母がおかしい

いや、まぁ前々からおかしいんだけどさ……。10月下旬に「秋バテ」と診断されて、まだ治らないのよ。もう3か月を過ぎて、秋でも無く、冬も終わりそうなのに、なんで治らないの? 別の病気じゃないの? と思ったりする。

具体的には、朝食を作らない、昼食も作ったり作らなかったり。夕食だけは作るけど、かなり手抜き(これは若干、以前からそういう傾向があった)。掃除はしない(もともと片付けられない症候群なので、掃除は苦手というのもある)。歩いて5分もかからないスーパーまで車で行く。家事をしない時間は、ピグライフやアメーバピグでチャットやゲームをやるか、寝るか、の2択。リビングのホットカーペットの上に布団を敷いて、その上に座ってPC、または寝っ転がってテレビを見ながら睡眠。夜は9時頃には寝てしまう。睡眠が浅く、夜中に何度も目が覚めるらしいが、起きるのは4時半(だったと思う。睡眠が浅いのは、昔かららしい。睡眠薬は飲んでいない)。
趣味である、ボランティアの給食作りや、手芸の会、お友達との昼食会も、全部キャンセル。ほぼ毎日家に居る。そして、午後は別宅にある、胡散臭い電気を当てる機械をやりに行く。勿論、これも車で行く(歩いて15分くらいの所)。この電気は、坐骨神経痛対策らしいので、それはまぁ分からんでもないが、そもそもその機械が、白寿生科学研究所というところの「ヘルストロン」(多分)という機械で、いくらしたのか知らないけど、騙されているとしか思えないんだよね。なんで病院に行かないで、こんな怪しい商品に手を出しているのか? まぁ新興宗教に入って熱狂的に信じているような母だから、元来騙されやすいんだろうね。

食事面はもっと酷くて、ほとんどのものを食べない。白飯は茶わん半分以下。昨晩の残りの一口二口程度。うどんも蕎麦も、1人前が食べられず、半分残して捨ててる(私に気が付かれないようになのか、排水溝の所に流し込んである。けど丸分かりですよ)。おかずは、煮物の大根やニンジンなどは食べているようだけど、それも箸で1回つまんだくらいの量しか食べない。
だから本当にみるみる痩せていって、10月の時点でピッタリしていたレギンスパンツが、ゆるゆるになっている。ぶっちゃけね、拒食症じゃないかと思うよ。でもそれを言うと、母は「拒食症って、何も食べない人のことでしょ? 私は食べてるから違う」って言う。そうじゃねーんだよ……。

そのくせ、お菓子は山のように買ってくるんだよね。昨日も今日も一昨日も、1個ずつ何か買ってきた。自分は食べないのに、買ってくる。おおかた私に食べさせようとして買ってくるんだろうけど、冗談じゃないよ。こっちはこっちで、太りたくないけどお菓子も食べたいから、お菓子のカロリーを見て買ってきているし、食べる順番も、今日はコレ、明日はアレ、とローテーションで食べるものを変えている。そういうのを全部無視して、ハイカロリーなお菓子を買ってくるから、腹が立つんだよ。
いい加減、我慢の限界になってきて、母が台所にいる時に言ってやった。「お前もう頭おかしいから精神科へ行け! 毎日毎日ゴロゴロゴロロ寝るかピグやるかで、おかしい。ご飯も作らなければ掃除もしない。何もしない。食事は残すしもったいない!」
本人にはスルーされた。本当にイライラするし、なんで母の主治医(皮膚科医だけど)がこんなになるまで放置しているのか、まったく理解できない。まぁ皮膚科医だから事の深刻さが分からないんだろうけどさ! こんなに老人が短期間で痩せたら、骨密度も一気に下がるし、なによりも体力が落ちて活動量も落ちて、認知症リスクが上がる。実際問題、体力が落ちているのは主治医も把握していて、インフルエンザの予防接種は無理、と言われたらしい。そこまで分かってて、何故精神科を紹介しない? 皮膚科の誤診をするだけの藪なら、まだマシだけど、「地域のホームドクターを目指しています」と言いながら、全然仕事をしていないのは何なんだ? ほんとどうにかしてくれ……。

体調メモ+日記 ラミクタール25mg3日目

昨晩は23時半くらいには薬を飲んでベッドに入ったのだが、やはり少し寝つきが悪かった。モールス信号みたいな耳鳴りが酷く、寝付けなかった。
中途覚醒が深夜3時半頃にあり、トイレへ行った。若干頭がフラつく感じで、サイレースは効いているんだろうけど、弱いのかもしれない。かといって、2mgなんて恐ろしくて飲めない。
早朝5時半頃にまた目が覚め、二度寝して7時にスマホのアラームで目が覚め、8時半頃に起きて朝食を食べた。

関東でも珍しく雪が降り、私が住んでいる地域でも、8時半の時点で既に積雪が数センチあった。1日中降るみたいなので、これは積もるだろうなぁと思った。
先月美容院の予約をキャンセルした時に、明日2/10あたりに再予約を入れようかな、と思っていたけど、入れなくて良かったかも。ただ、もうパーマが取れかけていて(というかほぼ取れている)、かなりみっともない感じなので、出来るだけ早く美容院へ行きたい。まだ無理だけど。

昼は、また昨晩の夕食の残り、鍋にされそうだったけど、量が少なくて2人分も無かったので、先手必勝で私が先に「私、カップラーメンにするから!」と宣言して、鍋の残りは母に押し付けた。
食後、かなり眠くなってしまったけど、なんとか寝ずに我慢した。録画を2本くらい見て、恐らくもう見ないだろうな、と思ったドラマは、予約から削除した。かなり前から、ドラマが見れなくなってつらい。1時間じっとしていられず、飽きてしまうし、ストーリーを追うのも集中力がもたなくて分からなくなるし、1週間のあいだ前回のストーリーを覚えておくことも出来なくなり、まったく楽しめなくなった。ボケてるんだろうか?

そのあとはネサフをしたりして時間を潰した。昨日の疲れがでているのだろうか? 今日は全般的に、あまりやる気が出ない1日だった。
とか言いつつ、夕方には踏み台昇降運動を10分やった。数日前にもやっているので、気分的にも、そこそこ運動は出来るようになってきたと思う。
体重も、昨日量った結果だと、体重は前回と変わらなかったけど、体脂肪率が結構減っていたので、運動の効果はあるんじゃないかなぁ。

夕食は、ようやく白飯110gに戻すことが出来た。少しお腹が空いていたけど、「この欲求のまま120g盛ったら、絶対満腹になるパターンだ」と思って、110gに抑えておいた。結果、110gで十分満腹になった。

精神状態は、嫌な記憶のフラッシュバックや、脳内会話がキツイ。YouTubeを見ていても、ふわーっと脳内会話が紛れ込んでくるから、動画に集中できなくて、聞き逃すことが多い。そういう理由もあって、ドラマが見れない、っていう面もあるのかな。やっぱりロナセン増やしてもらおうかな……。
ラミクタールは、飲んで少し経つと頭痛がするようになった。昨日もしたと思う。なんか気分安定薬は変な薬が多いよね。デパケンは便に混ざって白い錠剤の玉が出てくるし、リーマスはリチウム中毒に注意だし、ラミクタールも皮膚疾患の副作用が激しいし。もっと普通の無いんかい。

福祉サービスの受給者証の更新について支援センターに問い合わせた

午後は福祉サービスの受給者証更新書類を書こうとした。B型作業所を利用するためには、この受給者証が必要になる。今の作業所を続けるかどうかは、まだ確定していなくて、気持ち的には「とにかく休みたい」といった感じなんだけども、とりあえずメンクリの主治医から「更新だけでもしておいて」と言われたので、する、といった感じになった。
そこでふと気が付いた。「更新するには、支援センターで利用計画書か何かを作ってもらわなければいけなかったのでは?」と。多分、そうだったと思うけど、ちょっと自信が無い。でも、とりあえず書類だけは書いておいて、いったん風呂に入ってから、支援センターへ電話して確認することにした。
支援センターへ電話すると、やはり利用計画書を作らないといけないらしい。そのためにモニタリングもしなければならないらしい。うーん。更新期限は2月末で、それまでに支援センターへ行けるかどうか、まったく自信が無い。

それで、正直に「今、うつ期らしくて、意欲も出ないし、抑うつ的で、あまり外出もしたくないんですよ。作業所も休んでいるし、買い物も以前みたいには出来なくなって。だから、更新手続きをするために支援センターへ行くことが、現段階ではかなり難しいです。薬も調整しているんだけど、今月下旬に行けるかどうか……」みたいなことを話したら、担当職員が「では、erikoさんがお嫌でなければ、私がerikoさん宅へ伺いましょうか?」と言った。え、マジ? そんなこと出来るの?
で、色々聞いてみると、引きこもりでなかなか家から利用者さんも結構いるみたいで、そういう人の家へ直接行くことは、無くは無いそうだ。

ってことで、お言葉に甘えて来ていただくことにした。その場ですぐに日時を決めてしまったんだが、電話を切って母に報告すると、露骨に嫌そうな顔をした。こちらも腹が立って、「嫌だったら今から断るけど」と言うと、「そうじゃないけど」と言う。でも「erikoの部屋で話し合ってもらってよ。リビングではどうせ話をお母さんに聞かれるの、嫌でしょ」と言ってくるので、やっぱり嫌がっている。
腹立つなーと思いつつ、仕方が無い、私の部屋は洗濯物も干しっぱなし(万年部屋干しです)だし、テーブルの上とか散らかりまくりだけど、少し片づけて私の部屋に来てもらうようにしよう、と思っていた。
ところが、夕食前にリビングに下りたら、母が「私が別宅に行く前に、職員さんに挨拶したい」と言い出した。なんなんだ? 何を考えているのか全く分からないが、まぁ自宅に来てもらっても良い、ということなのだろう。「分かりました」と言って、夕飯を食べることにした。

体調メモ+日記 事務処理色々

睡眠については別記したから良いとして。

今日は事務処理を色々やった。
まず、午前中は住民税関係の書類を書いた。平成30年分の収入を計算して、書類を作るわけだけど、私は障害年金の他にアフィリエイト収入が若干あるので、それを書いた。
計算はExcelでやった。っていうか、2010年あたりから家計簿をExcelで付けているので、もう慣れた。ピボットテーブルでクロス集計したり、フィルターをかけて収入だけ計算したり、色々出来て楽しいし便利だ。

午後は福祉サービスの受給者証更新書類を書いた。詳しくは別記。それ以外は、またひたすら高須クリニックの幹弥医師の動画を見ていた。いっぱいあるからネタには困らないし、1本10~20分でちょっと長い気もするけど、集中力がそこそこ続く程度の長さで見やすい。

夕方、風呂に入った。入る直前、豪快にお腹が壊れた。排便のため2回トイレに行ってしまった。入浴途中で漏らしたくない。
でも母は「そのままお風呂の排水溝に流せばいいじゃん」と言う。嘘だろ!? もしかして母は、いざって時にそうしているのだろうか? 怖い……。

夕飯は白飯を120gに盛ったけど、失敗した。お腹は空いているんだけど、いったん食べ始めるとすぐにお腹がいっぱいになっちゃって、7割くらい食べたところで「キツイ・・・」と思うくらい満腹になってしまった。残りは無理やり食べた。

今日の良かったこと。

  1. 比較的早く起きれた。
  2. 住民税と受給者証更新の書類を書くことが出来た。
  3. 支援センターに電話して相談ができた。

ラミクタール25mg2日目 不眠気味

昨晩も夜更かししてしまい、深夜0時前に薬を飲んで寝ようとした。しかし脳内会話が激しくて、1時頃まで起きていた。0時半の時点でよっぽど頓服を飲もうかと思ったが、また我慢した。あまり頼るのもどうかと思うし、だいたい寝付きを良くするために頓服を飲むと、翌日の昼頃までだるいんだよね。
それで、いつの間にか寝ていたわけだけど、気が付いたら3時頃だった。また中途覚醒してしまった。こんなことなら頓服を飲めば良かったのだろうか?と悔やんだ。
朝はまた5時半頃に目が覚め、その後7時にスマホのアラームで目が覚めた。ここ数日、スマホのアラームを切っていたんだけど、それやると絶対朝起きる時間が遅くなって、そもそも「起きよう」という気にすらならなくなった。これは生活リズム上、よろしくないのでは?と思い、7時に起きれなくても、いったんは7時に目を覚まさせて、アラーム止めて二度寝をしてもいいから、アラームかけよう、ということに決めたのだった。
それが今朝は、異様に寝覚めが良い。っていうか、5時半頃に起きた時も、親父が起きていなかったらそのまま起きて朝食を食べていたかもしれない。それくらい覚醒感があって、昨晩はラミクタール25mgを飲み始めて2日目だったけど、もう効果が出たの? ネットで調べると、ラミクタールで不眠は珍しいことだが、副作用としては無くは無いようだった。うーん、なんか私、副作用多過ぎない? どんだけ薬物過敏なの?
閑話休題。アラームで7時に起きたわけだけど、明らかにまだ父親が在宅だったため、ベッドに座ってしばらく待ち、家を出たドアの音を確認してから、リビングへ下りて朝食を食べた。

午前中も午後も各種事務手続きの書類を書いていたが、こういったことをやろうと思えるようになったことも、ラミクタール25mgのお陰なのかなぁと、思わなくもない。けど、税金関係は国民の義務なので、やらないと非常に非常にまずいから、それで頑張っているっていう面もあるよね……。
次の診察が20日で、その時に更にラミクタールが追加されるのかどうか、まったく分からない。しかし、その頃までにもっと精神状態が改善されていれば、抑うつ気分や無気力感、易疲労感が改善されていれば、良いんだけどなぁ、といった感じ。

薬疹のような危険な副作用は、ありがたいことに今のところは出ていない模様。こればかりは本当に怖いからね。まぁまだ1日25mgだし、そうそう出るような量でも無いとは思う。
ただ、湿疹は本当に出やすい体質なので、素人的には薬疹と湿疹の見分けがつかないから、そもそも湿疹を出さないように、毎晩腕にクリームを塗るとか、保湿はしようかなと思った。思ってるだけだけど……。

体調メモ+日記 ラミクタール25mg1日目

昨晩も夜更かししてしまった。気が付くと深夜0時を過ぎていて、慌てて薬を飲んで寝ようとしたが、メンクリ主治医との脳内会話が凄くて、なかなか寝られなかった。何度か頓服を飲むことも考えたが、その前も飲んでいるし、もう少し我慢してみようか、と思っているうちに寝てしまった。
サイレースは割らずに1mg錠にしてもらった。お蔭で中途覚醒も無く、5時過ぎにいったん目が覚めてトイレへ行き、また二度寝して7時8時と目が覚めて、最終的には9時過ぎに起きて朝食を食べた。

相変わらず父親が朝食のサラダ(と言えるかどうかも怪しい。千切ったレタスのカケラで酢漬けの大根を巻いたりしている)を作っているみたいで、ゲロ不味くて耐えられなかったから残した。何が不味いのか理由は良く分からないが、とにかく不味い。多分、手の脂とかのニオイが食品に移って臭いし、変化するんだと思う。
ただのキャベツの千切りを父親が温野菜にしただけでも、なんか変なニオイがして、食感もボソボソするし、舌触りが悪くてくそ不味い。しかし、同じものを母が作るとまったく違う風に仕上がる。この違いは何なのだ? とにかく父親が作る料理はとても不味いので、今後から作らなくていいし、出さなくてもいい、出しても残す、と宣言した。朝はパンだけでもう良いわ。どうせ起きるの遅いから、昼食を圧迫するし。

午前中はネット巡回をしていたら、あっという間に11時半が来た。今日は母が午前中から出かけていたので、昼食は自分でパスタを作った。満足。ていうか、ちょっと多かったかも。朝食を食べる時間が遅かったからなぁ。

午後はまたネサフをしていた。高須幹弥医師の動画は本当に面白いなぁ。こんなに正直にぶっちゃけて、客は来るのだろうか? 少し心配になる。でもまぁもし自分が整形をしなければならないほど不美人だったら、高須クリニックで受けたいかなとは思った。
おやつを食べながら朝刊を読んでいたら、夏苅医師の記事を見つけた。良いネタだったので、ブログの記事を書いた。

夕食は、あまりお腹が空いていなかったので、白飯を110gにした。ご飯もおかずも、物凄く美味しく感じられた。おかずが豪勢にカニだったせいなのか、ご飯が頂き物の魚沼産コシヒカリだったせいなのか、はたまたラミクタールの効果なのか。全然分からないけど、このままだとまた体重がリバウンドしてしまう、と思った。危ない。
いっぱい食べ過ぎたせいか、食後、眠くなってしまった。なんとか起きてブログを書いているが、書き終わったら寝てしまいそうだ……。

ラミクタール25mgについては、今のところ激しい副作用は出ていない模様だ。湿疹とか、腕にポツポツ出ているものも無くは無いんだけど、これ冬場によく乾燥で出てくる湿疹と似ているから、多分大丈夫なんじゃないかと思う。もっと大量に出たらまた考える。

過敏性腸症候群も、炭酸リチウム「ヨシトミ」からリーマスに変えたら、下痢は止まった。トランコロンも朝昼は飲んでいないけど、下痢じゃなかった。そのかわり、午前午後と排便したけどな……。

『精神科医の診察能力、態度、コミュニケーション能力についてのアンケート』夏苅郁子医師による調査

今朝の朝日新聞に、精神科医としては比較的有名な、夏苅郁子医師による大規模な調査が掲載されていた。このリンク先の朝日新聞記事だと、無料では途中までしか読めないうえに、恐らく時間が過ぎればリンク切れとなるだろうから、新聞記事に書いてあった夏苅郁子医師の調査本体のリンクを張っておく。『精神科医の診察能力、態度、コミュニケーション能力についてのアンケート』。

内容としては、夏苅医師が自費で全国の患者・家族団体などを通じてアンケートを取った結果だそうだ。アンケートが実施されたのは2015年らしいが、学会での発表等の都合で、こんなに遅くなってしまったとのこと。そのあたりはアンケートサイトに書いてあるので、読んでみてください。

さて、このアンケートを見ると、書面でアンケートを答えた人のほうが高齢者が多く、ネットで答えた人のほうが若い人が多いことが伺える。ただ、これは当然の結果とも言え、例えば私の母なんかはPCでネットをすると言っても、クックパッドでレシピを調べたり、Yahoo!検索で簡単なことを調べたりするだけで、まさか地域精神保健福祉機構(通称コンボ)のサイトを探り当てて、アンケートに答える、なんてことは、到底できないと思う。
しかし、女性が多いのはなんでだろな? 男性は早死になんだろうか? それとも、男性のほうが重篤な患者が多く、アンケートにすら答えられないのだろうか?
それと気になるのが家族のアンケート結果で、患者本人より、無回答や無効回答が多い傾向にあることが伺えた。高齢ゆえに質問の意図が理解できないのか? あまりにも無効回答が多い質問は、質問そのものを見直すべきだと思った。

全体的な印象としては、私が20代でかかっていた悪徳精神科医のような人は、1割くらいいるのではないか?ということだった。そして、私が今かかっているような良心的な精神科医は、5割以上はいるような印象だった。
そして、患者が精神科医に求める能力が、適切な薬の処方よりも、性格だったりコミュニケーション能力だったり、といった曖昧な能力である傾向が強いことが分かった。確かにそれも大事なんだけど、やはり私は複数の精神疾患を抱えているせいか、薬の種類が多くなりがちだから、薬の処方に長けている精神科医に診てもらいたいと思う。
にしても「共に頑張りましょう」などの声かけって、逆に「バカにしてるのか?」と思っちゃうなぁ、私だったら。医師は患者じゃないのだから、頑張りどころも違うだろうし、「共に」って偽善っぽい。

体調メモ+日記 深夜に救急車呼びそうになった

昨晩は地獄だった。夜23時過ぎから急に腹痛が来て、トイレへ行った。最初は普通の便が出ていたが、何度もトイレへ行くうちに痛みも下痢の状態もどんどん悪くなり、遂には水下痢となった。それでも便意は止まらない。
あまりの痛みにショック性の貧血となり、吐き気、口渇、めまい、冷や汗といった症状が出始めた。最初はいちいち自室に戻って、便意があるたびに1階へ下りていたが、とてもじゃないけどそんなことできるような状態じゃ無くなってきて、深夜だけどリビングのホットカーペットの電気を入れて、ホットカーペットで暖まりながら便意と格闘していた。
何度出しても水下痢が出る。喉と口がカラッカラに乾くし、脱水症状はリチウム中毒を悪化させるだけなので、なるべく避けるためにも、水分補給をする。すると、5分後くらいには便意が来て、水下痢として出てしまう。そんなことを深夜12時半頃まで繰り返していた。このあたりで、救急車を呼ぼうかと思い始めた。しばらく飲んでいなかった炭酸リチウムを、一昨日から朝昼晩と再開したことで、急性のリチウム中毒にでもなったのか?とか思ったし、単純に下痢が酷すぎて尋常じゃない感じもあったし。
でも、しばらくしたら出すもの全部出し切ったせいなのか、腹痛の症状なども落ち着いたので、自室に戻って寝ることにした。

ところが、トイレとの格闘で目が冴えてしまったらしく、深夜1時を過ぎても寝られない。眠くもならない。これはまずいと思って、躊躇なく頓服を飲んだ。すると、10分もしないうちに寝られたようだった。さすが頓服だ。
しかし、ふと目が覚めると夜中の2時半……。さっき寝たばかりなのに、もう起きた。今日は熟睡は無理なのか?と思って二度寝したら、次に目が覚めたのが5時半頃で、意外に寝られたような? いやそうでもないか。
当然だけど、物凄く眠かったので、9時半までがっつり寝させてもらった。寝過ぎ。

11時頃からネット巡回を始めて、すぐにお昼が来たので、母が作ったうどんを食べた。もうこの時点で腹痛・下痢は無かったけど、お腹に優しいものが食べたかったので。

午後は、1時間ほどがっつり昼寝した。やはり昨晩のあの睡眠では足りなかったようだ。昼寝は眠剤も使わずに出来るのに、何故夜は寝られないのか?
夕方は、メンクリへ行って来た。出かける時はもう雨は降っていなかったけど、もし途中で降ったら嫌だな、と思って、傘を持って出かけたが、帰る時メンクリに置き忘れて、階段の途中で気が付いて、取りに戻った。危なかった。

夕食は、もやし鍋だった。もやしがそんなに好きというわけじゃないんだけど、お腹に優しいかなと思って。そのわりには、超山盛りにして、白飯も120g盛っちゃったけどね……。食後、お腹が痛くなった。当たり前だろう……。ほんと自分でも馬鹿だと思う。

メンクリの通院日 ラミクタール25mg毎日

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。
待合室にあまり人が居なかったので、すぐに呼ばれるのかと思っていたら、私の前の人が15分くらいかかっていて、20分以上待たされた。

診察では、「ラミクタールの効果はいまいち良く分からない。そのかわり、副作用も特に出ていない模様」とまず話した。
そして、一番肝心なところ、「ラミクタールを飲むようになって、夜中の2時半~3時頃に悪夢で目が覚める。『おかあさーん』『助けてー』などの声を出して起きる。とても困るし苦痛なので、サイレースを1mgに増やしている。もし、ラミクタールの投与を続けるなら、サイレースを1mgに変更してほしい」を話した。
悪夢に関しては、主治医は懐疑的だったが、私が「悪夢は睡眠が浅い時に見ることが多い、とネットで見たんですが」と話すと、「それはそうなんだけど、ラミクタールと関係が無いような」みたいなことを言う。でも現実には、サイレース0.5mgでは中途覚醒するし、それもラミクタールを飲みだしてから特にひどくなっているので、絶対に関係はあると思う。
そんなわけで、サイレース1mgに増薬することが決まった。同時に、ラミクタールは毎日25mgを夕食後に飲むことが決まった。
ラミクタールを少量から漸増させる理由は、重篤な副作用があるためで、その点は私も調べて行ったので、「ですよね?」と確認したら、主治医も「そうだよ」と話してくれた。特にデパケンを併用している場合は、副作用が出やすいので、1日おきとという処方にさせてもらった、と話していた。そういうことは、飲む前に話してほしかったわ……。

あとは、「リーマスの後発品を飲んだら猛烈な下痢になったので、先発品をして欲しい」と頼んだ。これは本当に切実だった。別記するが、昨晩下痢が酷かったので、これはもう無理だと思った。
私がお腹が緩いことは、主治医も熟知しているのか、「あ、そうなんだ。じゃあ先発品に変えとくね」とアッサリOKがもらえた。

それから、相変わらず朝が起きれず、10時頃までほとんど何も出来ない状態なことを話した。すると主治医は、「まぁ今はそれでいいんじゃないかな?」と暢気なことを言っていた。まぁ作業所も絵画教室も行っていないから、それでもいいんだけどさ。
そこでつい「作業所とかも行ってないから、やることなくてちょっと暇です」と正直に言ってしまった。

そこから作業所の話に発展した。「今行ってるの?」と聞かれたので、「今月は休むことにしてあるんですが、そもそも障害福祉サービスの受給者証を更新するのが今月で、そのために役所へ行くことすら億劫なので、もうこれで更新もせず、作業所もフェードアウトする形で辞めたいと思っています」的なことを答えた。
すると、主治医が渋い顔をしだして、「うーん、週1でもいいから、行って欲しいんだよねぇ」とかなんとか。「もちろん、今はそういう状態ではないのは良く分かるから、今月とか、来月とか、作業所はしばらくお休みしても良いんだけど、受給者証だけはなんとか更新してくれないかな?」と頼んできた。
そのあたりは結構な時間(といっても5分くらいだとは思うけど)をかけて、説得された。

主治医が言うには、受給者証の更新は今やらないと、今後たとえばどこか別の作業所を利用したり、その他の福祉サービスを利用しようとした時に、また最初から手続きのし直しになるので、時間も手間もかかるよ、ということらしい。なので、更新だけでもやってくれないか、と。
私もその説明で「なるほどな」と少し思ったので、更新だけはしておこうかと考えを変えた。また、作業所も、もう少し休みたいけど、辞めるのは別の時期でもいいかな、と考えを変えた。

薬局では、人は少ないのにだいぶ待たされた。待ち時間表を見ると、「インフルエンザの方を最優先に処方しています。ご理解ください」的な注意書きがされてあった。そりゃそうだよな、こっちのほうとしても、インフルの人を先にやって、とっとと帰ってもらいたい。
まぁそうは言っても、30分くらいかな、待たされたのは。薬が色々変わったので、薬剤師に「どうされましたー?」とか聞かれた。母以外の人と話す機会が激減してしまっているので、薬剤師と話すのは楽しかった。

体調メモ+日記 高須幹弥医師の動画

昨晩も夜更かししてしまい、寝たのは深夜0時半くらいだったと思う。さすがにちょっと遅すぎた。サイレースはいつも通り1mg飲んだ。
中途覚醒は無く、早朝5時半頃にいったん目が覚めたが、すぐに二度寝をした。そのあと何度か目が覚めて、9時少し前に起きて1階へ下りた。
朝食を食べた後、すぐにホットカーペットの上で寝てしまい、気が付いたら10時を過ぎていた。うわ、また午前中、何も出来ないパターンだ。はぁ。ちょっと寝過ぎだろう……。
恐らく、サイレース1mgが効き過ぎているんだろうな、とは思うんだけど、0.5mgでは確実に3時前後で中途覚醒するし、リアルで恐ろしい悪夢を見るので、0.5mgにはしたくない。どうにかならないのかな。

10時に起きた後は、薬を飲んで着替えて、すぐにネット巡回を始めた。完全にネット依存症ですありがとうございました。
だらだらしている間に、あっという間に昼が来た。生協で頼んでいたのに、間違えてスーパーでも買ってしまったカップヌードル『海老の濃厚トマトクリーム』を食べることにした。とても美味しかったけど、味がこってりしていて、少しくどくて、これ1個だけでお腹いっぱいになってしまった。

午後はひたすらYouTubeを見ていた。
今ハマっているのは、美容整形で有名な高須クリニックの高須院長の息子さん、高須幹弥医師の動画だ。美容整形するつもりは無いが、YouTubeを見ていたらお勧めに出てきたので、軽い気持ちで見てみたら、すごく面白かった。
何が面白いって、本音をぶっちゃけすぎw

これとか。8:00あたりから、「整形やりすぎておかしな顔になってる」とか、整形外科医が言っちゃうんだから、大丈夫かよと思ってしまうw
というのも、どうやら高須幹弥医師は「整形とバレないような自然な仕上がり」が好みらしく、「バレてもいいから大胆に整形」は頼まれればやるけど、あんまり好きじゃないらしい。たまにいるもんね、整形丸分かりな人。ああいうのは、どう反応したら良いんだろうね? 「整形した? 凄いね、全然変わったね!」とか言ったら、殴られるのかな……。

夕方、風呂に入った。遂に体重が、目標体重まであと200gというところまで来た! やった! ジグザグと増減を繰り返しながら、徐々に徐々に減ってきている。食生活をそんなに変えず、踏み台昇降運動と、時々外を1時間くらい、買い物がてらに歩く、という生活を続けているんだけど、これくらいのプチダイエットで私は構わないと思っている。
何故なら、過激なダイエットは必ずリバウンドするし、続かないから。だってね、朝昼晩毎食置き換え食とか、あるいはプロテインだとか鶏ささみ肉にサラダだけだとか、そういう食事をあなたは死ぬまで続けられるんですか?って話だよ。私は出来ないし、嫌だね。出来る人は、やれば良いと思うけど。

さて。夕食は焼き肉だったので、白飯は120gを盛ってしまったけど、肉の脂身は残したので、多分セーフ。なんかサンドウィッチマンのカロリーゼロ理論みたいになってきたな……。

精神状態は、こういう冗談も言えるようになったので、抑うつ状態はだいぶ改善されてきたとは思う。でも、朝の調子の悪さが半端ない。10時くらいまでは使い物にならない。あと1か月で治るのかな? 難しい気もするが。
今まで、統合失調症のことについてはかなり勉強したと思っているけど、双極性障害については、勉強不足、情報不足を感じている。特に、抑うつ状態・うつ期については、あまり経験が無いので、未知な部分が多い。
若い頃は、本当に希死念慮が酷くて、リストカットもしていたし、毎日毎日死ぬことばかり考えていた。それが「うつ」だと思っていたので、今のように希死念慮は無く、意欲や気力が無くて、統合失調症の陰性症状のようにも見えるが、精神科医は「まぁうつ期と言えるね」みたいな状態は、経験が無いんだよね。じっとしていて回復するのか? ラミクタールのような薬物で治るのか? ちょっと良く分からない。