金庫を買った

簡易なものだけど金庫を買った。防火防水金庫なので、いわゆる防犯性能はほぼ無いらしいけど、めっちゃくちゃ重たいので、これをさげて逃げる泥棒はいないと思いたい。

事の発端は不動産の権利書等だった。A4の封筒に入っていて、とりあえずデスクの脇に立てかけておいたが、こんな重要書類をこんな無防備な所へ置いていたらダメなのでは?と思った。そこで書棚にしまった。
金庫の購入は、結構前から考えていて、そこでふと書類を出そうとしたら、どこへしまったか分からなくなっていた。書棚には似たような封筒に入った書類がたくさんあり、それを1つ1つ中を開けてしらみつぶしに調べて行った。それでようやく見つけた。

さすがにこれはもう限界だな、と思い、今回母と私で使う年賀状作成ソフトを買うついでに、金庫も買ってみた。

上述の通り、めちゃくちゃ重たくて、自室に持って上がるのも一苦労だった。早速取扱説明書を読んで、中に貴重品を入れ、さてどこに置こう?となった。金庫だから、目に付く所に置いたら意味無いよね。
って色々書こうとしたけど、取説に「どこに置いたか誰にも言わないこと」みたいな但し書きがしてあったので、秘密にします。冷静に考えたら当たり前だよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。