薬局に薬を取りに行ってきた

昨日、精神科の処方薬が2時間半待ちになり、30分待ったけど具合が悪くなってしまったので、速攻で帰ったことはもう書いたんだが、その流れで、本日14時過ぎに薬局まで薬を取りに行ってきた。
薬を受け取ってお金払うだけだったら5分で済んじゃうな、そのためだけにバス代かけるのか、と思ったら行くのが急に嫌になり、母に「送迎頼めない?」と聞いたら、「午後なら可能」と言うので、午後にした。

行って名前を名乗り、「今渡してる方の次になります」と言われたので、あぁこれですぐに帰れる、と思ってたら、これが5分以上待たされて、その時点でまたイラッときた。
ようやく呼ばれてカウンターに行くと、ロナセンが先発品だった……。主治医にジェネリック処方も可能な処方箋を書いてもらったはずなのに、と思って、「ロナセンをジェネリックにして欲しかったんですが」と言ったら、「すぐに変えます」と言って、また最初からやり直し。

でまぁまた待っていると、奥から別の薬剤師がすっ飛んできて、小声で「今、お時間よろしいでしょうか?」と聞いてきた。なんだろうと思ったら、昨日の夜、薬局の親会社(チェーン店なので)宛てに苦情のメールを送っていた情報が、もう私が利用している店舗に伝わっていたみたいで、そのことで謝罪された。
多分管理薬剤師だと思うんだけど、その人が応対してくれた。人員配置のミスとかを認めていて、本部も改善を検討しているとのことなので、どうか許してください的な。その時は店長が不在で、あとで店長から謝罪の電話をするけど良いですか?的な話をされて、さすがにそれは大ごとになっちゃったな、と思って一旦断ったんだけど、「ご迷惑ですか?」と聞かれて、別に迷惑ではないので、そのまま「いや、迷惑ではないです」と答えた。

そんなこんなで結局30分ほど待たされ、ようやくブロナンセリン、ゲットだぜ!と思ったら、なんとロナセンのジェネリックであるブロナンセリンの在庫が4日分しか無く、郵送でも構いませんでしょうか、というお申し出……。ホントもうどんだけついてないの? 悪いことが重なり過ぎでしょう。
まぁそんなところでゴネても仕方が無いので、郵送してもらうことにして(もちろん送料は薬局持ち)、慌てて母が待つ駐車場へ走ったら、「遅い! 何やってたの? あと5分待つようだったら、薬局に乗り込んでいくところだったよ!」と怒られてしまった。こっちだって、昨日頼んでおいた薬なのに、翌日こんな待たされるなんて思ってもいなかったよ!

メンクリの通院日 薬局2時間半待ちで心が折れた

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。
待合室に入ると、待っている患者であふれかえっていた。う、これは待ちそう……。実際30分くらい待たされた。

診察室に入るなり、主治医から「大変お待たせしました」と言われたので、「お盆だからですかね?」と聞くと、「はいそうです」と言われた。

診察は、まずは出張ペーパー教習が終わって、その解放感から2万円くらい使ってしまったことを話した。主治医は「あー……」というような顔をして、PCにカチャカチャ入力していた。何を買ったとかは、特に聞かれなかった。
教習が終わったら、脳内会話が減った半面、昔の嫌な記憶がフラッシュバックすることが増え、つらくなるようになった、という話をした。そこでもキーボードをカチャカチャしていた。

銀行や美容院へ行く数日前から、暴れたりする暴力的な幻視が見えて、迷惑している話をした。本当に殴ってしまったらどうしよう、とか思うんだけど、実際に行ってみるとなんともなくて、拍子抜けする。まぁそれはそれで良いことなんだけど、やっぱり、あまり気分の良いものではないよね。

あとは、報告と言うより質問っぽくなるんだけど、私が風呂に行こうとした時に、母から「風呂入るの?」と聞かれたので、「私が風呂入ったらいけないのか? あんたの許可が必要なのか? 監視するつもりか?」と言ったら、母が「それは被害妄想だ」と言われた。これって本当に被害妄想ですかね? という話なんだけど、主治医はニコニコしながら「それは妄想ではないね」と言った。
「被害的な考え方、というのかなー。とにかく妄想では無いよ」と言うので、安心した。

朝なかなか起きれなくなってきたことを話した。これについては、何も解決策を教えてくれなかった。
新しい作業所に行きたくなくなってきたことも話した。「どこの職場に行っても長続きしないし、人間関係でトラブルを起こすし、もう嫌だ。うんざりする。きっと新しい作業所でも何かトラブルを起こすに違いない」みたいなことを言ったら、「モチベーションがもう少しあればいいんだけどね」みたいなことを言われた。
仕事って難しいよね。面白い仕事、続けたくなる仕事に限って、首切られる。私がその職場にふさわしくないってことなんだろう。悲しい。

一番重要な話、ロナセンのジェネリックに変えてもいいか、聞いてみた。すると、ロナセンのジェネリックはロナセンを作ってるメーカーが作ってるらしい。なんだそれ?と思ったら、主治医曰く「よそのメーカーにシェアを奪われるくらいなら、自分の所でジェネリック作って売ったほうがいい、って判断なんだろうねー」とかなんとか。なるほど。
そんなわけで、今日からロナセンはジェネリックです。

で、診察室を出て会計を待っていたら気が付いた。最近薬局ですごく待つ(1時間半~2時間くらい)ので、当日は薬を受け取らず、翌日に取りに来たいから、薬を多めに出してほしい、と言いたかったのに、言ってなかったことに。
しまったー、と思ったけど、まぁ会計で受け付けの人に言えば、なんとかしてくれるだろうと思って、言ってみたら、むちゃくちゃ嫌そうな顔をされた上に、「今日3日分とか余計に出しても、受け取るのは明日以降なんだから、どっちにしても今晩のぶんからお薬無いですよね?」とド直球なことを言われた。
薬の個数の調整、前は融通してくれたと思ったのに、今日は激混みだからやってくれないのか、と思って引き下がった。

それで薬局に行ったら、やっぱり案の定、2時間半待ちということで、驚愕。最初はニンテンドー3DSをやって待っていたんだけど、30分しか間を持たせられなくて、これがあと5倍続くのかと思ったらつらくなってきて、さっきの受付の女性の言い方もキツかったし、泣きそうになってきた。もうこれは精神的に無理、心が折れて、薬局受付に「erikoですが、もう帰ります。明日来ます」と言って、帰ってきた。それでも、いつも帰る時間より遅かった……。はぁ。

脳内会話がキツイ

ここ1か月くらいだと思うんだけど、脳内会話が激しくてキツイ。PCに向かっている時、テレビを見ている時、風呂やトイレに入っている時、ご飯を食べている時、四六時中、気が付いたら脳内会話をしていて、ものごとに集中できないでいる。
ただ、人がいる時はほとんど出てこないので、母や出張ペーパー教習の教官と話している時なんかは、相手には分からないと思う。まぁ脳内会話しながら車の運転するのは、あまりにも危険だしね。最初はどうなることかと思っていたけど、運転してみたら脳内会話が出なかった。

先日のメンクリの診察でも、脳内会話が激しいことを話したんだけど、そのうち治まると思ってた。でも、全然治まらない。
特に、9日の出張ペーパー教習が終わってから、余計に酷くなった気がする。とにかく夜、寝る時に脳内会話が酷くなるので、全然寝付けなくなった。1時頃まで寝付けないので、リスパダール内用液の頓服を飲んでいる状態だ。
こういうブログ記事を書く間にも、脳内会話が突然発生するので、その都度、作業が中断されて、「何書いてたんだっけ?」となってしまう。はぁ。

今日なんかは、会話を楽しみすぎて結構大きな笑い声が出てた。自分でもビックリした。よく、こういう奇行?は本人の自覚が無い(病識がが無い)、って言われるけど自覚ありますよ。ただ、行動した後だけどね。笑って、一瞬置いて、「あ、これ病気の症状じゃないの?」と気が付く。
自力では止められないね。勝手に始まるから。そして、会話している最中はとても楽しいんだけど、終わって我に返った時に、「またか」「またやってたこと邪魔された」と思う。
最初は楽しいだけだったけど、これだけ続くとさすがにウザイ。次の診察まであと10日。このつらい脳内会話が続くのかと思うとウンザリするね。

またネット通販してしまった

疲れてたせいか、気が付いたらネット通販していた。しばらく我慢していたけど、一大イベントだった出張ペーパー教習が終わって、一気に気が緩んでしまったみたい。

買ったものは、ドリップバッグのコーヒーとCD4枚。
コーヒーは問題無い。在庫が20個くらいで、コーヒー会社の配送が数日後とかじゃなくて、結構時間かかってたと思うし、なによりもお盆に差し掛かるということで、まぁ確実に遅れるだろうなと思って、早めに注文してみた。
問題はCDだ。4枚……。約1万円なんだけど、どうなのかなぁ。やらかしちゃったかなぁ。一応、CDに収録されている曲を見て、そんなに欲しくない曲(アレンジ版だとか)が入っているアルバムは、欲しい曲だけiTunes Storeで買えばいいと思って、CDは買ってない。
私がファンになるのが遅くて、CDが軒並みもう「在庫僅か」状態になってて、今を逃したらもう買えない、と思い焦ってしまった。iTunes Storeだったら何らかの問題が起きて配信停止にならない限り曲データは買えるので、今はとりあえずCDのほうを買っておいた。つまり、まだMP3を買うつもりでいる、と……。

うーん、一気に使い過ぎかなぁ。今日の買い物以外にも、実は今週はAmazonでペプシ24本を買っている。まぁこれもダイエットに必要だから、問題無いんだけど。だけど、何故こうも買う時期が集中するのか? 前も似たような時期にペプシとコーヒーを買っていた気がする。

メンクリの通院日 特に変わらず

午後はメンクリの通院日だった。

話すことはあまり無く、まずは「気分の遷移が激しい」という感じで、落ち着かない、イライラする、かと思うと機嫌が良くなったりする、等を話した。スマホのBipolar Diaryでも気分の波が小刻みにあって、不安定になっていることを話した。
続いて、暑さのせいもあると思うが、睡眠リズムがめちゃくちゃなことを話した。下手をすると1時間おきに起きたりするような状態が数日続いて、耐えられなくなって爆睡するようなサイクルになっている。

あとは、精神科とは関係ないかもしれないが、夜に超具合が悪くなって吐いてしまうことが何度かあったことを話した。「熱中症なんですかね?」と聞いたら、「そうかもしれないし、急に暑くなったから、体が追い付いていないというのは、あるだろうね」と言われた。まぁ内科医じゃなくて精神科医なので、そのあたりは適当に流された感じ……。

新しい作業所は8/30から行くことになった、と話した。私の予定では、1週早い23日でも良かったのだが、先方が「30日ですよね」と言うので、まぁいいかと思った。
また、支援センター、前の作業所ともに、円満に辞めることができたと報告した。

最後に、脳内会話が激しいことを話した。これは、自分の部屋にいると身振り手振りで実際に声を出して話してしまうこともある(自力では止められない)けど、特に風呂場が一番激しい。他人がいると、自制が効くのかどういう仕組みか分からないが、ほとんど発生しない現象なので、特に問題にするようなことでもないのかな、と思う反面、ブログを書いている最中に会話が始まると、思考が中断されるし、テレビを見ている時も同様の理由で中断されて、ものごとに集中することが出来なくなってくるので、地味につらい。
とか言ってたら、主治医が「薬どうしよっかな」みたいなことを言い出したんだけど、次の診察はお盆休みがはさまるので、もし変薬等して合わなかったら大変だから、私からも「お盆があるし、このままでいいんじゃないですか?}と声をかけた。
すると主治医も「そうだね」といって、薬の変更は特に無かった。

お盆前のせいか薬局が激混みで、なんと1時間半待ち……。もうこの薬局利用するの止めようかな……。いくらなんでも待たされ過ぎる。

体調やや悪し

久々に入眠以外の目的で頓服のリスパダール内用液を飲んだ。
午前中はそうでもなかったのだが、午後になって徐々にイライラし始め、顔や頭を掻きむしっていた。脳内会話も激しく、身振り手振りも交えて会話が弾んでいた。
その最中はあまり自覚が無かったんだけど、ひとしきり症状が出て少し落ち着いたころに、「あれ? これって頓服飲んだほうが良い症状なのでは?」と気が付き、17時頃に慌てて飲んだ。

30分経って、かなり症状は軽減してきて、イライラはもうほとんどおさまっている。脳内会話だけが、今もこうしてブログを書いている途中に、割り込まれたりしているけど、まぁそんなに酷いものではない。

夕食前の2時間くらいから、さっきとは別の意味で急に具合が悪くなった。室温を見ると24℃にまで下がっていた。ちょっと部屋を冷やし過ぎたかも……。
慌ててエアコンを28℃設定にしてしばらくたったら、もっと具合が悪くなった。暑い……。室温は26℃くらいまでに下がったが、それでも暑く感じた。

そして夕食を食べたら、更に具合が悪くなった。吐きそう。頭がクラクラする。お腹痛い。
その後もずっと具合が悪くて、寝ても起きても吐き気と腹痛が止まらなかった。最終的に、21時半過ぎに少し吐いてしまって、ややスッキリした。なんだろう、熱中症なのかなぁ? ずっと家の中に居たし、ポカリスエットも適宜飲んで脱水防止もしているんだけど。
っていうか、むしろポカリスエットを飲んだあとから具合が悪くなった気がする。特に汗をかいていない時は、飲む必要無いのかな……。

メンクリの通院日 ラミクタール50mgに減薬

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。まだ熱っぽくて、ゆっくりしか歩けないので、いつもより1本早いバスに乗って行ったら、ちょっと早く着きすぎた。
どうせ呼ばれないだろうと思っていたら、すぐに呼ばれたので慌てた。

診察は、いつも通り「調子はどうですか?」なんだけど、こちらが「風邪が酷くてそれどころじゃない」と言ったら、主治医もピンと来たみたいで、「あ、そうだ。なんか電話くれたみたいだね」等々言っている。くっそー、それでお前が「内科に診てもらえ」って言ったんだろうが!と思いつつ、話したわけだ。
手短に、10日に内科へ行った後、唇に水疱が出来て、その日のうちに夜間救急へ行き、翌々日に地元の内科へ行って風邪薬をゲット。5日飲んだが治らないうえに、目から膿が出るということで、アデノウイルス感染症と診断された。的な話をした。
その中で、途中で蕁麻疹がたくさん出て、危機感を感じたので、独断でラミクタールを1日50mgに減らしたことを伝えた。

しかし、主治医は「蕁麻疹とラミクタールはあまり関係が無いと思うんだけどなぁ」と言う。主治医に見せた蕁麻疹は、小さいタイプだったから分からないだろうけど、太ももに出たのは5cmくらいの大きさの大きい蕁麻疹で、ただれており、それがいくつもくっついているので、一瞬帯状疱疹を疑ったけど、帯状になるほどではないし、両脚に出ているので、違うかなと。
まぁとにかく私がもうラミクタールは怖くて飲みたくない、と言ったので、強制的に50mgに減らさせた。

「お腹の調子はどう?」と聞かれたので、「それがもう1週間以上もまともな便が出ていなくて、食べている量が少ないから、出ようがないといえばそうなんだけど、それにしても出ないから、お腹がパンパンで痛くて困ってる」と言った。
更に続けて「でも先生は昔、下剤と下痢止めを同時に出すのは好きじゃない、と言っていたから、どうせ出さないでしょ? だから私、帰りに駅前のドラストで下剤を買おうと思ってる」と言った。すると主治医は顔色を変えて、「いや、こういう場合はしょうがないよ。下剤出してあげるから」と言った。あれれ? えらく態度が低姿勢だな。

そんな感じで、熱っぽくて体がだるく、早く終わらせたかったのもあって、さっさと診察を終わらせた。
でも結局、「内科へ行け」の謝罪は無かったなー。腹立つ。これは根に持ってやるぞ。とりあえずイエローカード1枚ということで。
とか思っていたら、会計で電話診察の料金を取られた。はぁ!? 「できない」って言うだけで70円? 1割負担だから10割で700円??? ボロ儲けじゃないか。はあああああ????

しかも、薬局では1時間近く待たされるし。もう風邪で熱も出ているっぽいのに、やってられないよ。これで風邪が悪化したらどうしてくれるんだろう?

主治医への信頼度が低下した

昨日あたりから蕁麻疹が体に出るようになった。主に腕、足だが、何個か胴体にも出ている。数は全部で10個以上ある。
もともと蕁麻疹が出やすい体質で、疲れたりすると出ていたんだが、今回ばかりは薬の飲みすぎだろうと思って、どれか薬を止められないかとメンクリに電話をした。風邪の症状が相変わらずひどくて、風邪薬を止める選択肢は無かった。
先週メンクリへ行った後、内科へ行き風邪薬を処方され、それを飲んだら蕁麻疹が出ている、と話した。どんな薬を飲んでいるか、聞かれた。
すると、先生に聞いておくので、折り返し電話ください、と言われた。

30分ほど待って折り返し電話をすると、「やっぱり精神科のほうでは分からないので、内科で聞いてください」と言われてしまった。ふ・ざ・け・る・な!
お前の出してる多剤大量処方の薬のせいで、たかが風邪薬を飲むのも、飲み合わせを気にしないといけない状態に陥っているのに、責任を感じないのか! ラミクタール減らしておこうかとか、リーマス減らそうかとか、思わないのか! それで患者に異変が起きたら、他科の医師に丸投げか!
なんかもうカーッと来て、受付の女性が「もしあれだったら早めの診察の予約をお取りしましょうか?」と聞いてきたけど、主治医がそういう態度なら、こっちは勝手に減薬してやるわ、と思って、「いえ、結構です」と断った。
もう完全に主治医への信頼度が低下したね。5割減くらい。今度の診察でフォローが無かったら、主治医交代してもらうわ。

ちなみに私の風邪は、あの市川海老蔵がかかって舞台を休んだという、アデノウイルスのようだ。あそこまでは酷くないのかもしれないけど、とりあえず毎日のように熱が37.8度くらい出るし、昨日に至っては目から黄色い膿が次から次へと出てきて、たまたま結膜炎用の目薬を持っていたから、それでなんとか対処したけど、それでも膿が出るのは抑えられなかった。いまだに目が痛いし、膿が眼球を覆っているようで見づらい。
まだ完全復活には程遠いけど、だからこそ主治医にはもう少し親身に考えてもらいたかった。どうせ内科に行ったら行ったで「精神科のことは分からないんだよね~」と言われるのが落ちなのに。

メンクリの通院日 声が出ない

昨日の夜は、夜間診療に行ってバタバタだったので、通院日の記事がUPできなかった。

まぁヘロヘロになりながら、メンクリへ行ったわけですよ。
で、ほぼ一方的にこちらから喋って、主治医の話は右から左に受け流す的な。もうね、熱は無いんだけど全身の倦怠感と筋肉痛、関節痛で、座ってるのもしんどい。主治医の冗談に笑ってあげる余裕もない。

そんな感じで、最初は「脳内会話は相変わらず」。これを言ってすぐに次の話題へ。
「人と話していて、言葉が出てこない。どもることも多い。他人から不審に思われるのではないかと不安で堪らない」と話すと、主治医「私だってそういうことしょっちゅうありますよ。最近物忘れも増えてきたし」とのこと。いや~医者の物忘れと、精神病者の物忘れと、意味が違うように思うんだが。

で、今度は主治医から「お腹の調子はどう?」と聞かれたので、「下痢はほとんどしなくなりました。むしろ便秘気味で」と言ったら、安心したようだった。
実際、ここ数日まったく出ていなくて、いつ決壊するか怖かったくらい。まぁ今日の午前中に固い便が結構でましたけどね。

ペーパー教習を受けたことも話した。主治医が「それなに? どこまで来てもらえるの?」と興味深そうに聞いてきたので、「それこそ自宅ですよ。家のピンポン押してきて、じゃあ駐車場に行きましょうって」と話したら、「へえ~そんなのあるんだ」と驚いていた。確かに珍しいかもしれない。関東限定サービスだし。

と、こんなに勢いよく話しているくせに、家では気分が落ち気味で、ペーパー教習を一気に入れなければよかったとか、作業所を辞めるの早すぎたとか、色々反省しまくっていて、自分を責めている、というような話をした。主治医は「そんなことないよ」と言ってくれた。

新しい作業所は、契約せずに止めようかと思っていることを話した。とにかく週5日来いの勧誘があの手この手で来て、私はもう週5日働くつもりは一切無くて、工賃の関係からも、週2日が限度なんだけど、これ以上言ってもまだ「週5日来て~」と言うようだったら、潔くお断りする方向で決まった。

まぁ疲れているので、これくらいで。

スティーブンス・ジョンソン症候群かと思った!

夕食を食べ終わって、しばらくネットをしていたら、唇に異常を感じた。なんかチクチク、ピリピリする感じ。なんだろう?と思って鏡を見たら、水疱みたいなのが出来てた。……。これ、噂のスティーブンス・ジョンソン症候群じゃないの?
今迄なんとも無かったのに、今日内科で出された薬。ロキソプロフェンがリーマスのリチウム血中濃度を上げる、という警告があって、そのせいじゃないのか?と思った。
よくよく見ると、目頭にもぷつっと水疱らしきものが出ていた。これはまずい。

主治医からは「SJ症候群は目や口などの粘膜に出来るから、出来たら言ってね」と言われたけど、言ってねって夜間じゃ言いようがない。
とりあえず、「救急車を呼ぶ前に」っていう救急車を呼ぶ前に、これは呼ぶ疾病かどうか判断してくれる専門ダイヤルがあるから、そこにかけてみた。すると、電話に出たのは看護師のようで、「SJ症候群が疑われるんですが」と言うと、「ちょっと医師に確認してきます」と言って、待ち受け状態になった。
しばらく待つと「SJ症候群の可能性あがるなら、すぐにでも夜間病院へ行った方がいいです」と言われ、慌てた。「ありがとうございます」と言って電話を切り、母に「救急車呼んで」とLINEした。

しかし、5分待っても既読にならないので、もう寝てるのかと思って1階に行ったら、大声で電話してた orz
すぐに「電話でしゃべってる場合じゃない。薬の副作用かもしれないから、救急車呼ぶよ。支度して」と言ったんだけど、「え?は?」って言いながら、電話をすぐにやめない。こいつ何考えてるんだよ。

仕方が無いのですぐに自室に戻り、救急車を呼ぶつもりで準備(お金、保険証、お薬手帳など)をしていたら、母が慌ててやってきて「副作用って何? 風邪薬の?」と言うので、「そこが良く分からない。風邪薬かもしれないし、今までの薬かもしれないし。それを診てもらいに行く」と言った。
そしたら、すぐに父を起こしに行って、夜間診療をしてくれるところまで送れ、と言っていた。

夜間診療をやっている病院が、ものすごく分かりづらくて、ナビの「目的地周辺です」を何度聞いたことか。同じところをぐるぐるぐるぐる。それもこれも、父がてんぱっているのか、時速60kmくらいでぶっ飛ばすので、病院の入り口を見落としているのだ。
あまりにも腹が立って、15年くらい話していない間柄だったけど、我慢できなくて、「ブンブン飛ばしまくるから見落とすんだろうがボケが!」と怒鳴りつけた。父は何度も「ごめんなさい」と言っていた。

ようやく夜間病院に着くと、内科と小児科しかやってないそうな。まぁいい。とりあえず診てもらいたい。
問診表を書き、しばらく待っていると、看護師に呼ばれた。医師の方から「スティーブンス・ジョンソン症候群の疑いがあるんだって?」と聞かれたので、「精神科の薬を飲んでいて、そういう症状が出る可能性がある、と主治医のほうから聞いていたので、それじゃないかと思うんですけど」と言ったら、「その薬いつから飲んでるの?」と聞かれた。「もう数年になりますかね?」と言ったら、「じゃあ関係ないんじゃないの?」と言うので、「いやいや、ちょっと待ってください。今日、内科で風邪薬を貰って、それがどうも怪しいんじゃないかと思うんです」と返した。
医師は急にやる気を出したみたいで、「お薬手帳とかある?」と言ってきたので、差し出した。内科で出した薬をじーっと見てて、「これとこれが怪しいな」と指したのが、抗生物質とロキソプロフェン(ロキソニン)だった。ロキソプロフェンは分かっていたけど、抗生物質もアウトだとは思わなかった。

というわけで、医師の指導で抗生物質とロキソプロフェンは飲まないように言われた。その代わり、カロナール(これは何度も飲んだことがある)とクレマスチン(抗アレルギー)だけ処方された。
夜間診療では1日分しか処方が出来ないとのことで、明日以降地元の病院にかかってください、と言われた。
しかし、地元の内科は木曜定休日なのよ~。なんか、地元であんまり評判が良くなかった病院で出されていた風邪薬が、一番問題無かったなーと、今になって気付くのでした。