メンクリの通院日 エビリファイ復活

2週間ぶりのメンクリの通院日だった。
今回も作業所等からの帰りではないため、家から直接出向いた。夕方から出かけるのってあまり好きじゃない……。

前回の診察で、ラミクタールを朝・夕の1日2回から夕のみの1日1回に、アリピプラゾール(エビリファイ)1.5mgをゼロに、減薬したわけだが、減らして1週間くらい経った頃からスーッと気分が落ちていき、抑うつ状態になった。
家計簿チェックをしたら、障害年金2か月分くらいの金額を5月の1か月で使っており、ショックで自己嫌悪に陥っていることなどを話した。疲労感やだるさなどもあって、調子が良くないと話した。
これに関しては、薬の調整をしましょう、と言われた。

また、新しい作業所(5)に対して私特有の妄想が出始めており、このまま話を進めて良いのかどうか悩んでいることを話した。
これに関しては、「その妄想が続くと、作業所を利用するうえで何か不都合が生じますか?」と聞かれたので、ちょっと驚いた。不都合か……。そういう観点でモノを考えたことが無かったなぁ。
その場で少し考えて、「あるにはあります」と答えると、「じゃあその時になったら、また改めて考えましょう」と返されてしまった。あくまでも利用には反対しないって方針なのか?

なんか今回のやりとりで、今の主治医も面白い人だな~と思うようになってきた。
最初は素っ気ないというか、薬だけで治療して、精神療法には興味無い医師なのかな、と思っていた。でも、今は違う。結構精神療法を使われる。
診察時間は10分いくかいかないかで、前主治医が15分以上かけていたことを考えると、ややコンパクトにまとめてこられるけど、無駄が無いと言えば無いかな?

まぁそんなこんなで、今回も10分くらいで話がまとまった。
ラミクタールは1日1回夕25mgのみで変わらないが、アリピプラゾール(エビリファイ)1.5mgは元に戻すことになった。私もそのほうが良いと思った。
やっぱり前主治医がこの処方(アリピプラゾール1.5mg)をどうしても止めたがらなかったのには意味があったんだなぁ。

現主治医も最初は「意味がある」とおっしゃってたけど、ここ最近の私の躁状態がちょっと目に余るので、減らさざるをえなかったのだろう。それは私も同意しているし、あの時逆に何もしなかったら、もっとお金を使っていたのは確実だし、下手したら統合失調症の陽性症状まで再燃する可能性もあったわけで、前回の診察でスパッと2種類、切ってもらったのは本当にナイス判断だったと思う。

それで、前回の診察で主治医に食ってかかったこととか謝っておいた。主治医はニコニコしてて「全然気にしなくていいですよ」とかおっしゃってた。まぁ仕事柄そういうのに慣れているんだろうね。大変な仕事だよ。

会計は、今月の自己負担金額が上限に達していたので、ゼロ円でした。
そのあと受付のお姉さんに呼ばれてカウンターの隅に行ったら、某こころの元気+にerikoさんの投稿が載ってるって前主治医先生から聞きましたよ~とか言われて、一瞬なんでそんなのバラしてんの!?と思ったけど、ちょっと嬉しかった。前々から、私の投稿が載ってると「ホラこれ」って教えて回ってたらしい。初耳だよそんなの……。恥ずかしすぎじゃん。
ていうか、あの雑誌スタッフも読んでるんだ。役にも立つし勉強になる、みたいなことを言っていた。すごい勉強熱心なスタッフだよ。いい病院の条件だよね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。