お金の話

先日、作業所の勤務で、昼休憩の時に、利用者の男性に嫌なことを言われた。「僕、先月の給料〇円だった~。erikoさんはいくら? 1万円?」みたいなこと。
その人は古くから在籍している利用者で、ほぼ毎日フルタイムで勤務している。そんな人がたった〇円だったことにもちょっと驚きだが、驚きどころはそこじゃなくて、なんで私の給料の額を聞こうとするんだよ!って話。本当に不愉快だった。

怒りを溜めがちな私でも、さすがにこれはカチンと来て、思わず「そんなのいくらでもいいでしょ? だいたい週に1日しか来てないのに、Aさん(給与額を聞いてきた男性)より多いわけ無いでしょ。そういうのホント失礼だよ? 二度と聞かないでくれる?」と言い返していた。ほんと、咄嗟に出たセリフにしちゃ、上出来だなと思った。
まぁこのAさんというのが、いわゆる知的障害がありそうな感じの人で、前々から「甘えられてるっぽい気がする」とは思っていて、少し警戒していたんだけど、今回のことで本当にイラついたし、差別的で悪いが、知的障害の人にこれ以上距離を詰めてこられても気持ち悪いだけなので、二度と話しかけられないことを覚悟で、キツめに返したのだった。

それにしても、ちょっと前の「スマホ買える?(くらいのお金ある?)」と聞いてきた女性先輩といい、ここの作業所は本当に常識知らずばかりだな。嫌んなるよ。
私だって、絶対にお金の話はするな、とまでは言わないよ。例えば支援センターで、ちょっとフリルの入った可愛い系の服を着て行った時、「それどこで買ったの?」と女性利用者に聞かれたので、「しまむらだよ、安いよ」と言ったら、「いいね、ちょっとしまむら行ってみる」みたいな話をしたことがある。そういうのは全然構わない。

なんだろ、うちは両親とも西日本出身なせいか、「お得に買い物できた時」とかは、人に言いたくなるし、聞いてもらいたくなる。980円のTシャツ着てて、「それいいね、2000円くらいした?」と聞かれて、「違うよ~980円だよ~」と言う時なんかは、かなり快感だ。
でも、さすがに給与額を聞かれたり、預貯金額を聞かれたりしたら、それは断るね。ブログ村の「40代おひとりさま」でも、ご自分の給与額やら家計費やらを大公開されている方が結構いらっしゃるけど、こっちとしては参考になるからありがたいけど、そんなにあけっぴろげにしちゃって大丈夫なの?とも思ったりする。
私は株もやってるけど、そのことについてもほとんど触れないようにしている。投機的な目的でやってるんじゃなくて、株主優待と配当が目当てだから、短期的に「いくら儲かった!損した!」って話は、全然興味が無い。まぁ敢えて言えば、3年で大卒30代の月給くらいはプラス。でも生活保護になるまで売る気が無いから、かなりどうでもいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。