メンクリの通院日 華麗にスルーされた

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。一昨日、PCで書いた長文(A4、1枚びっしり)の症状メモを持参して、診察に臨んだのだが。
主治医は、1分くらいでサーッと目を通して「ふーむ」みたいな軽いため息をついて、おもむろに「夜、寝られてない?」と聞いてきた。だから、それは全部紙に書いてあるじゃん! と思ったけど、昨日で軽躁状態が切れている私は、それを言う気力が無く、「はい、だいたいほぼ毎日、3時に目が覚めて、すぐに二度寝できるけど、5時半にトイレへ行くまでの間に、時々何度も起きてしまうことがある。睡眠が浅いという自覚がある」みたいなことは話した。なんだ、話せるじゃん、と思った。
「それはエビリファイの錠剤を飲み始めてから、そうなったの?」と聞かれたので、「うーん、そうだと思います」と答えたけど、よくよく考えたら、液剤の時も3時に起きていたような気がする。主治医が「錠剤ねー」とぼやいていたので、「形、関係あるんですかねえ?」と聞いたら、「あるのか、ないのか、どうなんだろう?」と疑問形で返された。頼りないよ~。

そのあと、「アキネトン、どうしたの?」と聞かれたので、「なんか午後に急に精神状態が荒れて、腕に小刀、突き立てたろうか!とか思うことがあったので、これは危険だなあと思って、何が原因なんだろうか考えた時に、アキネトンを昼だけ飲んでいないのが原因なのかな?と思って、試しに飲んでみたら、精神状態が落ち着いたんですよー」みたいなことを話した。
「なんでアキネトンが?とは思うけど、理由は不明です」と言ったら、「まぁ知らなくても良いですよ」と言われた。

それ以外に、「家にいても、あれやろう、これやろう、とどんどん思いつく。次から次へと行動する」みたいなことを書いているのに、主治医がスルーしているので、思わず「先生、このあたり、躁じゃないですか?」と聞いたら、「うん、これだと軽躁だね」と言われた。あ、そうか。医学的には、軽躁と躁とは、分けて考えているんだ。じゃあ私はII型なんだろうね。
しかし、リーマスも600mg飲んでいるし、デパケンも400mg飲んでいるのに、なぜ躁うつが出る? 分からない。
他にも、「歯の治療で麻酔を打ったが、歯科医に抗精神病薬を服薬中であることを言ったほうが良かったのか?」みたいな重要な質問がいくつかあったのに、全部スルーされたヽ(o`Д´o)ノ  なんだよ先生、年末だからって手抜きかよ!

とはいえ、正月休みを挟むわけで、下手に薬は弄れない。ということで、昼のアキネトンを追加した以外は、変更無しで終わった。はぁ。なんか凄い不満の残る診察だった。歯の麻酔の件は、改めて来年聞いてみよう。

追記。最後に「お正月はどこか行くの?」と聞かれた。「弟家族が遊びに来ると思います」と答えたら、ニコニコしていた。それで「多分、お寿司を食べに行くと思うけど、体調が悪かったら行かないです。去年も行ってないし」と言ったら、「そうだね」と言われた。
主治医の口ぶりだと、あんまり出かけて欲しくないような感じだった。まずい、暮れか新年に、バーゲンセールにでも行こうかと思ってたのがバレた? 手袋とストールが欲しいんだけど。駄目だよな、今年はもう買ったら。あぁでも欲しいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。