作業所で勤務 じゃなくて利用って言えばいいんですかね主治医!

1週間ぶりに作業所で勤務してきた。じゃなくて、主治医曰く「作業所は仕事じゃないから」だから、「勤務」じゃなくて「利用」なんですね。クソッ!
今日は比較的寝起きが良く、身支度も早く出来て、出かけるまでに1時間強、時間が余ったので、ゆったり休んで出かけられた。

作業所に着くと、福祉法人のバンが停まっていて、車内にクッキーなどが詰め込まれていた。どこかの出店に行くのかな? それも今(11時前)から? 遅くない? と色々疑問が湧いたけど、スルーした。
建物に入ってすぐの所に職員がいて、「erikoさんには、今日は絵を描く作業をしてもらいます」と言われた。ふふふ、そう来ると思って、参考になりそうな資料を印刷して、持ってきていたのだよ。いや~早速役に立って良かった。

勤務に入ると、作業室には私1人だった。他の職員が入れ代わり立ち代わり入ってきて、色々用件を言って来たが、要は「今日イベント出店で職員が2名抜けるから、人手が足りなくてerikoさんを作業室に1人にしちゃうけど、頑張ってね」ということのようだ。
私としては、人と話しながら作業をするほうがストレス、と言ったら申し訳ないのだけど、とにかく喋ることと手を動かすことが同時に出来ないので、人がいなくて1人で放置されるほうがよっぽど助かる。

そんな感じで、ひたすらお絵描きをした。
途中、施設長から「施設で作らなくてはいけないけど、納期が特に無いアレを作りますか?」と聞かれたけど、今日は気分が乗らなかったので、「気が向いたら作ります」とだけ言っておいた。その後、そういえばこれってタダ働きになるんだろうか?ということを思い出した。
作業所で作った部分に関しては、工賃(時間給)が貰えるだろうけど、自宅で作ったらタダ働きだよなぁどう考えても。特別手当とかくれないと、完全に割に合わないんだけど。
ってことが言いたいんだけど、気後れしちゃって言いづらい……。午後にそのことを聞こうと施設長を探したら、イベント出店に行っちゃったみたいで、いらっしゃらなかった。困った。いつ言おう。

午後は勤務が始まってすぐに、私の担当職員からモニタリングを実施した。目標が5つあるんだけど、勤務時間を延ばすのは、おおむね出来ているので〇とした。それ以外は、あんまり出来なかったかなぁ。
っていうか、そもそも目標項目5つって無茶じゃない? そんなに沢山の目標があったら、どれも中途半端になると思う。実際問題、私がクリアできたのは、勤務時間を延ばす目標と、利用者と円滑にコミュニケーションを取る目標くらい。イベント出店には、この半年1か所も行けなかったし、フルタイム勤務(10時~15時)という目標は、かすりもしていない。あれこれやらせたいのは分かるけど、現実見ようよ。

モニタリングは20分くらいで終わったので、残り少しだったが、勤務に戻ってお絵描きをした。あんまり疲れてないなーと思った。

体調メモ+日記 親に怒り心頭

昨晩は深夜0時頃に薬を飲んで寝た。昨晩もロナセンは16mgにしておいた。
今朝は7時にアラームで起きてトイレへ行ったあと二度寝。そして8時過ぎに目が覚めて、まだまだ眠たかったけど、午前中にダスキンが来るというので、意地で起きて朝食を食べた。
母がまだ朝の料理が出来ないみたいで、親父が作ってるらしく、クッソ不味い朝食が続いていたんだけど、今日も謎の茹で青梗菜が朝食として皿に並べられており、吐きそうになった。思わず「これ誰が作った? お母さんじゃないよね? 親父か?」と聞いたら、「うん、そう」と言うので、「あれだけ親父が作ったものは食べない、って言ってあるのに、騙し討ちみたいにして食べさせるの、私を怒らせたいの? 親父が作ったものは、『この俺が作ったものだ、ありがたいと思え』って恩着せがましく言ってくるから絶対に嫌だって、何度も言ってあるよね? まだ分からない?」と母に怒って、青梗菜は残した。おえ。
それにしても、たかがサラダを作るだけでこんなに不味く作れる親父の味覚が分からない。メシマズなのか?

朝食後はすぐに自室へ戻り、ネット巡回などをしていた。
ダラダラしていたらあっという間に昼になった。昼食は、冷凍チキンライスをレンチンで食べた。簡単すぎる。これだけでは寂しいので、カップスープを飲んだ。
暖まったら眠くなり、耐え難くて寝てしまった。1時間くらい。おかしいな、ロナセン減らしているのに、なんでこんな眠くなる? しかも、ちょっと寝過ぎてしまったのか、起きても猛烈にだるくて、何もしたくない状態。きつい。まただよ、明日の作業所にも行きたくないし、風呂にも入りたくない感じ。はぁ。

そうは言っても、夕方には風呂に入った。私のシャンプーがなんか急に減ったような気がするので、風呂から上がって母に聞いてみると、「1回だけ使った」と言う。1回で減る感じの減り方じゃないだろうが! 随分前から、母が使っているシャンプーの容器が空になって風呂場に置いてあったけど、そこからずっと私のシャンプー使ってるってことだよね? それも勝手に。舐めてんのか? ふざけたことばかりぬかしてやがると殺すぞ?

夕食はおでんだった。こないだも食べた気がするけど。まぁ最近は母もだいぶ復活してきて、ご飯(というか、おかず)の食べる量も増えてきたし、朝食は作れないみたいだが、夕食はほとんど作れるようになってきているので、こっちはだいぶ楽になった。やっぱり、苦手な料理をやらされていた時はストレスが半端無かった。と言っても、今も昼食は自分で作ることが多いので、イライラするけど。

ていうか、なんかやたらイライラするなぁ。生理前なのはそうなんだけど、こんなイライラしてたっけ? PMSにもだいぶ波があるなぁ。ピル服用も検討したけど、どうも40歳以上だと処方できない方針らしい。うーん。更年期おばさんはキチガイ丸出しで喚き散らしておけということか?

体調メモ+日記 ロナセン16mgにしたが

昨晩は夕食後に具合が悪くなって頓服を飲んだせいか、早くから眠くなってしまい、22時過ぎには薬を飲んで寝た。ロナセンは処方は20mgだけど、それを飲むのが物凄い抵抗感があって、自己判断で16mgまで減らした。エビリファイ1.5mgは飲んだ。速攻で寝られた。
今朝は6時過ぎに尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝。7時に目覚まし時計で目を覚ましたが、猛烈に眠かったので、アラームを5分かけて三度寝。を何度か繰り返して、気が付いたら7:15過ぎていたので、慌てて起きて朝食を食べた。
絵画教室、行くの面倒くさいなー、辞めたいとは思わないけど、おじいちゃん生徒さんと一緒に歩いて帰るのが苦痛だなー、そんなことを思いながら身支度をした。

なんだかんだで無事に絵画教室へ行ったものの、集中力は今回も出なくて、レッスン中、ボーッとすることが多かった。
帰りにコンビニへ寄って新商品のドリアを買った。ホワイトソースがどうのこうのというやつ。美味しいには美味しいが、私的には一番安いミートソースだっけ? それが一番美味しいなぁ。

午後はブログを書き、ネット巡回をした。
ロナセン16mgに減らした時のブログの過去ログを読んだが、あまり良いことは書いていなかった。減薬しないほうが良い、ということか。はぁ。
とにかく体がだるくて堪らない。足も痛い。絵画教室から帰ってくる時に、自分のペースで歩けなかったのが悪いのか、抗精神病薬の過鎮静なのか。分からないが、とにかくだるい。体重が増えたせいもあるかもしれない。自分の体の重みに潰れるとか、どんだけ~。

夕食は白飯110gにした。いつも通り。これで満足できるように、また体を慣らしていこう。

精神状態は、集中力が落ちているなぁということと、やはりメンクリの主治医への怒りみたいなものが沸々と湧いてきて、つらい。自分の中に黒い感情が湧くのがつらい。どう処理して良いか分からないし。
メンクリだけでなく、他科の医師に対しても、マイナスの感情が湧いていて、診察で私が暴言を吐く幻視が見えたりする。キツイ。

バリバラ「玉木幸則”平成”を語る(前編)1989-2008」

玉木さんは活舌が悪くて(これも障害のせいだから、言っても仕方が無いんだけど)、耳が悪い私はあまり好きじゃないんだけど、なんとなくこの回を見てしまった。そして、見て良かったと思った。

番組終盤で出てきた「自分らしい生き方が出来ているかどうか?」という課題。私がずっとモヤモヤしていたのは、これだったんだ、と思った。そう、私はメンクリに通うようになって、障害者認定されて以来、自分らしい生き方が出来ていないと感じていたんだ。だから、薬を勝手に減らしてみたり、作業所に通うのを嫌がってみたり、していたのでは無いかな?
要は、自分の精神障害を未だに受け入れられていない、ということなんだけど。

陰性症状が炸裂して、引きこもるようになるまで、色んな職場で働いてきた。正規雇用は1か所だけで、他は非正規雇用だったけど、その当時は自分はうつ病経験者(回復済み)と思っていたから、あまり無理して再発するのが怖くて、非正規雇用のままで良いと思っていた。
働きながらその稼ぎを学費に回して、自腹で通信制の大学にも通い、無事卒業することが出来た。サークルにも入って、関西の美術展巡りオフ会に参戦したり、関東の美術展オフ会にも積極的に参加していた。都内や県内での飲み会にも良く出かけた。自由になるお金は少なかったけど、本当に充実した日々を送っていた。
それが、一転して空虚な日々を送る羽目になった。毎日毎日、PCゲームをするだけ。誰とも話さない。話したくもない。風呂にも入らないし、食事もほとんど摂らない。そんな生活を6年以上送った。

そして、ひょんなことから今のメンクリへ通うようになった。私はすぐに、かつてのような生活が取り戻せるんだと思っていた。しかし、7年通っても若い頃のような生活には戻らなかった。それどころか、不自由な生活を強いられることになった。
薬の飲み合わせのせいで、グレープフルーツが食べられなくなった。7年間、一度も食べていない。ジュースにも入っているかもしれないので、ジュースを買う時は必ず成分表を確認する癖が付いた。ハッキリ言って、グレープフルーツを食べたい。私は、柑橘類が好きなんだよ。みかんじゃダメなんだよ。こういった不自由がある。
他にも、飲み屋でお酒が飲みたい。新宿のバーとかに行きたい。地元にあるジャズバーとかにも行きたい。でも、抗精神病薬を飲んでいるから、怖くてあまり量が飲めない。今は自宅で缶チューハイ1本、焼酎だったら200mLくらいしか飲まないけど、それじゃ全然足りないわけ。もう少し酔ってヘラヘラしたい。でも、抗精神病薬が効き過ぎた時に怖いから、自粛してしまう。そういう不自由がある。
体力も無くなったから、都内に出かけることも殆ど不可能になった。美術館にも行けないし、大学の同期との飲み会も参加できない。

そして、仕事。作業所ですら、週1日数時間しか働けないのに、私がかつてやっていたような仕事が出来るわけが無いのだ。
私がかつてやっていた仕事とは、ある程度の頭脳労働で、自分が憧れていた職務内容で、その仕事をしている時はいつも、とても満足していた。非正規だけど誇りを持っていた。
そんな私が、作業所で知的障害者と一緒の仕事をするのか、という思い。傲慢だと思われそうだが、正直な感想だ。

自分らしい生き方って、どうすればいいのかな? 仕事で実現するには、かなり無理があるというのは、もう痛いほど分かっている。それ以外のところで、どうするか? 都内の美術展へ行けたら良いな、というのがまず1つかな。

絵画教室 模写水彩風景画3-10

12月は最終週が先生の都合で休みなので、お教室の日取りを変えた。なので、いつもと違って1週間ぶりのお教室になった。

今日で完成かなー?なんて思っていたけど、全然まだまだ遠かった……。

模写水彩風景画3-11

もうここまで来ると、前回やったところと今回やったところの差が、間違い探しに見えてくる。そうでもないか? 右側の林をかなり立体的にモコモコとさせたんだけど、分かるかなぁ? 色の深みも出たと思うし、先生にも「上手く出来てる」と褒められたし、良かった良かった。
とは言え、注意された箇所は結構あって、もう忘れちゃったけど、覚えてる所としては、右側中央付近の木と木の間に垂れ下がっているような2本の緑。これが「ただの線のように見える」と言われちゃって、かなり修正した。

その他、明るい光が当たっているような箇所を、どのように表現するかが問題になった。最初、黄緑色で塗っていたが、下地に既に濃い緑が入っていたりして、その上には明るい緑はもう入らなかったので、水で絵の具を擦り取るようなことを何度もやったが、出来なかった。
何度か先生を呼んで、指導してもらって、最終的には「ここは黄緑色は止めよう。この若草色みたいなやつでやってみよう」とのご助言をいただき、やってみたら、思いの外ハマってくれて、光が当たっているように見えたので、ホッとした。

いつものことだけど、木の枝を何本か描いていなくて、先生に「これはどうしたの?」とか指摘されて、恥ずかしくて消え去りたい気持ちでいっぱいだった。なんだろな、これも認知機能障害の一種なんだろうか?

右側中央付近の茂みも、モコモコさせてみた。上半分と下半分で雰囲気を変えたのも、意図的な演出だ。下のほうがクッキリしていて、上のほうがぼんやりしている。
でも、上のぼんやり具合が足りなかったみたいで、「もっと背景と馴染ませたほうが良い」と指導された。まぁ先生がほとんどやっちゃったけど……。
左側中央の芝生の丘は、これもモコモコ感を出してみた。おおむね好評だった。

次回は、右側の林の木の根元をどうするか、と、左側の林をもう少しクッキリさせたいね、っていうところ。

先輩のおじいちゃん生徒さんには、「この道路、もっとグレーのほうが良いんじゃないの?」と指摘された。いやまぁそれは私も思ってはいるところなんだけど、創作絵画だから、むしろこの紫と青の毒々しい感じが味なんじゃないかとも思っていて、「そうですねー」と言いつつ、あんまり変えなくてもいいかな、と腹の中では思っている。
帰りも、おじいちゃん生徒さんと一緒に歩いて帰ってきたけど、おじいちゃん生徒さんは禁断の質問を私に投げかけた。「erikoさんて、お仕事何してるの?」……。「あはは、それは言いづらいです」とだけ返しておいた。重要な事なので、2回言っといた。

体調メモ+日記 もう精神科の薬を飲みたくない

昨晩は23時半くらいに薬を飲んで寝た。すぐに寝付けたと思う。
今朝は6時頃に尿意で目が覚め、トイレへ行った。覚醒感が強く、このまま二度寝出来ないかも、と思って、コーヒーを淹れて自室に戻った。途端に眠気に襲われたので、すぐに二度寝した。
ハッと気が付くと8時過ぎで、慌てて1階へ下りて朝食を食べた。バターロールが1個だと少ないと感じたので、2個食べたら吐きそうだった。やっぱり「ちょっと足りない」くらいで止めておかないとダメだね。いつも反省するのに、いつも間違う。

そのあとは、しばらくネット巡回したのち、塗り絵をやった。楽しかった。名画とかの塗り絵より、この花柄だったり幾何学模様の塗り絵のほうが、好きなのかも。今回やってるやつはお手本が無いから、好きに塗って良いんだよね。そこが気に入ってる。
昼食は自炊で、リンガーハットのちゃんぽんにした。冷凍のやつで、麺だけでなく具も揃ってるやつ。生協で頼んだんだけど、具がこんなにたっぷり入っているとは思わなくて、超お得だった。味は少し薄かったので、今度作る時は水少なめで作りたい。

午後も、昼食が終わってすぐに塗り絵をやった。続きが気になって、他の事をやる気になれない、って感じ。お蔭で完成させることが出来た。
夕方、風呂に入った。体重を量ったら、軽く500gほどリバウンドしていた。最近服がキツく感じられるので、もしやとは思っていたが、遂に来たか。ご飯いっぱい食べてたもんなぁー。でも、体脂肪率は0.5%ほど減っていたので、筋肉が付いたのだと思いたい。甘いか。

髪も乾かさずに、慌てて支援センターへ電話をかけた。半年に1度の利用計画書を作る面談を入れなくてはいけない。本来なら、例の問題職員が今日はレクの担当で、事務所に居ないだろうから、そのすきに電話をしようと思っていたんだけど、塗り絵をやっていたらすっかり忘れてしまって、風呂の中で気が付いた。
最初は男性の職員が出て、問題職員ではなかったのでホッとした。希望の職員に代わってもらって、「利用計画書の面談を入れたいんですが~」と話したら、「ありがとうございます」と言われたので、辞めないでいることに対して言ってるんだろうなぁと思った。サクッと日取りを決めて、電話を切った。

夕食前に、申し訳程度に踏み台昇降運動をして、夕食を食べた。ご飯食べ過ぎもそうだけど、お菓子の食べ過ぎが良くないね。気を付けよう。

日頃巡回しているブログでも、国家公務員の障害者枠雇用に応募する人がちらほら居て、頑張ってるな~いいな~と思った。私はもう毎日勤務が無理なので、今回の募集には応募出来ないわ。認知機能障害の影響もあるのだろう、過去問を見たけど、とてもじゃないが解けそうにないし、ダメだね。
つくづくこの病気を呪うよ。それから、この病気を発症する原因となった者たちを呪う。まぁ私の場合、遺伝の側面も大きいけど。大好きだった美術館巡りも出来なくなったし、大好きだった読書も出来なくなった。かろうじて音楽は最近また聴けるようになってきたけど、若い頃より感性が衰えている気がする。エレクトーンを14年習っていたから、どんな曲でも1回聴けば耳コピ出来たけど、今は音程すら分からない。はぁ。

精神状態は、やはり主治医に対する不信感が強い。もうロナセン20mgなんて大量の抗精神病薬は飲みたくない。ロナセンは比較的鎮静のかからない、マイルドな薬だけど、それでも20mgも飲めばキツい。
エビリファイはやっぱり精神的に煽る感じがして、嫌だな。これも飲みたくない。
双極性障害の治療としてなら、リーマスもデパケンも飲もうかと思うが、もう統合失調症の治療の薬は嫌だ。頭が悪くなる。

作業所でやった塗り絵の続き2 完成

作業所でやった塗り絵の続きをやった。完成させるつもりは無かったんだが、完成してしまった。

作業所のレク塗り絵2

今日の塗り時間は、だいたい1時間半くらいかねぇ? 結構かかってると思う。時々PCを見つつ、塗っていたけど、気分的には「塗り絵のほうが気になる」という感じで、結構集中してできたんじゃないかと思う。
失敗したなぁと思ったことは、葉っぱが多くて、全体的に緑っぽい感じが強いこと。こんなことなら、赤い葉っぱとかも作れば良かったかな。

あと、グラデーションなどもしたかったけど、それ言い出すとキリが無いので、今回は止めておいた。良い感じに仕上がったと思います。

体調メモ+日記 もう薬飲まなくても良くない?

昨晩はM-1グランプリを見て、とても楽しかった。お笑い、結構好きなのです。個人的には和牛が一番面白かったので、準優勝で残念だったけど、まぁお笑いの感覚なんて絶対的な基準があるわけでもないしね。楽しめればそれでいいや。
そのあと少し夜更かしして、深夜0時頃に薬を飲んで寝た。寝付きは良かったと思う。
朝は6時過ぎに自然に目が覚めて、トイレへ行こうかどうしようか迷っていた。そうこうするうちに7時のアラームが鳴ったので、もう今日は起きてしまおう、と思って起きた。

朝食を食べていたら、テレビで昨日のM-1グランプリのことをやっていたので、つい見てしまった。やっぱり優勝した霜降り明星はあんまり面白くないなぁ。なんだろう、昨日は勢いだったのだろうか? 面白くないと言っても、笑うことは笑ったんだよな、昨日。でも今日はクスリとも笑えなかった。
そのあと、ネット巡回もそこそこに、塗り絵をやった。30分くらいかね? 1時間はやってない。でも結構進んだ。

トイレ掃除をした。盛大に汚れていたので、「うへぇ」ってなったけど、今日掃除をしておかないと、更に酷いことになるだろうから、嫌悪感を飲み込んでせっせと掃除をした。
母が買い物から帰宅して、「トイレ掃除とか、ありがとうね。助かるわ~」と言ってくれたので、「坐骨神経が痛いなら、トイレ掃除も掃除機がけもしんどいだろうから、やってあげてるんだよ」と言うと、「本当にありがとうね」と言っていた。分かれば良し。

昼食は、昨日の残りご飯を使った雑炊だった。そういえば、うちは雑炊みたいなやつを「おじや」と子供の頃から呼んでいたんだけど、雑炊とおじやと、どう違うんだろうね? 母は「関東(雑炊)と関西(おじや)の違い」て言ってるけど……。まわりで「おじや」と呼ぶ人がいないので、自然と最近は「雑炊」って言うようになったけど、どうなんだろう?
で、まぁその雑炊を2杯も食べて、更にコンビニのおにぎり1個食べて、コンビニの唐揚げも2個食べた。食べ過ぎ。満腹になったら、眠くなってしまい、どうしても耐えられなかったので、1時間ほど昼寝しました。だるい。昼ご飯は食べ過ぎないほうがいいな。要注意だ。

一段落して、コンビニへコーヒーを買いに行った。100円引きクーポンが当たったので、引き換えに行ったのだ。こういう時だけ、少し高いカフェラテを頼んでみた。それでも50円。安い。
早速家へ帰って飲んでみたら、ふんわりした濃厚な牛乳感がたまらない。美味しい。でも、毎回は飲めないね。150円だから。たまのご褒美に良いかな。

夕方、踏み台昇降運動を10分やった。5分を過ぎたあたりで息が上がりだし、8分過ぎで足が上がらなくなった。もつれて台に引っかかって転びそうになったので、危険だった。
夕食は、なんだかお腹が空いてなくて、でも無理やり白飯110gを食べた。100gでも良かったかもしれない。

精神状態はどうなんだろうね。主治医への怒り、憎悪、殺意で満ち溢れていた。私で人体実験しているだろう。私の事を馬鹿にしているだろう。本もまともに読めない下等民が、と思っているだろう。お前なんかまともに仕事もできないで何を偉そうに言ってるんだ。認知機能障害で、知的障害者と同レベルまで落ちてるじゃないか。醜く太って恥ずかしくないのか。そう思っているだろう。
そういう思考に取りつかれていた。これはきっと病気の症状なんだろうな、と思うのが1割で、残り9割は「私は病気じゃない、医師に病気と勝手に診断されただけだ。病気にさせられているだけだ」と思っていた。それは、今も思っている。
薬を飲まなくなったら、昔みたいに働けると思う。鎮静がかからないのだから、楽になると思う。
ハッキリ言って、薬を飲んでいてもこんなにテレパシーが来たりするんだったら、もう飲まないほうが良くないか?と思う。お金もかかるし。

作業所でやった塗り絵の続き1

昨日もちょっとやったけど、1日に作業所のレクでやった「塗り絵」の続きを、今日もやってみた。

作業所のレク塗り絵1

今までこういう画風?の塗り絵はやったことが無くて、どうも「コロリアージュ」(フランス語で「塗り絵」の意味)と言うらしい。外来語嫌いな私としては、イラつく呼び方だが、仕方が無い。
ただ、こういった花や植物のモチーフはとても好きなので、これならネサフするより楽しいかな、と思った。

制作時間3時間半くらいで、5割くらいの完成度といったところか? 花びらの中にもグラデーションを付けたりしたいなぁと思う反面、あんまりこだわり過ぎて、いつまで経っても完成できなくなるのも嫌なんだよね。昔やっていた塗り絵も、いったん「飽きたかも」と思ったら、もうダメだもんなぁ。全然やってない。

体調メモ+日記 お腹ぶっ壊れ

昨晩はお酒を飲んだのが悪かったのか、食後にまた気持ち悪くなり、そのままの状態で寝るのが怖かったので、治るまで起きていよう、と思ったんだけど、深夜0時過ぎてもあまり治らなかったので、諦めていつもの就寝前の薬を飲んで布団に入った。そしたら、すぐに寝られたようだった。
朝は5時過ぎに尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝。8時半過ぎに起きて、朝食を食べた。

朝食を食べ終わる頃、日曜美術館が始まった。ムンクの特集だったので、そのままリビングで見ることにした。いや~ムンク展、見に行きたいな。あの有名な『叫び』は、幻聴から耳を覆っている姿だ、とも言われているらしいね。女性関係が奔放だったというのも初耳で、知らない事だらけだなぁと思った。
しかし、ルーベンスのほうがもっと見たい。個人的にどっちが好きかと聞かれたら、圧倒的にルーベンスで、ルーベンスあたりの時代の宗教画がモロに好みなのですよ。私は特に活動していない葬式仏教徒だけど、芸術だけはキリスト教のものが好きで、音楽にしても、バッハの荘厳な教会音楽なんかは、もう本当に素晴らしいなと思う。

それが終わったら、慌てて薬を飲んで、ネット巡回をした。
あっという間に昼が来て、昼食はカップラーメンを食べた。

午後は生協の注文をして、トイレ掃除もする予定だったけど、朝、母に「15時から風呂にも入らにゃならんし、トイレ掃除する余裕が無い」と言ったら、「じゃあトイレ掃除は明日にしたら?」と言われたので、その通りにすることにした。
夕方、ゆっくり風呂に入った。

夕食は魚だった。昔は魚、肉より好きだったのに、今は肉のほうが好きで、「今晩は魚だよ」と言われると、がっくり来てしまう。まぁそれでも美味しく食べたけど。

過敏性腸症候群は、かなり調子が悪かった。もしかして、エビリファイというか、アリピプラゾールの副作用?というくらい、下痢しまくった。午前3回、午後回数不明、というくらい排便した。入浴中にも便意を催し、せっかく檜の香りのバブ(入浴剤)を入れたのに、全然ゆっくり浸かってられなくて、すぐに上がってしまった。そして、体を拭くのもそこそこに下着は着ずに服だけ着て、トイレへ駆け込んだ。便座に座ってフッと気を緩めたら、ドシャーッと便が出て、これ湯船でやったら一大事だったわ、と間に合ってホッとした。

精神症状もかなり悪い気がする。主治医に対する不満というか、うーん、今こうして打ち込んでいる時は「なんでそう思ったんだろう?」って感じなんだけど、ついさっきまでは、主治医が私の事を馬鹿だと思っていて、嘲り笑っている、見下している、死ねばいいのにって思っている、みたいな考えに支配されていた。それで、主治医のことを殺してやろうかとか思っていた。
やっぱこれエビリファイの副作用じゃないのかなぁ。煽る感じがあるよね、エビリファイ。