新しいB型作業所へ見学予約した

数日前から密かに動いていた計画なのだが、今度、新しいB型作業所を見学することになった。
その作業所は、Webサイトでは「主な仕事はデータ入力です」と書いてあったのだけど、今までにその文言で何度も騙されているので、とにかく仕事内容だけでも確認しなくては、と思い、まずメールで連絡を取った。

すると、そこの作業所では本当にデータ入力を主にやっていて、PCも揃えている、とのことだった。Webサイトに掲載されいていた作業場の紹介写真でも、PCデスクに座って入力作業をしているような人が写っていたので、嘘ではないと思った。
また、これはどこの作業所にも聞いていることだが、今登録している作業所で、陰湿なイジメをしてきた女性がいるので、その人がすでに在籍しているなら利用はお断りしたい、というようなことを確認させてもらった。結論としては、「いない」とのことだったので、安心した。

これは見学だけでもしてみたい!と思ったので、その日のうちに見学を希望する旨のメールを返信したのだが、数日経っても返事が無い。うーん、これはもしかして、責任者の方がPCに疎く、うまく確認が取れていないのでは?と思って、今日、思い切って電話をかけてみた。
最初、話し中だったため、何度か時間をおいてかけなおしたんだけど、1時間くらい話し中だったので、「もしかして、今日休み!?」とか思った。「これで最後にするか」との思いで11時過ぎにかけると、繋がった!

色々話してみると、案の定、責任者の方がPCに不慣れで(そのわりにデータ入力をやっているのは不思議)、着信があったことに気が付かなかったそう。やっぱりなぁ。以前、問い合わせた作業所の責任者も高齢女性で、メールの使い方が良く分からない、と言っていたっけ……。
まぁそのあたりはこちらも慣れてきたので、そんなもんかと思ってスルーしている。

で、その場ですぐに私の返信メールを確認してもらい、「見学をご希望なんですね!」と言われたので、「それそれ、そのメール!」と思った。
メールでは、午前11時に見学したい、と書いたけど、ちょっとその時間に伺える自信が無い、と正直に話すと、「構いませんよ、うちは皆さん、そういう人ばかりですよ。午前は調子が悪い、午後からなら元気、って方もいらっしゃいますよ」と優しく言ってくださったので、安心して「では午後でお願いします」と申し出た。快く受けてくれた。ホッとした。

見学はGW明けでお願いしてある。物理的な距離はちょっと遠いけど、仕事内容が面白そうだし、多分、バスが1時間に2本しか無い、交通の不便な今の作業所と比べても、トータルの通勤時間は変わらないと思う。ま、行ってみないことには分からないけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。