安倍元首相の訃報

今日起きたのが遅くて、昼頃にテレビを見ていたら、ニュース速報が入って、安倍元首相が撃たれたとのこと。この平和な日本で要人がよりによって銃で撃たれるとか、何事なんだよ、と思って見ていた。
容体はずっと心肺停止。なんか嫌な予感がする。と思いつつ、後ろ髪を引かれる思いでメンクリへ行った。

メンクリの門前薬局で順番待ちをしていると、またもやニュース速報の音。もしかして、と思って薬局内に設置してあるテレビを見たら、安倍元首相が死亡したとのことだった。最悪の結果だ。

Twitterなどで、安倍元首相のことをものすごく侮蔑的に攻撃している人(アベとカタカナ書きするとか)や、殺害予告と受け取られてもおかしくないような投稿している人が一定数いて、この人たち裁判起こされたら有罪だよ?とか、この人たちの中から刃物沙汰になるような事件が起きてもおかしいくないよ?とか、いろいろなことを考えたことは、ある。

ただ、銃の所持も使用も禁じられていて、堅気の人間にはそれなりに守られているこのルールを無視して、刃物沙汰ではなく銃撃というアメリカみたいな事件が起こるとは、もうまったく予想だにしなかった。
いまだに現実感が無いというか、現実を受け入れられないでいる。こんなことってあるの?という。

最後になったが、安倍元首相のご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。