ロナセン12mgセレネース3mg 2日目

ロナセン12mgセレネース3mgになって2日目。昨晩は23時半過ぎに眠剤を飲んで、寝たのは深夜0時半くらいだと思う。なんかロナセン12mgセレネース3mgになってから、寝つきが若干悪くなった。昨日も薬を飲んで30分はまったく眠れず、眠気も来なくて、1時間くらいは眠れずにゴロゴロしている。セレネース、眠くなるんじゃないのか?
朝は5時前に尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝して、7時8時と何度も繰り返し目が覚めて、9時に起きた。このぶんだと、多分8時くらいなら起きれそうな気がする。でも、用事が無いので9時まで無理やり寝ている節がある。

午前は当然、やる気が出なくて皮膚科へ行くことは諦めた。朝から下痢が激しく、過敏性腸症候群の症状なのか、セレネースの副作用なのか、迷っている。セレネースは古い薬だから、なるとしたら便秘のはずで、下痢は間違っても無いだろうと思っていただけに、ちょっとこの反応というか症状は、判断が難しいところだ。あまりにも続くようだったら、セレネースのせいだろうけど、どうなんだろうか?
午後は、昼食後に昨日と同じくすごく眠くなってしまったけど、なんとか寝ずに起きていた。寝たら皮膚科へ行けなくなりそうで。これは恐らく、朝のセレネースが効いてきているんだと思う。
また予期不安というか、久しぶりの病院に通院することへの緊張感が半端なく、皮膚科へ行く1時間前くらいに頓服を飲んだ。久しぶりに頓服を正しい用途で飲んだ気がする。おかげで、落ち着いて出かけることが出来た。やっぱりリスパダールは効くなぁ。
でも、皮膚科の待合室で、他の患者から暴言を吐かれるひそひそ声の幻聴が聞こえて、0.5mLでは足りないか、とも思った。しかし、1mLだとかなり眠くなるから、使いたくないんだよね。ちなみに、今日は眠くならなかった。
どうしようかな。朝のセレネースを半錠にしてみようか? 明日は用事があると言えばあるんだけど、どうせ午前中は動かないし、半錠にしてみようかな。

階段での異常現象は、かなりヤバかった。やはりこれは精神病の幻触というより、肉体的な筋力の問題な気がする。足の親指に力が入れられないせいか、階段でなくても平地でも少しフラついている。階段に至っては、上の段になればなるほど、上半身がグラグラし、下半身はブルブルする。
持っているお盆も、今日はかなり激しく揺れてしまって、危うく水の入ったコップを落とすところだった。本当に恐ろしい。階段の上り下りが本当に怖い。

ロナセン12mgセレネース3mg 1日目

ロナセンが20mgから12mgに減らされ、その代わりにセレネースが朝夕1.5mgずつ計3mgになって初日。セレネースは古い薬で、コントミンのように強い催眠効果があるのではないか?と懸念していたが、そこまで酷いものは無かったように思う。
セレネースのTmaxが5.1±1時間くらいだそうなので、昨夕飲んだセレネースは、寝る頃に最も効くようになっている。だから、正確なことは分からない。今朝飲んだ分に関しては、昼頃効いてくるわけだけど、これはセレネースのせいなのか分からないが、久しぶりに昼食後、テレビを見ながら1時間爆睡してしまった。でも、母も爆睡していたので、これは昼食の量が少し多くて、満腹になって眠くなったという面もあるかもしれない。
妄想・幻覚を抑える効果は、まだ分からない。1日では効果は出ないのかもしれない。セレネースの半減期が50時間くらいなようなので、約2日か、もう少し様子を見ないといけないな。
心なしか、1日中うっすらとだるい気はする。でも、これは以前からあった症状だし、今更……という気もする。

まぁだるいながらも、今日は靴のかかとを修理してもらいに、靴修理屋に行ってきた。今まで行こうと思っても気力が出なくて行けなかった所だから、行けただけでも気分が改善されているのではないかと、少し思った。

あと、どうでもいい(良くない)けど、足の親指が激痛で、病院へ行こうかどうしようか悩んでいる。痛風でないことは確かだろうけど、巻き爪で痛いのか、別の要因で痛いのか、素人にはまったく分からない。だからこその総合外科なんだろうけど。
でも、ネットで調べると、爪に関することは皮膚科、と出てきたりする。どうなのかなぁ。総合病院にも皮膚科はあるんだけど、皮膚科の診察日が週に1日しか無いんだよね。要は常勤の皮膚科医がいない模様。他の科も見てみると、総合外科・総合内科以外の科は、ほとんどが非常勤医師で占められており、要予約だったりする。うーん、大きな病院だからなんでも診てもらえる、と思っていたけど、甘かったのか。
具体的な症状は、親指の爪の下に膿が溜まっているようで、白い塊がある。それとは別に、巻き爪状態でもあり、それも食い込んでて痛い。じっとしていても、ズキズキ痛いし、何かに当たったら「いたー!」って大声が出てしまうくらい痛い。靴修理屋へ行くときも、痛くて靴を履くのが一苦労で、履いても激痛のあまりしばらく動けなかった。
また総合病院へ行ったら、「また来たの?」って言われそうで怖いし。でも、ほかに診てもらえそうな病院が見当たらないし。

メンクリの通院日 ロナセン減セレネース追加

今日はメンクリの通院日だった。久々の外出で、最初はメンクリまで歩いて行こうかと思ったが、相変わらず巻き爪が激痛なので、バスで行った。
待合室は結構混んでいて、1人1人に時間がかかっている様子。30分以上待って呼ばれた。

今日も診察用のメモを持って行ったが、メモには「やる気が無く、作業所と絵画教室を休んでいる」「家に引きこもりがち」「寝すぎ」「通院も止めたい」の4行と、トランコロンの残り錠数の1行しか書いていなかった。
まず「やる気が無い」の部分を話すと、主治医は少し驚いた風で、「いつから? 前回はそうでもなかった?」と聞かれたので、「前回はそんなでもなかったと思います」と答えた。その流れで、引きこもりがちや寝すぎなどを話した。通院を止めたいは華麗にスルーされた。

メモには書いていなかったけど、卵巣嚢腫の傷跡の通院で、行く前に母ともめた話をした。要は、外科医や看護師、受付の女性たちが、「この程度の傷でいちいち病院に来てるんじゃねーよ、ばーか」みたいなことを言うんだけど、テレパシーのように感じるというか、もしかして、自分が病院に行きたくないから、自分が行かない言い訳として考えた暴言が声になって聞こえているだけなのでは?と思います、みたいなことを話したら、主治医に「それ、統合失調症の症状で、考想化声っていうんだよ」と言われた……。思わず「Wikipediaかなんかで見たことあります……」と答えた。マジか? テレパシーと同じく、わりと起こる現象なんだけど、だとすると、今の薬物治療では全然鎮静というか、症状の除去が足りていないことになる。
そこで、「作業所へ行けないのも、職員に暴言を吐かれるテレパシーのような、自分の考えが声になっているような、良く分からない状態で、行くのがすごく気が重くなっちゃう面もあるんですけど」と言った。そして、「ロナセンは、総評としては悪くないんだけど、薄皮1枚鎮静が足りていないというか、決め手に欠けている気がするんですよね。リスパダールの0.5mLを頓服じゃなくて毎日飲むのはどうなんでしょうか?」と聞いてみた。
すると、「リスパダールも悪くないと思うけど、あれ太るからねぇ」と言って、おもむろに「シクレストってのがあるんだけどね」と言い出したので、「先生、それ飲んだことあります」と返した。主治医が驚いて「え、あったっけ?」と言うので、「舌下のやつですよね? 合わなかったんですよ」と返したら、カルテを遡っていってて、「あ、ホントだ」と呟いていた。そのほか、「インヴェガはどう?」と聞かれたけど、それも飲んだことがあって、ダメだった。主治医が「ジプレキサは」と言いかけたので、私は即答で「それは太るって支援センターでも有名だから絶対に嫌」と答えたら、「そうなんだよね……」と意気消沈。
思わず可哀相になってしまい、「先生も患者さん、たくさん抱えてらっしゃるし、1人1人の患者のことは忘れちゃいますよね」と言ってあげた。すると、うんうん唸って考えていた主治医が、「新しい薬は合わないのかもなー」と言う。要は、いわゆる非定型抗精神病薬というやつのことだと思う。それは私も感じていた。そこで主治医が出した決断は「セレネースってお薬があるんだけどね」だった。セレネース……。卵巣嚢腫の手術をした時に、多分点滴で入れられたのがセレネースだと思う。1日だったけど、特に何も異常は起きなかったと思う。

そんな感じで、今日から夕食後セレネース1.5mg、就寝前ロナセン12mgという組み合わせになった。夕食後に飲んでいたロナセンがそっくり削られて、セレネースに置き換わった形だ。どうなるか分からないが、主治医曰く、セレネースは効果のキレが良い薬な反面、古い薬なのでアカシジアが出る可能性がある、と言われたけど、既にアキネトンを飲んでるので大丈夫、と私が言った。
他には、眠かったら半分に割って飲んで、と言われた。それくらいかな。しばらくこれで様子を見よう。

体調

昨晩はうっかり夜更かししてしまい、深夜0時半前に眠剤を飲んで寝た。すんなり寝られたと思う。最近、寝つきは良いようだ。
朝は5時頃に尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝し、8時ごろに起きたが、物凄く眠くて、また寝た。気が付くと9時が過ぎていた。慌てて起きて朝食を食べた。
過敏性腸症候群については、このところまとまった排便が無いので、トランコロンも抜いて2日目、スムージーも昨日から2本分を飲んでいるが、そこまでやってもほとんど出ない。お腹がパンパンで胃を押し上げているらしく、お腹は空くけど吐きそう、という矛盾した状態になっている。かなりつらい。

精神的には、過去の嫌な記憶がフラッシュバックしたり、階段で異常現象が起きたりするほかは、ほとんど問題無かった。
それよりも、20日のメンクリの通院日に何を言おうか、ずっと考えていた。本当は、もう通院もしたくなくて、死にたい。1年分薬を処方してもらって、それをODして死ねば良いと思う。でも、1年分の処方なんかしてもらえるわけがないので、言うだけ無駄だ。死にたいと言ったところで、どうせ何もしてくれないし。そして、私もどうせ何もしない。積極的に死にたいわけじゃないから。誰か殺してくれないかな、と思っているだけだから。

幻聴だか妄想だかに憑りつかれてた

今日は総合病院の総合外科へ行くと、なかば母が勝手に決めていた。私は本当に行きたくなくて、外出したくなくて、嫌だった。もうここまで来たら自然治癒で治るのに、と思っていた。でも、母が本当にうるさくて、気が狂いそうというか、それで気が狂ったんだと思う。
8時に起きたけど、眠気が酷くて、結局8:15頃まで寝てしまった。そのあと朝食を食べながら、総合病院で受付の女性や看護師、医師から「なんで来たんだ」「もう来るなと言っただろうが」「気違いめ」のような罵倒をされる幻聴だか妄想だかに憑りつかれていた。でもその時は、テレパシーで伝わってきてるんだと本気で思ってた。
朝食を食べ終わった時に「私、行かないから」と母に言った。でも、まともに受け止めてくれなかった。「はいはいワロスワロス、またワガママ言って。ダメでちゅよ~」みたいな対応しかしてくれなかった。それで、私の幻聴が余計に酷くなって、頭の中はそれでいっぱいになった。「だって来るなって言われてる!」と言ったが、母は「誰に」と言う。私が「病院の人に」と言って、母が「これはどうもおかしい?」と思ったようで、「それクリニックに行ったほうがいい」と言われて、私も、ハッと我に返って、あ、これ病気の症状か、と思った。
それでも認めたくなかった。頓服は飲まなかった。しばらく横になって、洗顔したり、化粧をしたり、着替えたりしているうちに、幻聴や妄想は落ち着いて行った。このあたりは、やはりロナセン20mgの効果があるんじゃないかと思った。頓服が無くてもどうにかなるもんだなぁと、意外に思った。

ただ、その統合失調症の陽性症状が炸裂している時というのは、本当に不愉快だね。こんな思い、何度もしたくない。もう少し軽減できないんだろうか?
そう言われてみれば、作業所や絵画教室へ行く日の朝も、こんな感じの精神状態な気がする。「来るな」「うざい」「なんで来るんだ」「目障りだ」等々の罵倒をされる幻聴・妄想がある。このあたりは次回の診察で主治医に相談だなぁ。

今月の絵画教室を休む連絡をした

今月の絵画教室、休みたいってメールを先生に送った。もう限界だった。無理だった。今日1日見たって、朝は起きれないし、夕方まで何もする気になれなくて、ゴロゴロしていた。これで朝10時から絵画教室に行って絵を描くなんて精神力を使う活動が、出来るわけが無い。
スケジュール帳を見返してみれば、半年くらい前からずっとコンスタントに予定が入っていた。それも、最初は1週間休みを取ったはずなのに、急遽予定が入って休みが潰れる、というパターンを繰り返していて、そのたびにイライラしていた。それがずっとずっと積み重なって、今に至るんだ。

主治医には、「忙しくなりすぎないように、ちょっと暇だなと思うくらいで」スケジューリングをするように言われているが、いろんな用事が文字通り降って沸いて、私に襲い掛かって来るのだ。
だから、今までが奇跡的に頑張っていたんだと思う。ある意味、軽躁だったのかもしれない。とすると、今は軽鬱なのかな……。よく分からないけど、ともかく、絵画教室へ行って絵を描く意欲がほとんど無いことは事実だ。今のところ、先生から返信は無いけど、今月分の月謝を払ってでも休むと書いたから、休めるだろう。

体調と散歩がてらに買い物

昨日はつい夜更かしをしてしまい、深夜0時半過ぎに眠剤を飲んで寝た。若干蒸し暑かったので、冷房25℃設定で2時間切りタイマーをかけて寝たのだが、思いの外エアコンがきいてしまって、寒い。しばらく我慢していたが、我慢していて温まるものでもないし、と考え直し、スパッと起きてエアコンを消して寝た。そのあとはすぐに寝られたと思う。今朝はまた6時頃に尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝したが、7時8時と目が覚めてしまったので、8時で起きて朝食を食べた。
最近朝の食欲がない。食パン1枚が多く感じる。今日は無理して食べたが、喉につかえるし、胃が受け付けない感じだった。明日から半分でもいいかな。

ドラマの録画がかなり溜まっているので、消化しないと、と思いつつ、まったく見る気が起きずに放置している。参ったな、今シーズン終わっちゃう。
そう、やる気が本当に出ないんだよね。今日の散歩も本当にやる気が出なくて、また過敏性腸症候群の症状で、出かけようとすると便意に襲われてしまい、なかなか外に出られなかった。もう今日は無理かな、どうでもいいかな、と思いかけたが、試しに体重計に乗ってみたところ、ヤバイ数値を叩き出したので、これは無理にでも歩いてこないとダメだ、と自分を奮い立たせて、散歩がてらに買い物へ行ってきた。

買い物はいつもの大好きなドラッグストアへ。化粧品から生活用品、カップ麺からお菓子まで、何でも揃う~。今日はいつも148円のペヤングが128円に値下げされていたので、思わず衝動買い。マツキヨより安い~。
買い物が終わって、えっちらおっちら坂道を上って帰ると、汗だくになった。これで少しは痩せてくれるといいんだけど。1日くらいじゃダメかね? ちなみに所要時間55分だった。買い物にはそんなに時間を取られていないと思うので、単純に歩く速度が落ちたのだと思う……。そりゃそうだよね。
でも、歩いてみて分かったんだけど、どうしてもパンツのウエストゴム部分が、おへその傷に当たって痛いのよ。おへそにはガーゼをあてているとは言っても、結構薄いものだし、衝撃の吸収にはなってない。

夕食は、食べるまではお腹が空いてない、と思うのだけど、おかずをお皿に取り分けているうちに、どんどん盛ってしまい、結局全部食べている。ちょっと食べ過ぎかな……。

精神状態は、陰性症状なのだろうか、これは。ここまでやる気が無いのって、リスパダールで治療していた頃に近いんだけど。ロナセン、効いてないのかな。20mgも飲んでるのに。
絵画教室については、今月改善する様子が無かったら、来月は休もうと思う。マジでつらすぎる。こんな精神状態で絵を描いても捗らないし、絵に対して嫌な思いが乗り移るだけで、良くないと思う。作業所は、職員は「遅刻してもいいから」と言うけど、遅刻すること自体に罪悪感を抱いてしまって、自分を責めるし、それだったらいっそのこと1か月2か月休んだほうが良いような気がする。

メンクリの通院日 増薬無し

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。行くときは雨も殆ど降っておらず、いつもなら歩いて行くところだったが、卵巣嚢腫の傷跡が痛くて、とても30分も歩いていられないので、バスで行った。
最近空いているイメージだったので、そのつもりで行ったら、待合室は満杯だった。しばらく待っていると、後ろのソファでカウンセラーと相談し始めた人がいた。どうも患者の親御さんらしく、とてもプライベートな話までし始めるので、どうしていいか分からなかった。受付の人はカウンセラーが来ることは把握しているようだったが、まさか待合室のソファでカウンセリングとか、おかしいでしょ……。

私の診察は20分くらい待った。いつも通り、メモ書きを持って行った。
日中、予定があったり人と話したりすると寝つきが極端に悪くなること、リスパダールを飲んで寝たことも何度かあること、リスパダールを飲んで寝ると、朝起きた時に残っているのか、凄くだるくなってしまうことなどを話した。リスパダールの朝残りについては、主治医は「そういう人もいるし、そうじゃない人もいるし」と言っていた。なんか上手くかわされた気分。
ヒーリングミュージックを聞く案は、聞いたら殴られたりする暴力的な妄想が出たので、合わないんだと思った、と話したら、「そうなんだw」と笑われてしまった。

作業所も、休んだり、行けても遅刻ばかりしている、と話した。しかし、先日のモニタリングで担当職員から、残業が出来ているので、勤務時間そのものはそんなに変わっていないどころか多めの日もある、と言われたことを話したら、主治医は何やらキーボードを打っていた。
作業所に行きたくない、絵画教室も辞めたい、通院もしたくない等、自暴自棄な気分になることがある、と話したが、華麗にスルーされた。

幻視?視界にサッと虫らしきものが見えて、気持ち悪い、怖い、と話したら、PCに向いていた体をくるっとこちらへ向けて、「飛蚊症みたいな感じじゃなくて?」と聞かれた。私が「飛蚊症って視界の真ん中に飛んでるじゃないですか。そうじゃなくて、視界の境界線ギリギリの所なんですよ」と言ったら、「眼病のほうはどうなってるの?」と聞かれた。とりあえずその件については色々報告し、今回の件とは関係ないと理解してもらった。
逆に、こちら側から「幻視ってどんな感じに見えるもんなんですか?」と聞いてみた。すると主治医は「ハッキリこれって見える人もいるし、気配だけ感じる人もいるし、まぁ色々だね」と言った。気配! そんなもんも幻視に含まれるのか。だとしたら、私が見ている黒い影も幻視のうちに入るんじゃないかなぁ?
そして、これでロナセンが増薬されるかな、と思っていたんだけど、主治医は少し考えて、「気にしないようにしてください」とだけ言った。おーい……。なんか、この主治医、本当に大丈夫かなぁ? 不安になってきた。頼りなさすぎる。

っていうか、こういう波を何度も繰り返しているんだよね。主治医が信用できなくなって、こいつは嘘を言っている、私を新薬の人体実験に利用している等、妄想的な考えが支配する時期と、主治医はそんなに悪い人ではない、良心的に診察してくれている、いままでの精神科医と比べたらはるかにマシだ、と楽観的に考えられる時期が、繰り返し訪れる。これも躁鬱の症状なのだろうか?

最後に、卵巣嚢腫の傷跡が膿んで、膿が出まくったので急遽外科へ行った、と言う話をしたら、「え?手術ってだいぶ前だよね?それが今更?」と主治医も驚いていた。手術のことを覚えてくれていたので、その点は少し驚いたと同時に嬉しかった。あぁそうだなぁ。やっぱりこうして冷静に考えてみると、悪い医者じゃないんだ。

こんな感じで、ロナセンの増薬も無く、今まで通りの処方になった。ちょっと不満だけど、また2週間様子を見よう。とりあえず今は、物凄くイライラしている。

メンクリの通院日 対応策無し

3週間ぶりのメンクリの通院日だった。
去年はお盆の時期に精神的に崩れたし、それ以外にもお盆の時期は調子を崩しやすいので、3週間も間が空いていることに不安を感じていたが、なんとか無事に乗り切れた。

メンクリはさぞかし混んでいるだろう、と思って行ってみたら、待合室は2人しか待っていなくて、拍子抜けした。5分ほど待って、診察を受けた。
まずは、眠気が酷い。朝起きられなくて9時頃まで寝ていることが多いし、昼寝もする。そのわりによる寝付けなくて困っている。作業所も毎回遅刻するありさまで、日常生活に支障が出ている。どうしたらいいのだろうか。主治医は、「夜寝る前に綺麗な音や風景が流れるDVDでも見たらどうかな?」と言った。それでふと思った。私、寝る前にYouTubeでお気に入りのバンドの動画を見まくってるわ。それで脳が興奮しちゃうのかな。主治医は、そういうのを「環境音楽」ということを知らなかったみたいだったので、私は「あぁ環境音楽ですか。なるほど」と答えておいた。
でもまぁそれは確かに言える問題なので、今日から寝る前に何かYouTubeで環境音楽でも流してから寝ようと思ってる。

あとは、食欲が旺盛なことを話した。しかし、それについては「食欲が出るような薬はもう出してないんだけどなあ」で切り上げられてしまった。主治医がだんだん手抜きになっているような気がするぞ……。

逆に、主治医のほうからの質問で、「絵画教室には行けているのか?」というものがあったけど、それも朝起きれない、という問題があるのと、何事も億劫になってしまい、休みたいと思っているが実行するまでには至っていないことを伝えた。主治医は少し考えていたようだけど、何のアドバイスも無かった。

ここで以前から気になっていた、認知機能障害について聞いてみた。「認知機能障害という用語をネット等で目にするが、具体的にどういうものが認知機能障害なのか分からない」と。
すると、記憶力が落ちる、物覚えが悪くなる、というのは実験データとしてきちんとしたものがあるそうだ。数字の羅列を覚えられる桁数が減ってしまうらしい。他にも、論理的な話の組み立てが難しくなったり、予定していた用事などに突発的な用事が入ったりすると、どう対応していいか分からなくなったりするらしい。また、集中力が落ちたり、判断力が鈍ったりするそうだ。
そこで、漢字のゲームで勉強をしているんだが、若い頃は出来たのに、今結構出来ないので、ショックを受けていること。これって認知機能障害なのかな?と思ったことを相談したら、軽く笑い飛ばされて「漢字は認知機能障害じゃないよぉ~」と言われてしまった。なぁんだ。
そこで思わず「えー、でもほんと結構分からなくて凹みますよ。たとえば『ただちに』とか」と言ったら、主治医が真顔になって「え、ただちに……?」と黙り込んでしまった。あ、これは忘れてる顔だw 主治医、面白い~~~。そして15秒ほど経って、恐る恐る「ちょく?」と聞いてきたので、「そうそうw簡単だけど、急に言われたら分からないですよね。私の時は、ゲームで制限時間があるから、一瞬パニックになって、パスしちゃいましたw」と話したら、主治医は「確かに、漢字って普段書かないからなぁ」としみじみしていた。
そのついでに、「小説が読めないというか、内容が頭に入ってこなくて、積読している本が何冊かあるし、漫画ですら1章ずつしか読めない」と言ったら、主治医は「それは認知機能障害になるかな」と言った。やっぱりそうか。「支援センターでも、本が読めなくなったとか、テレビドラマの筋が追えなくなったとか、よく聞きます」と言うと、これも「認知機能障害だと言っていい」と言っていた。これは厄介だなぁ。
認知機能障害は今のところ改善する薬が無い、と言われている。私は10代20代の頃、読書が本当に好きだったので、今も再開したいと思っているけど、なかなか本が読めなくて、どんどん積読が増えていってる。それを見るだけで溜息が出るのも事実。もう読まない本は中古書店に売っちゃおうかな……。

結局、昼の薬を1回飲み忘れたことを言い忘れたけど、他はおおむね話せたので、良かった。最後のほうは、主治医が時計をチラチラ見て気にしているようだったので、申し訳なかったかな、と思った。

薬局では、あまり待っている人がいなかったので、すぐに呼ばれるかと思っていたのに、大量処方の人ばかりだったのか、45分くらい待たされた。ちょっと疲れた。

メンクリの通院日 対応策無し

3週間ぶりのメンクリの通院日だった。
去年はお盆の時期に精神的に崩れたし、それ以外にもお盆の時期は調子を崩しやすいので、3週間も間が空いていることに不安を感じていたが、なんとか無事に乗り切れた。

メンクリはさぞかし混んでいるだろう、と思って行ってみたら、待合室は2人しか待っていなくて、拍子抜けした。5分ほど待って、診察を受けた。
まずは、眠気が酷い。朝起きられなくて9時頃まで寝ていることが多いし、昼寝もする。そのわりによる寝付けなくて困っている。作業所も毎回遅刻するありさまで、日常生活に支障が出ている。どうしたらいいのだろうか。主治医は、「夜寝る前に綺麗な音や風景が流れるDVDでも見たらどうかな?」と言った。それでふと思った。私、寝る前にYouTubeでお気に入りのバンドの動画を見まくってるわ。それで脳が興奮しちゃうのかな。主治医は、そういうのを「環境音楽」ということを知らなかったみたいだったので、私は「あぁ環境音楽ですか。なるほど」と答えておいた。
でもまぁそれは確かに言える問題なので、今日から寝る前に何かYouTubeで環境音楽でも流してから寝ようと思ってる。

あとは、食欲が旺盛なことを話した。しかし、それについては「食欲が出るような薬はもう出してないんだけどなあ」で切り上げられてしまった。主治医がだんだん手抜きになっているような気がするぞ……。

逆に、主治医のほうからの質問で、「絵画教室には行けているのか?」というものがあったけど、それも朝起きれない、という問題があるのと、何事も億劫になってしまい、休みたいと思っているが実行するまでには至っていないことを伝えた。主治医は少し考えていたようだけど、何のアドバイスも無かった。

ここで以前から気になっていた、認知機能障害について聞いてみた。「認知機能障害という用語をネット等で目にするが、具体的にどういうものが認知機能障害なのか分からない」と。
すると、記憶力が落ちる、物覚えが悪くなる、というのは実験データとしてきちんとしたものがあるそうだ。数字の羅列を覚えられる桁数が減ってしまうらしい。他にも、論理的な話の組み立てが難しくなったり、予定していた用事などに突発的な用事が入ったりすると、どう対応していいか分からなくなったりするらしい。また、集中力が落ちたり、判断力が鈍ったりするそうだ。
そこで、漢字のゲームで勉強をしているんだが、若い頃は出来たのに、今結構出来ないので、ショックを受けていること。これって認知機能障害なのかな?と思ったことを相談したら、軽く笑い飛ばされて「漢字は認知機能障害じゃないよぉ~」と言われてしまった。なぁんだ。
そこで思わず「えー、でもほんと結構分からなくて凹みますよ。たとえば『ただちに』とか」と言ったら、主治医が真顔になって「え、ただちに……?」と黙り込んでしまった。あ、これは忘れてる顔だw 主治医、面白い~~~。そして15秒ほど経って、恐る恐る「ちょく?」と聞いてきたので、「そうそうw簡単だけど、急に言われたら分からないですよね。私の時は、ゲームで制限時間があるから、一瞬パニックになって、パスしちゃいましたw」と話したら、主治医は「確かに、漢字って普段書かないからなぁ」としみじみしていた。
そのついでに、「小説が読めないというか、内容が頭に入ってこなくて、積読している本が何冊かあるし、漫画ですら1章ずつしか読めない」と言ったら、主治医は「それは認知機能障害になるかな」と言った。やっぱりそうか。「支援センターでも、本が読めなくなったとか、テレビドラマの筋が追えなくなったとか、よく聞きます」と言うと、これも「認知機能障害だと言っていい」と言っていた。これは厄介だなぁ。
認知機能障害は今のところ改善する薬が無い、と言われている。私は10代20代の頃、読書が本当に好きだったので、今も再開したいと思っているけど、なかなか本が読めなくて、どんどん積読が増えていってる。それを見るだけで溜息が出るのも事実。もう読まない本は中古書店に売っちゃおうかな……。

結局、昼の薬を1回飲み忘れたことを言い忘れたけど、他はおおむね話せたので、良かった。最後のほうは、主治医が時計をチラチラ見て気にしているようだったので、申し訳なかったかな、と思った。

薬局では、あまり待っている人がいなかったので、すぐに呼ばれるかと思っていたのに、大量処方の人ばかりだったのか、45分くらい待たされた。ちょっと疲れた。