内田洋行CASTの座マット部品交換

私は15年くらい前に買った、内田洋行という会社の椅子「CAST」を愛用している。たしか5万くらいしたと思う。昔過ぎてラインナップには載ってないw 多分、形的にLudioっていうのが後継品だと思う。
PCチェアは9800円くらいでも十分なものが買えるけど、すぐに座面がヘタれるんだよね。CASTを買う前は、私もその安いやつを使っていたんだけど、あっという間に座面がヘタれていたので、布製のクッションを敷いて、しのいでいた。
しかし、そのクッションすらヘタれてきてしまい、仕事や食事で1日中椅子に座っているのだから、ちょっとくらい良い椅子を買ってもバチは当たらないだろうと思って、当時の2chで評判が良かった内田洋行の椅子を買ってみた。そんな感じ。

そして今。15年経ったのに、どこも壊れてなくて、座高を上下するガス圧シリンダーなんかも全然現役で、びくともしてない。さすが評判が良いだけある。
ただ、やっぱり座面がね。さすがにヘタれてきたのよ。今回も昔の安いやつと同じように、クッションを敷いて誤魔化していたんだけど、消費税も上がることだし、買い替えようかな、って思ったわけ。
で、改めて内田洋行のサイトを見たら、Ludioが結構高いんだよね。CASTを買った時は普通に働いていたから買えたけど、今はしがない年金暮らしだから、5万6万なんて出せないよ。年金金額じゃん。

そこで、部品交換に目を付けた。内田洋行(だけじゃないと思うけど)は部品交換が出来て、座面も別売りしている。私が買ったCASTというブランドの商品ページが無いので、もう取り扱っていないのかな?と思っていたが、ここにね、ちゃんと売ってるのよ。13100円で、それだけで安いPCチェアが買えちゃうけど、快適さを求めたら内田洋行のほうが格段に上なので、思い切って買うことにした。

23日の夜に見積もり依頼のFAXを送って、24日の朝8時半に見積もりのFAXが返ってきた。仕事早すぎだろうw だが、そこには本体・送料・消費税で15000円近くの見積もりが書かれていた。うーん、結構高くなっちゃった。少し迷ったけど、やっぱり内田洋行を信じて買うことにした。
24日の9時半過ぎに注文のFAXを送ったら、10時前に「お届け日9/25」と書かれたFAXが送られてきた。どんだけ仕事早いのw?

というわけで、本日午後、無事に座面(座マット)が届きました。
取り外しと取り付けに、かなり手こずったけど、なんとか組み立てられて、座ってみて感激。低反発マットみたいな感じ。ふわっとお尻を支えてくれる。これに座ったらもう安いPCチェアには座れないわ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。