ドラマ『コード・ブルー』雑感

昨日の夜は、『コード・ブルー』というドラマを見た。なんでも3作目らしい。前作が7年前で、その頃は私は引きこもっていてPCゲームばかりしてテレビを見ていなかったので、どんなドラマか知らなかった。でも、かなり楽しめた。
初回にありがちな20分延長?は邪魔だった。見るの疲れちゃった。登場人物の名前も関係性も全然把握できていないのに、そんなの知ってて当たり前、みんな前作見てるでしょ?みたいな感じで話が進むので、そこはちょっと不親切だなと思った。

主人公の山下智久が、わざとなのか個性なのか分からないけど、物凄くくぐもった鼻声で、そのうえ口をあまり大きく動かさないで喋っているので、何言ってるか聞き取れない場面が何度もあった。まぁもともと私も耳が悪いので、そういうことは慣れているから、話の流れで「こう言ったんだろうな」って判断しているけど、ドラマの主人公レベルでこの声は無いわーと思ってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。