マライア・キャリーが躁鬱病(双極性障害)を告白

日刊スポーツの記事に『マライアそううつ病「孤独だった」米誌で初告白』とあった。夕方のテレビニュースでもやっていたので、本当なのだろう。
洋楽にはそんなに詳しくない私でも、マライア・キャリーの名前くらいは知っているし、曲もクリスマスシーズンになったら必ずかかるから、聞いたことがある人は多いはずだ。そんなマライアに対して、最初に違和感を持ったのは、デビューして数年で激太りした時だった。アメリカ人だし、食べるもの違うし、大ヒットを飛ばしてお金持ちになって、いいもんいっぱい食べちゃったのかなぁ、なんて思っていた。でも、多分それも躁鬱病の走りだったのかもしれない。

テレビニュースでも、躁鬱病と診断されたが、最初、その事実を受け入れられず、治療を拒否した云々と言っていた。なんか分かるなぁと思った。
私も今の主治医に「躁鬱のケがあるね」みたいなことを言われて、気分安定薬を処方された時、主作用より副作用が怖くて(実際、失明したりする副作用がある薬もあるので)、少し飲んだけど勝手に中断したことが何度もあった。それで何度も躁転して、10万くらい散財することを繰り返したのち、ようやく気分安定薬の重要性を痛感し、きちんと服薬するようになったのだ。

それにしても、マライアのような有名人が、この病気をカミングアウトするのは、とても勇気が要ったことだろう。でも、当事者としては、こんなに心強いカミングアウトは無いと思う。感謝したい。多分、世界中の当事者がそう思っているだろう。
そして同時に、躁鬱病の認知が進んで、より早く治療に繋がったりすれば良いかなぁと思う。ブログ村なんかを見ていると、躁鬱病はきちんと治療さえすれば、統合失調症よりも格段に社会復帰のしやすい病気だと思う。障害者枠でない一般枠で働いている人が多いように感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。