダウンする、と聞いている。
そのことを保健福祉センターの職員に話すと、「でも、対象となるのは、前年の年収だから」と言われてしまい、「あぁ、そうか……」となってしまった。そこで、なんと職員から「世帯の分離」を勧められてしまった。わりと何度も勧めてきたんだけど、正直言って、世帯分離とはどういうものなのか、まったく分からない。というわけで、帰宅して少し調べたが、法律のド素人な私にはちょっと難しい……。もう少し調べたりして勉強するのと、支援センターに電話相談してみようかな、と思う。