母の下衆さにうんざり

今までにも、何度もうんざりさせられているんだけど、改めて今日、母の下衆さにうんざりさせられた。

きっかけは、絵画教室の先生が出身学校を自らバラして(大学はバレているので、それ以前の学校)、それがとても凄い学校だったので、ビックリしたよ~的な話をそのままそっくり母に話した。
普通なら、「そうなんだ、凄いね」「勉強、頑張ったのかな」とかいう反応をすると思う。ところが、母は違った。「そんな凄い学校に通っていた女性と結婚した旦那さんって、どんな人なんだろうね?」……。なにそれ。旦那、関係ないじゃん。それに、先生は離婚されている。それで旦那の話、出す?
もし母が先生と直接話していたら、悲劇が始まっていただろう。

私がそれとなく先生の元旦那の話題を逸らそうと、「先生の年齢でバリバリのキャリアウーマンしてたのも納得だね」とか話しているのに、何を言っても強引に「そういう女性の旦那さんって」という方向へ持って行くので、ブチ切れてしまった。
「先生の出身校と旦那の人柄は関係無いし、そもそも、もう離婚しているんだから、どうだっていいだろ! しつこいよ! なんでそんな女性週刊誌に書いてありそうな話しか出来ないんだよ!」
ほんとね、うんざりです。下衆すぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。