絵画教室 トレース1-06

2週間ぶりの絵画教室だった。
今日はトレース1の6回目。結構時間がかかるもんだなぁ。多分、直接模写して描き起こすより、1回分くらい余計に手間がかかっているような。しかも模写より精度が低いという……。ま、これはこれで面白いんだけどね。

さて、0.1mmの極細ペンでなぞり描きしていたが、今日、ようやくなぞり書きの下絵が完成した。何度も言うが、著作権の都合上、公開できません。
しかし、完成した時点で11時で、先生の都合で11時半には解散したいとのことだったので、残り30分、どうするか?って話だったんだけど、一部の植え込みだけ塗ってみようか、って感じで進んだ。
教室では大先輩のSさんという方も、まったく同じ原画からトレースをして作品を作っているので、それを参考にしたらいいよ、という先生のアドバイスで参考にさせてもらったんだけど、長く習っている人だからやっぱり上手いんだよね。正直「今の私にこんな上手くできるだろうか?」と不安になったり。

まぁでも先生が「思うとおりにやったら良いよ。何も言わないから、まずは自由にやってみて」と言うので、自由にやってみた。結果。速攻で直されたwww
いやまぁ直されたっていうより、「なんかこの色、明るすぎない? 黄色入れた?」というツッコミみたいな。自分でも「ちょっとやりすぎたかな?」とは思ったんだけど、先生が「好きにしていい」って言ったし、みたいな。あとは、明暗をハッキリ付けたほうが良いかな、とか色々考えたんだけど、全部裏目に出ていた……。思わず「あ、バレてる」と言ってしまった。

そんなわけなので、ワントーン色を濃くして、調整してみた。でも、乾くとまた色が薄くなっちゃうんだよね。先生も「濡れた状態と、乾いた状態で、結構色が変わるんだよ」と言っていたので、水彩画って奥が深いなぁと思った。
また今回は、絵の枠(ペン画の部分)がハッキリ描かれているぶん、色を乗せる部分はハッキリさせず、雑といったら変だけど、ザックリと塗る感じで、画用紙の白色を活かす方向にしてみると良い、というアドバイスをいただいた。これが今までにやったことが無いので、先生も「良い練習になるね♪」と言ってくださって、なんかもう「育ててもらってる」って感じがすごくよく分かる。

でも、色を塗るの、難しいけど楽しいね。毎回いろんな技法が学べるし。

絵画教室 トレース1-05

2週間ぶりの絵画教室だった。
なんか調子も良くなってきたので、昨日の夜、先生に「明日のお教室は10時から行けると思います」的なLINEを送っておいた。
すると今日、先生宅に着いた時、「大丈夫?」と聞かれたので、「はい?」と答えたら、「時間、間に合ったね!」と言うので、「あ、はい!」と答えた。コミュ障かよ!

今日からは、トレーシングペーパーで転写した下絵に、0.1mmの極細ペンでペン入れしていく作業。これがね~超細かい。画像UPしたいけど、完全に著作権アウトなので、UPできない。
しかも、所詮は転写だから、細かいところは転写しきれてない。そこは結局、原画を見ながら手探りでペン入れしていくしか無い。うーむ、なんという地道な作業。しかし、それが苦にならない性格だから、やっぱりこの絵画教室に入って良かったなぁと思っている。

むしろ、こういったコツコツ根を詰める作業で、ストレス発散できるというね。なんか、気分がリフレッシュするっていうの? 絵を描いている最中は、自分が障害者だとか、精神疾患があるとか、妄想や幻聴だとか、作業所がどうだとか、そういう煩悩みたいなものが一切入らない状態だから。ひたすら絵のことだけ考えてるから。いや、たまには煩悩も入るけどw

そんなわけで、11時半で終わるつもりが、11:45くらいまでやってしまった。
今まで「1時間のお教室でお願いします」と言っていたのに、やってみたら1時間数十分やってて、で、今月から「10時から行けます」と言ったら、11時半で帰るつもりが11:45までやっちゃって。
もしかして、自分で思っているよりも体調が良いのでは? それを考えると、絵画教室をお休みした頃は、もっと体全体が重かったし、絵を描くのもしんどかった。気分も乗らなかったしね。

主治医が、絵画教室に行けるか否かを私の精神状態のバロメーターにしているようだ、と前に書いたけど、自分もそのバロメーターを気にしたほうが良いのかも。
って簡単に言うけど、体調が悪い時ってなかなか自力では気が付かないんだよねぇ。背中に鉄板を背負っているように感じられるほど体調が悪かったのに、「もう少し頑張れば治るかも」って本気で思ってたから。「体が重いな」と思ったら、すぐに休まないと。

久しぶりに美術展へ行ってきた

久しぶりに美術展へ行ってきた。数年ぶりかと思って過去ログを検索したら、昨年4月に行っていた……。まぁいいか。
目当ての美術展は毎年この時期にやっているのだが、たしか昨年はブログに書いていないので、行ってなかったと思う。

市民展みたいなものなので、あんまり書くと特定が怖いから書けないけど、作品を自由に写真撮影して良くて、気に入った作品をバシバシ撮影してきた。来館を1年飛ばしているので、撮影OKか確認したほうがいいよな、と思って、受付の女性に確認したら、「ご自由にどうぞ♪」と言われたので、安心して撮りまくった。
そしたら、それまでシーンとしていた会場内が、急に「カシャカシャ!」「ぴろりん!」とスマホかなにかで撮影する人で騒がしくなったw みんな案外知らないんだな。

一部のお客さんは、気に入った作品をバックに記念撮影していた。私は基本ぼっちなので、記念撮影は出来なかった。と思ったら、そうか、こういう時に自撮り棒を使うのか。と今、気がついた。おひとり様だから、自撮り棒は持っていたほうがいいかな?

いや~それにしても今日は暑かった。私が住む地域でも30℃を超えたらしい。行きは送迎バスが出ていたから、それに乗って行ったけど、帰りは送迎バスが時間調整で1時間くらい無かったので、諦めて徒歩で帰ってきた。なんで美術館とかって駅から遠いんだろうか? マジ痩せそう。

絵画教室 トレース1-04

2週間ぶりの絵画教室だった。
ここ数日、夜中に何度も目が覚めてつらいので、昨晩は予防策として21時頃に頓服を飲んでおいた。それが功を奏したのか、中途覚醒は2時半頃の1回で済んだ。……それでも1回はあるんだが。一体どうなっているのだ?
今朝起きたあとも、眠くて眠くて仕方が無かった。

なんとか絵画教室へ行ったが、おじいちゃん生徒さんは来ていなかった。前は毎週来ていたと思うけど、ご高齢だし変えたのかな?

作業の内容は、前回の続き。赤いボールペンで、トレーシングペーパーに描いた絵をなぞる作業だ。なんか今日はやたらと肩が凝って、出かける前から痛かったので、「調子悪いな~」と思った。
だから、時々先生のお宅の庭をボーッと見たり、首をぐるぐる回したりして、気分転換をして頑張った。

時間のことは特に気にせず、黙々とやっていたので、終わった時は「ふう」とため息が出た。「先生終わりましたー」と先生を呼ぶと、「うんうん、よくできてるよ♪」とお褒めいただいた。
トレーシングペーパーをゆっくり外して、自作カーボン紙で写し取られた絵を見たところ……。あれ? 猫の顔が描かれていない……。目鼻口に、虎柄っていうんですかね? 額の所に3本の縞模様が、お手本には入っているんだけど、私の絵には入ってない……。
すぐに「先生ー、猫の顔描くの忘れてましたー」と泣きついたら、「今描いちゃえばいいよ! 細かい所だから、気が付かなかったんだね。これからも、塗りながら気が付いたら描けばいいんだよ!」とさりげなくフォローしてくださった。さすが先生、優しいです。

それで、先生が「じゃ、来月は~」と言い出したので、「ん?」と思って時計を見たら、11:45だった。ええー! 予定より15分も延長してしまった!
思わず「え、こんな時間!」と言ったら、先生から「そうなの。半で声をかけようかと思ったんだけど、すごく集中されてるし、これを途中で終わらせたら気持ち悪いかなと思って、敢えてそのままにしてたの」と言われた。

ほんとねぇ。この先生はほんと良く人のことを見ている。
誰でも、邪魔されたくない時ってあるじゃん。私は結構それが強いタイプなんだけど、先生はそのあたり凄く気を遣ってくれるんだよね。そっとしておいてほしい時はそっとしてくれるし、先生を呼ぶほどじゃないけど、ちょっと行き詰ってる時や、明らかにそれは間違ってる、という時には、さりげなく声をかけてくれる。
こういうのが「教えるのが上手い」っていうんだろうなーと痛感する。

絵画教室 トレース1-03

2週間ぶりの絵画教室だった。7時半に起きれたものの、テンションが物凄く低くて、大丈夫か不安になった。
先生宅へ向かう道中も、まったくテンションが上がらず、気持ちが沈んでいて、よっぽど休もうかと思ったけど、そういうことしてると、本当に何もできなくなる、と思い直して行った。
いざ先生に迎えられると、自然に笑顔が出て、挨拶ができた。

今日の作業は、前回、トレーシングペーパーの裏に自作のカーボン用紙を作った続きで、トレーシングペーパーの表面から、そこに今迄描いた絵をなぞる、というもの。黒い鉛筆で絵を描いているので、その上からなぞるのは、赤いボールペンを使った。なるほど、て感じ。
しかし、これは手がすごく汚れるね……。小指の横っていうんですかね、ものを書く時に紙面に付く所が、ことごとく真っ黒。先生もそれを熟知しているので、「ウェットティッシュ出しとくから、時々手を拭いてね」と言って、ボトルのウェットティッシュを出してくれた。

この話を聞いた時、「お教室が終わる時に拭けばいいや」と思っていたんだけど、2割くらいなぞるのが終わって、ふと手を見たら真っ黒だったので、このままなぞっていたら、絵の右側が手でどんどんこすれて消えてしまう!と気が付いて、慌てて拭いた。

また、当初は思い切り筆圧をかけないと、自作カーボン用紙が写らないかな?と思っていたけど、途中で先生が「どれどれ、見せて?」と言って来て、四隅に貼ってあるテープを剥がしてチラッと下の紙を見たら、思っていたよりも上手く写っていたので、ホッとした。そんなに筆圧をかけなくても写るみたい。

ってな感じで、ひたすらなぞり書きをしていた。地味すぎる……。
しかも、先生の話では、このなぞり書きが終わった後、転写された絵が描かれている水彩画用紙に、0.1mm?のペン(そんな細いのある?)でまた上書きをしていくそうだ。どんだけ転写して上書きしてを繰り返す気だよ~。
思わず「なんだか、私が今までやってた、画用紙を十字に切って直接紙に写してたほうが楽ですね……」とこぼしてしまったら、先生が大笑いで「あはは! erikoさんはそれが出来るから、楽に感じるのよ。デッサンとか苦手で、十字に切っても写せない人もいるから」と言われた。うーん、そうなのか。

まぁでも、トレースは長年習っていたくせに一度もやったことが無かったので、出来てとても満足なんですけどね。仕上がりもどんな感じになるのか、とても楽しみだし。
やっぱりこういうのは、外に習いに行かないとなかなか出来ない体験だよねぇ。そのあたりのことを、帰りしなにおじいちゃん生徒さんと先生とで話してて、おじいちゃん生徒さんも家でやろうと道具を揃えたけど、集中力が持たない、と言ってた。同感だよ。

絵画教室 トレース1-02

2週間ぶりの絵画教室だった。このところ夜寝るのが遅く、朝も8時9時まで寝ているから、7時半なんかに起きれるかどうか不安だったが、なんとか起きて先生宅へ行った。

いつものおじいちゃん生徒さんがいなくて、「あれ?」と思ったけど、先生が何も言わないので、こちらも詮索することなく、すぐに制作作業に入った。
作業内容としては、前回の続き。下絵をトレーシングペーパーの上からなぞる作業。先生に「このギザギザした所を、最初、面倒くさいからまっすぐに書いていたんですが、お手本の人の作品を見たら、きっちりギザギザしていたので、これはマズイ!と思って、描きなおしました(汗」と言ったら、「アハハ! よく気付いたね。そういう細かいところが大事なの」と言われた。ホッとした。

まぁこのなぞる作業はとても細かいんだけど、細かい作業が得意で好きな私にとっては、もう本当に至福の時間でした。没頭。でも、家だとここまで没頭できないんだよね。なんでだろ? テレビやPCやスマホなど、誘惑が多いからかな……。そこらへんのことは、先生も言ってた気がする。
この作業が終わるまでが、40分か45分か、それくらい。もう少し早く終わると思っていたけど、意外にかかった。

そこで先生に「終わりましたー」と声を掛けたら、「次の段階は結構時間がかかるので、もう少ししか時間が無いから、下準備だけしよう」ということで、トレーシングペーパーの上からなぞった、その裏面に、5Bというかなり濃い柔らかい鉛筆で、自作のカーボン用紙を作る作業をした。5Bなんて初めて使うよ!
鉛筆を寝かせて、芯の腹でシャカシャカ塗りつぶしていくのも、また楽しい。いや~なんかこうして絵を描くことを楽しめるようになったことが、純粋に嬉しい。休みをもらう数か月前からは、本当に苦しかった。こんな楽しい作業が苦しくなるなんて、よっぽど精神的に追い詰められていたんだろうな……。そんなになるまで我慢したらダメなんだ、と今だから思う。

そんな感じで、自作カーボン用紙の制作はすぐ終わり、来月の予定を相談した。
先生が「来月もまだ1時間にしたほうがいい?」と聞いてきたので、私もそこらへんはかなり悩んだんだけど、また無理してガクッと来ても嫌なので、「はい、1時間にします」と返した。楽しいから、没頭して時間を忘れるから、で安易に時間を延ばすと、気が付かないうちに無理が溜まっていくみたいなので。そこらへん、自分でもあんまり気づいてなかった。

絵画教室 トレース1-01

約3か月ぶりの絵画教室だった。昨日の時点では「行けないかも」と思っていたが、なんとか行くことができた。
先生のお宅に着いて「ご心配をおかけしました」と声をかけると、「いいのいいの、大丈夫だった?」と快く受け入れてくれたので、本当にホッとした。他の営利主義の絵画教室とかだったら、嫌がられそうだもんね。
いつも一緒に習っているおじいちゃん生徒さんも先に来てらして、「おっ!久しぶり!」と声をかけてくださった。2人とも、休んだ理由とか全然突っ込んでこなくて、居心地がとても良かった。

さて、今回から新しい試みとして「トレース」をやることになった。トレースのやり方についてご存じない方は、適当にググってください。とりあえず今回は、トレーシングペーパーに原画を写し取る段階だった。
原画が非常に細かいので、ちょっとズルをして適当にやろうとしたんだが、念のため、ほかの生徒さんがやったトレースを見せてもらうと、細かい部分まできっちりトレースされていたので、ズルしてる場合じゃない、と考えを改めて、キチッとトレースすることにした。

トレースは、画用紙を十字に線引きして、そこに原画を落とし込んでいく手法と全然違って、原画の上に置いたトレーシングペーパーをなぞるだけだから、楽だね~。模写は下書きの段階で、もう本当に何度も何度も描きなおして、大変だった。トレースだったら、迷うところが無いもんなぁ。
細かい作業が好きなので、これはこれでとても楽しかった。

前にも書いたか、復帰してすぐなので、1時間で帰りたい、と先生に事前にLINEしていたのだが、気が付いたら1時間10分が過ぎていた。おじいちゃん生徒さんが道具を片付けだしたので、それで11時半を過ぎていることに気が付いた。
私が「あ、もう半、過ぎてましたか! 没頭していて気が付きませんでした」と言うと、先生も「erikoさんがあまりにも一生懸命されているから、声をかけづらかったw」と言うので、お互いアハハと笑った。

次回のお教室は2週間後ということで、「雨降ってるから気を付けてねー」と言われて帰ってきた。
ちなみに、今回はトレースということで、作業途中でも原画が丸分かりなので、ブログに写真をUPできません。文字のみで、すみません。

絵画教室 模写水彩風景画3-12 完成

模写水彩風景画3が完成した。

模写水彩風景画3-13

この原画は、私がとある庭園へ行って、自分で撮ってきた写真なので、完成作品もUPできます。無断使用厳禁です。著作権は放棄していません。

今日やった所は、範囲としてはほとんど無くて、ほぼ左側中央部分の茂みと、道路の影くらい。時間は1時間強くらいで、自分としては、ちょっと時間がかかりすぎだなぁと思ったけど、先生は「もっと描き込んで」と思っていたみたい。口には出さなかったけど。何度も先生を呼んで、手直しをしてもらったんだけど、そのたびに「うーん、そうねー、ここはもう少し……」となるので、「あぁ、やっぱり足りなかった」と思うことが多かった。
まぁ最後の仕上げということで、前回、昨年最後のお教室あたりから、どんどん指導に熱が入って厳しめなことを言われ始めていたので、今日もかなり覚悟はしていたんだけど、思ったよりは言わなかったかな? 先生も少しは加減するのだろうか?

なんかもう前回とは間違い探し状態なんだけど、こんなのでも1時間強の時間がかかる私の技術って、大したこと無いなぁと。先生の描いているところを見ると、サササーっと素早く的確なんだよね。そりゃもう何十年もキャリアがあるし、なんといっても天下の芸大出身だし、そんな7年くらいしか習ってない私が追いつく訳が無い。まぁぼちぼち頑張ります。

さて、次の課題だが、先生への年賀状に「新しい画材にも挑戦したい」的なことを書いたら、覚えてくださってたみたいで、「水彩じゃないやつやってみたいんだっけ?」と言ってくださった。いやぁ話が早いなぁと思って、「はい~」と言って相談をした。
今までトレースをして描いたことが無い、ということで、細密画?だったかな、なんかペンで絵を縁取って、中を水彩絵の具で塗るような感じの絵にしましょうか、となった。結局水彩なのかよ!とは思ったけど、トレースは本当にやったことがないので、それはやってみたいな~と。次回が楽しみです。

絵画教室 模写水彩風景画3-11

2018年の絵画教室も今日で最後となった。キリが良いので、今日で完成させよう!と意気込んでいたけど、結論から言えば、完成させられなかった。がっくり。

今日は、右側中央付近の木の根元に、何本か細い木の幹があるのだけど、それを描き忘れていたので、まずそこを描いていくことから始まった。数が少ないので、さっさと描いて先生に見てもらうと、「全部同じ色だし、太さも同じになってる。これじゃない」と強烈な駄目出しをされた。うあぁ、気を抜いていたー。開始早々怒られる(ていうか、適切な指導なんだけど)とは悲しい。
次は、左側の林を全体的にパッキリさせるというか、葉っぱがある雰囲気、モコモコした感じを出してほしい、と言われたので、それをやった。この作業は結構得意だから、先生もあまり指摘してこないだろう、と高をくくっていたら、ビシバシ指導が入った。もっと上のほうも描き込んで、この余白は要らない、紙の端まで神経を使って、等々。

なんか、急に指導が厳しくなったなぁと思っていたら、先生曰く「もう仕上げの段階だから、細かい所も見ていくね」とのこと。
私は、もう前回の段階でかなり完成していると思っていたので、「もっと描き込んでいくよ」と言いたげな先生の要求レベルの高さというか、美意識の高さというか、そういうものをひしひしと感じて、恐れおののいた。
でも、これこそが私がそう安くないカネを払って絵を習っている理由なのだとも思った。まず、自分一人ではここまで1作品に対して、自分を追い込めない。それこそ前回の段階で「これが完成品です」と言って、描くのを止めてしまっていると思う。
でも、先生がいると違う。私1人では気が付かないミスに気が付いてもらえて、そこを指導してもらえて、絵の完成度がどんどん上がっていく。この過程の快感は、ちょっと何物にも代えがたいね。

それが終わると、左中央部分の土手というか丘というか、その部分を描いた。これも自分としては上手くいったつもりだったんだけど、先生は「うーん、ここは次回だねー」と言うので、一瞬「マジか!」と言いそうになったが、流石にそれは言えないので我慢した。

最後に道路を「グレーで慣らして」みたいなことを先生が言ったので、白と黒を混ぜていろんなトーンのグレーを作り、手前は濃いめに、奥は薄めに、というふうにして、上から重ねるように塗ってみた。
しかし、私がやったことは間違っていたみたいで、先生が言いたかったのは、黒を水たっぷりで溶いて、紫や青の上にサーッと重ねていくような感じで描くことをやってほしかったみたい。それならそれで、最初からそう言って欲しかったけど、まぁきっと少ないヒントで私がどういう風に描くのかを見たかったのかな、とも思うので、それはあんまり怒ってない。
にしても、本当に透明水彩の凄さが今回はよく分かった。黒を上から塗ってるのに、下地になってる紫や青が全然隠れないのね。むしろ色に深みが出てきて、とても良い感じになっている。いやぁこれは凄いなぁ。透明水彩の魅力に改めてハマりそう。

というわけで、冒頭にも書いたが、今日で完成させることが出来なかったので、続きは来年になりました。せめてあと1回で完成できるようになりたい!

模写水彩風景画3-12

透明水彩絵の具のパレットを作った

前々から、作ろう作ろうと思っていて、放置していた透明水彩絵の具のパレットをようやく作ることが出来た。

透明水彩パレット作り

私も知らなかったんだが、ご存知ない方に説明すると、透明水彩というのは、パレットの枠に絵の具をミッチミチに埋めて、上の写真のように(これは私が下手くそで、うまく埋められなかったので、本当に気になる方は検索してください)して使うのが、お作法らしい。
ということを、以前、絵画教室の記事でも書いた気がするんだが、その頃から気になっていてわけだ。

で、昨日、なんとなく時間が空いたので、「あ、やっちゃおう」と思って、パレットをいったん洗い(ポスターを描いた使用痕跡があったため)、しっかり乾かして2日がかりで準備して、絵の具をチューブから枠に押し出して、埋めてみた。
思ったよりもフタが固い絵の具があったり、チューブが固い絵の具があったりで、24色全部を一気にやることが出来ず、半分ずつ作業した。固まる時間が変わっちゃうかな?と思ったけど、まぁいいや。

で、それが昨日の出来事。今朝、絵の具がまさか固まってないだろう、と思って、チョンチョンと触ってみたら、もう結構固まっていて、これなら週末には完全に固まるのでは?と思った。