バリバラ「相次ぐ障害者監禁事件を考える」

今回は、少し前に関西で相次いだ、精神障害者の監禁事件をテーマにした回だった。
番組では、病気で暴れた理由をハッキリ語っている人が何名かいたけど、私の場合、ちょっとよく分からないんだよね。祭りのお囃子みたいな音が聞こえたので、それに合わせて「ちゃかぽこ、ちゃかぽこ」(知っている人もいると思うが、これはかの有名な『ドグラ・マグラ』の一節である)というフレーズを叫んだり、歌ったり。
各部屋のドアに小刀をドンドンドンドンと突き立てて、穴だらけにしたのは、本当に自分でも理由が分からない。なんとなく、弟が憎かったとか、父親が憎かったとか、そういう感情はあったけど。うーん、何かに「させられている」感じはあったかもしれない。

そう思いながら番組を見ていて、ふと髭面の男性が「どうしたらいいか分からないから、なんか助けて欲しい」と語っているのを見て、「あ、これだ」と腑に落ちた。暴れるようになるまでの間、多分数年かな、親には何度も言葉で説明した。つらい、しんどい、朝起きれない、夜眠れない、大学に行くのが苦痛だ、私が開けられないようにドアを押さえている巨人がいる等々。そのすべてを、「そんなバカなこと言ってないで早く学校へ行け」「それは怠けだ、怠けるな、サボるな、甘えるな」と言われ、受け入れてもらえなかった。そしたらさ。そりゃもう残された手段は、実力行使しか無いよね?

番組でも言われていたが、そのことで我が家が社会から孤立していた面は、かなりあると思う。今でこそ、母が家族会へ行くようになったけど、そうなるまでには、私が支援センターへ通うようになって5年の歳月が必要だった。その前の、何年も引きこもっていた時期は、会話もしない状態が続いていたから、親が私を病院へ連れて行こうとすることなど難しかっただろうし、そもそも親もそのつもりが無かったようだった。
親は新興宗教をやっているんだが、恐らくそこでは、私のことを相談していると思う。でも、そこの「相談」というのは、普通の人が考える相談ではなく、「霊能者」による「霊視」によって神のお告げをもらうことなので、私の親もかなりキチガイじみていると言えよう。多分、そんなところで相談しても、何の解決にもならないと思う。

大阪大学準教授の方が、監禁や拘束をしてしまった家族は、まともな精神状態で判断していない、みたいな話をしたのが、かなり印象的だった。私が大暴れしていた時、父親も売り言葉に買い言葉なのか、暴言を吐いていたし、折れるんじゃないかというくらい強く腕や脚を捕まれたりした。
私は、皮膚に接触されるとそこから考えが読み取られる、という幻覚?が子供の頃からあるので、その腕や脚を掴まれた時は本当に不愉快というか恐怖で、泣き出したことがある。すると父親は「泣いて済むと思うなよ!」とまた大声で怒鳴る、みたいな負のループが続く。そういう生活が半年以上続いたと思う。

精神疾患、特に統合失調症や双極性障害は、病識が無いのが特徴だから、準教授の方も言っていたが、家族が「もう耐えられない」と思っても、患者を病院へ連れて行くことがもう難しくて、家の中で面倒を看るしかない、という状況に追い込まれてしまう、というのは、本当に容易に想像できる。うちもそうだったから。以前母が「erikoが引きこもっている時や大学生で暴れている時、結構限界だった」とこぼしたことがある。
このあたりの話になったとき、玉木さんが「監禁は犯罪」と言った話をしたんだけど、それに対して準教授が反論してて、玉木さんは「家族も被害者で~」って言い訳していたけど、ちょっとこれは玉木さんも勉強不足なように感じた。

後半、寝屋川の精神科クリニックで、医療スタッフが精神疾患患者の家を訪問するシステムが紹介されていて、これは良いなぁと思った。っていうか、なんで今まで無かったの?という感じ。
内科の往診なんかは、昔は結構気軽にやってくれたように思う。祖母が同居していた頃、かかりつけの内科に何度か往診を頼んだことがある。なのに、精神科となると何故か訪問してくれない。とにかく患者を連れてこい、と言われるだけ。
恐らく、多くの精神科医が、精神科の往診の必要性を認めていると思う。ただ、割に合わないからやらないだけだろう。このクリニック、赤字じゃないのだろうか? スタッフを大量に抱えているようだけど。他人事ながら心配してしまう。

バリバラ 『2人の怒れる男』

録画していたEテレの番組バリバラ『2人の怒れる男』を見た。
タイトルを見ただけでは、どんな番組なのか分からなかったが、要は怒りのコントロールがどうのこうのという内容だった。私は嫌なことがあると、瞬間的にその場で怒るよりも、その場では我慢してしまい、怒りを内にどんどん溜めこんでしまって、どうにもならなくなって爆発させる、というパターンが多い反面、軽躁状態だと、些細な事でもかなり容易に怒ってしまうので、何か参考になるかなぁと思いながら見ていた。

番組に出てきた男の子の言動を見ていて、「あれ? 発達障害の子なのかな?」と思ったらビンゴで、自分の気持ちが上手く相手に伝えられない様子だった。
それを見て、なんか私の子供時代を見ているようで、やっぱり私も発達障害じゃないのかと思ってしまった。でもなぁ、主治医はハッキリ「違います」と言い切っていたし。5年くらいの診察歴だけで分かるもんかね? なんか発達障害の診断を出すのって、テストがあるらしいけど。
私の場合は素行がもっと粗暴で、殴る蹴るは当たり前、噛みついたり引っ掻いたりしていて、他学年の女の先生に、家庭で親に虐待されているんじゃないかと疑われていた。まぁそれも事実なんだけどね。
私の素行が落ち着いたのは、本、それも小説を大量に読むようになって、語彙力が増え、自分の気持ちを適切に相手に伝えることが出来るようになってからだったと思う。

番組では、NON STYLEの井上が、ものごとをポジティブに考える方法を教えていて、これは凄いなぁと思った。
まぁ前々から、この人のポジティブさは見習うべきところが沢山あるとは思っていたので、改めて実感した。井上って不細工不細工言われるけど、全然めげないし、なんか交通事故か何かやらかしたと思うけど、それでも全然へこたれてないし、凄いわ。メンタル強すぎ。

もう1人のラップのお兄ちゃんも、歌詞を書いて怒りを表現しようってのが良いなぁと思った。ここで上述の語彙力が問題になってくるんですよ。私個人、ラップはあまり好きじゃないんだけど、負のエネルギー、感情を、適切に言葉で表現して、相手に理解してもらおう、という姿勢は、大事だと思う。

バリバラ「最北端の作業所」

今回のバリバラは、作業所がテーマということで、つい先日、作業所絡みで一悶着あった私としては、見ないとダメだろうと思って見た。
北海道の最北端の作業所ということで、本州在住なら滅多に見ない、ホタテの殻を使った仕事をされていて、地域によっていろいろな仕事があるもんだなぁと感心した。しかし、工賃はうちより安い160円で、なかなか難しいな、とも思った。
そこの作業所では、以前にも工賃UPのため色々試行錯誤をしたようだったが、上手くいかなくて今に至るようだった。うちの作業所も色々あって、実は4月から喫茶店でランチを提供するのを止める、と決まったらしい。つまり、飲み物しか提供しない、ということだ。ただでさえ客が少ない、というか、2階の支援センター利用者か、作業所の利用者くらいしか客が来ないのに、ランチまで止めたら、工賃がだだ下がりじゃないか?と思うんだけど。本当にどうなっているのだろう? 先行きが不安だよ。

まぁそれで、スタジオに戻って、作業所は一時期は工賃UPするために躍起になっていたところもあるが、今はそういうことよりも、利用者の居場所づくりだったり、相談場所の提供だったり、仲間作りだったりすることが大事なのではないか、という話だった。私は、個人的には「それはどうなのかな?」と思う。
障害に関する相談や仲間作りは、地域活動支援センターでやるべきじゃないのかな? スタジオの玉木さんは、支援センターの存在を知らないのだろうか? そんなことは無いと思うんだが。私はやはり作業所は労働の場であって、仲良しごっこをする場ではない、と思う。勿論、わざわざ喧嘩をするつもりは無いし、職場の雰囲気を壊してまで個人主義を貫きたいとも思わないけど、先日の妬んでくる先輩じゃないけど、他人との距離感が全然掴めない人がいたり、子供じみたイジメをする人がいたりすると、あまり自分のことをペラペラしゃべる気にはなれないね。作業所では「そんなことまで喋っちゃうの?」という人が多いからさ。例えば、婦人科の検査でどういうことをされたとか。普通、男性がいる場では話さないよ。恥ずかしくて話せない。でも、長年一般社会から隔絶されていると、常識のタガが外れちゃってるんだろうね。話すんだよなぁ……。

閑話休題。かといって、カネカネと金儲けに躍起になっている作業所も、ちょっと怖いよね。特にB型は、あくまでも「福祉サービス」の利用というかたちになっているから、先日見学に行った作業所みたいに、連帯責任で利用者を脅したりするのは、ちょっと違うと思う。
まぁホント、作業所は難しいよ。

バリバラ「アナタならどうする?~障害者と一緒に働く上での悩み~」

知的障害の人が「食堂の仕事に変わりたいと求められたら?」という課題に、「3.訓練を試みる」という選択肢があって、かなり驚いた。私が考えたのは、清掃業務を続けさせるか、希望を受け入れるか、の2択だった。勤務時間外に訓練させて、適性を見極める、というのは、企業側にも労働者側にも余裕が無いと出来ない事だなぁと思った。でも、やってもらえるなら、やってもらいたいな、とも思った。
ただ、今私が通っている作業所は、一応「体験利用」ということで、普通1か月、私の場合は2か月無給でやったんだけど、それだけでは仕事の適正があるかどうか分からなかった。結果的に、ホール係は適性が無くて仕事がつらくて仕方なく、内職係に異動を願い出たわけなんだが、こういうこともある、と思う。
会場の回答を見ると、「訓練を試みる」が最も多く、福祉に関心のある企業や人だからこそ、やはり障害者に理解があるのかなぁと思った。障害者の労働組合の人は、他の人と一風変わった意見で、障害者相手でも、健常者と同じ対応をすべきだ、とのことだった。教育の機会など同等に与えるべきだと。それも納得できるかなーと思った。

次の身体障害の人が、営業職をやるのに介助者がいないと仕事ができないって、それはちょっと会社や社会に甘えすぎじゃないかと思った。それがまかり通るなら、知的障害の人が知的な労働が出来ないので、知能の高い人を介助人として探してください、って言ってるようなものじゃん。精神障害の人だったら、うつで動けない、出社できない、というのを担いで会社まで運んでくれる人を探してください、って言ってるのと同じだよね? だから身体障害者はあつかましいんだよ、とか言われるんじゃないかな、と思った。
障害者の労働組合の人は、ここでも頓珍漢なこと言ってて、「営業は業務命令」って言うんだよね。違うじゃん。本人が希望して入ったんじゃん。それこそ会社は営利を目的とするところなのだから、嫌なら辞めてもらっていいんですよ?

発達障害の人に対しては、曖昧な表現が理解できない、という特性を恐らく雇用側・上司も分かっていると思うので、そこは理解が欲しいところだなぁと思った。というわけで、私は「2.電車で来てください」と言うね。会場の結果も、2番が圧倒的に多かったので、多数派の意見に入れてホッとした。

次に、統合失調症の人が就職するときの模擬面接を実演していたけど、これはなかなか面白かった。私もいくつか仕事をしたことがあるので、その時々に面接を受けたけど、まず聞かれるのは「何故大学を中退されたんですか?」ということだから、その点についての回答は必ず用意していた。「うつ病で、家から出られなくなり、大学に物理的に通えなくなったため、やむなく中退しました」等と答えていた。もちろん相手は「え、通えないなら、通勤できませんよね?」みたいな話になる。そこで「今は回復して、こうして面接へ来ることができます」と答える。だいたいこれで問題無かった。
だから、ポイントになっている「体調を崩す時の状況・原因を聞く」というのは、精神障害があるなら、どこでもあるんだろうな、と思う。就職を考えている人も、そこらへんは障害者のほうも、相手が納得する答えを用意しておいたほうがいいだろう。
また障害者の労働組合の人を引き合いに出すが、この人が言う「お互いのネガティブな情報を伝える」って、障害者雇用に限らず、一般の健常の就職面接でも難しいアクションだと思う。だいたい、会社はネガティブな情報は隠すよ。当たり前じゃん。勿論、労働者側も隠すしね。そこは無理だろうな、と思った。
でも、精神障害の面接で「自殺願望がありますか?」と聞く、というのは、なかなか面白いな、と思った。そこで「言わなきゃいけませんか?」と答えたら危ない、ってのも、かなり核心を突いていると思う。ちなみに、私は「時々ある」だ。

最後の、精神障害でうつ病の人が題材になっていたけど、これはうつ病じゃないというか、精神障害に対する偏見を助長しかねない設定だなぁと思った。うつ病の人が全員、あんなミスを指摘されたくらいで逆切れして「辞めます」なんて言って帰っちゃうと思われたら、本当に迷惑だ。悪いが、こういう人は退職してもらいたい。
ここでまた障害者の労働組合の人の意見だが、今回は珍しく意見が一致して、きちんとした手続きを踏んで退職するのが、私も良いと思う。しかも、この人の中身がまた良くて、退職理由を書いてもらうとか、あぁなるほどな、と思う点があった。確かに、長時間労働でうつの再発が起きている可能性もあるのだから、そういう話し合いの機会を持つのは大事だろう。

バリバラ 生放送「告白!あなたの夢はなんですか?」

街の人に「夢は何ですか?」と聞く企画。健常者は「〇〇になりたい」と答えるのに、障害者は「〇〇してみたい」と答える。これは大きな断絶だなぁと思った。かくいう私も、夢は「日本各地の美術館・博物館へ行ってみたい」だ。都内はもちろん、関東他県、あるいは、金沢21世紀美術館や浜松市楽器博物館など、本当に行ってみたいところがいっぱいある。
これ、健常者だったら、お金が許せばまったく問題無く行けるんだろうね。でも、私は違う。まずお腹の調子、次に精神的な調子、そしてだるい等の体の調子、3つ揃わないと行けない。それも数日間、体調が良くないと楽しめない。そして、最も問題なのは、体力だ。引きこもり生活で落ち切った体力が、なかなか身に着かない。時折散歩したり、作業所へ通ったりして、体力をつけようと頑張ってはいるのだけど、今日も昨日一昨日と弟家族の接待をしたことで、疲れ果てている。この「観光するための体力が無い」ってことは、健常者にはちょっと理解できないんじゃないかと思うわ。今現在、1時間半かけて都内へ出るのも難しい状態だもん。

しかし、その後に続く「夢を叶えたい、感動を分かち合いたい」という企画で、障害者の夢を叶えさせてあげようと番組スタッフが奮闘するんだけど、ことごとく障害者に「いや別にそこまで求めてないし」みたいなこと言われて、全然感動を分かち合えないのが、某民放24時間テレビに対する強烈なカウンターとなっているなぁと、見ていて爆笑してしまった。
特に大山に上るのに、筋ジスの鍛冶さんを階段に置いて、「どう? 頑張れそう?」と聞いたやつ。鍛冶さんが苦しそうに「頑張れないな、これ」とうめいたのが、もうおかしくておかしくて。そりゃそうだろ。這いつくばって山登りとか、無理に決まってるだろw もうね、声出して笑いましたよ。
この人は、素晴らしい名言を残している。「障害者が頑張っているのを見て面白いですか?」だって。これは何気に深いなぁ~と思った。某民放24時間テレビでは、私もまともに見たのは子供の頃だけなので、今どうなってるのか詳しくは知らないんだけど、これでもかってくらい病気の人や障害者が頑張る企画を放送している。それに対するアンチテーゼだと思った。結論から言えば、面白くないよね、って話なんだよ。

最後の、あそどっくが一般人に声をかけて、3333段の階段を上る、という企画は、さすがにイラついた。番組スタッフや、お金を出して雇ったヘルパーに担いでもらうならともかく、一般人に声かけって、タダ働きを強要しているじゃん。こういうことやってるから「障害者様」って言われるんだよ。必要ならカネ出さないと。厚かましいよ。
でも最終的に、通りすがりの高校生たちに助けてもらって、頂上まで行けたのは、すごい偶然というか、番組でも仕込みを疑われていたけど、本当かいなと思う出来事だった。それすら面白かった。

ホント、来年は1時間番組にしてもいいんじゃないの?と思った。30分だとあっという間だしね。

バリバラ「バリバラジャーナル 見え始めた精神医療の実態」

バリバラ選、つまり再放送だが、「バリバラジャーナル 見え始めた精神医療の実態」を録画していたので、見た。
前半は、精神疾患の患者が「精神病」というレッテルを貼られた途端、一般社会で生きていくことを許されず、精神科病院に放り込まれる現実を描いていた。40年、50年と精神科病院に入院「させられた」患者たち。見たところ、意思疎通が出来ないわけでもなく、この程度だったら、福祉のサポートさえあれば、地域で十分暮らしていけるのではないかと思った。
特に「俺、入院してたから、何も出来ない」という男性患者が印象深かった。入院していなかったら、一般社会で一人暮らしをしていたら、料理は難しいかもしれないけど、洗濯くらいなら出来るようになっただろうに。長い入院生活は、患者から「生きるちから」を奪うのだと痛感した。
ただ、いわゆる急性期の患者には、入院施設は必須ではなかろうかと思った。私自身は、精神科への入院経験が無いので、想像や伝聞でしか語れないのだけど、もし、最初の大学時代に通っていたメンクリで、医師の前で興奮状態に陥った時に、すぐ「鎮静剤の注射」ではなく「措置入院」の対処が取られていたら、もっと違った人生になったかもしれない。まぁ悪い意味で違った人生になっていたかもしれないけど。

番組では、福島の矢吹病院という所が取材されていた。原発周辺にあった精神科病院に入院していた患者が、原発事故で県外へ転院し、また福島に戻ってくるために、矢吹病院が一旦受け入れることになっているそうだ。
でも、なんで患者の多くが、「もし入院してなかったら、結婚とか仕事とか出来たと思う」って言うんだろうねぇ? それ、今時健常者でも難しいのに。まともな収入の無い精神障害者の男性が、簡単に結婚できるわけ無いだろうに。そこらへんの現実感の無さが、まさに長年の入院で麻痺してしまった所なんだろうねぇ。
矢吹病院の医師が、「家族が入院を望んでいる」的なことを言っていたのが印象的だった。ほかにも、患者の家族へのインタビューが何名が出てきたけど、揃って「家には置いておけない」「家で面倒が看られない」等を言っていて、なんかモニョった。精神疾患の患者は、認知症の患者と似たような感じなのかもしれない。本人への意思確認が疎かにされがち、という意味で。患者が「家で、地域で生活したい」と言っても、家族が「無理」と言ったら、入院させられてしまうのだ。
でも、多分、今はそうはなっていないと思う。というか、そう思いたい。私が通う支援センターにも、結構症状が重めの人がたまに来るけど、訪問介護などを受けて、なんとか地域で暮らしているようだ。みんながそういう風になれればいいと思うんだけどね。
なんか、「真面目にやってれば退院できるから」と思って暮らしてきた女性が、まるで刑務所にいる受刑者のようで、精神科病院って何なんだろう、と愕然とした。
また、知的障害者が精神科病院に入院させられているケースが結構ある、というのも驚いた。なんだろうな、この矢吹病院の医師は、すごく良心的だなと思った。無駄に入院させて患者から医療費を巻き上げようってタイプの医者じゃない。ちゃんと患者の疾病を見極めて、「この人は精神病じゃなくて知的障害だから、それに合ったサポートをしてあげるのがいい」と判断している。これからの精神科はこうでなくちゃ、って思った。

後半、時男さんという約40年入院していた男性が出てきた。この人もぱっと見は障害者に見えない。むしろ、ダンディーな雰囲気で、テレビでも言ってたけど、熟女にモテそう。
この人は最初、ATMの使い方や切符の買い方も分からなかったそうだが、サポートスタッフに付き添われて、社会復帰をしていったようだ。今は「普通の生活」をエンジョイしているようで、良かったなぁと思った。とても40年近く入院していた人には見えない。
時男さんの弟さんがテレビに出てきたけど、音声を変えてて、そのあたりからして、精神病に偏見があるんだろうな、と分かった。言ってる内容も、偏見に満ちたもので、家族に理解されていないというのがこれほど悲しいことなのかと、改めて痛感させられた。