絵画教室 静物1-03

久しぶりの絵画教室だった。
前回、下書きをやって、まだまだ描きこんでいなかったので、その続きをやるんだろうなーと思って行ってみたら、絵の具が置いてある。まさかもう着彩?と思っていたら、ビンゴ。先生曰く「下絵はそれくらいでもういいから、塗っちゃおう」って。

前回の下書きを見ていただけたら分かるのだが、本当に下書きの下書きみたいな状態で、ダリアの花の花びらはそこそこ形を取っているけど、葉っぱ等は輪郭くらいしか取れていなくて、こんなんで塗って大丈夫なのかよという感じ。
さすがに葉っぱは太い葉脈すら描けていなかったので、それだけでも取らせてください、と頼んで、描いた。
そのうえ、結構クッキリ描いてしまったダリアは、先生のお好みで練り消しで消し、薄くさせられた。なんだろう、先生のお好みなのかな? それとも絵画的な基本なのかな? うちの教室では、下書きをどんなにクッキリ描いていても、かろうじて分かるくらいまで薄くさせられる。着彩で困るんですけど……。まぁ消したほうが仕上がりは綺麗だけど……。

というわけで、下書きをさっさと終わらせて着彩に入った。
今回は先生も工夫をされたようで、パレットに出してある絵の具一覧みたいなものを作成されていた。特に、パレットに出した絵の具本体の色と、紙に乗せた時の色が、全然違う絵の具が結構あって、紙に乗せてある一覧はとても助かった。
先生の指導通り、ダリアならダリアをずーっとやる、葉っぱは葉っぱでずーっと葉っぱ、みたいな塗り方ではなく、全体的に満遍なくダリア少し葉っぱ少し花瓶少しみたいな、少しずつバランスを見ながらやって欲しい、と言われた。
なので、その通りに少しずつやったんだが、私のやり方は、少しずつというより、一部分ずつだね。まずは左半分だけ、みたいな。なんかちょっと、あんまり上手くないな。

色が薄いのもわざとで、光が当たっている場所は、最初は色を一切付けないでくれ、と言われた。そして、まずは薄く色を付けて欲しいとも言われた。なので、写真を撮ってみたものの、色が薄すぎて良く分からないという……。
まぁこれからに期待だね。

静物01-03
静物01-03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。