メンクリの通院日 もうB型作業所は無理なのか?

昼から生活訓練へ行き、帰りがてらにメンクリへ通院してきた。
生活訓練でモニタリングの手続きがあり、いつもの電車に間に合わず、1本遅い電車に乗ったのだが、メンクリの予約時間までまだまだ余裕があって、仕方が無いからターミナル駅のベンチで時間を潰した。
一応時間を潰したつもりでメンクリへ行ったけど、15分ほど早く着いてしまって、これなら更にもう1本遅い電車でも良かったかな?と思った。でも、今日なんか台風が近づいていて、ややもすると電車が遅延することもあるし、やはり念には念を入れたほうがいいよね。

メンクリの診察では、最近抑うつ気味であることを訴えた。
たとえば、今生活訓練に通っているが、この福祉サービスの利用期間は2年までと決められている。この2年の間に最低でも週4日通所できるようにならないと、同じ事業所が運営しているB型作業所を利用させてもらえない。そして、多分それは私には無理だ。
とすると、B型作業所に行けないのに、生活訓練で修行する価値は無いのでは?と思ってしまうわけだ。福祉サービスを利用することが2年先送りになるだけで、根本的な解決にならない、という話。

そんなことを愚痴っていたら、主治医が「最近は短時間雇用の話も出ているし、2年後どうなってるか分からないよ?」「先のことはイイから、とりあえず今だけでも続けてみたら?」等々、言ってくれてたけど、今の私には何も響かなくて、「いや、絶対に今と変わりません」とはね付けた。主治医は悲しそうな表情をしていた。

そのあとは、買い物が増えていることを報告した。やはり、ターミナル駅には魅力的なお店が揃っているので、ついつい寄り道してしまう。
そのうえ、資格を取るのにお金を結構使ってしまったし、更には不動産取得税を支払わないといけないし、ズボンのウエストのゴムが着すぎて伸びて落ちてくるから、買い直したし。はぁ。

あとは、先日また新しく資格を取ったことを報告した。
すると主治医から「うちで雇いたいくらいだよ」と言われた。主治医は色々手広く活動しているので、「うちってどこですか?」と聞いたら、一番儲かっていないNPO法人だったw 「ごめん、給料は出せないんだけど」と言うから、「それはさすがに嫌ですw」と返しておいた。

そんな感じで、症状の話は多分もう何か月も話していなくて、ほぼ福祉・作業所・生活訓練みたいな話ばかりになっている。今日もそうだったなー、なんかあまり話したりないなーとか思いつつ、診察室を出たら、きっちり15分だった。先生凄い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。