体調メモ+日記 伯母、来襲

昨晩はいつものごとく、全然寝る気になれなかったが、23時半を過ぎたら流石に眠くなってきて、深夜0時過ぎには薬を飲んで寝た。すんなり寝られたと思う。
朝はまた5時過ぎに尿意で目が覚め、トイレへ行って二度寝した。7時半頃に起きて、朝食を食べた。休日なのに早い。まぁそのあと、薬を飲んで自室のベッドで30分ほど寝たけどね。やっぱり7時半は早すぎた。
今日は午後から母方の伯母2人が上京してくるので、化粧をしておかなくてはならない。というわけで、休日だけど朝から洗顔したりして、準備をした。そのあとで、ネサフなどをした。

昼が過ぎて、伯母たちが我が家へ到着した模様だった。「模様」と言うのは、私は自室にこもっていたから、家に入る現場を見ていない。いまだ母と喧嘩状態で、あまり話せていないので、よく分からない。
でも、しばらくしたら、母が私の部屋に来て、「Bおばちゃんから、これ預かってるから」とポチ袋を差し出した。私もうお年玉って歳じゃないのに、と思いつつ、ありがたくいただいた。
他におみやげもいただいたので、お礼を言おうと1階へ下りたら、お喋り好きなAおばちゃんしかいなくて、Bおばちゃんどこへ行ったんだろう?と思ったら、トイレだった。Aおばちゃんには完全に捕まってしまい、よくもまぁこんなに話すなぁ、というくらいの勢いで、マシンガントークをかまされた。はぁ。実はAおばちゃん、苦手……。Bおばちゃんはのんびりしているので、すごく付き合いやすい。
まぁそんな感じで、しばらくAおばちゃんの話に付き合わされたが、適当な所で「あ、私、まだ用事が残ってるんで! また夕飯の時に会いましょう」と言って、自室に避難してきた。
と言いつつ、15時にまたリビングへ下りた。おばちゃんたちが「お茶よばれてます」と言ったので、あぁおばちゃんたちも3時のおやつタイムかー、と思った。ちゃっかりしてるなぁ。まぁ母がお茶を出したんだけどね。「erikoちゃんも、お茶?」と聞かれたので、「そうそう、お菓子をねー」と言いかけたら、母が「季節限定のお菓子があるよ」と出してきたのが、母恵夢っていう白あんの和菓子?みたいなやつ。それの桜バージョン。季節限定に弱い私は、「それにする」と飛びついた。話もそこそこに、切り上げて自室に戻った。

そのあとは時間潰しをひたすらしていた。ネットも飽きちゃったし、久しぶりにテレビのBS放送を見ていた。ほんと時間潰しにはなった。
夕方になって、回転寿司屋へ行った。チラシが入っていたせいか、18時前だというのに激混みで、15分くらい待たされた。遠方からわざわざ伯母が来ているのに、カウンター席では話もしづらいということで、ソファ席が空くまで待ったのだ。
寿司は回転寿司にしてはちょっと値が張るタイプのお店なんだが、やっぱりどれを食べても美味しくて、伯母がビールを飲むというから、私もチューハイを飲んじゃおうってことで、物凄く食が進み、いっぱい食べちゃった。と言っても、1皿2貫なのを母とシェアして食べたので、量的にはそんなに食べてないと思う。みんなが「じゃあ帰ろうか」って言った時に、「え、まだお腹いっぱいじゃない」と思ったし。
でも、ここで満腹になるまで食べるのが太る原因なんだろうなーと思って、黙ってた。「もう少し食べたい」って言ったら、絶対母に怒られる。
そうそう、母との関係も、お酒が入ったことでリラックスし、気楽に話せるようになったので、多分これで解消したと思う。

お酒を飲んだので、夕食後に飲むロナセン8mgやデパケンRなどを飲まないでいたら、21時を過ぎたあたりから、家の中に居るのに他人の視線を感じる、他人の存在を感じる、監視されているように感じる、といった症状が出てきて、ロナセンってそんなすぐに効くっけ?と思いつつ、慌てて夕食後の薬を飲み、更に追加で頓服のリスパダールも飲んでおいた。
リスパダールは30分くらいで効いてきて、他人の視線のようなものは少し和らいできた。完全には無くなってないけど……。うーん、お酒、難しいなぁ。飲むと楽しいし、食も進むし、美味しいし、良いことだらけなんだけど、精神科の薬とは相性悪いよね。なるべく同時には飲まないようにしているけど。今日みたいな症状が出ると、飲まないほうが良いのかな、って思わなくもない。まぁそう言いつつ、これからも飲むとは思うけど。

精神状態は、口うるさい伯母Aが来るということで、もっと荒れるかと思ったが、どうってこと無かった。いつも通り「仕事はどうなんだ」的な話は聞かれたが、「忙しくないよ、のんびりしてるよ」「毎日は働いてないよ」くらいのことしか言わなかった。
過敏性腸症候群は、便秘気味。出ない。結構苦しい。ガスは出るんだけど。まだイリボーが残っているのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。