体調メモ+日記 ロナセン16mgに減薬 13日目 ロヒプノール0.5mgに減薬 2日目

昨晩はあまり眠くなかったけど、23時半くらいには薬を飲んで寝た。寝付きは良かったと思う。
深夜2時半に中途覚醒して以降、1時間おきくらいに目を覚ましていた。うーん、やはりロヒプノール0.5mgでは足りないのか……。試しにざっと調べてみたところ、ロヒプノールより半減期の短い、中時間型の睡眠薬は無いみたいで、ロヒプノールが今のところ最適解っぽいんだよね。これで対応できないとなると、どうにもならない。
私の考えでは、用事がある日の前夜だけ0.5mgで、普段は1mgにする、という感じなんだが、主治医はどう思うか、だよなぁ。
最終的には、7時半頃にはもう起きていたんだけど、父がリビングにいる様子だったので、8時まで待って、8時に1階へ下りて朝食を食べた。

そのあと、9時過ぎになるまで待って、保健福祉センターへ電話をした。その際に、少し書類などを片付けた。
それが終わった後は、ひたすらネット巡回をしていた。体全身が痛くて、昨日の美術館の疲れがドッと出ていた。でも、うまく寝られなかった。
気分転換に録画していた番組を1本見た。バリバラだが、あまり面白くなかった。

昼は、コンビニのおにぎり(今100円なので)2個と、サラダ。2個では足りないかと思ったが、どうしてどうして。普通に足りてしまった。なんか、このところ食欲が無いわけではないんだけど、量が入らなくなってきた。老化なのかなー。嬉しい老化だなー。
午後は別記の記事のとおり、白髪を染めていた。

夕食は出前の寿司だった。銀のさらって所なんだけど、まぁまぁの美味さですね。シャリがやや多めで、満腹感が半端ない。だから、量は少なくても良いって言ったのに。いや、ここで言っても銀のさらには聞こえないか。
今回、この出前で、25年ぶりくらいにウニを食べた。約25年前のウニは、物凄く磯臭くて苦くて、ハッキリ言って不味かった。だから、それ以来ウニは食べないようにしていたんだけど、今回のウニは全然そんな味がしなくて、まぁ美味しいか?と聞かれたら、そんなに美味しいとは思えないんだけど、少なくとも不味くは無かった。

今日は午前中から物凄い暑さで、私が住んでいる所でも25℃を大幅に超えて、思わず冷房を入れてしまった。今から冷房とか、真夏どうするんだよ……。っていうか、これ書いてる今も冷房かかってるし。ホント暑い。

精神症状は、幻聴も妄想も特に無くて、嫌な記憶のフラッシュバックもあまり無かったので、平和だったかな。それよりも、昨日見てきた絵がスライドショーのように思い起こされて、とてもいい気分です。やっぱり美術って良いなぁ。心が安らぐよね。

過敏性腸症候群については、朝1回、午後3回と、計4回も排便があり、それもかなりの腹痛を伴うもので、つらかった。
あまりにもお腹が緩いので、夕食時に飲む予定だった炭酸飲料は諦めて、紅茶を飲んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。