作業所の契約に行けなかった

昨日は22時くらいには寝ようと頑張って頓服を2個飲んだ。結局23時くらいになったけど、寝るには寝られた。
ところが深夜1時過ぎ、腹痛で飛び起きた。トイレへ直行すると激しい水下痢。なんかおかしい。いつもの過敏性腸症候群的なお腹の痛さじゃない。
吐き気もあって、便意が落ち着いたら指を喉に突っ込んで吐いたんだけど、夕食後から結構時間が経っているのに、結構な量の吐物が出てくる。やっぱりこれはおかしい。

一度自室に戻って寝ようとしたが、あまりにもお腹の調子が悪くて寝ていられず、またトイレへ。そこからは、トイレとリビングを行ったり来たりして、気が付いたら3時だった。ほとんど寝られてない。
脱水や痛さからくる貧血、眠気で意識が朦朧となっており、母に「救急車呼んで」と頼んだが、「下痢くらいで呼ぶなんて近所迷惑、恥ずかしい、早く寝ろ」と一蹴された。こいつ自分が倒れた時は救急車を呼んでもらうのに、私が倒れても呼ばないのか。

私はこれ食中毒だと思った。昨晩の夕食がメジマグロという珍しいマグロの刺身で、味がなんかおかしかったんだよね……。苦いっていうか……。
でも、母も同じものを食べているし、なんで私だけ?って気がするのも事実。母は、今日作業所の契約手続きがあるから、それで緊張してお腹に来てるんじゃないの?って言ったけど、嘔吐もあるんよ。下痢だけならともかく、嘔吐はさすがに過敏性腸症候群の症状では無いから。

なんか割り切れないなーと思いつつ、3時過ぎに少し落ち着いたので自室に戻って寝た。
ところが、タイマーで5時に叩き起こされた。体調が悪くても「5時に起きなくては!」と昨日から思っていたから、意外にすんなり起きれちゃうんだよね、これが。
そこで基礎体温を測ったら37℃を超えていて、あ、これはいろんな意味でもう今日は作業所に行けないわ、と思った。諦めた。

すぐにPCを起動させ、作業所宛に今日休ませてください的なメールを書いた。悲しいっていうか、もう本当に消え去りたかった。
せっかくみんな応援してくれて、作業所のスタッフさんとか相談支援専門員さんとか、みんな私のために集まってくれて、話し合ってくれるのに、肝心の私がドタキャン……。死にたい。

そのあとカロリーメイトとか食べつつ、やっぱりそれも下痢してしまいつつ、作業所の開所時間を待って電話をかけた。忙しかったのか塩対応で、またもや死にたくなった。
そのあとすぐにメールの返信が来たけど、なんか嫌がられてるのかな、と思えて仕方が無い。でも、どうしてもこの作業所を利用したい。どうしたらいいんだろう? もう無理なのかな……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。