薬局の店長から電話があった

朝一でメンクリの薬局の店長から、スマホ宛に電話があった。昨晩、携帯番号でスマホに着電があったんだけど、たまたま入浴中で出られなかった。多分薬局からだろうなーと思ったら、こちらからかけなおすほどでも無いと判断し、放置していた。

で。今度はPCデスクに座っていたので、すぐに出ることが出来た。
出てみるとやはり薬局の店長で、先日私が親会社へメールした内容について、謝罪の電話だった。

最初は先方もこわばったような声で、警戒しているのがすごくよく分かった。こちらは精神障害だから、電話越しとはいえ突然キレて何するか分からないだろうし、警戒したくなる気持ちは分かる。
でも、こちらとしては、怒ってて謝罪してほしい、っていうより、とにかく待ち時間の解消をしてほしい、というのが一番言いたい事だったから、その点について重点的に、愚痴をはさみつつ話した。

以前は30分~1時間待ちくらいで済んでいたのに、ここ1か月くらいで急に長時間待たされるようになったことなどを話して、私以外にも具合が悪くなってぐったりしているご老人がいたり、受付で「そんなに待つのか!」とキレている男性がいて、怖い思いをしたこともある、みたいな。
それで、先方としては、患者さんの増加数や処方量の増加を見誤り、薬剤師の人員が足りていなかったのは事実なので、そこは謝ると。そして、上の人間とも話し合い、今後は薬剤師の増員を行って対処していきたいので、どうか今後も当薬局をご利用いただけないか、という話に帰着した。それが言いたかったんか~い!みたいな。
まぁでも、薬局としては、1人でも患者は離したくないんだろうなぁ。月5000円くらいしか使わないのに。まぁ何かあって悪評でも立ったら、大変だしなぁ。

そんな感じで、わりとあっさり話が終わってしまった。まぁ何時間も話すような内容でも無いしな。とにかく、これで待ち時間が早くなってくれることを祈るばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。