こころの元気+ 2019年5月号

先日「こころの元気+ 4月号」のことを書いたんだが、実は5月号も一緒に送られてきたので、その感想でも書いてみる。

この5月号で特に気になったのは、「どうやって友人をつくればいいのか?」というQ&Aコーナーだった。私もそのあたりでかなり悩んでいるからだ。
このコーナーは、1人の回答者が答えるのではなく、複数人の精神病当事者が答えるスタイルになっているので、いろんな視点で問題が見られて、とてもいい。

わりとどの人も言っていたのは、施設(入院中の病棟や、病院のデイケア等も)で知り合った人と連絡先を交換するのは止めたほうがいい、ということだった。交換してしまった人は、だいたい手痛い被害に遭っている。メールが凄く来たりだとか。前にも書いたが、私もそういう被害を被った、という話を、今登録している作業所で聞いたことがあるので、いくら作業所で話している時は温厚で、話が面白い人でも、安易に気を許さないようにはしている。

あとは、趣味のサークルなんかに入ると良い、というのは結構書いてあったな。私も、自宅近くの絵画教室に通うようになって、もう7年が経つ。私の場合、残念なことに絵画教室友達は出来なかったが、病気のことを半分くらい忘れて、何かに没頭できる時間と場所を得られているのは、とても意味がある事だと思った。
それは、作品が1つ出来る毎に自信が付くし、目に見える形で残るから、自分でも上達したことが分かりやすい。満足感が得られる。私の父親くらいの年代だけど、おじいちゃん生徒さんが頑張っている姿を見ると、こちらも刺激を受けるし、先生の指導も上手いから、おだてられていい気分になってどんどんやりたくなる。
もちろん、本当に具合が悪い時は休んでしまうけど、それでも具合が良くなれば「あぁ絵が描きたいなぁ」と思うし、そうしてきた。これは、私が「少しお休みしたい」と言った時に、先生が「ゆっくり休んでね。いつでも待ってるよ」と優しく対応してくれたから、元気になったら復帰しよう、と思えるようになったのだと思う。これが大きなカルチャースクールや教室で、営利目的でやっているような所だと、その時点でもう「来なくていいですよ」と言われかねなかっただろう。

それから、私の場合、大学の同期の存在は、小さくないと思う。私は医療系の大学に在籍していたこともあり、同期・先輩・後輩がほとんど医療職・医療関係職に就いている。だから、私の病気をカミングアウトしても全然驚かないし、そもそも精神疾患で大学中退したことをみんな知っているので、Facebookでカミングアウトしたけど、ほとんどノーリアクションだった。それはそれで悲しいが……。
だから、先日「今度飲み会やるんだけど、体調どう?」と連絡が来た時は、本当に嬉しかった。まぁその日は別の用事で無理そうだったので、泣く泣く断ったが、なんとかそういった飲み会に出かけられるだけの体力をつけたいなぁと思っている次第だ。そうでもないと、いい加減断ってばかりでは、愛想を尽かされてしまうからなぁ。

最後に、”いろんな人の話をよく聞いて相手に興味を持つこと”が大事だと書いている人がいた。これはもう本当にまったくその通り!と思った。
会話はキャッチボールだから、相手も話すけど、自分も話す。往復しないとダメなんだよね。どちらかが一方的に話すというのは、それこそ支援センターの問題職員みたいなもので、聞かされるほうは苦痛でしかない。まぁ聞くだけなのが好きな人もいるらしいけど。また、話すほうも無反応な人相手に話してて楽しいのかな? 私だったら「聞いてる?」とか聞いちゃいそうだけど。
例えば支援センターとかだったら、すでにとある話題で盛り上がってるグループの話を盗み聞き、と言ったら悪いけど、隣のテーブルかなんかで聞いてて、面白そうなキーワードが出てきたら、「え、それ興味ある! 話聞きたい!」とかなんとか言って声をかければ、だいたいみんな親切に教えてくれる。
私は支援センターでそんな感じでやってきたので、支援センターに行きさえすれば話せる知人はそれなりに居る。ただ、連絡先を知らないってだけで……。

双極性障害の病後のサポートの手厚さ

今、双極性障害用のTwitterアカウントを作っているんだけど、そこで双極性障害(躁うつ病)に関する情報を色々収集をしていて、物凄く感じたのは、統合失調症よりもはるかに情報が多い、ということ。
特に、回復サポートに関する情報や人的資源がとても多くて、とりあえず首都圏だけでも、自助グループのようなものが3つある。細かく調べたら、もっとあるのかもしれない。これは、統合失調症の患者には無い環境だと思った。
また、その自助グループの中で、横の繋がりが強いのも特徴だな、と思った。オフラインで顔を合わせた後、オンラインでも「楽しかったです」「またお会いしましょう」等々、お互いが自然に気遣っている関係が見て取れる。

こういうのは、統合失調症のコミュニティではちょっと見たことが無い。Twitterを見ていても、個人個人バラバラで、コミュニティを作ってどうこうしよう、っていう人がほぼいない。
唯一、ブログ村経由で知った『僕らが創る世界が、すきゾ!』っていうのが、それっぽいとは思うんだが、宗教がかってているので関わりたくない。
と書いて、あぁ~ほかの統合失調症の患者も私と同じ気持ちなのかなーと思った。他人と関わるのが煩わしい、コミュニティとか面倒くさい。あれ? こんなこと言ってるの私だけ?

他にも、双極性障害はリワークといって職場復帰のプログラムも確立されているし、それはうちのメンクリでもやってる。ということは、だ。双極性障害の人は、退職するより休職するほうが一般的なのかもしれない。
統合失調症は、休職とか退職とかいう以前に、学生時代に発症する人が多いので、リワークなにそれ美味しいの?状態の人が多いように思う。

私は、統合失調症と双極性障害、2つの病状があるので、情報を整理しやすくするために、2つのアカウントを使い分けてみたが、両者が置かれた状況があまりにも違っていて、愕然とした。どっちが重い、軽い、というのは無い。ただ、確実に違う、ということだけは分かった。

緊急取調室 第2話

遅まきながら、『緊急取調室 第2話』を見た。
今回は、女流棋士2名が巻き起こす殺人事件だ。個人的には、将棋も囲碁もまったく分からないので、どうなることかと思って見始めた。

二十歳の女流棋士が席を立ってウロウロしたあたりで、「この人、怪しいなぁ」と思っていたんだけど、話が進むにつれて、中年の女流棋士が、二十歳の女流棋士を陥れるためにやったのではないか、という説が浮上してきた。なるほど、そうくるかー。
このドラマ、毎回思うんだけど、展開が上手すぎるよね。私がバカなだけかな? 最初、いかにも怪しい感じの人が出てきて、それを信じて見ていたら、簡単にひっくり返されて、えーって驚いているうちに、今度は全然関係ない人が出てきて、話をかっさらうという。あれ? パターン化されてる?
いやでも、その展開に騙されるのも、また面白いから不思議。肝心の取り調べに入る時に、円陣を組んで力無く「うぇ~い」ってやるのも気に入ってる。

取り調べは相変わらずの緊迫感にあふれてて、いいね~。現実の取り調べは、見たこと無いけど、もっと激しいのかもしれないが、このドラマの緊迫感は格別だ。
二十歳と中年、2人の女流棋士を迎えて、2人同時に取り調べるのは、本当にスリリングだった。途中ででんでんや小日向さんがメモ書きを渡していて、なんだろう、なんかの作戦かな?と思っていたら、「MPD」って書いてあった。後で調べたら「キントリ」の英語表記だった……。なんだよ~完全に私も騙されて動揺しちゃったよ~。
でも、あのやりとりをしたことによって、容疑者たちが一気に崩れて、ボロを出し始めたので、ありゃ凄いなと思った。

最後、偶然が重なって意図せず2人が協力した形で社長が死んでしまった、という結末だったのは、意外だった。これは予想もつかない。

新しい作業所が決まらなくても今の作業所は辞めたい

昨日今日あたりで考えていたんだが、新しい作業所が決まらなくても、今の作業所は辞めたいなーと思った。
理由は色々あるけど、まずは「支援センターの問題職員とのトラブルが全然解決しないこと」で、次に「怠けてる利用者との扱いが不公平であること」で、最後に「作業所職員の嫌がらせが酷くなってきたこと」あたりかな。

支援センターの問題職員は、私の希望としては「即刻解雇」で、それ以外の解決法は無いと思っている。支援センターの他の職員や、作業所の職員は、この事件がここ1年くらいに起きた現象だと思っているみたいだけど、正直なところ、私が利用を開始した7年ほど前からずっと続いていて、もう我慢できない!と爆発したから投書してやったわけで。そんな生温い話じゃないんですよ。こっちは我慢に我慢を重ねて、それでもどんどんエスカレートする尊大な態度に、堪忍袋の緒が切れたと、そういうわけ。

そのあたりが上手く伝わっていないのか、支援センターの上長職員などは「話し合いで解決しましょう」と言ってくるし、作業所の職員は「もう大丈夫だよね?」と言ってくる。大丈夫って、なんなの? 投書して1年経ったから、もう嫌なことを忘れたとでも思ってるの? 許したとでも思ってるの? 私、そこまで能天気な性格じゃないんだけど。
問題職員が退職しない限り許せないし、恐怖感と嫌悪感で作業所も支援センターも利用するのが苦痛だ、と何度も言ってるのに、まったくこちらの気持ちを汲んでくれない。これはもう辞めるしか無いでしょ。

次に、怠けてる利用者の話だが、これも以前書いたと思うが、仕事を間違えたり、まったくしなかったりして、ぼーっと突っ立ってるだけなのに、工賃だけはきっちり一人前にもらっている利用者が許せないと。それってある意味、不公平じゃない?っていう。
主治医にも「それはどこの職場にもいるよ。給料泥棒みたいな人でしょ?」って言われて、まぁそうだけどさ、と思ったんだけど、今の作業所の利用者ほど露骨な人は、見たことが無い。
おしゃべりばかりして、他の人が10進めた仕事を、2くらいしか進められなくて、それでも他の人と同額の工賃をもらっている。これは不満が出てもしょうがないよ。

この仕事が全然出来ない人だけじゃなく、館内清掃で露骨に手を抜く人も多いんだよね。支援センターのトイレ清掃は、職員のチェックが入るからそれなりに真面目にやってるんだけど、作業所の近くにあるトイレは、職員のチェックが入らないせいか、露骨に手を抜く人が続出している。床拭きも真ん中だけとか、鏡も雑巾で中央だけ(顔が映る所だけ拭くとか)、便器もこすって洗った音がしないのに「終わったー」って言うとか。もうホント酷い。
そんなだから、作業所のトイレはいつも異臭がしている。正直言って、使いたくない。

作業所職員の嫌がらせというのは、ペーパードライバー講習のことなんだけど、職員から代わる代わる「講習どうだった?」「今日は車で来たの?」「講習終わった?」「いつになったら車で来るの?」などとしつこく聞かれた。なんか、私がペーパー講習を受けたことに対して、疑っているみたいなんだよね。「本当に講習行ったの? 仕事サボりたかっただけじゃない?」みたいな。圧力というか。
「駐車が苦手でまだ難しい」と断ると、「そんなの慣れだから。どんどん練習しなさいよ」「私の時は、出張マンツーマン講習なんてなかった。それでも出来るようになったんだから、自信を持って!」など、励ましているんだろうけど、こちらにはプレッシャーにしか感じない発言をどんどんされて、作業所の職員と話すのが本当に苦痛になってしまった。
それに加えて、支援センターの問題職員や作業所の怠ける利用者について、「いつまでも悩んだってしょうがないよ。erikoさんはerikoさんのできることをやればいいじゃない。人と比較しても意味無いよ」等、言われて、確かに人と比較しても意味が無いんだろうけど、それが出来るなら精神障害になってないよ、という。

この話は、『作業所を休んだ もう辞めたい』の続きのような感覚で書いた記事だ。この『作業所を休んだ もう辞めたい』の記事のアクセス数がダントツに多くて、同じ気持ちでいる人が多いのかなーと思って書いてみた。
なお、作業所の名誉?のために言っておくと、仕事そのものにはほとんど文句が無い。内職も楽しく没頭できて、時間を忘れられるし、絵を描く仕事も面白い。仕事中は、良い意味で職員が私のことを放置してくれるので、仕事に集中しやすい。
ただ、それ以外のところが、あまりにもキツすぎた。職員が利用者のプライベートに介入しすぎだし、距離が近すぎる。それを「アットホーム」とか「サポート体制が整っている」と表現することもできるんだろうけど、仕事は仕事、プライベートはプライベート、と割り切っている私にしてみたら、そのあたりも苦痛を感じている1つではある。

また、こういうB型作業所しか知らない障害者にとっては、「職場ってこういうものなんだ」って思うだけだろうけど、まともな企業で働いた経験が少しでもある人なら、あまりの無法ぶりに堪えられないと思う。実際、まともな人はどんどん卒業して、障害者枠就労なりA型作業所なりにすぐ行く。
作業所では、レクリエーションと称して2か月に1回くらい、イベントがあるんだけど、その殆どが外部飲食店での飲食で、男性が好みそうな食べ放題などが多い。ってういか、ほとんどそれ。私も何度か参加しているけど、「こいつら食うことしか能が無いのか」と思ってしまう。
私個人が施設長に「レクで美術館や博物館へ見学に行ってみたい」と提案したこともある。施設長も「それいいね!」と言ってくれたんだけど、「多くの利用者が『食べるやつじゃないと参加したくない』と言っている」と言われて、ポシャった。そういう文化程度の低い人だらけなのも、馴染めない理由の1つなんだよなぁ。

100%自分の希望が叶う作業所は無いと分かっているけど、今の作業所は10%くらいしか満足できなくなってて、物凄くストレスが溜まる。

歯科の定期健診

歯科の定期健診に行ってきた。
最初は1月に予約を入れていたんだけど、例の鬱でまったく行ける状態では無く、病院に「持病の具合が悪いので、健診そのものを延期してもらいたい」と電話連絡して放置していた。
でも、最近だいぶ体調が回復してきたので、思い切って予約を入れた。

病院へ行って待っていると、先に入ってる人がなかなか出てこない。どうしたのかなーと思っているうちに、15分が過ぎて、ようやく呼ばれた。
最初に「どこか異常は無かったですか?」と聞かれたので、「今回は特にありませんねー」と答えた。それでも「念のため」ということで、虫歯が無いかチェック。
そのあと、歯周ポケットのチェックをした。歯茎をチクチクするやつだ。

ところが、これがどうも様子がおかしい。同じ所を行ったり来たりしているように思う。例えば、右下の内側の歯茎を奥歯から前歯へチクチクして、終わって左下へ行くと思ったら、往復するようにまた右下の前歯から奥歯へ行ってみたり、というふうに。
最初は、「念入りにやってるのかな?」と思ったんだが、右上も左下も左上も、全体的にそんな感じ。中には、半分くらいまでやって、途中から急に全然違う歯をやったりしていて、「これどうなってるの?」と思ったんだけど、口を開けてるから言えなくて。まさか、歯科医師、ボケてるのか?

それに、歯科衛生士のバキューム(唾液や水を吸うやつ)操作が気に入らなかったらしく、私の口をグイグイ広げて指導し始めた。あの、口が凄く痛いんですけど……。
この歯科医師、昔から患者には腰が低いんだけど、スタッフには滅茶苦茶当たりがキツくて、以前には涙声になってるスタッフもいたし、だいたい半年おきの定期健診で、いつもスタッフが全員代わってる。すっごい定着率が悪い。歯科医師自身は歯周病専門医の資格も持っていて、治療そのものは凄く丁寧で良心的なんだけど、本当にスタッフへの態度が悪すぎるんだよ。

そのあと、歯石取りをやってもらったんだけど、ちょっとなー。これはもう転院を考えてしまうなー。スタッフに怒って、「ハイは!?」と要求していた時に、「こいつはヤバイ」と思ってしまった。
次の健診まで半年あるから、他の歯科医院を探したい。

こころの元気+ 2019年4月号

先週あたりだったかに申し込んだコンボ(COMHBO)という団体の機関紙?で、「こころの元気+」というのがあるんだけど、それが先日届いた。入金して発送するまで結構かかる、みたいなことがどこかに書いてあった気がするので、全然期待していなかったから、こんなに早く来るとは思わず、ビックリ。
この「こころの元気+」という雑誌は、精神疾患がある人なら結構知っている人も多いと思う。メンタルクリニックの待合室や、支援センター、作業所などにも置いてあるところがあるだろう。

さて、最近色々あって、なかなか腰を据えて読める時間が無かったので、今日じっくり読んでみたのだが、やっぱり面白いねぇ。参考にもなるし。
特に4月号は、特集が「災害に備える」ということで、災害時にどうするか?が書かれていた。

支援センターや作業所に来ている人の多くは、あの東日本大震災の前から施設を利用している人が多く、また施設に居る時に被災した、という人も少なからず居た。だから、私のように自宅で被災した人には分からない情報を色々持っていた。
例えば、バスが動かなくなったので、歩いて最寄り駅まで出たとか。驚く話はそれくらいか。
私が懸念していた「薬が足りなくなった」「薬局に薬が入らなくて、処方されなかった」みたいな話は、不幸中の幸いで、聞いたことが無かった。東日本とは言っても、揺れが大きかっただけで家屋が倒れたりっていうような被害が無かったからかもしれない。

それでも、支援センターの職員なんかは、「予備のために、薬は2~3日分くらいはもらっていたほうがいい」と言う。
これは自分の解釈では、災害時というより、単純に「失くしたときの予備」があるといいな、と思う。手が震えるせいか、薬をシートから出す時に、誤って錠剤を転がしてしまい、机の奥底に行ってしまうことが何度かあったためだ。
その当時は予備など無かったから、机を必死でどかして見つけて飲んだけど、埃まみれになった薬を飲むのは、とても抵抗があった。

あとは、地域で精神障害者として、どう扱ってもらいたいか、って話なんだけど、これは難しいね~。
私は今の家に住んで40年以上経つ。近所の人もほとんど引っ越して行ってないので、子供のころから知ってるおばちゃん、おじちゃんばかりだ。そういう人に、精神病があるって、凄く言いづらい。こういうのは、子供の頃から周囲に知られてしまう、知的障害や身体障害にはあまり無い現象だと思う。
というのも、ここ関東に引っ越してきたばかりの頃は、両親が標準語を話せなくて、関西訛りが酷かったので、母はそれで随分嫌味を言われたらしい。そういう閉鎖的な地域、人々に対して、精神病があるって……やっぱ言えないよ。

暗証番号が送られてきた

今月の4/22に『暗証番号が分からない』という記事を書いたんだけど、なんと。早速暗証番号が送られてきた。ええー早すぎない?

ネットでは「お手続きに1週間ほどかかります」と書いてあったので、確実にGWに引っかかると思っていたのだが、3日で届いたよ。わーい(((o(*゚▽゚*)o)))
そりゃそうか。カード会社も、GW期間中に使ってもらうことを想定しているよね? ある意味、稼ぎ時だよね? 現に私みたいに「買い物に行っちゃおうかなー」とか言ってる人がいるわけだから。
だから、爆速対応だったんだと思う。

そして、肝心の暗証番号だが、確認したところ、自分が思いついた番号とはまったく違う番号が書かれていた……。ふう、危なかったぜ。
暗証番号を1種類にすると、セキュリティ上問題がある、と聞いたので、数種類を使っているんだけど、いつも、どのサービスにどの暗証番号をあてたか?が分からなくなって、間違うんだよね。
まぁ今回の番号も、その数種類の中の1つではあったんだけど、使う頻度が低いやつだったから、記憶から抜け落ちてた。

というわけで、GW期間中、晴れていたらお買い物に行きたいと思います。

新しいB型作業所へ見学予約した

数日前から密かに動いていた計画なのだが、今度、新しいB型作業所を見学することになった。
その作業所は、Webサイトでは「主な仕事はデータ入力です」と書いてあったのだけど、今までにその文言で何度も騙されているので、とにかく仕事内容だけでも確認しなくては、と思い、まずメールで連絡を取った。

すると、そこの作業所では本当にデータ入力を主にやっていて、PCも揃えている、とのことだった。Webサイトに掲載されいていた作業場の紹介写真でも、PCデスクに座って入力作業をしているような人が写っていたので、嘘ではないと思った。
また、これはどこの作業所にも聞いていることだが、今登録している作業所で、陰湿なイジメをしてきた女性がいるので、その人がすでに在籍しているなら利用はお断りしたい、というようなことを確認させてもらった。結論としては、「いない」とのことだったので、安心した。

これは見学だけでもしてみたい!と思ったので、その日のうちに見学を希望する旨のメールを返信したのだが、数日経っても返事が無い。うーん、これはもしかして、責任者の方がPCに疎く、うまく確認が取れていないのでは?と思って、今日、思い切って電話をかけてみた。
最初、話し中だったため、何度か時間をおいてかけなおしたんだけど、1時間くらい話し中だったので、「もしかして、今日休み!?」とか思った。「これで最後にするか」との思いで11時過ぎにかけると、繋がった!

色々話してみると、案の定、責任者の方がPCに不慣れで(そのわりにデータ入力をやっているのは不思議)、着信があったことに気が付かなかったそう。やっぱりなぁ。以前、問い合わせた作業所の責任者も高齢女性で、メールの使い方が良く分からない、と言っていたっけ……。
まぁそのあたりはこちらも慣れてきたので、そんなもんかと思ってスルーしている。

で、その場ですぐに私の返信メールを確認してもらい、「見学をご希望なんですね!」と言われたので、「それそれ、そのメール!」と思った。
メールでは、午前11時に見学したい、と書いたけど、ちょっとその時間に伺える自信が無い、と正直に話すと、「構いませんよ、うちは皆さん、そういう人ばかりですよ。午前は調子が悪い、午後からなら元気、って方もいらっしゃいますよ」と優しく言ってくださったので、安心して「では午後でお願いします」と申し出た。快く受けてくれた。ホッとした。

見学はGW明けでお願いしてある。物理的な距離はちょっと遠いけど、仕事内容が面白そうだし、多分、バスが1時間に2本しか無い、交通の不便な今の作業所と比べても、トータルの通勤時間は変わらないと思う。ま、行ってみないことには分からないけどね。

ラミクタール75mg 21日目

ラミクタール75mgになってから、21日が経った。
飲み始めの頃、鼻の下に出来たニキビは、それ以上広がることなく、1か所だけで留まっている。ただ、脇腹に湿疹が出て、治っては消え、治っては消えしているのが、少し気になる。これは次の診察で主治医に見てもらったほうがいいかもしれない。厄介な手湿疹を抱えているので、それの身体版なのかとも思う。患部が少し似ているような気がするので。

某巨大掲示板にも書いてあった、頭や顔の脂ギッシュな感じは、ちょっと続いているかなぁ。今まで1日おきに洗髪でほとんど問題無かったんだけど、今それやると、2日目はちょっと臭う。まぁ季節的に暖かくなってきたせいもあるのかもしれないけど。

気分的なものは、どうなんだろうなぁ。鬱が抜けてきた感はかなりある。体も軽い。ただ、先日も書いたが、軽すぎてふわふわする。これでいいのか?と思うので、まだセーブが出来ている状態なんだろうけど、この状態から先に進まないようにしないと、恐ろしいことになる。

喋るコミュ障

私の午前中のネット巡回先になっている『凹凸ちゃんねる』に、『新入社員が『喋るコミュ障』で困ってる。誰かマジで対処法教えてくれ…』というまとめが載っていた。
「喋るコミュ障」ってなんだろう?と思って読んでみると、あの支援センターでトラブルになった問題職員のことだった(爆。あ~ああいうのを「喋るコミュ障」っていうのか~、言い得て妙だな~と。

普通、コミュ障というと、「あまり喋らない、大人しい人」「発言している内容が的外れな人」「他人とのコミュニケーションが苦手な人」みたいな意味で使われているけど、「喋るコミュ障」は、積極的に、むしろ押しつけがましいほど喋りまくって、結果、他人とのコミュニケーションに障害が発生する、ということのようだ。

確かにね。問題職員は物凄くよく喋るんですよ。立て板に水のごとく。私もどちらかというと、おしゃべり好きなほうだけど、完全に簡単に、迫力と勢いに負ける。
こっちが合いの手や相槌を打っても、それにまるで気が付かなかったかのごとく、自分の喋りたいことを喋り続ける。内容は、自慢話だったり(これは凹凸ちゃんねるにあったのと一緒)、「私、こんなに変わってるのー」みたいな変な自虐だったり。

ほんと、他の職員はとても良い人ばかりなのに、こいつ1人のせいで施設全体のレベルが下がってる。