美術館へ行った

県内の某美術館へ行った。場所がとても辺鄙な所で、父親の運転で母も同乗して、家族3人で行った。GW期間中ということもあり、道が少し混んでいて、高速道路を使ったが1時間くらいかかってしまった。まぁこっちは車に乗ってるだけで着くから、楽なんだけど。
現地では、ランチは母と一緒に、美術館館内はほぼ別行動で回った。とても特徴のある美術館なので、あまり詳細に書くと身バレするから、敢えて書かないが、とても見ごたえがあって良かった。美大生らしき若者の姿も、ちらほら見かけた。こんな僻地まで来るのは大変だったろうに、と思った。

母が、美術館で監視している係員が座る椅子に座ってて、慌てて「これは座っちゃダメな椅子だから!」と注意した。係員も、注意してくれて良かったのに、スルーしてるもんだから、母は別に座ってて良いと思ったみたい。母はあまり美術に興味が無いというか、積極的に美術館へ行くようなタイプではないので、「えーごめん、知らなかった」って言ってたけど、椅子が1個だけ置いてあって、誰も座っていない時点で、怪しいと気が付けよ! いつも刑事もののドラマではすぐに犯人を推理して当てるのに。
私自身は、美術館へ来るのは久しぶりだったため、体力不足が懸念されたけど、案の定で、常設展を見るだけで足が疲れてしまい、企画展の入り口にあったソファで少し休んだ。やっぱりもっと体力を付けないといけないなぁ。
企画展は、これが見たくて行った、という感じなんだけど、あまり一般受けはしないのか、思っていたよりも人が少なくて、悠々と見て回れた。満喫した。

企画展から出てきて、これも久しぶりにミュージアムショップへ寄って、お気に入りに追加された絵画の絵ハガキを買った。
絵ハガキは出す相手がいないけど、コレクション的に買おうかなと思って。今までもそうして買って来ていて、200枚くらいあったんだけど、当時吸っていたタバコのヤニで、全部が茶色に変色していたので、捨ててしまった。まぁこれはある意味、捨て捨て病だよね。ちょっと後悔している。
そんなわけで、タバコを止めた今、ヤニに汚れることも無いだろうということで、奮発して3枚買ってみた。

帰りは高速を使わず下の道を通って帰ってきたが、同じくらいの時間だった。高速代がもったいないが、今乗ってる車で高速に乗ったのは初めてだと思うので、いい記念になった。今の車、3日でおさらばなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。