体調メモ+日記

昨晩は早くから眠くなり、23時には薬を飲んで寝た。今朝は久しぶりに5時頃、尿意で目が覚め、トイレへ行った。当然まだ眠かったので、二度寝をした。気が付くと8時半で、完全に寝過ごしていた。なんだろうな、やっぱり寒いと睡眠サイクルが狂うようだ。冬眠でもしているんだろうか?
朝食は食パン半分で満腹になった。食後、凄く眠くなってしまい、10時まで三度寝。まずいなぁ。
起きた後は、いつものネット巡回をしたら、あっという間に11時が来た。

今日は母が作業所の家族会へ行っていて留守なので、昼食は自炊だった。また母が出がけに「昨日の鍋が残ってるから、食べて」と言った。これが命令に聞こえてしょうがなかった。鍋を食べなければならない、他の物は食べてはならない、みたいな。
最終的には、一昨日買ってきた日清のカップヌードルサイズの他社のカップ麺と、鍋の残りを食べた。かなりお腹いっぱいになった。まぁ鍋はほとんど野菜だし、1切れ残っていた肉も鶏肉だから、そんなにカロリーは無いと思いたい。

そういえば20日のメンクリで、母が某作業所の関係者と知り合いだよ、と主治医に話した途端、主治医がやたらと顔を触ったり、髪の毛やあごひげをモシャモシャやったりし始めて、落ち着きが無くなったのがとても気になっている。「えー、ほんとにー? あっそうー、うーん、そうなのかー」みたいな独り言をしばらく言ってて、私のほうが主治医が落ち着くのを待っていたくらいだった。
なんだろ、精神障害者向けの施設の関係者と、私の親が知り合いであることが、そんなに気になることなのだろうか? 知り合いだと、その某作業所を利用したらダメなのかな? 私自身は知り合いでは無いけど、でも確かに、母の名前を出せばほぼ確実に先方は「あぁ、〇〇さんね」ってなるくらいの面識はあるし、更には、「え、〇〇さんの娘さん、精神障害者なの?」って話になってくるのは、目に見えているわな。
勿論、そういう施設で働いているから、精神障害者に偏見は無いだろうけど、自分の知り合いの娘が来ることは想定していないだろう。こちらも、親の知り合いがいる所で働くのは、かなり気まずいし。難しいな。

夕方、風呂に入った。風呂に入るだけで疲れちゃうね。
夕食は、あまり食欲が無くて、吐き気も酷く、ひじきの煮物を残してしまった。っていうか、ひじき、まったく消化されずに出てくるから、食べたくないんだよ。高確率でお腹も壊すし。前にも言ったのに、忘れてるんだろうなぁ母。まぁ良いけどね、勝手に残したから。

なんだろうな、やっぱり明日、作業所って思うと、気が滅入るし、気分も具合も凄く悪くなる。気道と食道が詰まるような感覚、息苦しくて、食が進まない。
これ多分、作業所を変えても変わらないと思う。多分ね、もう働きたくない。遊んで暮らしたい。微々たるお金を得るために嫌な思いをしてまで働かなくても、障害年金が転がり込んでくるんだから、それでいいじゃん。そう思うのは事実だ。
反面、どこかで社会と繋がっていたい、賃金の過多は問題じゃない、所属する団体があることに意味がある、なども思っていたりする。難しいよなぁ、こういうの。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。