大腸内視鏡検査をしてきた-2

25日は疲労感が凄くて、11時から12時半くらいまで、いったん仮眠を取った。実際に眠気が凄くて立っていられないくらいだったし、10分おきくらいに来る便意で疲れ果てたのもあると思う。
13時少し前に、送迎してくれる親の車が着いたので、それに乗って総合病院へ向かった。

検査の手続きは簡単で、事前に書いておいた問診票や同意書などを提出するだけ。あ、保険証や診察券なども出すけど。
何はともあれ、とりあえずトイレへ行って出血が無いか確認。無かった。局部がどうなってるか、ちょっと分からないけど相当痛い。

総合病院なので診察室がいくつかあり、そのうちの1つを指定されて待っていた。
看護師に促されて中に入ると、すぐに「具合悪くなりませんでしたか?」と聞かれた。事前に電話で、過去に検査した時のことを話したら、それがきちんと連絡事項として伝わっているようだった。良い病院かもしれない。
素直に「便意がすごいだけで、具合悪くはなりませんでした」と答えたら、「良かったですー心配してました」みたいなことを結構言われて、すごく優しいなーと思った。
ここの病院はGoogleのクチコミではあまり評判が良くないので少し不安だったけど、実際に診察してもらったら全然嫌なことが無くて、むしろどの医療スタッフもめっちゃ優しく接してくれるので、クチコミはあてにならないと思った。

その診察室で検査するのかと思ったら、そこは着替えるだけの部屋だった。上は作務衣みたいなやつで、下はいわゆる検査パンツ。局部だけ穴が開いているやつ。
それに着替えて、点滴を打って準備完了。しばらく待っていたら、別の看護師が来て、「準備が出来たので、お部屋を移動しましょう」と言ってきた。え、この格好のまま外に出るの!?
マジで?と思ってるうちに、診察室のドアを開けてスタスタ歩き始める看護師。私は穴の開いた検査パンツ姿で点滴スタンドを持って、廊下を歩く……。他の患者がいるんだが……。超恥ずかしいんだが……。
いや、穴が開いてるといっても、目に見えてくりぬかれているわけではなく、局部に切れ込みが入っている程度なんだけど、パンツの構造が短パンみたいな長さで、膝から下が丸出しだし、やっぱり歩くときにお尻が見えないかな、とか心配なわけですよ。これどうなんだろう?

まぁそれで無事?に検査室まで辿り着きました。
既に検査の準備は出来ていて、担当の医師も手術着みたいなのを着ていて、スタンバイOKみたいな感じだった。
検査台に横たわると、腸の動きを止める薬を点滴経由で打たれ、患部に麻痺する麻酔薬を塗られて、検査開始。

最初、めちゃくちゃ緊張しているせいか局部に力が入って、何度も「力を抜いてください」と言われた。そうは言っても、なんか力を抜いたら実が出そうで怖い。まぁしばらくしていたら力も抜けてきたけど。
そこからはスルスルと内視鏡が入っていった。

と言いたいが、途中からめっちゃお腹が痛くなってきた。医師曰く、私の腸は普通の人よりちょっとクネクネしているらしくて、それを真っすぐにしないとカメラが通れないから、痛いかもしれない、とのこと。うーん、自分の腸の形が分かったのは収穫だなぁ。
途中から看護師がお腹をギュッと押しているのも痛さに拍車をかけた。なんか腸が動かないようにしているっぽい感じだったけど、私があまりにも「痛いですー」と言うせいか、医師が「もう押さえなくていいです」と言っていた。

私が不安になっていると感じ取ったのか、看護師が突然「先生はスーパードクターで学会で表彰されたんですよね! 素晴らしいですぅー」とか医師をヨイショする謎行動に出たため、吹き出しそうになった。スーパードクターてw テレビの見過ぎでは?
まぁそれで別の意味で力が抜けたのはあるかもしれない。
最後、局部周辺をかなり念入りに診ていて、それはまぁ痔の状態を見ているんだろうなぁということが分かった。

検査が一通り終わり、医師の説明を受けた。
結論としては、ポリープも腫瘍も無いですよ、とのこと。なにはともあれホッとした。ただ、検査の写真を見ると、腸壁がかなりどす黒いのが気になった。10年前はもっとピンク色だった。「これは何故?」と聞いておけば良かったな……。

あとはやはり痔が。きちんと3個あって、一番大きいものは局部の半分くらいを占めていた。こんなに大きいイボがあったら、そりゃ便も細くなるよなぁと思った。
うち1つは小さいけど出血していて、「ちょっと血がにじんでますね」と言われたので、「排便したときに時々出血してました」と答えておいた。

検査自体はわりとすぐに終わり、今度は下半身にバスタオルを巻かれて、処置室らしき部屋を案内された。バスタオル巻いてるとはいえ、この格好でまた廊下を移動するの、超恥ずかしい。ここの病院はちょっとそこらへん配慮したほうがいい。いくらおばさんでも恥じらいというものがあるよ。
で、着替えたんだけど、そこにはもう看護師もいないし、帰っていいのかどうかも分からない。事前説明では「検査後30~60分、休んでもらう」とあったが、こんなところで休めるのか?というくらい狭いし、なによりも看護師がいないから、内側から勝手に鍵をかけても良いのか悩む。
結局、良く分からないので着替えてすぐ出てきてしまい、会計を済ませて親が待っていた車に乗り込んで帰宅することになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です