新しい作業所(3)の体験利用2回目

新しい作業所(3)の体験利用2回目に行ってきた。
16時までの予定だったが、足の指に湿疹が出来て、どうしても痛痒くて堪らないので、皮膚科に行くため、早めに上がらせてもらうことにした。

何故か今日もバスが激混みで、最寄り駅に着くのが、電車が到着する5分前くらいだった。当然、地元の駅前のコンビニでは、昼食は買えなかった。もう1本早いバスにしたほうがいいのだろうか? ちなみに乗ってる人は年寄りばかりで、もしかして最近の高齢者交通事故を受けて、免許返納している人が多いのかな?と思ったり。

さて。新しい作業所(3)の仕事は、聞いていた通り、データ入力だった。なんか、いろんな種類のデータ入力があるようで、午前と午後で違うデータを入力した。
自分で言うのもおこがましいが、入力はかなり早いほうなので、他の利用者の1.5倍くらいは捌ける。なので、他の人が例えば10個のファイルをあてがわれていたら、私には15個のファイルがあてがわれているような状態で、「体験利用なんだけど、めっちゃ仕事やらされてるなー」と思った。

で、午前中は所用で責任者のかたに来客があり、話せない状況だったんだけど、午後になって話が出来るようになったので、今後のことも含めてちょっと話し合いがしたい、と申し出た。
話し合いの内容は、やはり主に工賃で、「大変言いにくいのですが~」的なことを言ったら、「いやいや分かります、そこ気になりますよね」と先方もやはり気にされていて、工賃が安すぎて生活できない、と辞めた方もいる、との話だった。

私も、新しい作業所(3)は赤字になってしまうので、どうしようか本当に迷っている、ということを伝えた。ただ、仕事内容は今の作業所よりもはるかに楽しくて、やりがいも感じる、という感じで話はした。
それで、愚痴っぽくなっちゃったんだけど、今の作業所では人間関係のトラブルが多く、もう何度も被害に遭っているので、正直辞めたいと思っていることも話した。なので、できれば新しい作業所(3)で働きたいのだけど、工賃が~といういつもの堂々巡りで。

それで、上述の通り、私が他の人より捌ける仕事量が多いから、プラスαでボーナスが付かないか?みたいな話をしてみたら、今の段階では難しい、とのことだった。ただ、その方向で出来るようにかんがえてはいる、とのことだったので、工賃月3000円で終わらそうという意思が無いことを確認できただけでも良かった。
また、今はまだ法人を立ち上げたばかりで、利用者も少ないし、熟達していないけど、例えば1年後などを考えた時に、熟達した利用者が増えて、請け負える仕事量も増えて、それで工賃が増えていく、という可能性は、考えても良いのだろうか、的な話をしたら、「その方向で行ければいいなと思っています」的な回答だった。

いずれにしても、今すぐに工賃を上げることは無理だが、将来的には上げられるように頑張りたい、という意欲だけは伝わった。
先方も「良く考えてから決めてくださって結構ですよ」と言ってくださっているので、もう少し考えてみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。