メンクリの通院日 レキサルティ1mg追加

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。待合室が若干混んでおり、20分ほど待たされた。

診察では、まず「支援センターの利用手続きをするかどうか、迷っている」ということを話した。すると、主治医は苦い顔をしながら「気持ちは分かるんだけど、どこでもいいけど、どこかの支援センターには繋がっておいたほうがいいよ」と言って来た。ここまで粘って推してくることは、普段の診察ではほとんど無いので、これは継続利用しておけってことなんだろうなーと、不得意な「空気を読む能力」を発揮した。
とにかく、作業所の利用計画書を書ける人が本当に市内に少ないらしく、もし支援センターを移るんなら、利用計画書を書ける人を確保してからにして、と言われた。そこまでの状態だとは思っていなかったので、少し考えを改めた。プログラム等についても、参加したくないならしなくていい、問題職員が嫌なら話さなくていい、ただ本当に、利用計画書が(ryって感じなので、不本意だけど、利用継続手続きをすることにした。

次に、ペーパードライバー教習の教習所、歯科医院の治療、2か所目の作業所の見学等、支援センター(これは診察中に片付いたが)と、同時進行していることが多すぎて、頭がいっぱいいっぱいになってしまう、どうして良いか分からなくなる、と話したら、「1つずつ解決しよう」と言われた。やっぱりな。言われると思ったよ。
そのためには時間がある程度必要だから、と言われたので、「私もそう思って、8月の地元の絵画教室はお休みを取りました」と言ったら、主治医はウンウンと頷いていた。

睡眠はなるべく0時前には寝るようにしているが、朝4時に目が覚めてしまうことが多い。眠剤はロヒプノール1mgに戻したほうが良いのでは? と聞いてみたが、日中眠気があることを理由に、現状維持を言い渡された。ま、そうかもな。

2か所目の作業所の見学や通う事そのものを見直したい、と話すと、また主治医は「うーん」と唸りながら身をよじらせて、色々考えている様子だった。「何か好きな事、目標に出来る事があれば、いいんだけどね」と言うので、たとえばWeb制作で在宅バイトをするような感じとか考えているんですけど、などと話した。
私はPC関係は完全独学なので、一度でいいからきちんとした講習を受けてみたい。例えば、職業訓練校みたいなところで習ってみたい。でも、そういう所は毎日フルタイムで授業があって、1日でも1時間でも休むと卒業させてもらえない、と聞いた。だから、今の私には無理なんです。
的な話をしたら、主治医が「じゃあまずその講習に出られるような体力を付けよう、って話になるよね? 週5日朝9時から夕方17時まで、外に居られる体力や体調が作れたらいいよね。でも、いきなりそれは無理だから、じゃあまず週3日出られるようになろうか、って考えるよね。こんな感じに、段階的に目標を設定していったら、遠い目標のために、今無意味だと感じていることも頑張れないかな?」と言って来た。なるほどなぁ。

まぁそうなんだよね。最初から、自分がやりたい仕事ができるとは思わないほうが良い。私もIT系Web系の仕事をする前は、営業や接客をやった。それで「全然向いてない!」と思ったから、事務系技術系の仕事をしようと舵を切ったわけだ。
なんか今日は主治医にうまいこと丸め込まれた感があるw

あとは、脳内会話が酷い時があって、特に入浴中とトイレの中で、会話に気を取られて動作が止まってしまうことを話した。すると、こちらとしてはロナセン追加の24mgになるのかと思っていたら、おもむろに「新しい薬が出てね」と言ってきた。思わず「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と言いそうになったw 咄嗟に「レキサルティだ!」と言ったら、主治医は「うん」と言った。
レキサルティ、発売からどれだけ経ったんだろう? とにかく、発売直後ではないよね。しばらく経ってるわけだけど、主治医曰く、目立った副作用も無いし、むしろアカシジア等、エビリファイで気になっていた副作用がほとんど出なくなっているので、試してみようか?ということになった。
夜寝る前に1mgを、ロナセン20mgに追加の形で飲むことになった……。ちょっと多すぎない? 大丈夫かなぁ。若干怖いけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。