軽躁来る

軽躁が来たかもしれない。というか、結構前から怪しかった。
かなり重めの鬱状態で今の作業所を休んでいて、4月末(GWあたり?)からふわ~っと気持ちが上向きになっていったのは、自覚がある。その後、上向きというより「前向き」な状態で、ポジティブ・シンキングなんだなーくらいにしか思っていなかった。

ところが、ここ数日、急に散財し始めた。オルビスの高級ラインの化粧品にメガネと、高額品の買い物。今日は今の作業所や支援センターへ電話をかけてしまった。
もちろん、かけたこと自体は悪くない。作業所の担当職員はパートさんなので、来る日が限られている。だから、今日かけることは問題無かった。で、今日はいなかったので、また後日~ということで、電話を置いた。
引き続き、支援センターの計画支援員だったっけか、その人に電話をかけた。これも悪くない。新しい作業所(3)に行くことを決めた、という連絡をしたかったのだから。

そして、その電話で「erikoさんが8月から行きたいのは分かったけど、先方も8月から受け入れられるかどうか分からないから、それを確認してください」と言われた。いやはや尤もです。
というわけで、電話だと捕まらないことが多い新しい作業所(3)の責任者。メールで失礼させていただくことにした。これなら、先方の好きな時に書いてもらえるので。

ここまでは特に悪くないと思うが、若干「行動的すぎない?」と思わなくもない。まぁ「若干」だ。
問題はここから。

以前から気になっていた、ペーパードライバーを返上する計画を再発動させた。なぜ今頃?って感じだけど、作業所を移籍しようと動くのが最優先で、ずっと時間が取れなかったんだよ……。7月は、ようやく空いた隙間時間で、これを逃すと、新しい作業所(3)の利用開始時期が9月になるんだよ……。
で、なんとなくその頃には鬱転してそうだなーと。

今の作業所の、双極性障害I型の先輩が、病気の治療に専念するため作業所を辞めたんだけど、なんか気持ち分かるな。軽躁の時は本業と関係ないことまでアレコレ手を出して、お金も使ってしまう。鬱転すると何もできなくなる。作業所すら行けなくなる。私も感じたことだが、うつ状態で休んでいる時、「申し訳ない、情けない、私なんて」ってずっと思ってた。自責の念にとらわれていた。
そういうことが続くと、作業所に籍を置くだけでも精神的に苦しくなってくるかもしれない。

まぁさっき頓服のリスパダール内用液を飲んだので、これから夜にかけて、衝動的な買い物などはしなくなると良いな。

ラモトリギンが合わないかも(汚話注意)

5/29に処方されたラミクタールのジェネリックである、ラモトリギン75mg。
最初は皮膚の異常があって大丈夫か?と思ったけど、数日で治ったので、まぁ大丈夫なんだろう、と思って今日まで来た。

しかし。なんか、毎日のように下痢してるんだよな。
私は一応、Excelに排便記録も付けていて(汚いと言わないで……)、午前、午後、夜の3つの時間帯に分けて、便の状態と量と回数を記録している。それが、ラモトリギンを飲みだしてから、急に下痢の回数が増えているのだ。
特に午前中が酷く、5回くらい行く。午後は2回くらい。夜もたまにある。これ絶対ラモトリギンが合ってないと思う。

最初はそんなに酷くなかったのだが、5日目くらいから急激に悪化し、イリボー2錠でも効果が無いくらい悪くなった。
それでも、朝のうちに量さえだしてしまえば、昼過ぎまでなんとか持ちこたえられるので、その方式で頑張ってはいるんだけど、今日も朝からやはり6回トイレへ行ってしまった。そして、作業所でも1回、皮膚科でも1回排便した。
皮膚科の待合室は猛烈に冷房が効いていて、それでお腹に直撃してしまい、10分近くトイレにこもってしまった。めちゃくちゃ痛かった……。

もうこれは次の診察で変えてもらうか、近いうちにメンクリへ行って変えてもらうか、と思ったんだけど、近いうちに行ける日が無かった。まぁもっと酷くなって1時間に1回以上トイレへ行くのが続くようなら、考えるかな……。
ラミクタールとラモトリギンの薬価差がかなりあるので、個人的にはラモトリギンでいけるもんならいきたいけど、ちょっと今の状態では無理。

メンクリの通院日 ラモトリギン様子見

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。いつも私の前に診察しているおばあさんが、会計をするでもなくソファに座っていて、しかも待合室はかなり混みあっていたので、「こりゃ待つなぁ」と思ってTwitterをしていたら、画面を開いてすぐくらいで呼ばれたので、「え、あ、ちょっと待ってください」となってしまった。

診察では、「まずは軽めの話題からいきますね」と言って、ラミクタールをラモトリギンに変えたら、右腕に蕁麻疹が出たことを話した。
すると、主治医的には軽めじゃなかったみたいで、サッと顔色が変わって、「蕁麻疹てどんな感じの?」と聞いてきた。「米粒くらいで、ポコッと膨らんでるやつです」と言うと、難しい顔をして、「今も出てる?」と聞いてきた。「飲み始めて3日くらいは出てましたが、今は無いです」と答えたら、ちょっと表情が和らいでいた。
主治医曰く「ラミクタールの時は何もなくて、ラモトリギンで、ってことになると、主成分が合わないんじゃなくて、ラモトリギンの添加物が合わない可能性が高いから、このままラモトリギンで様子を見よう」ってことになった。

次に、軽躁かもしれない、ということを話した。服を捨てまくったり、買い物をしたり。買い物は、まだ買ってはいないけど、PC用の事務椅子を買おうと思っている、と話した。この予算が5万円くらいなんだけど、それを言うと、「結構な値段だねぇw」と言われてしまった。まぁ無職・引きこもり・年金暮らしで、椅子に5万は高い買い物だと思うけど、他にお金を使わないのだから、これくらい使ってもいいのでは?と思ったり。
それで、主治医に「椅子に5万って、どこの椅子買うつもりなの?」と聞かれたから、「内田洋行ってところのですけど」と言うと、「あぁ知ってる!」といったリアクションで「内田洋行か~! オフィス家具で有名なところだよね~」と言われた。

次に、脈がおかしいことを話した。風呂上りや、寝る時など、動悸が凄い。「死ぬかも!」という恐怖感がある。でも、昨年の心電図の検査では、何も異常(不整脈など)は無かった。
みたいなことを話したら、「自律神経のバランスが乱れているんだろうね」と言う。私が「パニック発作ではないんですか?」と聞くと、「まぁそうとも言うね。でも要は、自律神経の交感神経が優位になって、動悸が激しくなっている、という状態なんだよ」って感じの説明をされた。あくまでもパニック発作とかの病名は付けないのな……。
「対策は無いんですか?」と聞くと、「あぁ心臓が止まってなくて、動いてるんだなー、って思うと良いよ♡」だって……。マジか。そんなのんきなこと言ってる場合じゃないくらい、動悸が激しい時は本当に「死ぬかも!」って思うんだけど。余裕ないよ。あんまりひどいようだったら、もう少し強く言ってみようかな。それか、転院……。

肝心の「重い」と思われた、新しい作業所(3)の話は、最後に持ってきた。
工賃が1か月フルで働いて3000円、1日何時間働こうとも一律約150円。昼代にもならん、と言ったら、「まぁねー、そこがB型の限界なんだよねー」とのけぞった。
私が、「仕事は他の人より確実に早いのに」と言うと、「でも、職場に来てくれない限り、仕事任せられないじゃん? 会社としては、来ない人を基準に仕事を割り振れないからさぁ」と正論を言われてしまった。そうなんだよ、私は勤怠が悪すぎて、今までバイトや契約社員しか勤まったこと無いんだよ……。
最後に勤めた所が、週4日10時~18時の所だったので、それを話すと、「特例子会社とか、最低週20時間労働って決まりがあったような?」みたいな話をされた。まぁいずれにしても、週2日勤務でヒーコラ言ってるようでは、どうにもならないってことだ。

まぁとにくかく工賃が安すぎてお話にならないけど、そこは電車に乗って通勤する訓練として割り切るか、諦めて今の作業所で頑張るか。
でも、今の作業所の併設施設には、あの嫌な問題職員がいる。居続ける。それだけはずっと変わらない。嫌な所へ通うのは、もっと嫌だ。工賃は今の作業所のほうがはるかに良いけど、行くのが嫌ではどうしようもない。実際問題、もう何か月も休んでいる。
まぁこの話は、もう少し新しい作業所(3)の職員の話も聞いたりして、じっくり考えたい。

酒と薬と鯖

昼食は母が町内会で頼んだ仕出し弁当だったんだけど、物凄く量が多かったので、ご飯を半分と、おかずのサバを残して、夕飯に食べるつもりでいた。
いざ夕飯になってみると、昨日買って飲みかけで冷蔵庫に入れていたスパークリング清酒「澪」があったので、一緒に飲むことにした。

普通に食べて飲んで、お酒は昨日の残りだからそんなに多くなくて、ちょっとほろ酔いかな~くらいの感じだった。
食べ終わって、いつもならお酒を飲んだ時は、薬をシートから取り出して、テーブルの上に置いておき、酔いがさめた頃を見計らって飲むようにしていた。
なのに、今日はあまり酔いを自覚できなかったこともあり、食直後に薬を飲んでしまった……。

医者には「酔ってる間は薬を飲まないで」と言われているのに、飲んでしまって、慌てたけど吐くわけにもいかず、不安で不安で堪らなかった。
というのも、双極性障害の人は知っていると思うが、ラミクタール(ラモトリギン)は時に重篤な皮膚障害(スティーブンス・ジョンソン症候群など)を起こすことがあり、少量から徐々に増やすこと、という処方の作法がある。特に私は、更に要注意であるデパケンという薬も飲んでいて、デパケンを飲んでいるとラミクタール(ラモトリギン)の血中濃度が上がりやすくなるため、ラミクタールのみの場合と比べて半分の量が上限になる。
こんな扱いが難しい薬なので、これを書いている今も、「重篤な皮膚障害ってなんなの!?」とビクビクしている。

それに加えて、弁当に入っていたのはサバだった。そう、サバはあたりやすい魚で有名だ。
なんか、今日中に具合が悪くなった時、ラミクタールが原因なのか、お酒が原因なのか、サバが原因なのか、まったく区別が付かないよなぁと思った……。

そんなわけで、目がおかしいけど怖くて目薬も点せずにいる。お酒の影響で目が充血しているのか、ラミクタール(ラモトリギン)の影響で目がおかしいのか、もう分からない。はー、一気に3種類も怪しいもの摂取するんじゃなかった。組み合わせが悪すぎるだろ。
でも、お酒は今日飲まないと炭酸が飛んじゃうし、サバも今日中に食べないと余計に傷みそうだし、薬は……これだけは私が悪いね。うっかり飲んでしまったから。
あーふらふらする~。

ちなみに、ラミクタールからラモトリギンになって3日経ったが、蕁麻疹的なものや、腕が痒くなるなどの異常は、見られなくなった。体が慣れたのかな?

ラモトリギン75mg 1日目 早くも異変が

ラミクタール改めラモトリギン75mgを飲んで1日目。というか、昨晩50mgを飲んで数時間で、異変が現れた。
右腕がやたら痒い。袖をめくって見たら、ボコボコと盛り上がった小さい蕁麻疹?が肩から手頸付近まで、びっしり出ていた。マジでこれ、ラモトリギンの副作用なのでは!?

とても恐ろしくなってしまい、でも飲んでしまった薬を吐くことはできないし、でも蕁麻疹みたいなのは出てるし、でどうしていいか分からなくなってしまった。
これは救急車を呼ぶべきなのか? 呼ばなくても良いのか? 凄く迷ったんだけど、必死にネットを検索したところ、ラミクタール(ラモトリギン)の副作用で出る薬疹・発疹は、「赤い」ことが特徴のようだった。私の蕁麻疹?は全然赤くない。ただ皮膚がボコボコと盛り上がっていて痒いだけ。しかも右腕だけ。副作用の場合は、体の左右対称に出るそうなので、その点もだいぶ違う。

というわけで、救急車は呼ばず、かゆみが引くまで待って、寝た。
もともと蕁麻疹が凄く出やすい体質で、週に1回くらいは小さい蕁麻疹が出ている感じなんだけど、こんな大々的に出たことはしばらく無かったので、とてもビックリしてしまった。

そして今朝。ラモトリギン25mgを飲むか飲むまいか、かなり迷ったのだけど、まぁ大丈夫だろうと思って飲んだ。結果は、特に問題なかった。
私の場合、薬剤の添加物にかなり敏感に反応しやすい体質のようで、色々な薬が使えたり使えなかったりする。でも、ラモトリギンはラミクタールより半分以上安いので、出来るならラモトリギンに変薬したい。

メンクリの通院日 ラミクタールからラモトリギンへ

メンクリの通院日だった。今日はスマホを忘れずに持って行けた。
実は、前回の診察で自立支援医療の上限額の計算が間違っており、それを受付で聞いてみたところ、「確かに間違ってますね……」と言われた。「ちょっと調べてみますので、お待ちください」と言われ、しばらく待つと、薬局のほうに確認をしたのか、「正しい金額が分かりましたので、訂正しておきますた。すみませんでした」と謝られた。
何故こんなことを書いたかと言うと、前回の診察が今月累計で4700円くらいになっており、これで今日の診察を受けると、自己負担上限の5000円を超えるからだ。

まぁそんな感じで、今回は待合室に誰も人がいなかったのに、15分くらい待たされて診察室に呼ばれた。

いつもの「調子はどう?」という質問には、「もしかしたら軽躁かもしれない」と答えた。引っ越しをしようと思って不動産紹介サイトを漁ったり、買い物しすぎたり、SNSでコメント付けまくったり。
主治医に「躁を抑える薬って無いんですか?」と聞いたら、「デパケンとかリーマスがそうなんだけど……」と気持ち声が小さい。ただ、興奮しているような時には、一時的に抑える方法として、私の場合リスパダールの頓服を出しているから、それを飲んだらどうかな?みたいな話だった。

新しい作業所(3)のことを話そうかなーと思って、スマホに目をやったら、主治医のほうから「新しい作業所はどうなった?」と聞いてきたので、「6月に体験利用の予約を入れてます」的な話をした。
そして、「新しい作業所(3)のパンフレットを見たい」と主治医が言っていたので、見せた。まだ草稿段階で、利用者が作っているよ、的な話をした。主治医は紙をめくって丁寧に読んでいた。そして、「Photoshopとか使えるなら、あなたちょうどいいじゃない? 絵が描けるから」と言った。自分としても、そこらへんのソフトを触らせてもらえたらいいなーと思っているので、「そうなんですよー」とか話してた。

その流れで、今の作業所で色々変更された点があって、それを話すと、主治医がビックリして、「え、俺それ聞いてない」と絶句していた。だろうな……。主治医は今の作業所の顧問病院・医師みたいな位置づけなので、主治医に断りも無く、と言ったら違うかもしれないけど、少なくとも事後には速やかに報告する義務があると思うんだよなぁ。なんか、世の中って結構緩いんだね。福祉関係が緩いだけなのかな。

他にも色々話したが、スルー力を付けろ的な話をされて、納得した。

薬局では、先発薬の「ラミクタール」から、ジェネリック医薬品の「ラモトリギン アメル」に変えてもらった。今まで1日3錠14日分で364点だったのが、今日は140点にまで減った。これは大きい。
と言っても、今日はもう今月の上限5000円を、メンクリのほうの診察代でオーバーしているので、薬局での支払いは無かったんだけどね。これを見越して、今日はリスパダールの内用液も出してもらった。次回だと自己負担になるから。

買い買い病、発症

遂に来てしまった。買い買い病。
GW前頃から「ちょっと気分が上向きだな?」という自覚はあって、新しい作業所(3)の見学予約を入れた頃にはもう「あぁこれは軽躁状態だ」という自覚もあった。
まずいなー、まずいなー、と思いつつ、何の対処も出来ずにいたが、遂に先週の土曜日、18日。買い買い病を発症してしまった。

しまむらで夏向けぽっちゃりサイズのストッキングに、夏向けの部屋用スリッパを購入。その足でスーパーへ寄り、パスタソースなどを購入。
帰宅して、ユニクロでスウェットパンツを2枚購入。
……こうして書き出してみると、ちょっと買いすぎだね。でも、その時はまったく自覚が無かった。取り付かれたように買っていた。

で、ユニクロについては昨日もう商品が届いて、サイズ一覧に記載されていたサイズに合わせて買ったつもりだったのに、ものすごく大きくて、とてもじゃないが履いてられないのと、頼んだ品がスポーツウェアだったようで、シャカシャカするやつ? なんかポリエステルの素材で、私が欲しかった綿のスウェットじゃなかったから、返品した。
ユニクロ、返品送料が自分持ちなんだよなー。あーあ。ほんとガッカリだよ。勢いで買ってるから、サイズはともかく、布地のことなんかまったく確認していなかった。送料約800円で、痛いわー。でも、この商品が買えるユニクロは結構遠くて、交通費だけでもそれくらいするから、まぁ仕方が無いかなと。いい勉強に……ならんわ! はぁ。

そして今日。また買ってしまいました。セシールで、今度こそは確実に私が欲しかった、綿素材のスウェットパンツ。もう失敗しないぞ。多分。
セシールは買った金額に応じてランクがあるらしく(長年使ってるわりに、よく分かってない)、今は5000円以上の購入で送料無料になる。いい機会だから下着も新調して買ってみた。
……うーん、なんかまた調子に乗って買い物している気が。

他に、本当は靴も欲しいんだけど、それはネットで調べたところ2万円強するので、物凄く我慢している。
それから台形スカートも欲しいけど、台形スカート自体がほとんど売ってないし、あっても私が履けるサイズが無い。メタボ撃沈。

まぁ今日、ユニクロの返品に行くのにセブンイレブンへ行ったら、送料がnanacoで支払いできてポイントが付いたうえに、ふくびきも出来てカロリミットが当たったから、セブンコーヒーを買うつもりでいたけど、買わずに済んだのは良かった。そこは我慢出来た。
っていうか、ドリンク当たってるのに「アイスコーヒー1個」って言うの、逆に勇気要るだろ。

また軽躁気味……

昨晩、何を考えたのか、引っ越したい、マンション買いたい、と思って、不動産サイトの「HOMES」をひたすら見ていた。危ない。
だいたい2DKあたりを考えていたのだが、さすがに首都圏の片田舎とはいえ、マンションは数千万円するので、買えなくて諦めた。でも、賃貸なら結構イケる感じで、どうかな~ワクワク~と、物件を漁りまくっていた。

賃貸物件で管理費等を含んで6.5万円くらいなら、障害年金で払えるし、それ以外の生活費は、働けばいいじゃん、と、B型作業所すら勤まらない分際で、無謀なことを考えていた。
そうだよ、無謀なんだよ……。でも昨日HOMES見てたら、そんなことすっ飛んでしまって、「ここは水回りが古いな~、あ、築42年か、そりゃダメだな~」とか、「駅まで徒歩38分って地獄か!」とか、色々突っ込みを入れながら見ていた。はぁ。

「引っ越したくなったりしたら、私にご一報ください」と主治医に言われてて、これも多分、該当するんだと思うんだけど、今はそんなにHOMES見たくないから、大丈夫かな?

ラミクタールは抑うつ状態に効く、と言われて飲んだけど、それって軽躁状態に悪影響を及ぼすのでは?と思っていたら、こんなになってしまった。ラミクタール、飲まないほうが良かったのかな……。
でも昨年末からの鬱は本当に酷くて、鉄板を背負ってるかのように体が重くて、痛くて、大変だった。だから、あんな抑うつ状態はもう二度とごめんなんだよね。そうなると、ラミクタールは飲んだほうが良くて……。難しいね。

体調メモ+日記を非公開にしてみて思ったこと

体調メモ+日記の記事を非公開にして、しばらく経つ。今も非公開でこっそり書き続けているが、明らかに内容が変わってきた。
今迄は1000字くらい書いていたが、今は500字くらいに減っている。就寝・起床時間は、双極性障害の患者向けスマホアプリであるBipolar Diaryに記録してあるので、体調メモ+日記には書かなくなった。日中は、家に居る時は基本、ネット巡回、ネサフ、あるいはYouTubeとほぼ決まっているので、変わり映えしないからこれも書かなくなった。食事の時間もBipolar Diaryに記録するので、これも書かない。
そんな感じで、書くことがほとんど無くなってしまった。
唯一書いているのは、気分変調(鬱っぽいとか、買い物し始めて軽躁気味だとか)や、幻聴・妄想の症状が出ているかどうか。一時期、不快でしょうがなかった親や近所の騒音攻撃は、だいぶマシになった。気にならなくなってきた。そんなことを書いている。

そこで思ったのは、「体調メモ+日記」を書いていた時間は、無駄だったな、ということ。こんなの書かなくてもほとんど困らない。
例えば、非公開にしていた時期中、睡眠異常で夜中に起きてパンを食べちゃったことがあったんだけど、さすがにそれは初めてのことでビックリして、そのあとのメンクリの通院日までしっかり覚えていた。
そんな感じで、明らかにヤバイことが起きた時って、メモを書いてなくても覚えてるんだよなぁ。まぁメモったほうが良いのかもしれないけど、しなかったからと言って、そんな大問題にはならないように思った。

メンクリの通院日 スマホ忘れた……

13日ぶりのメンクリの通院日だった。
家を出てバス停に着いて、既に来ていたおばちゃんがスマホを弄っているのを見て気が付いた。「スマホ家に忘れた……」。
スマホには、診察時に話したいことのメモや、残薬の数が書いてある。ちょっと早めに家を出てきたので、走れば間に合うかもしれないが、多分間に合わない。母に車でメンクリまで持ってきてもらうことも考えたが、メモした内容をその場でだいたい思い出せたので、取りに帰らずそのままメンクリへ行くことにした。

診察室では、すぐに「スマホ忘れたので、覚えてる範囲で話します」と言ったら、「あっそうw そんなのあるあるだから、気にしなくていいよ」と言ってくれた。あるあるなのか。
話せることは1つ。新しい作業所(3)の話だ。まず「とてもいいと思います」と話した。「どういうところが?」と聞いてきたので、「もうまず職場が、入った段階で違います。事務所みたい。PCが並んでて、みんな黙々と作業している感じです」と言うと、驚いたふうだった。

それで、支援センターの担当職員には「それは私には分からない」と言われた話で、「最初は週1、1時間でもいいですよ~と言っていたのに、帰る頃には『顔を出すだけでもいいので毎日来て』と話が変わっていて、どっちを信じたらいいのか?」みたいな話なんだけど、それを聞いたら、主治医が苦い顔をして「多分それは助成金の関係だと思う」と指摘してきた。
要は、B型作業所は利用者にさせる仕事の売り上げが些細なもので、実態は市?県?国?から下りてくる助成金で成り立っている。利用者が毎日来てくれれば、それだけ助成金がもらえる。そういうカラクリがある、という話だった。うーん、なんか福祉政策の闇を見てしまった気分。

まぁでも、以前から私が希望していたPCを使う仕事で、色んなソフトを揃えているから、どれでも使っていいよ、勉強したかったら教えるよ、という環境なので、是非とも通いたい、と力説した。
支援センターの担当職員に、「主治医から作業所に行っても良いかどうかだけ確認してください」と言われていたので、そのことを聞くと、主治医はしっかりこちらを向いて「いいです」と言ってくれた。おお。

でも、その助成金の話を聞くと、新しい作業所(3)もどうなのかな? 障害者を食い物にしている障害者ビジネスなのではないかと勘繰ってしまう。まぁこういうのは、疑いだすとキリがないのだけどね……。
とりあえず、私はこの新しい作業所(3)を「意識高い系」と呼んでいるんだけど、主治医も「ほんと意識高いねw」と笑っていた。

最後のほうで主治医が明らかに飽きてる感じだったので、なんだろうと思ったら、診察時間がきっちり15分だった。時間を気にしていたのか……。悪いことしちゃったな。精神状態の相談でも無いのに。

薬局では、以前から続いていた「ジェネリック医薬品に切り替えませんか?」作戦が再開された。薬剤師は「ラミクタールなんかどうですか?」と言ってきたけど、正直ラミクタール(先発品)は今の量で副作用も無く安定しているので、ここでジェネリックに変えて副作用が出たりするのが怖い。正直な話。それよりは、デパケンを変えるほうが良いのではないかと話したら、薬剤師が「デパケンは徐放剤なので、メーカーによって徐放の仕方が変わる可能性があるから、変えるのは難しい」みたいなことを言う。うーん、でもデパケンの副作用なんてたかが知れてるしなぁ。
とはいえ、やっぱりラミクタールを変えるのは怖いので、「主治医に相談してからにします」と断った。