イライラが酷い

朝起きた時からなんか虫の居所が悪いとでも言うのか、妙にイライラしていた。
1階に下りて朝食を準備して食べ終わり、またリビングへ戻って母に「昨日の件だけど、なんで〇〇さんちの娘さんが××に勤めてるとか言うの? 当てこすり? 無職の私にそういうこと言って、お前は無職のくせにって言いたいわけ?」みたいな感じで、絡みまくっていた。

その××というのが地元でも有名な大学病院で、そんなところで働けるなんてよほど優秀なんだろうし、そりゃ親御さんも自慢の娘で鼻高々だよねー、本人は短大卒だけど就職は勝ち組、素敵な旦那もいて勝ち組。それに比べてお前は4年制大学に入ったものの中退、最終的には4大卒とはいっても通信制、仕事もバイトばかりで長続きせず、挙句の果てに精神病なんかになって、月数千円の内職やってるだけ。情けなくて人様に言えない。
ってことが言いたいんだろうなーと思うと、だんだん腹が立ってきた。

〇〇さん本人も、聞いたこと無い短大卒なのに、住友商事に就職したからって、「あたくし住友商事に勤めてましたの、主人とは職場で知り合いましたの、ほほほ」って上流階級ぶってて、本当に癪に障る。短卒ごときで何言ってんのかな。だいたい住商住商連呼するけど、数年しか勤めてないじゃん。バイトと一緒じゃん。
一流企業の短卒女子なんて、男性社員の嫁候補じゃん。なのに、それも理解できず、「仕事で英文タイプを打っててキャリアウーマンだったのよ」って。英文タイプが打てるくらいでドヤ顔されても。

とか色々考えちゃって、母にも「私のことクズだと思ってんでしょ!」とウザ絡みしていた。
すると母が「被害妄想でしょ! いい加減にして!」と逃げるように2階へ行ってしまった。私は「これが被害妄想? 真実を言っているだけなのに」と思ったけど、とにかく怒りの感情が爆発しそうでつらかった。
それに加えて、午前中から身体科の診察のために出かけなければならず、その医師に暴言を吐いたり暴れたりするイメージがチラついて、これは流石にやばいかな、と思って、頓服のリスパダールを飲んだ。

30分もしないうちにスーッと怒りが引いていき、穏やかな気持ちになった。リスパダール凄い。懸念していた眠気は全然出なかった。やはり神経が本気で高ぶっている時は鎮静が適切に効くんだね。
やっぱりこれ病気なんだね……。性格では片づけられないくらいの攻撃性と言うか、激昂ぶりだからなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。