メンクリの通院日 対応策無し

3週間ぶりのメンクリの通院日だった。
去年はお盆の時期に精神的に崩れたし、それ以外にもお盆の時期は調子を崩しやすいので、3週間も間が空いていることに不安を感じていたが、なんとか無事に乗り切れた。

メンクリはさぞかし混んでいるだろう、と思って行ってみたら、待合室は2人しか待っていなくて、拍子抜けした。5分ほど待って、診察を受けた。
まずは、眠気が酷い。朝起きられなくて9時頃まで寝ていることが多いし、昼寝もする。そのわりによる寝付けなくて困っている。作業所も毎回遅刻するありさまで、日常生活に支障が出ている。どうしたらいいのだろうか。主治医は、「夜寝る前に綺麗な音や風景が流れるDVDでも見たらどうかな?」と言った。それでふと思った。私、寝る前にYouTubeでお気に入りのバンドの動画を見まくってるわ。それで脳が興奮しちゃうのかな。主治医は、そういうのを「環境音楽」ということを知らなかったみたいだったので、私は「あぁ環境音楽ですか。なるほど」と答えておいた。
でもまぁそれは確かに言える問題なので、今日から寝る前に何かYouTubeで環境音楽でも流してから寝ようと思ってる。

あとは、食欲が旺盛なことを話した。しかし、それについては「食欲が出るような薬はもう出してないんだけどなあ」で切り上げられてしまった。主治医がだんだん手抜きになっているような気がするぞ……。

逆に、主治医のほうからの質問で、「絵画教室には行けているのか?」というものがあったけど、それも朝起きれない、という問題があるのと、何事も億劫になってしまい、休みたいと思っているが実行するまでには至っていないことを伝えた。主治医は少し考えていたようだけど、何のアドバイスも無かった。

ここで以前から気になっていた、認知機能障害について聞いてみた。「認知機能障害という用語をネット等で目にするが、具体的にどういうものが認知機能障害なのか分からない」と。
すると、記憶力が落ちる、物覚えが悪くなる、というのは実験データとしてきちんとしたものがあるそうだ。数字の羅列を覚えられる桁数が減ってしまうらしい。他にも、論理的な話の組み立てが難しくなったり、予定していた用事などに突発的な用事が入ったりすると、どう対応していいか分からなくなったりするらしい。また、集中力が落ちたり、判断力が鈍ったりするそうだ。
そこで、漢字のゲームで勉強をしているんだが、若い頃は出来たのに、今結構出来ないので、ショックを受けていること。これって認知機能障害なのかな?と思ったことを相談したら、軽く笑い飛ばされて「漢字は認知機能障害じゃないよぉ~」と言われてしまった。なぁんだ。
そこで思わず「えー、でもほんと結構分からなくて凹みますよ。たとえば『ただちに』とか」と言ったら、主治医が真顔になって「え、ただちに……?」と黙り込んでしまった。あ、これは忘れてる顔だw 主治医、面白い~~~。そして15秒ほど経って、恐る恐る「ちょく?」と聞いてきたので、「そうそうw簡単だけど、急に言われたら分からないですよね。私の時は、ゲームで制限時間があるから、一瞬パニックになって、パスしちゃいましたw」と話したら、主治医は「確かに、漢字って普段書かないからなぁ」としみじみしていた。
そのついでに、「小説が読めないというか、内容が頭に入ってこなくて、積読している本が何冊かあるし、漫画ですら1章ずつしか読めない」と言ったら、主治医は「それは認知機能障害になるかな」と言った。やっぱりそうか。「支援センターでも、本が読めなくなったとか、テレビドラマの筋が追えなくなったとか、よく聞きます」と言うと、これも「認知機能障害だと言っていい」と言っていた。これは厄介だなぁ。
認知機能障害は今のところ改善する薬が無い、と言われている。私は10代20代の頃、読書が本当に好きだったので、今も再開したいと思っているけど、なかなか本が読めなくて、どんどん積読が増えていってる。それを見るだけで溜息が出るのも事実。もう読まない本は中古書店に売っちゃおうかな……。

結局、昼の薬を1回飲み忘れたことを言い忘れたけど、他はおおむね話せたので、良かった。最後のほうは、主治医が時計をチラチラ見て気にしているようだったので、申し訳なかったかな、と思った。

薬局では、あまり待っている人がいなかったので、すぐに呼ばれるかと思っていたのに、大量処方の人ばかりだったのか、45分くらい待たされた。ちょっと疲れた。

メンクリの通院日 対応策無し

3週間ぶりのメンクリの通院日だった。
去年はお盆の時期に精神的に崩れたし、それ以外にもお盆の時期は調子を崩しやすいので、3週間も間が空いていることに不安を感じていたが、なんとか無事に乗り切れた。

メンクリはさぞかし混んでいるだろう、と思って行ってみたら、待合室は2人しか待っていなくて、拍子抜けした。5分ほど待って、診察を受けた。
まずは、眠気が酷い。朝起きられなくて9時頃まで寝ていることが多いし、昼寝もする。そのわりによる寝付けなくて困っている。作業所も毎回遅刻するありさまで、日常生活に支障が出ている。どうしたらいいのだろうか。主治医は、「夜寝る前に綺麗な音や風景が流れるDVDでも見たらどうかな?」と言った。それでふと思った。私、寝る前にYouTubeでお気に入りのバンドの動画を見まくってるわ。それで脳が興奮しちゃうのかな。主治医は、そういうのを「環境音楽」ということを知らなかったみたいだったので、私は「あぁ環境音楽ですか。なるほど」と答えておいた。
でもまぁそれは確かに言える問題なので、今日から寝る前に何かYouTubeで環境音楽でも流してから寝ようと思ってる。

あとは、食欲が旺盛なことを話した。しかし、それについては「食欲が出るような薬はもう出してないんだけどなあ」で切り上げられてしまった。主治医がだんだん手抜きになっているような気がするぞ……。

逆に、主治医のほうからの質問で、「絵画教室には行けているのか?」というものがあったけど、それも朝起きれない、という問題があるのと、何事も億劫になってしまい、休みたいと思っているが実行するまでには至っていないことを伝えた。主治医は少し考えていたようだけど、何のアドバイスも無かった。

ここで以前から気になっていた、認知機能障害について聞いてみた。「認知機能障害という用語をネット等で目にするが、具体的にどういうものが認知機能障害なのか分からない」と。
すると、記憶力が落ちる、物覚えが悪くなる、というのは実験データとしてきちんとしたものがあるそうだ。数字の羅列を覚えられる桁数が減ってしまうらしい。他にも、論理的な話の組み立てが難しくなったり、予定していた用事などに突発的な用事が入ったりすると、どう対応していいか分からなくなったりするらしい。また、集中力が落ちたり、判断力が鈍ったりするそうだ。
そこで、漢字のゲームで勉強をしているんだが、若い頃は出来たのに、今結構出来ないので、ショックを受けていること。これって認知機能障害なのかな?と思ったことを相談したら、軽く笑い飛ばされて「漢字は認知機能障害じゃないよぉ~」と言われてしまった。なぁんだ。
そこで思わず「えー、でもほんと結構分からなくて凹みますよ。たとえば『ただちに』とか」と言ったら、主治医が真顔になって「え、ただちに……?」と黙り込んでしまった。あ、これは忘れてる顔だw 主治医、面白い~~~。そして15秒ほど経って、恐る恐る「ちょく?」と聞いてきたので、「そうそうw簡単だけど、急に言われたら分からないですよね。私の時は、ゲームで制限時間があるから、一瞬パニックになって、パスしちゃいましたw」と話したら、主治医は「確かに、漢字って普段書かないからなぁ」としみじみしていた。
そのついでに、「小説が読めないというか、内容が頭に入ってこなくて、積読している本が何冊かあるし、漫画ですら1章ずつしか読めない」と言ったら、主治医は「それは認知機能障害になるかな」と言った。やっぱりそうか。「支援センターでも、本が読めなくなったとか、テレビドラマの筋が追えなくなったとか、よく聞きます」と言うと、これも「認知機能障害だと言っていい」と言っていた。これは厄介だなぁ。
認知機能障害は今のところ改善する薬が無い、と言われている。私は10代20代の頃、読書が本当に好きだったので、今も再開したいと思っているけど、なかなか本が読めなくて、どんどん積読が増えていってる。それを見るだけで溜息が出るのも事実。もう読まない本は中古書店に売っちゃおうかな……。

結局、昼の薬を1回飲み忘れたことを言い忘れたけど、他はおおむね話せたので、良かった。最後のほうは、主治医が時計をチラチラ見て気にしているようだったので、申し訳なかったかな、と思った。

薬局では、あまり待っている人がいなかったので、すぐに呼ばれるかと思っていたのに、大量処方の人ばかりだったのか、45分くらい待たされた。ちょっと疲れた。

メンクリの通院日 不安なんですけど

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。今日は8月にしてはかなり涼しかったので(25℃くらい?)、歩いて行こうと思っていたんだけど、数日前からの過敏性腸症候群が全然良くならなくて、朝から3回ほど排便、それも神経痛のようなキツイ腹痛を伴うものだったため、徒歩での通院は諦めた。
メンクリに着くと、待合室は患者でいっぱいだった。こんな光景、久しく見ていないような。みんな涼しいから通院してきたのか? でもうちのメンクリは完全予約制なので、涼しいからといって急に来ても、診てもらえない。どうなっているのかな? 主治医の夏休みの調整で、今日になった人たちなんだろうか?
しばらく待っていると、ソファに座っている女性が、わざわざ私の隣に移動してきて座った。なんだろう、と思っていると、物凄い独語が……(汗。かすれたような小声で、ずーっと独語を言っている。マジで怖い。この人の主治医は気が付いているんだろうか? 前にも男性の患者が薬局で独語が酷くて、薬局事務をやってる女性が心配?恐怖?で待合所まで出てきたことがあった。このことは院長である主治医に言ったほうがいいのかなぁ。

診察は、今回も前回と同様、話さなくてはならない事があまり無く、まぁ言っても睡眠障害と過敏性腸症候群と軽躁だったかもしれないことくらいで、全体的に和やかな雰囲気の診察だった。
「食欲はどう?」と久しぶりに聞かれたので、ここぞとばかりに「それが最近、急に増えだして、体重も高め安定なんです」と言ったら、「それ深夜まで起きているのが元凶かもよ?」と笑いながら言われた。実際問題、深夜まで起きていると、お腹空くんだよね。それで、カロリーメイトやタニタのお煎餅、春雨スープや蒟蒻畑などを食べてしまう。最近、二重顎が自分でも酷いと思うようになってきた。顎を引くと確実に二重顎になるので、顎を上げている。と、アホの子みたいに見えるんだよね……。姿勢も悪く見えるし。良くない。

主治医には、「とりあえず実験と思って、1週間だけでも早く寝てみたらどうかな?」と指導された。それが自然に出来れば苦労しないし、精神科にも通院しないんですけど、と思ったが、言わなかった。前は言った気がする。食欲と軽躁状態については、主治医はその睡眠サイクルが狂っていることから来ている、と思ったようだ。どっちが先なのかなぁ、とは思うけどね。
個人的には、軽躁の波が来て、買い物欲求が高まってひと月でTシャツ2枚買ってみたり、パソコン買ってみたり、美容院でパーマかけるのに1万超も使っちゃったり、っていうのが6月7月にあって、それで今があるように思うんだけど。

散財については、「家計簿つけてる?」と聞かれたので、「つけてますよ、がっつり。ただ、高額品はクレジットカードを使う場合が多いので、そういうのは数か月遅れで請求が来るから、どうしてもリアルタイムに反映できなくて、把握しきれない部分があるんですよ」と答えた。すると、「今アプリで、カードのぶんもすぐに反映してくれるのがあるよ」と言われたので、「あ~私スマホじゃないんですよね~」と言ったら、主治医が「あ、そうなんだ……」と意気消沈していた。
たった6万数千円しか年金が無いのに、スマホみたいなカネのかかるもの、持てるわけ無いでしょう。私はPCにはお金をかけるけど、あんな小さい画面で使いづらい端末に10万も出したり、毎月1万も出したり出来ない。
結局、診察は3週間後になった。個人的には、主治医が夏休みをもらっている直前の来週に1回、そして夏休み後の3週間後に1回、としてもらいたかったんだけど、主治医が嫌そうにしていたので、3週間後にした。嫌そうって、顔や態度に出たわけじゃないんだけど、なんか妙な空気が流れていたので、嫌なのかな、と思って。

そんな感じで、あっさりと診察が終わった。
薬局へ行くと、久しぶりに人がいっぱいいた! この1か月ほど、薬局に人がほとんどいなくて、みなさん、商業主義に毒されたこの薬局を見限って、別の薬局に行ったのかな、と思っていたけど、違ったみたい。単純に、午後は暑いからみんな来なかっただけだと思う。
以前通り、40分ほど待たされて、薬を受け取った。今回は頓服も処方してもらったんだが、これも21日分だったから、薬代がえらいことになった。1割負担なのに、なぜこんな……。ロナセンの薬価が高いせいかね?

帰宅して、家の脇にある水置き場からペットボトルの水を取って戻ってリビングに入ったら、なんと髪の毛に緑色の虫がくっついてて、もぞもぞ動いているではないか! 思わず「きゃー!きゃー!ぎゃあああああ!」とか叫んで、虫を払い落とした。母が「何事なのよ、ゴキブリ?」と言うから、「ゴキなら死んでる。違う。緑色の虫、バッタだよ」と言った。
母が「そんなもんくらいで叫ばないでよ、近所迷惑だから」と言って、落ちた虫をティッシュで捕まえて、そっと中を見たら「あ、バッタじゃないよ、カマキリだ! きゃー!」と母もキャーキャー言っていた。
いやぁ疲れて帰ってきて、更に疲れが増す一件だった。

メンクリの通院日 あっさりめの診察

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。今回は話さなくてはならないほど酷い症状がほとんど無く、一応手書きのメモも持って行ったが、それも主にトランコロンの残薬の個数が伝えたかっただけだった。
メモには、「睡眠サイクルが乱れている」と書いていた。出かける前日は深夜1時2時まで寝付けなかったり、早くに寝付けても数時間おきに目が覚めてしまうなど、睡眠障害があることを話した。しかし、主治医は何の対処もしてくれなかった。まぁ夜中に起きて、夢遊病のように歩き回ったりするのだったら、主治医も考えただろうけど、私の場合、中途覚醒してもわりとすんなり二度寝できているので、あまり問題無いのかも。つらいには、つらいけど。
あとは、階段での異常現象が相変わらずあることは伝えた。しかし、こちらも主治医は話を聞くだけで、これといった対処はしてくれなかった。なんだかなぁ。まぁ診察で主治医から「調子はいかがでしたか?」と聞かれて、こちらが話し始める時に、「今回はそんなに話すこと無いんですよねー」と言ってしまったからな。

主治医からは、「作業所には行けてるの?」と聞かれた。今回は1回しか行けてなかったけど、しかもその1回も遅刻しちゃったけど、勤務は普通に出来ている、と答えた。
あとは「絵は、やってるの?」とも聞かれた。それも「午前中、行ってきました。ちゃんとやってますよ~」と答えた。そして、著作権の話をした。すると、主治医は「じゃあ、著作権が切れた絵をお手本にしたらいいんじゃない?」と言ってきた。面白いことを言う人だなぁと思った。なるほどなんだけど、私がやってるのは水彩画なんだよなぁ。著作権が切れるほど昔の絵って、ほとんど油絵か日本画だろう、多分。何十年も前の水彩画って、あまり聞かない。

こんな感じで診察が終わり、「では次回の診察は」と主治医が言いかけたところで、私がハッと気が付いた。トランコロンの残薬があることを伝え忘れていること。慌てて「先生、トランコロンが!」と言って、残薬が38錠あることを伝えた。主治医はすぐに修正してくれた。間に合った。
そんな感じで、今日の診察は短くて、7分くらいだった。メモが多い時は15~20分くらいかかるので、かなり短いほうだと思う。でも、伝えたいことも特に無かったし、満足のいく診察だった。

薬局へ行くと、また患者が3人くらいしかいなくて、がらーんとしていた。この門前薬局、数回前くらいから患者が激減しているんだけど、何故だろうか? 薬局の経営者が変わり、以前は殺風景だった調剤薬局店内に、黒豆麦茶だの栄養ドリンク剤だの、いわゆる健康食品らしきものを大量に陳列しだして、挙句の果てには、調剤されたお薬の情報コピーみたいな書類と一緒に、栄養ドリンク剤のチラシを紛れ込ませたりして、物凄い儲け主義みたいな感じに変わっちゃったんだよね。
でもそれはもう半年以上前からそうだから、ここ最近で急に、っていう話じゃないと思う。唯一思い当たるとすれば、前回だったか前々回だったか、うちのメンクリの患者さんで、不規則動作や大きな独り言を言う人がいて、それが薬局内でもやっていたから、それを知った他科の患者さんが避けているのかもしれない。私も怖いと思ったし。精神科に馴染みのない人なら、尚更怖く感じると思う。
でも、帰宅してそれを母に言ったら、「暑いからみんな午前中に診察受けてるんじゃないの?」だって。まぁそうかもしれない。あとは、午後の診察でも、もっと遅い時間帯とか。うーん、どうだろうか?

メンクリの通院日 珍しくタイムアウト

主治医の都合により、いつも水曜日なメンクリの通院日が火曜日になった。診察には手書きのメモを持って行った。

階段での症状が悪化している。急なめまい、足の骨が砕ける幻視など。食事のお盆を1段ずつしか持って上がれなくて、日常生活に支障が出ている。病院が入っているビルの階段や、美容院の階段は大丈夫だった。どうも自宅の階段だけが特に酷いようだ。
これに対して、主治医は「違う家の階段だと思えばいいよ」とトンチンカンなことしか言わないので、流石の私も呆れて「もう何十年も暮らしている家なのに、そんなこと思えない」と言ったら、「あはは、そうだよね。うーん、困ったねぇ」と笑っていた。困っているのは私なんだが。この変な現象に対しては、主治医もお手上げのようだ。
私が「筋力が衰えて、膝がガクガクしたりするのかなぁ?と思って、筋トレも始めたんですけど」と言うと、「それは関係ないと思うなぁ」と言っていた。どうだろうか。私は関係あると思うんだけど。

作業所は延長勤務が出来た。しかし、幻聴が酷い。最初、幻聴か自分の考えか区別がつかなかった。作業所の職員や利用者の声で、「車で送ってもらうな」「いい加減にしろ」「いつまで親に甘えているんだ」等の罵倒する声が脳に直接テレパシーのように聞こえる。頓服を飲んだところ、解消したので、幻聴だと自覚した。
これについては、主治医が「頓服でしのぐので正解です。今後もそうしてください」と言った。

ブログが監視されている。URLが2chに晒されていて、悪意のあるアクセスがある。腹立たしくてブログを更新する気が起きない。しかし、ネット依存症なので、何かしたい。新しいブログを作っても良いか? 精神衛生上アドバイスがもらえないか?
この話題については、主治医は結構食いついてきて、ブログのアクセス数を言ったらビックリしていた。結論としては、「別の所でブログを続けたら良いと思うよ」と言われた。禁止されなくてホッとした。

他にも書いて行ったことは3つくらいあるのだが、上記3つで20分くらい話してしまい、事実上のタイムアウト。
逆に主治医からの質問として、「腸の調子はどうか?」と聞かれた。これについては、「数日出なくて、また数日かけて出る感じです」とか答えた。

診察が終わって会計をする時、「自立支援医療の更新が可能な時期になったので、手続きしておいてくださいね」と案内された。うわぁ、面倒くさい。役所に行かないと。
帰宅して、トランコロンが20錠以上余っていることを言い忘れたと気が付いた。次回は言い忘れないようにしないと。