メンクリの通院日 薬変わらず

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。
待合室はそんなに混んでいるように感じなかったので、すぐに順番が回ってくるだろうと思ったら、5人くらい待つのでビックリした。15分ほど待って、ようやく呼ばれた。

まずは、下痢がひどかったことを話した。作業所のランチ会があったけど、その数日前からもうお腹の調子が悪くて、精神的なものなのかなぁ、と話したら、「血が混じったりしてない?」と聞かれたので、「さすがにそれは無いです」と答えた。
「だったら、自律神経の乱れが原因だろうねぇ」と主治医。処方薬も無い模様。

作業所は1回だけ行ったけど、朝起きれなくて、大幅に遅刻する状態だった。眠気が異常で、夜中に何度か中途覚醒するくせに、朝は起きれず、今日なんか11時まで寝ていた。というような話をすると、主治医は少しお悩みモードだった。
思い切って「眠剤、変えられないですか?」と聞いてみると、主治医は「ちょっと待ってよ~。今だってバランス見てるんだよ~。ロヒプノール半錠でしょ? これ以外の処方はなかなか無いと思うよ?」みたいなことをオーバーアクションで言うので、これも変えられないのかーと思った。
なんか、ロナセンも変えられないし、リーマスも減らせない。今の処方がよほど安定していると思われているのか、まったく変えてくれなくなった。まぁ確かに、一時期よりは安定しているような気がするけど……。

買い物しすぎていることを話したら、「少し自分でもセーブするように心がけて」と自力で努力することを指示された。ううう。「家計簿つけるのもいいけど、何かアプリとか探したらありそうじゃない?」というので、あとで調べてみようと思う。あまりスマホに個人情報を入れたくないんだけどね。

ペーパードライバー講習に行き始めて、最初の乗車でクソ教官に当たってしまったことを話したら、爆笑された。おーい、こっちは怒ってるんだぞー。「いまどき、まだいるんだ~」だって。「私が学生の時も、意地の悪い教官、いたけどね~、今もいるとはね~」ってゲラゲラ笑ってた。何がそんなにツボだったのか?
「ストレスで、教官を殺したくなったり、自分が死にたくなったりする」と話したが、華麗にスルーされた。ドクターストップがかかるかと思っていたが、なんともなかった。むしろ「ガミガミ言われても、『またなんか言ってるな、ハイハイ』って聞き流して、教習が終わるまでの付き合いなんだから、割り切っていきなよ」みたいなことを言われた。応援されてるのは、応援されているらしい。

そして最後に、他科で身体障害者手帳が取れるかもしれない、と言われたことについて話した。主治医も興味があるらしく、真剣に話を聞いてくれたが、「とりあえず検査受けるだけでも受けてみたら?」とのことだった。主治医と話している過程で私もそう思ったので、次に診察に行った時に言う予定。

ついでに、「どうでもいい話なんだけど」と前置きして、「作業所のお祭りのポスターが採用されました。ここのクリニックの掲示板に貼ってあるポスターがそれですw」と言ったら、主治医が「え!」と驚いて、「あ、そうなの! あとで見てみるね。そっか~、ポスター描けるなら、〇〇(主治医が参加しているフットサルの試合)のポスターも描いてもらえば良かったな~」みたいなことを言った。
そこで私が「フットサルとかサッカーとか、見ないからイメージ湧かないんですよ。何描いて良いか分からない」と言うと、「なんでもいいから試合とか見てよ」と主治医が食い下がる。私が「サッカーって、どこ見て良いか分からない。ボールだけ見てると『フォーメーションも見ろ』って人がいる」的な話をしたら、主治医が「フォーメーションなんて言ってる奴いるの? そんなのどうでもいいから! ボールだけ見てればいいの!」と言う。なんか、これメンクリの診察だよね?みたいな……。
結局、何を話しに来たのか良く分からない診察になってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。