絵画教室 模写 風景画2-2

いつもは2週間おきに通っている絵画教室だが、今回は体調などもあって、1週間ぶりの絵画教室になった。
前回の終わりに先生から指示が出ているので、あれをやればいいんだー、とやることが分かっているので、安心したのか、予期不安は殆ど無く、排便も腹痛も特に無かった。ただ、気圧・気温の関係か、異様に体がだるくて、今日は休もうかと思った。それでも、徒歩2分なんだし、と思い直して、栄養ドリンクを飲んで頑張って行ってきた。
絵は、前回の続きで、マスキングで抜く所をより細かく描き込んでいく作業。ひたすら根気が要る。まぁ得意分野だけど。そうだねー、子供の頃から、根を詰める作業が好きで、変に大学へ行くより、何かの職人に弟子入りしたほうが良かったんじゃないかと思ってる。

で、だ。このコスモスを描き込んでいく作業が本当に難しくて、似たようなものとして、以前描いたアジサイがあるんだけど、アジサイはモノは小さくないんだよね。小さくても直径2cmくらいはあるかな? とにかくそれが数多くある、というだけの話なので、難しくは無い。しかし、コスモスはミリ単位だから。描いているうちに、どこのコスモスを描き取ったのか分からなくなるし、もう完全コピーは諦めた。その点を先生に相談したら、「完全コピーは無理だから、ホントなんとなくでいいよ。数が合ってなくてもいいし。多くても足りなくてもいい」と言われたので、安心した。
右側の家や電線なども描くと、ますますコスモスの位置などが合ってないことが分かり、落ち込む私。何度も描き直して、もうこれが限界、という仕上がりで先生に見ていただき、OKをもらった。でも多分、これ1年後には「もっと正確に描けるのに」って思うんだろうなぁ。

ひとまず下書きが仕上がって、鉛筆の色が濃いので、練り消しで薄くして、先生に報告したら、「じゃあマスキングやっちゃおう!」と言われた。時間は11時半。いつもだったら終了の時間だ。私が「え、でも終わりの時間じゃないですか?」と言うと、先生が「午後何か予定ある?」と聞く。「あります」「え、何時から?」「4時から」「じゃあできるね、今日やっておくと後が全然違うから」と畳みかけるように先生に言われた。
というわけで、人生初のマスキングをやってみた。マスキングは液体ゴムだそうで、やってるうちにどんどん乾いて固まっちゃうんだって。だから、時間との勝負。でも、マスキングしたい部分というのは、今回は細かいコスモスの花の部分だから、そう簡単に塗れるわけじゃない。こっちも気合を入れて、作業に取り掛かった。マスキングは先生が「臭いから嗅がないほうがいいよ」と言うだけあって、独特の異臭を放っていた。しかし私はそれ以上に「早く終わらせなくては!」という使命感に燃えていたので、臭さはそれほど気にならなかった。
とにかくひたすらマスキング液を塗り塗りしまくった。ゴムが乾いて筆が固まってくるので、途中で何度か先生に頼んで筆を洗ってもらった。先生が「この作業は洗う人と描く人と役割分担してやらないと、マスキング液がどんどん固まってきちゃうから、上手くいかないの」と言っていた。先生には、洗う役をやっていただいた。これ自分1人でやってたら大変だろうな、っていうか、出来ないだろうな。
筆は、最終的にはゴムでガチガチに固まってしまうので、捨てることになる。つまり、普段から捨てても良いような筆をストックしておかなくてはならないことになる。今回使わせていただいた筆も、捨てることになった。なんだか勿体ない気もするが、そういうものなのだそうだ。

で、出来上がったのがこれ。

模写水彩風景画2-2

青い水玉みたいなのが、マスキング液で塗った所。これを乾かさないと、次の作業に入れないのだそうだ。つまり、マスキング塗りを次回に繰り越すと、次回はマスキングを塗るだけで終わってしまって、他の作業が何も出来ない状態になる。だから、先生は「今日出来るならやっちゃって!」と言ったのだと、ようやく納得した。
このマスキング作業を30分で終わらせた。というか、30分もかかっちゃった? 自分としては、もっと早く終わってると思ってたんだけど、時計を見てちょうど12時だったので、思ったよりも時間がかかったなぁと思った。

絵画教室 模写 風景画2-1

3週間ぶりの絵画教室だった。久しぶり過ぎて、今月から先生のご自宅へ会場移動だったのか、それとも来月だったのか、分からなくなってしまったが、多分まだ今月は今まで通りだったはず、と勘で行ったら当たってた。今日は中高年の先輩男性と2人だった。
今度も風景画にしたんだけど、ちょっと難しいテクニックを使う必要がある。それは、手前にコスモスの塊が2つあって、白やピンクの花が点々と散らばっているような感じ。その後ろに民家があり、更に後ろに山がある、という感じ。このコスモスの所に、マスキングという技法を使うのだそうだ。
マスキングという技法は、名前は聞いたことがあるけど、学校の授業でもプライベートでも実際に使ったことが一度も無くて、具体的にどうやるのか、それを使ったらどう仕上がるのか、まったく分からない。ただ先生が「大丈夫、大丈夫。絶対上手くいくから」と言ってくださるので、思い切って挑戦してみようと思った次第。

そんなわけで、今日はまずは下書きというか、模写ですね。

模写水彩風景画2-1

1時間半かかって、これかよ、って感じだよね……。山の部分を1回描いて消して描き直しているのと、コスモスの部分も1回描いて全部消して最初から描き直している。コスモスの部分、やっぱり難しいじゃんよ、先生……。
先生は「花の部分はキッチリ合わせなくても大丈夫だから。大まかにポイントポイントで合ってればいいから」と言っていたけど、どうせ色塗りとか仕上げの段階になったら、「あれ?ここ合ってないね?」とか言うんでしょ。と思ったら、とてもじゃないけど適当にできず、左指でお手本を押さえ、「このあたり、このあたり」と探りながら花の丸を描いて行った。

そして時間が来たので、先生に見ていただいたのだけど、盛大なダメ出しが。私が花をくっつけて大きな丸にしたのが最高にダメだったみたいで、「これは止めて」と言われてしまった。うああ、だってお手本は花がくっついて楕円になったり、長細い四角に見えたり、したんだもん。マスキングをかけるとどうなるのか分からないから、「くっついて見える所はくっつけちゃっていいのかな?」と思ったんだもん。でも、それが全部ダメだったみたい。
次回でいいので、くっつけた白く抜く部分を、花がくっついているように見えても、無理やりにでも離して、1個1個の花として独立させて、丸を描いて欲しい、と言われた。分かりました、と答えた。いやぁこれで来週は、もっと神経を使う作業になりそうだ。
先生が言うには、この下書きの段階で細かく描いておくと、後々マスキングを剥がした時の作業がとてもやりやすくなる、ということだった。塊として大きくドンと丸を描くと、そこがごっそりマスキングされて、そこから背景を描こうとしても難しいらしい。なるほど、勉強になる。でも、出来ればそれは描く前に言って欲しかったよ。