Progateをやってみた JavaScript 7.変数の役割

PHPも少し落ち着いたので、気分転換にJavaScriptをやってみた。
しかし、しょっぱなから疑問なことが出てきた。「ES6とES5とは何ぞや?」という問題だ。講座には「バージョンの違いで、初めて学習されるかたはES6をお勧めする」とある。
今迄のPHPで懲りたので、素直に初心者であることを自覚して、ES6をやってみたのだが、なんか違和感が……。そう、変数の定義方法が、私が知ってるのは「var」なんだけど、ES6では「let」なのだ。全然違うんだよ。もうね、ポカーンですわ。

これは旧バージョンとやらも確認しておいたほうがいい、と思って、ES5を見てみると、やっぱり「var」が使われていた。がくーっ。varはもうオワコンなのか。時代遅れなのか。おばさん、時代の波についていけないよ……。
なまじ知っているとダメだね。混乱する。「私の記憶では、確かこれはこうしたはず」が通用しないわけで。

でもまぁいい暇潰しにはなるので、ES6でやってみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。