6日ぶりの外出

所用で出かけてきたんだが、タイトル通り、12日に基幹相談支援センターへ行って以来、6日ぶりの外出となってしまった。どんだけ引きこもってるんだよ。

さすがにこれだけ引きこもっていると、体力も落ちたけど、気力がもう全然無くなってしまった。
当日キャンセルが難しい用事だったので、なんとか気力を振り絞って5時に起きて行ったけど、どうしても満員電車に乗るのが嫌で、最寄り駅からタクシーを使っちゃったよ。お金が……。

リモートワークとかしている人たちって今どうしているんだろうね? よほど意識して体を動かさないと体力落ちるよね。あと気力。意欲とでも言うか。
家に居てネサフばっかりやっていると、自分がどんどん腐っていくのが分かる。やる気が出ない、あれも嫌、これも嫌、面倒くさい。陰性症状とはちょっと違う気がする。

30代で引きこもっていた頃は、無気力な状態に焦りを感じつつも、半ば開き直っていた。職歴が1年以上空白になった時点で、「あぁもう私の人生終わったな」と思っていた。
でも今は諦めなければ障害者雇用やB型作業所通所など、引きこもらずに済む場がある。

まぁ自分はどこへ行っても馴染めないというか、言い方悪いけど、福祉サービスを提供する側が「障害者だからこのレベルでいいでしょ」っていう舐めた態度なのが、どこへ行っても感じるので、なんかもう福祉サービスを受けること自体、止めようかな、とか思っていたりする。
いい年こいてクリスマス会だの七夕会だの、紙皿に安いケーキとか、無いわ。どうせ職員は家帰ったら有名パティシエの高級ケーキを食べてるんでしょ? なんつうかもう格差を痛感するよね。あぁ私、負け組なんだなって。

なんか愚痴っぽくなってきたな。これくらいで止めておこうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です