約3か月ぶりの美容院

約3か月ぶりの美容院へ行って来た。本当ならサイクル的には来週に行くべきだったんだけど、生理が来そうだったので、今週にした。
そのことは、担当の美容師さんにも最初に言われた。「今月早いですね」って。なので、「今月は今日を逃すと、もうずっと予定が入っていて、来れるのが4月になっちゃうんですよ」と言い訳した。すると「年度末の何かで?」って言われて、仕事関係の用事だと思ったみたいで、仕事、体調、私用、と色々あるので、「いやまぁ用事です」と質問をかわすような答えをした。そしたら、それ以上つっこんでこなかった。ホッ。

髪はやはり、乾燥する季節ということで、若干痛んでいると言われた。自分でも、パサパサするなぁと思っていたし、朝スタイリングする時など、仕上がりがパサついているなぁとも思っていたので、やっぱりな、と思った。
今日は珍しく、シャンプーをアシスタントではなく、担当の美容師がやってくれた。常連客だと認められたのだろうか? 下手だからシャンプーしないのかと思っていたら、全然違って、普通に上手かった。やっぱベテランは違うわ。安心感あるわ。
とりあえず毛先を2cmくらい切ってもらって、後頭部の付近を削いでもらって、軽くしてもらった。かなりモサモサしていたので、スッキリした。若い頃は、毛がかなり細くて、量も少なかったのに、中年になったら毛が太くなって、髪の量も増えた気がする。若い頃は、別の意味でストレスフルな生活をしていたから、そのせいで薄毛だったのかもしれない。

パーマは担当の美容師だけではなく、アシスタントが付いた。そりゃそーだよな。2人がかりだよな。って思ってたら、肝心のパーマ液をかけるところで、担当の美容師がどっか行った……。えぇ~そんな重要な部分をアシスタントにやらせるのぉ? 教育用に利用されてる? まぁでも、アシスタントもいつまでもアシスタントじゃいられないしなぁ。とか思ってしまう、優しい私だった。
とりあえず、渡された女性誌Storyを熟読していた。林真理子が「不倫なんて20代でみんなやったこと」みたいなエッセイを書いてて、だからこの女嫌いなんだよ、と思った。正直、林真理子の何が良いのかさっぱり分からない。
他は、なんというかこのStoryという雑誌が、デスクワークで働くママ向けのファッション誌だ、っていうことが分かって、汚れてもいい服装じゃないと嫌な思いをする職場な私には向いてないな、って思った。事務系・技術系でバイトしていた頃なら良かったのかもしれないけど。

パーマが終わって、トリートメントをしてもらった。多分、これをしてもらわないと、すごく痛むんだと思う。なので、ダブルトリートメントパーマというコースメニューを選んでいる。
もう既にパーマを何度かかけて、カールがかなり髪にかかっている状態なので、パーマは緩めにかけてもいいかも、と言われたんだけど、本当かなぁ? とりあえず仕上がりは凄く良い感じにはなってるけど。すぐに落ちたりしないよね?

最後に、マッサージをしてもらうんだけど、いつもはアシスタントがやってくれていた。でも、今回は担当美容師がやってくれた。うーん、役割交代しただけ? そして担当美容師、指を肩に当てて一言。「固い!」うん、知ってる。「いつもこんななんですか?」とか聞かれたので、「そうなんですよ、誰にやっていただいても、固いって言われます」と答えたら、ビックリしていた。
「これちょっと専門の人にやってもらわないと」と担当美容師が弱音を吐いていたので、「みなさんそう言われるんですよ」とか答えておいた。「どこかマッサージ屋さんに行かれる予定は無いんですか?」とまで聞かれたので、「あんまり触られるの好きじゃなくて……」と答えたんだが、美容師のベテランがこんな弱音を吐くほど肩が凝っているのは、やはり放置しておかないほうがいいのかも。マジでどこかマッサージ屋へ行くことを検討しないといけないなぁ。腰痛も尋常じゃないし。

次回は6月頃ということで、湿気に注意してね、と言われた。髪が広がりやすくなるから、だって言うけど、梅雨時にどうやって湿気から身を守れば良いと言うのだ~~~!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。