絵画教室 トレース1-01

約3か月ぶりの絵画教室だった。昨日の時点では「行けないかも」と思っていたが、なんとか行くことができた。
先生のお宅に着いて「ご心配をおかけしました」と声をかけると、「いいのいいの、大丈夫だった?」と快く受け入れてくれたので、本当にホッとした。他の営利主義の絵画教室とかだったら、嫌がられそうだもんね。
いつも一緒に習っているおじいちゃん生徒さんも先に来てらして、「おっ!久しぶり!」と声をかけてくださった。2人とも、休んだ理由とか全然突っ込んでこなくて、居心地がとても良かった。

さて、今回から新しい試みとして「トレース」をやることになった。トレースのやり方についてご存じない方は、適当にググってください。とりあえず今回は、トレーシングペーパーに原画を写し取る段階だった。
原画が非常に細かいので、ちょっとズルをして適当にやろうとしたんだが、念のため、ほかの生徒さんがやったトレースを見せてもらうと、細かい部分まできっちりトレースされていたので、ズルしてる場合じゃない、と考えを改めて、キチッとトレースすることにした。

トレースは、画用紙を十字に線引きして、そこに原画を落とし込んでいく手法と全然違って、原画の上に置いたトレーシングペーパーをなぞるだけだから、楽だね~。模写は下書きの段階で、もう本当に何度も何度も描きなおして、大変だった。トレースだったら、迷うところが無いもんなぁ。
細かい作業が好きなので、これはこれでとても楽しかった。

前にも書いたか、復帰してすぐなので、1時間で帰りたい、と先生に事前にLINEしていたのだが、気が付いたら1時間10分が過ぎていた。おじいちゃん生徒さんが道具を片付けだしたので、それで11時半を過ぎていることに気が付いた。
私が「あ、もう半、過ぎてましたか! 没頭していて気が付きませんでした」と言うと、先生も「erikoさんがあまりにも一生懸命されているから、声をかけづらかったw」と言うので、お互いアハハと笑った。

次回のお教室は2週間後ということで、「雨降ってるから気を付けてねー」と言われて帰ってきた。
ちなみに、今回はトレースということで、作業途中でも原画が丸分かりなので、ブログに写真をUPできません。文字のみで、すみません。

絵画教室 模写水彩風景画3-12 完成

模写水彩風景画3が完成した。

模写水彩風景画3-13

この原画は、私がとある庭園へ行って、自分で撮ってきた写真なので、完成作品もUPできます。無断使用厳禁です。著作権は放棄していません。

今日やった所は、範囲としてはほとんど無くて、ほぼ左側中央部分の茂みと、道路の影くらい。時間は1時間強くらいで、自分としては、ちょっと時間がかかりすぎだなぁと思ったけど、先生は「もっと描き込んで」と思っていたみたい。口には出さなかったけど。何度も先生を呼んで、手直しをしてもらったんだけど、そのたびに「うーん、そうねー、ここはもう少し……」となるので、「あぁ、やっぱり足りなかった」と思うことが多かった。
まぁ最後の仕上げということで、前回、昨年最後のお教室あたりから、どんどん指導に熱が入って厳しめなことを言われ始めていたので、今日もかなり覚悟はしていたんだけど、思ったよりは言わなかったかな? 先生も少しは加減するのだろうか?

なんかもう前回とは間違い探し状態なんだけど、こんなのでも1時間強の時間がかかる私の技術って、大したこと無いなぁと。先生の描いているところを見ると、サササーっと素早く的確なんだよね。そりゃもう何十年もキャリアがあるし、なんといっても天下の芸大出身だし、そんな7年くらいしか習ってない私が追いつく訳が無い。まぁぼちぼち頑張ります。

さて、次の課題だが、先生への年賀状に「新しい画材にも挑戦したい」的なことを書いたら、覚えてくださってたみたいで、「水彩じゃないやつやってみたいんだっけ?」と言ってくださった。いやぁ話が早いなぁと思って、「はい~」と言って相談をした。
今までトレースをして描いたことが無い、ということで、細密画?だったかな、なんかペンで絵を縁取って、中を水彩絵の具で塗るような感じの絵にしましょうか、となった。結局水彩なのかよ!とは思ったけど、トレースは本当にやったことがないので、それはやってみたいな~と。次回が楽しみです。

絵画教室 模写水彩風景画3-11

2018年の絵画教室も今日で最後となった。キリが良いので、今日で完成させよう!と意気込んでいたけど、結論から言えば、完成させられなかった。がっくり。

今日は、右側中央付近の木の根元に、何本か細い木の幹があるのだけど、それを描き忘れていたので、まずそこを描いていくことから始まった。数が少ないので、さっさと描いて先生に見てもらうと、「全部同じ色だし、太さも同じになってる。これじゃない」と強烈な駄目出しをされた。うあぁ、気を抜いていたー。開始早々怒られる(ていうか、適切な指導なんだけど)とは悲しい。
次は、左側の林を全体的にパッキリさせるというか、葉っぱがある雰囲気、モコモコした感じを出してほしい、と言われたので、それをやった。この作業は結構得意だから、先生もあまり指摘してこないだろう、と高をくくっていたら、ビシバシ指導が入った。もっと上のほうも描き込んで、この余白は要らない、紙の端まで神経を使って、等々。

なんか、急に指導が厳しくなったなぁと思っていたら、先生曰く「もう仕上げの段階だから、細かい所も見ていくね」とのこと。
私は、もう前回の段階でかなり完成していると思っていたので、「もっと描き込んでいくよ」と言いたげな先生の要求レベルの高さというか、美意識の高さというか、そういうものをひしひしと感じて、恐れおののいた。
でも、これこそが私がそう安くないカネを払って絵を習っている理由なのだとも思った。まず、自分一人ではここまで1作品に対して、自分を追い込めない。それこそ前回の段階で「これが完成品です」と言って、描くのを止めてしまっていると思う。
でも、先生がいると違う。私1人では気が付かないミスに気が付いてもらえて、そこを指導してもらえて、絵の完成度がどんどん上がっていく。この過程の快感は、ちょっと何物にも代えがたいね。

それが終わると、左中央部分の土手というか丘というか、その部分を描いた。これも自分としては上手くいったつもりだったんだけど、先生は「うーん、ここは次回だねー」と言うので、一瞬「マジか!」と言いそうになったが、流石にそれは言えないので我慢した。

最後に道路を「グレーで慣らして」みたいなことを先生が言ったので、白と黒を混ぜていろんなトーンのグレーを作り、手前は濃いめに、奥は薄めに、というふうにして、上から重ねるように塗ってみた。
しかし、私がやったことは間違っていたみたいで、先生が言いたかったのは、黒を水たっぷりで溶いて、紫や青の上にサーッと重ねていくような感じで描くことをやってほしかったみたい。それならそれで、最初からそう言って欲しかったけど、まぁきっと少ないヒントで私がどういう風に描くのかを見たかったのかな、とも思うので、それはあんまり怒ってない。
にしても、本当に透明水彩の凄さが今回はよく分かった。黒を上から塗ってるのに、下地になってる紫や青が全然隠れないのね。むしろ色に深みが出てきて、とても良い感じになっている。いやぁこれは凄いなぁ。透明水彩の魅力に改めてハマりそう。

というわけで、冒頭にも書いたが、今日で完成させることが出来なかったので、続きは来年になりました。せめてあと1回で完成できるようになりたい!

模写水彩風景画3-12

透明水彩絵の具のパレットを作った

前々から、作ろう作ろうと思っていて、放置していた透明水彩絵の具のパレットをようやく作ることが出来た。

透明水彩パレット作り

私も知らなかったんだが、ご存知ない方に説明すると、透明水彩というのは、パレットの枠に絵の具をミッチミチに埋めて、上の写真のように(これは私が下手くそで、うまく埋められなかったので、本当に気になる方は検索してください)して使うのが、お作法らしい。
ということを、以前、絵画教室の記事でも書いた気がするんだが、その頃から気になっていてわけだ。

で、昨日、なんとなく時間が空いたので、「あ、やっちゃおう」と思って、パレットをいったん洗い(ポスターを描いた使用痕跡があったため)、しっかり乾かして2日がかりで準備して、絵の具をチューブから枠に押し出して、埋めてみた。
思ったよりもフタが固い絵の具があったり、チューブが固い絵の具があったりで、24色全部を一気にやることが出来ず、半分ずつ作業した。固まる時間が変わっちゃうかな?と思ったけど、まぁいいや。

で、それが昨日の出来事。今朝、絵の具がまさか固まってないだろう、と思って、チョンチョンと触ってみたら、もう結構固まっていて、これなら週末には完全に固まるのでは?と思った。

絵画教室 模写水彩風景画3-10

12月は最終週が先生の都合で休みなので、お教室の日取りを変えた。なので、いつもと違って1週間ぶりのお教室になった。

今日で完成かなー?なんて思っていたけど、全然まだまだ遠かった……。

模写水彩風景画3-11

もうここまで来ると、前回やったところと今回やったところの差が、間違い探しに見えてくる。そうでもないか? 右側の林をかなり立体的にモコモコとさせたんだけど、分かるかなぁ? 色の深みも出たと思うし、先生にも「上手く出来てる」と褒められたし、良かった良かった。
とは言え、注意された箇所は結構あって、もう忘れちゃったけど、覚えてる所としては、右側中央付近の木と木の間に垂れ下がっているような2本の緑。これが「ただの線のように見える」と言われちゃって、かなり修正した。

その他、明るい光が当たっているような箇所を、どのように表現するかが問題になった。最初、黄緑色で塗っていたが、下地に既に濃い緑が入っていたりして、その上には明るい緑はもう入らなかったので、水で絵の具を擦り取るようなことを何度もやったが、出来なかった。
何度か先生を呼んで、指導してもらって、最終的には「ここは黄緑色は止めよう。この若草色みたいなやつでやってみよう」とのご助言をいただき、やってみたら、思いの外ハマってくれて、光が当たっているように見えたので、ホッとした。

いつものことだけど、木の枝を何本か描いていなくて、先生に「これはどうしたの?」とか指摘されて、恥ずかしくて消え去りたい気持ちでいっぱいだった。なんだろな、これも認知機能障害の一種なんだろうか?

右側中央付近の茂みも、モコモコさせてみた。上半分と下半分で雰囲気を変えたのも、意図的な演出だ。下のほうがクッキリしていて、上のほうがぼんやりしている。
でも、上のぼんやり具合が足りなかったみたいで、「もっと背景と馴染ませたほうが良い」と指導された。まぁ先生がほとんどやっちゃったけど……。
左側中央の芝生の丘は、これもモコモコ感を出してみた。おおむね好評だった。

次回は、右側の林の木の根元をどうするか、と、左側の林をもう少しクッキリさせたいね、っていうところ。

先輩のおじいちゃん生徒さんには、「この道路、もっとグレーのほうが良いんじゃないの?」と指摘された。いやまぁそれは私も思ってはいるところなんだけど、創作絵画だから、むしろこの紫と青の毒々しい感じが味なんじゃないかとも思っていて、「そうですねー」と言いつつ、あんまり変えなくてもいいかな、と腹の中では思っている。
帰りも、おじいちゃん生徒さんと一緒に歩いて帰ってきたけど、おじいちゃん生徒さんは禁断の質問を私に投げかけた。「erikoさんて、お仕事何してるの?」……。「あはは、それは言いづらいです」とだけ返しておいた。重要な事なので、2回言っといた。

作業所でやった塗り絵の続き2 完成

作業所でやった塗り絵の続きをやった。完成させるつもりは無かったんだが、完成してしまった。

作業所のレク塗り絵2

今日の塗り時間は、だいたい1時間半くらいかねぇ? 結構かかってると思う。時々PCを見つつ、塗っていたけど、気分的には「塗り絵のほうが気になる」という感じで、結構集中してできたんじゃないかと思う。
失敗したなぁと思ったことは、葉っぱが多くて、全体的に緑っぽい感じが強いこと。こんなことなら、赤い葉っぱとかも作れば良かったかな。

あと、グラデーションなどもしたかったけど、それ言い出すとキリが無いので、今回は止めておいた。良い感じに仕上がったと思います。

作業所でやった塗り絵の続き1

昨日もちょっとやったけど、1日に作業所のレクでやった「塗り絵」の続きを、今日もやってみた。

作業所のレク塗り絵1

今までこういう画風?の塗り絵はやったことが無くて、どうも「コロリアージュ」(フランス語で「塗り絵」の意味)と言うらしい。外来語嫌いな私としては、イラつく呼び方だが、仕方が無い。
ただ、こういった花や植物のモチーフはとても好きなので、これならネサフするより楽しいかな、と思った。

制作時間3時間半くらいで、5割くらいの完成度といったところか? 花びらの中にもグラデーションを付けたりしたいなぁと思う反面、あんまりこだわり過ぎて、いつまで経っても完成できなくなるのも嫌なんだよね。昔やっていた塗り絵も、いったん「飽きたかも」と思ったら、もうダメだもんなぁ。全然やってない。

絵画教室 模写水彩風景画3-9

2週間ぶりの絵画教室だった。

今日は、中央の道路と、左右の林の前面に出てくる部分をやった。
と言いたいところだが、なんかやっぱりエビリファイを抜いた影響なのか、ものすごくやる気が無くて、集中力も無くて、開始してしばらくは全然動けず、筆で絵具をコネコネしていた……。どこをどうして良いのかも分からず、ちょっとぼんやりしてしまったと思う。

さて、道路は木洩れ日の陰影を付けるのがとても難しくて、かなり悪戦苦闘した。最初、道路上にあまりにも陰影が付き過ぎていたので、特に濃い部分を水で薄めて、均一化させた。自分としては、そのほうが良いと思ったから。
また、道路の右下にあった青い色は、あまりにも青が「突然出てきました」といった風に描かれていたので、これをじわじわと全体に馴染ませる作業をした。
道路が一段落したら1時間が経っていて、ビックリした。先生を呼んで見ていただくと、「うん、すごくいいね」とのこと。木洩れ日の陰影について聞いてみたら、「むしろ陰影があるほうが自然じゃない?」と言われてしまった。でも、私が直した状態で「おかしい」とは言われなかったので、直して良かったんだと思う。

次は、左右の林について。特に中央に緑の深みが出てないので、出してみて、と言われた。この時、具体的な技法を指定された。曰く、「以前見せてくれたお祭りのポスターの大きな木みたいな感じで」とのこと。えぇ~、この林はウォッシュの技法でやっているから、ここでドライブラシみたいな技法を使うのは合わないのでは?と思ったけど、先生がそう指定してきたわけなので、心を殺してドライブラシでやった。
同時に、「木の幹が消えちゃったら、描き直してもいいよ」と言われたので、それも頭の片隅に入れていた。
中央部分は、色合いに気を付けた。私は色の再現能力があまり高いほうでは無いので。先生曰く、使ったのはインディゴだそうだ。いわゆるデニムに使われるような濃紺。藍色とも言うのか? まぁそれを入れると、だいぶ木に奥行、深みが出ますね。立体的になってくる。
更に、両脇のほうには黄緑などの明るい色をドライブラシで置いていく。より手前にある、という演出だ。

そしてそして。中央の緑が濃い木の中に、ぼわっと白抜きがされていると思うんだが、これが今日の超ポイントだった。私がお手本を見て、「あ、ここ光が強烈に当たって、白抜きされてる」と気が付いて、慌てて色を抜いた。
それを先生に伝えると、「これは抜いたほうが良い」ってな感じで、先生も色を抜く作業に協力してくれた。

模写水彩風景画3-10

てっきり今日で完成かと思っていたが、まだダメらしい。何があるんだろう? 微調整? バランス?

絵画教室 模写水彩風景画3-8

2週間ぶりの絵画教室だった。

今日は、おもに中央から上、奥の部分の林を描き足すことから始めた。
ウォッシュにはいまだに慣れなくて、何度やっても先生のお手本のようにならない。水を多めにしてみたり、滲ませる時に絵の具の置き方を色々試行錯誤してみたりしたけど、全然ダメ。
でも、とりあえず「ここまでやったから、見てもらおう」という感じで、先生を呼んだ。案の定、先生は「あぁ……」と浮かない声。
原因は、塗り方だけでなく、色まで単調だったことだった。言われてみてビックリ。色か。そこまでまったく気が回らなかった。言われてみたら、2色しか使っていない。そりゃ単調にもなるわなぁ。
先生は、大胆に青や黄色、黄緑、カーキ、濃緑、といった色を使っていく。なるほど、そんなにたくさんの色を使っても良いのか。もうほとんどカルチャーショックだね。2色しか使わない私と、5色も6色も使いこなす先生。住んでる世界が違うわ、そりゃ。
しかも、それを私は「色を濃くするんですね?」と表現したけど、先生は「色に深みを出す」と表現した。こういったところからも、絵に対する姿勢の違いが如実に表れる。いやー今日も勉強することが多くなりそうだ~。
右側の林で先生のご指導をしっかり受けたので、左側の林は、すべて自力だけど比較的うまくいったのではないかと思う。

そして、それが片付いたら、遂に道路のマスキングインクを剥がす作業に取り掛かった。私としても「遂に来た!」という瞬間だ。インクを剥がすと、薄く塗っていた下地が見えて、このままでもいいんじゃないか?という感じだけど、やっぱりダメだよね……。
まずは、最初に全体的にラベンダー色を塗って統一感を出させたあと、手前の濃い色から奥へ向かって薄くなるように、塗り進めていく計画を立てた。同時に、木洩れ日として落ちている白い点々を表現していかなくてはならない。これが難しくてねぇ。
先生曰く「erikoさんの得意なやつだから」とのことだけど、今回はグラデーションを付けながらの作業だし、ちょっと勝手が違う。
そうは言いつつも、なんとかやってみた。時間的にも結構かかっていて、今日は11:45くらいまでやらせてもらった。先生に見ていただくと、白い斑点を濃く囲うように色が付いているのが不自然に見える、とのこと。あぁ~私が感じていた違和感は、それかぁ!という感じ。やっぱり自力だけで絵を完成させるのは、まだまだ無理なんだなぁ。先生のご指導が無いとダメだ。
あと、右側の青い色がかなり浮いた感じになったのも、先生は気になるみたい。まぁ私も気になるんだけど。これは画用紙が濡れた状態だと直せなかったので、次回、絵が乾いてから直しましょう、ということで話が付いた。

模写水彩風景画3-09

それにしても、これ次回で終わるかなぁ? どうだろう? 今年中には終わるだろうなぁとは思うんだけど。
次の課題も考えないとなー。アクリル絵の具、やってみようかなぁ?

絵画教室 模写水彩風景画3-7

2週間ぶりの絵画教室だった。前回、今日来ると言っていたおじいちゃん生徒さんは、いらっしゃらなかった。あまり深く理由を聞くのも失礼かと思って、軽く流してしまった。

今日は、右側の木の幹から始めた。先生が「erikoさんはこういうの得意だよね♪」とおっしゃるように、自分でもこの部分(細密表現?)は結構得意だと思う。右から順に奥に行くようになっているので、徐々に木の幹の濃さを薄くしていく必要がある。そのあたりの匙加減が、なかなか上手くできたんじゃないかな?と思って、先生に見てもらったら、「すーごくいい!」と言われた。へへへ。

その次は、左中央あたりの、草が生い茂っている所。ここは木の幹とは違う手法、ウォッシュで進めた。ウォッシュ、やっぱり難しい。色の混ざり具合などが、こちらの意図しない方向に行ってしまったりして、コントロールできないので。でも、先生はそれこそがウォッシュの魅力だと言う。まぁそれは私も理解できる。
この部分は、光が強烈に当たっている所と、陰になっている所と、コントラストが結構ハッキリしているので、描くのが難しかった。何度もティッシュで拭いてやり直した。自信は無かったが、先生は「大丈夫大丈夫」と言ってくれた。

その次に、右中央部分の草の茂みをやった。
前回は地面の茶色だけ塗ってあったんだけど、よくよく見ると、そこは茂みだった。先生はちゃんと気が付いていたみたいで、「ここが全然手を付けていないから、今やっちゃおう」みたいな感じで、やることになった。
茂みの茎がチョンチョンと生えていて、いきなり絵の具を置くのは怖かったので、鉛筆で下書きすることを希望した。すぐ鉛筆を用意してくれたので、サクッと描いてみた。右に左に跳ねさせて、ランダムっぽい感じを出してみた。お手本になる私の写真でも、そうなっているからねぇ。
結果としては大正解で、「やっぱりerikoさん、こういうの上手い!」と言われた。自分でもそこらへんは自信を持てるようになりつつある。
色は、ビリジャンなどの他に、濃いブルーを使っている。これは先生がお手本で使った色だ。色を濃くしたい時は、その構成色の1つを使ってみると良いよ、みたいなことを言われた。

最後に、中央の道路を描いた。先生から「ここ、何の色使った?」と聞かれたけど、思い出せなかった。ネイビーを薄くしたような気もするけど、自信が無かった。
そしたら、先生が「じゃあ、ラベンダー使ってみようよ!」と言う。え、それは全然違うのでは?と内心思ったけど、なんか面白そうだったから、先生が描く様子を見ていた。なんと、ラベンダー良い感じかも……。
先生も「いいかも♪」とノリノリなので見ていたら、赤や紫を混ぜだした。「濃淡を付けるのに、ラベンダーの中にある色を使っても、面白いよ」みたいなことを言っていたと思う。

仕上がりを見たら、なんかRPGの毒の沼みたいな色合いになっているけど、幻想的な雰囲気に様変わりして、すごく良いと思う。
写真は、対象物そのままの色しか出てこないけど、絵は、どんな色合いにも作り替えることができる。私が、あまり写真(アートとしての)に興味が無いのも、見たままの色しか出てこないからなんだと思う。

模写水彩風景画3-08

お教室が終わって帰ろうとしたら、先生が「インスタやってる? やってないか」と聞いてきた。「やってますよ?」と答えたら、「アカウント教えて~。お友達になろうよ」と言ってきた。マジー? 超楽しいんですけど!