絵画教室へ行ってきた

昨日、2週間ぶりの絵画教室へ行ってきた。更新するの忘れてた。

今回も前回の続きで、まずはコンクリートの着彩。ラベンダーにグレーを混ぜて、筆致でまだら模様ができるように塗り進める。これが思いのほか上手くいき、コンクリートの雰囲気が凄く出たと思う。

次に、水仙の花と葉で、全体的に薄く下地の色を乗せていく。
葉の色はグラデーションがかかっているようでかかっていないので、色選びをすごく悩んだ。結果、強い緑色を水で薄めて淡くする、という方法で、薄い色を作った。黄緑色だと浮いてしまうと思う。

花については、これも強い黄色を水で薄めて薄い色を作った。下地の段階で既にちょっとだけ陰影を付けていたが、先生には何も言われなかったので、これでいいと思う。

葉を塗っている時に、またもや線画の描き忘れを発見してしまい、慌てて鉛筆で加筆した。
これなぁ~。線画って絶対1か所は忘れるんだよね……。なんでだろう? 鉛筆で描き終えた時は「絶対大丈夫! 描き残し無し!」と自信満々なのに、色を塗る段階で、何故か描き残し、描き忘れに気が付いてしまうという。
先生は「気にしないで良いよ」とおっしゃるけど、気にするよ……。

まぁそんな感じで、1時間半があっという間だった。
で。先生と私の都合で、次の講座まで1か月近く開いてしまうため、私が「持ち帰って家で少し進めても良いですか?」とお伺いしたところ、「いいよ、透明水彩ある?」と言われたので、「あります」と答えて、持って帰ることにした。

先生的には、間が開いてしまうだけで講座の回数が減るわけでは無いので、持ち帰って進めなくても間に合うよ、とはおっしゃっていたけど、私が不安なんだよ。
先生の常として、進捗状況70%目くらいまでは「いいねいいね」で進むんだけど、そこから急にエンジン全開で「もうちょっとここ、こうしよう」「ここもっと描けるよね」と追い込みが入る。
締め切り+追い込みでは、私の精神が絶対にもたないから、余裕を持たせてもらうために、今のうちに進められる所は進めておこうと思った。

といっても、来週から新しい作業所(5)の利用が始まるので、そんなに絵を描くまとまった時間って取れないんだけどね……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。