WordPressのCSSを弄ってみた

さっきの記事(『自分でできる「認知療法」入門』第20回まで読んだ)を書いた時に、インライン引用のタグqを使ったんだけど斜体が分かりづらくて、これじゃ引用と思われないな、と思った。それで、WordPressのCSSを弄ってqを太字にしようとした。

WordPressの外観からカスタマイズ、カスタムCSSと選択して行って、普通に font-style: bold; を指定した。
ところが、まったく反映されない。スペルやプロパティを間違えたかな?と思って何度も確認したけど、間違えてない。そこでふと気が付いた。もしかして、WordPressのCSSってCSS3なのでは?ということ。
私が知っているのはCSS2なので、フォント回りで変更があったら指定が通らない。

というわけで、ネットで検索。あぁやはり。CSS3では Font-weght というプロパティに太字が設定されていた。なーるほどー。
早速カスタムCSSで font-weight: bold; と指定したら、ちゃんと反映されましたよ。qタグでくくったインライン要素が太字になりました。うああ感動!
いや~さっきの記事で「やることない」「ネサフしてるだけ」とか書いてたけど、こんな些細な事で達成感が味わえるとは思わなかった。少し気分が持ち直した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。