メンクリの通院日 薬局2時間半待ちで心が折れた

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。
待合室に入ると、待っている患者であふれかえっていた。う、これは待ちそう……。実際30分くらい待たされた。

診察室に入るなり、主治医から「大変お待たせしました」と言われたので、「お盆だからですかね?」と聞くと、「はいそうです」と言われた。

診察は、まずは出張ペーパー教習が終わって、その解放感から2万円くらい使ってしまったことを話した。主治医は「あー……」というような顔をして、PCにカチャカチャ入力していた。何を買ったとかは、特に聞かれなかった。
教習が終わったら、脳内会話が減った半面、昔の嫌な記憶がフラッシュバックすることが増え、つらくなるようになった、という話をした。そこでもキーボードをカチャカチャしていた。

銀行や美容院へ行く数日前から、暴れたりする暴力的な幻視が見えて、迷惑している話をした。本当に殴ってしまったらどうしよう、とか思うんだけど、実際に行ってみるとなんともなくて、拍子抜けする。まぁそれはそれで良いことなんだけど、やっぱり、あまり気分の良いものではないよね。

あとは、報告と言うより質問っぽくなるんだけど、私が風呂に行こうとした時に、母から「風呂入るの?」と聞かれたので、「私が風呂入ったらいけないのか? あんたの許可が必要なのか? 監視するつもりか?」と言ったら、母が「それは被害妄想だ」と言われた。これって本当に被害妄想ですかね? という話なんだけど、主治医はニコニコしながら「それは妄想ではないね」と言った。
「被害的な考え方、というのかなー。とにかく妄想では無いよ」と言うので、安心した。

朝なかなか起きれなくなってきたことを話した。これについては、何も解決策を教えてくれなかった。
新しい作業所に行きたくなくなってきたことも話した。「どこの職場に行っても長続きしないし、人間関係でトラブルを起こすし、もう嫌だ。うんざりする。きっと新しい作業所でも何かトラブルを起こすに違いない」みたいなことを言ったら、「モチベーションがもう少しあればいいんだけどね」みたいなことを言われた。
仕事って難しいよね。面白い仕事、続けたくなる仕事に限って、首切られる。私がその職場にふさわしくないってことなんだろう。悲しい。

一番重要な話、ロナセンのジェネリックに変えてもいいか、聞いてみた。すると、ロナセンのジェネリックはロナセンを作ってるメーカーが作ってるらしい。なんだそれ?と思ったら、主治医曰く「よそのメーカーにシェアを奪われるくらいなら、自分の所でジェネリック作って売ったほうがいい、って判断なんだろうねー」とかなんとか。なるほど。
そんなわけで、今日からロナセンはジェネリックです。

で、診察室を出て会計を待っていたら気が付いた。最近薬局ですごく待つ(1時間半~2時間くらい)ので、当日は薬を受け取らず、翌日に取りに来たいから、薬を多めに出してほしい、と言いたかったのに、言ってなかったことに。
しまったー、と思ったけど、まぁ会計で受け付けの人に言えば、なんとかしてくれるだろうと思って、言ってみたら、むちゃくちゃ嫌そうな顔をされた上に、「今日3日分とか余計に出しても、受け取るのは明日以降なんだから、どっちにしても今晩のぶんからお薬無いですよね?」とド直球なことを言われた。
薬の個数の調整、前は融通してくれたと思ったのに、今日は激混みだからやってくれないのか、と思って引き下がった。

それで薬局に行ったら、やっぱり案の定、2時間半待ちということで、驚愕。最初はニンテンドー3DSをやって待っていたんだけど、30分しか間を持たせられなくて、これがあと5倍続くのかと思ったらつらくなってきて、さっきの受付の女性の言い方もキツかったし、泣きそうになってきた。もうこれは精神的に無理、心が折れて、薬局受付に「erikoですが、もう帰ります。明日来ます」と言って、帰ってきた。それでも、いつも帰る時間より遅かった……。はぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。