生前贈与で既にもめている

今年の3月頃だったか、親父と生前贈与関係の書類のやりとりをしていたんだが、私が難しめな質問状を送ったところ、「改めて税理士に確認します」と言ったきり、音信不通になっていた。
あれ以来もう4か月も経つし、どうなってるんだと思って、母経由で親父に言ってもらうようにしたら、「文書で返答します」とのことだったので、何か進展があったんだろうなぁと思った。

夕食後、食器を置きにキッチンへ行くと、親父からの書類が置いてあった。自室に持って帰って読むと、今までやっていたやりとりのほとんどがちゃぶ台返しされてて、呆気にとられた。色々問いただしたり、書類にハンコ押したりしたのは、一体何だったのだろう?
だから最初からまともな税理士に相談しておけ、っていうのに、今時Webサイトも無いような怪しげな弁護士事務所に頼んでいたり、30代と思しき経験の無さそうな行政書士に依頼したりしているから、本当に頭が悪い。
愚痴を書いたらきりが無いからもう止めるけど。

まぁとりあえず、ハンコは三文判ではなく実印を使ってくれ、ということだったので、実印を用意しなくてはならなくなった。私、持っていたような気がするけど、ちょっと良く分からない。無かったら作らないと。出費がかさむなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。