認知行動療法の条件が厳しすぎた

先日、通っているメンクリで認知行動療法を受けたいから予約を入れた的なことを書いたと思うんだが、肝心の詳細については調べていなかったので調べてみたら、条件がめちゃくちゃ厳しいことが分かった。

曜日限定で毎週同じ時間に実施。頻繁に外出することが難しい私にしてみたら、この条件だけでも厳しいのに、1回50分で料金は約8,000円。高い……。これだと、1か月で32,000円もかかってしまう。払えないよ……。
しかも、多い人だと20回くらいのセッションが必要らしく、それだと全部終わるのに16万円ですか。ありえないよね……。

毎週定期的に通うのも無理だし、お金も出せない。ダメじゃない?
カウンセリング、なんで保険適用じゃないんだろう? 公認心理士は国家資格だよね。医師の判断でカウンセリングが必要だと認められたら、保険適用にしてほしいわ。毎週8,000円とか出せるわけ無いじゃん。
なんだろ、カウンセリングって働いている人が対象の治療なんだろうか? 無職で年金収入しか無い人は対象外なんだろうか?

自分で本買って自己流でやるのは意味が無いのかな。できないか。

4件のコメント

  1. 私が都会で働きながら通っていたメンタルクリニックでは、カウンセリングは無料でした。自分から申し出た訳でなく、医師から受けるように指示を受けました。正直、私にとってカウンセリングは苦痛でした。元々会話するのが苦手なのが原因かと思います。今の田舎のクリニックにはカウンセリングがありませんが、困っていません。統合失調症系の患者さんの場合、薬物療法が中心になるかと思うので、いかに上手く睡眠を確保出来るように処方してもらうかが大事な気がします。

    1. カウンセリングというか、認知行動療法ですね。認知行動療法の訓練を受けた心理士が行うもので、一般的なカウンセリングとは違うようです。

      私も統合失調症の症状ではさほど困っていません。双極性障害は若干困っていますが、そんなに騒ぐほどではありません。
      問題なのは過敏性腸症候群で、このせいで頻繁にトイレに行く(30分~1時間に1回程度)ため、外出や入浴がままならない、長時間同じ所にいることができない等、日常生活に著しい影響が出ています。
      予期不安やパニック症に近い状態で、認知の歪みがあるとのことで、主治医に確認を取って、許可は得ています。

      医師の許可があってもこんなに高いのでは、どうしようもないな、という感じです。

  2. 認知行動療法をカウンセリングと捉えていました。すみません。

    認知行動療法とはどのようなものですか?また認知行動療法はその値段に見合う程、有効性があるのでしょうか?どんな人が対象になるのでしょうか?よければ教えて下さい。

    私の場合は、非定型精神病の症状が酷いです。3年に1度くらいのスパンで大爆発を起こしています。日常生活には困っていませんが、大爆発時は医療保護入院です。同じ病名がついていても悩みは人それぞれですね。

    1. 認知行動療法については、とても一言で言い表せるようなものではないので、ネットでお調べいただいたほうが分かりやすいと思うのですが、「認知の歪みを正す」というのが1つあると思います。
      例えば、摂食障害の方が、もう十分痩せているのに「自分はまだ太っているからもっと痩せなくては」と思うことなどが該当します。

      私の場合だと、1時間に1回はトイレに行かないと落ち着かないので、日常生活に支障が出ています。でも、普通の人はそんなに頻繁に行きませんよね?
      だから、私の考え方が歪んでいて、それを正すことでトイレ回数が減らせるのではないか?と思って、認知行動療法を希望しました。

      値段に見合うかどうかは、本人次第ではないでしょうか。せっかくプログラムを組んでも、つらくて途中で止めてしまう人も多いと聞きました。
      対象者は、うちはクリニック所属の医師の診察を受けて対象になると判断された人しか受けられません。よそもそうだと思います。

      逆に、私は非定型精神病というのが全然分からなくて、医療保護入院扱いになってしまうのがなんか凄いなと思ってしまいます。入院したことが無いから、余計にそう思うのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。