きょうの健康「うつ病」を視聴した

先日宣伝していたEテレの『きょうの健康「うつ病」』を視聴した。

うつ病チェックで「うつ病の可能性がある」と出た人に、「精神科か心療内科へ行け」って言ってたんだけど、それどうなのかな?と思った。心療内科は違うでしょ、っていう。
こういうNHKみたいな大きなメディアで、精神疾患は心療内科でもOKみたいなイメージは醸し出さないで欲しい。心療内科は内科の一部です。

抗うつ薬で寛解に至るケースは多いが、飲むのを止めて2~3年で再発するケースも多い。というのは、まぁ統合失調症も同じかなーと思った。
統合失調症や双極性障害だと症状も派手だから、断薬するって人は少数派だと思いたいけど、うつ病だと「もういいや」とか思いがちな雰囲気がある。そうでもないのかな?

治療抵抗性うつ病というのがあるらしく、その治療が長年課題だったそうだが、なんかrTMSという治療法があるとのことだった。
磁気を発する装置を頭に当てて脳を刺激する、という、映像を見ただけではかなり恐ろしい感じがしてしまう治療法だった。ロボトミーの再来か、みたいな。
しかもこの治療、1回40分を週5日、6週間も続けなきゃいけないらしいんだけど、ぶっちゃけ重度のうつ病患者が毎日病院まで通って、40分の治療を受けて帰る元気があるとは思えないんだけど。入院しての治療になるのだろうか?

ともかく、うつ病の人は「怠けてる」と周囲から言われる前に精神科へ行ってしまったほうがいいよね、と思った。

2件のコメント

  1. 忘れてた。
    Eテレのメンタル疾患の特集の日でしたね。
    今日ちょうど統合失調症の日やから見れたら見ます^^

    1. えぇ~忘れてたんですか? テレビの横にメモとか書いておいてくださいよ~。
      でも今日は見れそうですね! 15分だけなんで、見てくださいね!
      私は録画してあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。