直したいところ-2

先日、NHKの「人間ってナンだ?超AI入門」をチラ見していた。内容は全然覚えていない。ただ、哲学ナビゲーターで小説家の原田まりるさん、という方の話し方が、私とかなり似ていて、同族嫌悪でイラッときてしまったので、反省も含めて書いておきたい。

何がイラッときたのかというと、相手が話している最中に「うーん、うんうん」と大きな声で相槌を打ったり、相手が話し終える前に「それってこういうことですよね」などと話の腰を折って先取りしたりすることだ。これねぇ、自分でもすごく自覚があるの。でも、まるで条件反射のように言葉が出てしまうんだよね。
これ書いたかな。他科の診察で、医師が説明してくれているのに、「うーん」「えー」と合いの手を入れるかのごとく、話の途中で声を発してしまったため、医師がちょいキレ気味に「まだ私、話し終わってませんけど」と言ってきたのだ。すぐに「あっ、すみませんでした」と謝ったけど、瞬間的に「これ、よくやっちゃうやつだ」とも思った。
理由はちょっとよく分からない。

これと似たようなこととして、「話をかぶせてくる」というのがあって、これも結構やっちゃってる気がする。せっかちなんだろうと思うんだけど、場の空気が読めないとでも言うのかなぁ。わりと子供のころからそんな感じだったように思う。

もう1つ(何個出すんだよ)。絵画教室の先生などに指導されて、「〇〇してみてくれる?」と言われると、自分の持ってる語彙で「それは〇-〇ってことですよね?」などと言い換えないと気が済まない、というのがある。
言った瞬間に「あ、しまった。またやってしまった。先生、気分を害していないかな」と思うんだけど、次の機会にまた必ずやってしまう。
絵画教室に通い始めてもう7年くらいになるが、いまだにそれをやっちゃうので、最近は(といっても休んでたけど)かなり意識して言い換えを発しないようにしているが、頭の中では言い換えをしている。はぁ。

こういうのは自分の特性でもあるんだろうけど、多分、話している相手は不快に思っているだろう。自分も同じ事されたらちょっと嫌だし。
なので、人と会話をするときは、なるべくがっつかないで、落ち着いて、相槌もやたらめったら打たないで、指導されたことは言葉通りに受け取って、言い換えをするなら脳内だけに留めておくようにしたい。

緊急取調室 第1回

ちょっと遅れたけど、『緊急取調室』を見た。

いや~相変わらずの緊迫感! 凄いね。
今回の特別ゲストは、あの浅野温子。この人、ドラマの中では51歳ということだそうだけど、実年齢いくつなんだろ? もっと上な気がしたけど。
浅野温子は美人なんだけど、変なアンチエイジングはしていない感じが、好感持てる。今回では、感情を抑えた抑揚のない喋り方で、参事官というエリート女性を演じきったのが、とても印象的だった。
仕草などは、いかにも演技しています、って感じで、あまり好きではないのだけど、まぁエリート女性という設定上、ああなっちゃうのかな、とは思った。

もう1人の新顔として、ドランクドラゴンの塚地が出ていたので、驚いた。この人、結構いろんなドラマに出るよね。それもオタク役っぽい役で。
このキントリでも、画像解析かなんかの役で出ていて、まーたオタク役か~と思ったが、まぁそれが似合っているところが、この人の強みだよね。最近の刑事ドラマに1人は欲しい役どころだから。

それにしても、今回のドラマ展開は全然読めなかったな~。脱走した犯人(と思われる)男を射殺した参事官は、確かに違和感があったので、なんかそこらへんがおかしいな、とは思っていたんだけど、まさか参事官が脱走犯と服役中に会っていたとか、思いもよらないし、更に脱走犯が立てこもった家の奥さんの罪を被っていたなんてことも、想像できなかった。
まぁここらへんは、敢えて情報を与えずにストーリーが展開していってるので、予想できなくて当たり前なんだけど。それにしても参事官、腹黒いな。組織で女が出世するためには、そこまでしないとダメなのか、って気もちょっとする。

直したいところ

昨日の診察や、樺沢紫苑のYouTubeなどを見ていて、いろいろ反省することがあった。

まず、私は愚痴が多い。作業所、支援センター、家族の愚痴……。このブログに書きまくってる。家族の愚痴は、家族に直接言っていることが多いが、作業所や支援センターで知り合った人に対する愚痴は、とてもじゃないけど直接は言えないので、ブログやTwitterに書いて憂さを晴らすことが多かった。
また、悪口も多い。作業所や支援センターで個人の悪口は絶対に言わないが、またこれも愚痴と同じく、ブログやTwitterに書きなぐっていた。

樺沢紫苑の『愚痴や悪口は言ってはいけない』というYouTubeを見たんだが。

愚痴や悪口は、1回は言っていいけど、3回以上言うと記憶に定着して、頭から離れなくなる、とかいうような内容だったと思う。なるほど、だから私はいつまでも同じ愚痴や悪口を、ブログやTwitterで書きなぐっているのか、と思った。非生産的だよね……。書くたびに嫌な気持ちになるし、その時のこと(嫌なことをされたり、言われたり、ムカついたりしたときのこと)を思い出してイライラしたりする。
でも、思い出さなければそもそも平穏でいられるわけで、過去のことだと思って気にしなければいいのかなと。

ただ、どうしても支援センターの問題職員だけは許せないので、もう作業所にも行けないと思う。それ以外にも、あの作業所はトラブルがありすぎた。職員はよくやってくれていると思うが、利用者の質が悪い(とか書くと、また悪口になるか)。無視、暴言、個人情報の拡散、執拗な質問攻め、距離感を無視したコミュニケーション。私が受けた被害だけでも、多くのまともな人は十分に嫌になると思う。

このブログが監視されているということも、事実だという考えと、病気の症状だという考えが、行ったり来たりしている状態なので、あまり載せたくないんだけど、今回は母親のことでは無いので書いてみた。

メンクリの通院日 胃薬を無くしてもらった

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。
今日も結構混んでいて、「最近混んでるなー」と思いながら待っていた。待っている椅子の近くに、「こころの元気+」の雑誌が置いてあったので、読んでいた。やっぱりこれ凄く参考になることが書いてあるなぁ。購読しようかな……。

診察では、威嚇してくるような音について話した。詳細は伏せる。これで結構時間を取られた。
次に、絵画教室に復帰したことを話した。ただ、今まで通りの1時間半や2時間は無理なので、1時間くらいでお願いしてある、と話した。主治医はウンウンと頷いていた。

「ラミクタールの副作用は特に無いように感じるが、効果もあまり無いみたい」と話すと、「まぁ急に効いてくる薬じゃないからね。気分の波を小さくするお薬だから」と言われたので、「そりゃそうですね、急に効いたら覚せい剤みたいですもんね」と返したら、主治医、爆笑していた。
突然、主治医のほうから「Bipolar Dialyはどうなった? やってるの?」と聞かれたので、「やってますよ~。ただ機能追加については、今ものすごく忙しいみたいで、後回しになってるようです」的な話をした。

睡眠薬に関して、睡眠異常とでもいうのか、夜中に起きてパンを食べたりしたことを話したら、主治医がニヤニヤしながら「それ薬の鎮静がかかりきってない時に起こるんだよ~」みたいなことを言った。
某所のネッ友さんは、とある睡眠薬(サイレースではない)を飲んでいて、睡眠異常で夜中に起きてカップ麺を食べたりする、と言っていたけど、私のようにサイレースしか飲んでいない人でも睡眠異常が発生するのかと思うと、ビックリだった。
薬が効ききってない、と言うから、サイレースが増やされるのかと思ったら、何もなしで肩すかしを食らった。

最後に、「胃薬はもう要らないかな~」と言って、削除してもらった。
そして、いつものお約束、過敏性腸症候群の薬を調節してもらって、診察終了。

次の診察はゴールデンウィークのど真ん中、5/2なので、15日分の薬だった。薬局で薬をもらう時、薬剤師から「5/2もこの時間くらいですか?」と聞かれたので、メンクリの混雑具合によるけど、「まぁ多分」と答えたら、「薬局が18時までなので、お気を付けください」と言われた……。そんなの、当日の診察を受けてみないと分からないじゃん……。
まぁ、メンクリの診察が終わるのが17時を過ぎたことは、多分まだ1回くらいしか無いので、薬局に処方箋を出すのが18時まで、というなら間に合うかな。最悪の場合、近隣にもう1件調剤薬局があるので、多分眠剤くらいは置いてあるだろうから、3割負担覚悟でそこへ行くしかないね。眠剤は無いと本当に困るので。

エスプリーク シンクロフィットパクトUV と パーフェクトキープベース

KOSEのエスプリークの抽選に当たって、「シンクロフィットパクトUV」と「パーフェクトキープベース」の2回分が送られてきた。

下地の「パーフェクトキープベース」は、テクスチャが水っぽい。シャバシャバしている。サンプルのパウチから手のひらに取ろうとすると、流れ落ちそう。普段、コフレドールの「毛穴つるんとカバー化粧もち下地UV」を使っているんだけど、コフレドールのほうはテクスチャがもっと固く、ねっとりしているので、手のひらに取るというより、粒状に出す、という感じ。だから、このテクスチャの違いにかなり戸惑った。
しかもこれ、エタノールが入っているんだよね。だから、顔に乗せた時、若干スースーする。個人的に、アルコール(エタノール)の入った化粧品は好きじゃないので、その点はマイナスかなぁ。ただ、伸びは良いし、均一に伸ばせる感触もあるので、そこは良いかも。

ファンデの「シンクロフィットパクトUV」は、サンプルの色が絶望的に合わなかった。私は普段、コフレドールの「ベージュB」を使っている。頬の赤みがひどいので、それをカバーするため、敢えて黄みの強いベージュを使っている。そうすると、コントロールカラーを使わなくても自然に赤みを隠せる。
なのに、サンプルの色はOC410。カネボウとKOSEを単純比較はできないが、KOSEのオークル標準色とコフレドールのベージュBでは、全然色味が違う。KOSEだと多分、ベージュオークルBO300くらいじゃないかと思う。顔が赤黒くなり、色白の首とトーンが全然違うので、かなり恥ずかしかった。

でも、ファンデそのものはかなり優秀だと思った。顔に塗った感じがとても自然で、「いかにも塗ってます」って感じにはなってない。コフレドールは若干「いかにも塗ってます」感が出る時がある……。
ただ、そのぶんシンクロフィットパクトUVはカバー力が無い。コフレドールで隠せていた頬の赤みが、全然隠れない。気になってるシミも隠れない。これはお肌の曲がり角を何度も曲がっているおばさんにはマイナスポイントだ。

他に良いところは、崩れにくいところかな。コフレドールもかなり崩れにくいのだが、最近鼻や鼻の横の毛穴落ちが気になるようになってきていた。その点、シンクロフィットパクトUVは1日経ってもほとんど毛穴落ちしていないし、変なテカリも無かった。ほんとセミマットな仕上がりが長時間キープできてる。
崩れにくさは、下地も影響していると思うので、セットで使わないと意味が無さそうだけど、もうずっと何年もコフレドールしか使っていなかったから、他のメーカーもこんなに頑張っているんだ、ってことが分かっただけでも、大きな収穫だった。私がコフレドールを使い始めた頃は、コフレドールほど崩れにくい下地やファンデは、ほとんど無かったから。

ネガティブ思考が染みついている

以前紹介した樺沢紫苑の動画で「1日に3個、ポジティブなことを書きだそう」みたいなやつがあったと思う。
最初の頃は、なんとか3個ひねり出していたが、いつの間にかやらなくなった。やらないというか、出来なくなった。理由はいろいろあると思うが、最も大きいのは「ポジティブなことを書き出すと同時に、反対のネガティブなことも頭に浮かんでしまう」というものだ。

例えば今日は買い物に行ったのだが、「買い物に行けた」というのは、引きこもりがちな私にとってはポジティブなことだと思う。しかし、同時に「お金を使ってしまった」というネガティブなことも頭に浮かんだ。だから、プラマイゼロで何も良いことが無かった、となってしまう。
また、「3800歩も歩けた」と書き出しても、「1日の目標である4000歩には及ばなかった」と自分で自分を否定してしまう。

これはもうね、本当に重症だと思った。ネガティブ思考が体の芯まで染みついているのだ。
試しにTwitterで「ホメ療法」っていうハッシュタグで検索したツイートを読んでみたが、みんなのポジティブさが眩しすぎて、3スクロールくらいで読むのを止めた。とても苦しかった。なんだろう、このポジティブなものに対する巨大な罪悪感は。

日記の中止

母にこのブログが監視されているので、主に日記カテゴリーの記事更新を中止します。
私がこのブログに書いた愚痴や不満が、2日後くらいに直って返ってくるので、絶対にバレています。おい、見ているの分かってるんだぞ。こそこそ見てるんじゃねえよ。気持ち悪い。

化粧品選びで迷っている

愛用しているアテニアの化粧水と昼用乳液が無くなりそうなので、追加注文した。アテニアは長く買えば買うほどお得になる「ステップアップ割引」という制度があり、私はそれで10%割引が適用されている。まとめ買い割引が適用されると、もっと安くなるけど、私はそこまで考えてない。
ただ、ステップアップ割引は、最後に買った日から半年以内に次の商品を買わないと、割引がゼロに戻るので、なるべく半年以内に買うように調整している。そのために、化粧水とかが無くなるギリギリになるまで、なるべく買うのを控えている。

ところで、今回のドレスリフトのリニューアルで、香りがかなり変わったし(あまり好きでない感じに変わった)、それが原因なのか分からないけど、吹き出物も出来たので、これで化粧水が合わなかったら、思い切ってメーカーを変えようかとも思っている。
アテニアは5年以上愛用していたと思うが、今更ほかのメーカーに変えるのは、なかなか難しいなぁ。香りは、付ける時に一瞬香るだけだから我慢できるけど、吹き出物はかなり厳しい。
アテニアの前は、カネボウのsuisaiを使っていたんだけど、もう年齢的にプレミオリティじゃないと満足できないだろうし、そうなると値段がね……。

あとは、思い切ってオールインワンタイプの化粧品に変えるとかも、少し考えている。ただ昔、オールインワンタイプのゲル状の物を使った時に、付けすぎたのか肌の上でゲルが固まってポロポロしちゃって、全然ダメだったんだよね。だから、あまり良いイメージが無い。今は技術が進歩して、そういうことは無いのかな?
とにかく新しいドレスリフトの化粧水が来て、しばらく使ってみつつ、情報収集もしようかと思っている。

体調メモ+日記 絵画教室に行けて良かった

昨晩は今日の絵画教室の件で不安になっていたから、20時頃に頓服を飲んで気を落ち着かせた。おかげで早くから眠くなり、22時半くらいにはベッドに入った。少しだけ脳内会話があって寝られなかったけど、23時過ぎには寝られたと思う。
5時過ぎにトイレに起きて、自室に戻ってすぐに寝た。7時半にアラームが鳴って、まだ眠かったけど絵画教室のために頑張って起きた。

朝食をサクッと食べて、身支度をして、出かけるまでに30分ほどあったので、寝ようかと思ってベッドに入ったら、10分くらい寝ただけで眠気が飛んでしまった。
ここ数日「10日はめちゃくちゃ寒くなります」といろんな天気予報で言っていたので、かなりの重装備で外に出たら、そんなに寒くなかった。そりゃそうだよね。雪が降るほどじゃないし。まぁ重装備っていうのも、かなり着込んでいたかならなんだけど。
しかも、絵画教室の先生宅に行くまで、歩いて15分くらいなんだけど、それで体が暖まっちゃって、本当に「言われるほど寒くない」状態だった。

絵画教室には、思いのほかすんなりと行けた。自分でも意外。もっと朝、グズグズするかと思っていた。いつもは8時9時まで寝てるもんね。しかも、今日は天気が悪くて、先生にも「あいにく天気が悪かったけど、よく来てくれたね」と言われたし。
絵を描いている最中も、久しぶりのお教室とは思えない集中力を発揮し、多分30分くらいで先生が「大丈夫そう? 疲れてない?」と気にかけてくださったんだが、「はい、大丈夫そうです」と答えていた。本当に気分が軽かった。お休みをいただく直前までは、朝出かけるのもキツかったし、描いている間もあまり集中できなかったので、やっぱりあの頃は病んでたんだな、と痛感した。無理は禁物だね。「あれ? おかしいな?」と思ったら、すぐに休むことも重要だ。
絵画教室の帰りもバラバラと雨が降っていた。おじいちゃん生徒さん曰く、今日は1日中降るよと。雨が降らなさすぎるのも嫌だが、降ってばかりなのも嫌だ。

帰宅して、昼食を食べ、一通りネット巡回をしたら、疲れがドッと出て、少し居眠りをしてしまった。
テレビはヒルナンデスを見ていたが、チャンネルをそのままにしていたら、天皇陛下の「感謝の集い」という番組が始まって、思わず見てしまった。松任谷由実、いったい何があったんだよ……。全然声が出てないじゃん……。老化? 一時期は女王として君臨した時代もあったのに、あれはひどいよ。
Twitter情報によると、もうだいぶ前から高音が出なくなった、だそうで、女王も年齢には勝てなかったのかなぁと、しみじみしてしまった。

そのあとはひたすらネサフしていた。なんという至福の時。なんだろ、私、働きたくないだけなのかな。遊んでたいだけなのかな。

おやつは食べたんだが、16時くらいから猛烈にお腹が空いてぐるぐる鳴りだした。今日は夕飯の白飯を120gにしようと決めた。
で、夕飯を食べたんだが、直後にお腹がまたぐるぐる……。超お腹空いてる。なんで? 珍しく午前中から出かけたから? 昼に食べたカップラーメンでは少なかった?
と思ってふと気が付いた。昼のカップラーメン、いわゆるロカボ、糖質オフの商品だったんだ。糖質オフの食べ物は、ほかにも何か食べたことあるけど、確か血糖値が上がらないせいか、満腹感が得られないんだよね。それで、一人前をきっちり食べたつもりでも、なんか物足りない感じがしてしまう。実際、今日の昼はカップラーメンだけでなく、ソイジョイを半分、追加で食べた。それくらい物足りなかった。いつもだと普通サイズのカップラーメン1個で十分なのに。
というわけで、私には糖質オフ商品は合わないことが確実になったので、もう買いません。

絵画教室 トレース1-01

約3か月ぶりの絵画教室だった。昨日の時点では「行けないかも」と思っていたが、なんとか行くことができた。
先生のお宅に着いて「ご心配をおかけしました」と声をかけると、「いいのいいの、大丈夫だった?」と快く受け入れてくれたので、本当にホッとした。他の営利主義の絵画教室とかだったら、嫌がられそうだもんね。
いつも一緒に習っているおじいちゃん生徒さんも先に来てらして、「おっ!久しぶり!」と声をかけてくださった。2人とも、休んだ理由とか全然突っ込んでこなくて、居心地がとても良かった。

さて、今回から新しい試みとして「トレース」をやることになった。トレースのやり方についてご存じない方は、適当にググってください。とりあえず今回は、トレーシングペーパーに原画を写し取る段階だった。
原画が非常に細かいので、ちょっとズルをして適当にやろうとしたんだが、念のため、ほかの生徒さんがやったトレースを見せてもらうと、細かい部分まできっちりトレースされていたので、ズルしてる場合じゃない、と考えを改めて、キチッとトレースすることにした。

トレースは、画用紙を十字に線引きして、そこに原画を落とし込んでいく手法と全然違って、原画の上に置いたトレーシングペーパーをなぞるだけだから、楽だね~。模写は下書きの段階で、もう本当に何度も何度も描きなおして、大変だった。トレースだったら、迷うところが無いもんなぁ。
細かい作業が好きなので、これはこれでとても楽しかった。

前にも書いたか、復帰してすぐなので、1時間で帰りたい、と先生に事前にLINEしていたのだが、気が付いたら1時間10分が過ぎていた。おじいちゃん生徒さんが道具を片付けだしたので、それで11時半を過ぎていることに気が付いた。
私が「あ、もう半、過ぎてましたか! 没頭していて気が付きませんでした」と言うと、先生も「erikoさんがあまりにも一生懸命されているから、声をかけづらかったw」と言うので、お互いアハハと笑った。

次回のお教室は2週間後ということで、「雨降ってるから気を付けてねー」と言われて帰ってきた。
ちなみに、今回はトレースということで、作業途中でも原画が丸分かりなので、ブログに写真をUPできません。文字のみで、すみません。