作業所の利用更新手続きをしてきた

作業所の利用更新手続きをしてきた。役所に入って、どこで相談していいのか分からなかったので、手近なコーナーにいる人に声をかけたら、「こちらで承ります」と言われた。
自宅で書いた書類を出して、「一応、書かなきゃいけないところは書けてあると思うんですが」と言いながら、紙を封筒から出して広げた瞬間、「個人番号」という項目が目に入った。やばい、そこ書いてない……。思わず「あ、個人番号を書くの、忘れました!」と言ったら、役所の人が「そこは書かなくて良いんですよ、むしろ書かれると困るんです」と言われた。何故。書いたらダメな欄が何故あるのか? だから役所の書類って嫌い。
その他、一通り目を通して貰って、終わるかと思いきや、聞き取り調査?が始まった。一人暮らしか、誰かと同居しているのか。通院、服薬はしているか。病院はどこか。同居者、親の健康状態はどうか。等々。こんなの前も聞かれたっけ?と思いつつ、正直に答えたが、唯一答えられなかった質問があった。それは、父親の健康状態。ハッキリ言って、父にはもう興味が無いので、何の病気をして、手術をして、ということにも、まったく興味が無いし、知りたいとも思わない。とはいうものの、母からは、いくつか簡単な手術をしたことはある、という話を聞いていたので、話そうかどうしようか迷ったけど、またまたハッキリ言って、どんな病気だったのか忘れちゃったので、思わず「父に重大な病気は無いと思います」と答えてしまった。
ようやく調査?も終わり、役所の人が、「計画書のほうはどうなってますか?」と聞いてきたので、「支援センターのほうで作っているので、20日に間に合うように郵送してくれていると思います」と答えたら、「分かりました」と言われた。これで手続き終わり。

帰宅して母に父親の病気の事を聞いてみたら、やはり命に関わる病気はしていない、とのことだったので、話さなくて良かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。