ロナセン12mgセレネース2.25mg 11日目

ロナセン12mgセレネース2.25mgになって11日が経った。
昨晩は深夜0時過ぎに眠剤を飲んで寝た。脳内会話をたっぷり愉しんだので、30分くらいで寝付けたと思う。朝は6時頃に尿意で起きて、トイレへ行きすぐに二度寝。そこからちょこちょこ寝たり起きたりして、「あともうちょっと寝よう」を繰り返していたら、9時過ぎてた……。久々に寝すぎた。
朝食を食べて、しばらくゲームで遊んだりしたあと、散歩に出かけた。今日は夕方に風呂に入りたかったので、散歩を午前中にしたのだった。

午後は生協の注文などをして、あっという間に夕方になったので、風呂に入った。体を洗わなくては、と思っていたが、だるさで挫折した。
ブログの修正をしなくては、と思いながら、ダラダラしてしまい、結局何もしないまま夕飯を食べて、夜になってしまった。がっくり。

それでも、今日は散歩にも行けたし、買い物も出来たし、風呂にも入れて頭が洗えたし、だいぶ頑張ったほうだと思う。
精神的には、暴力的な幻視が何度か見えて、正直「またか」と思った。それにしても、症状消えないねぇ。しつこい。みんな、こんなもんなのかな? 幻覚・妄想がうっすらある中で、病識だけで「あぁこれは幻聴だから」とかやって、やり過ごしているのかな? 主治医は、何か聞こえても「あーなんか聞こえてるわー、って流しとけばいいから」って言う。そんなのこのメンクリに通院する前からやってる、っつーの。

散歩と足の指の状態

昼食を買うついでに、散歩をしてきた。コース時間は25分だった。そこそこ歩いている。いつもはニンテンドー3DSを持って歩くので、歩数が分かるんだけど、今日は久しぶり過ぎて持って出るのを忘れたから、歩数が分からない。まぁ足が痛かったので、かばいながらゆっくり歩いたほうだと思う。
出かける時、靴はどれにしようか悩んだが、とりあえず最初に履いてみた、いつも散歩のときに使っているスポーツシューズを履いたら、親指の爪が靴に当たらなくて、あまり痛くなかったので、それで歩くことにした。

帰宅して、しばらくして左足の指を見たら、まだ赤く腫れていた。比較対象として、右足の親指も見てみたが、全然赤くなっていないので、これはやはり左足の親指を負傷しているのだろうなぁと思った。爪も完全に巻いてて、グリッと肉に食い込んでいるので、元に戻そうと爪をつかんで巻いてる状態を矯正しようとするんだが、これがまた痛い。っていうか、爪の部分を触るだけで痛い。激痛。
やっぱり巻き爪専門外来、行こうかなあ。お金かかりそうだけど。

追記。夕方、風呂に入って頭を洗った後、体を洗っていたら、左足の親指に激痛が走った。見ると、赤く腫れている。でも、膿が出ているとかでは無さそう。眼鏡が無くてほとんど何も見えないので、とりあえず親指の爪をグリッと元に戻してみたら、スーッと痛みが引いた。やはり食い込んでいるというか、頭を洗っている間に、お湯で足の指がふやけて、むくんで食い込んだのではないかと思われる。
風呂からあがってからは、汗が引いてから、患部をイソジンで消毒し、ゲンタシン軟膏を塗っておいた。だが、こんどからもう軟膏は塗らなくても良いかもなぁ。消毒だけで良いかもしれない。あまり抗生物質に頼るのも良くない。