臨時で生活訓練の事業所へ行ってきた

絵画教室のあと、臨時で生活訓練の事業所へ行ってきた。
21日以降で工賃を受け取りに来て欲しい、と前々から言われていて、こちらとしては25日の通所日でもいいじゃないか、って感じなんだけど、どうもそれだと事業所的に都合が悪いらしい。
21日は私用が忙しくて疲れ果ててしまったので行けず、じゃあ今日しか無いじゃん、ってことで行ってきた。

いつもよりだいぶ時間帯が遅かったが、電車は結構数が走っていて、数分待ったくらいで乗れた。
誰も急かしていないんだけど、何故か急かされるように早足で事業所まで歩いた。今思えば、精神的な状態はあまり良くなかったんだと思う。
昨日あたりから「今月いっぱいでクビにしたいから呼び出されているんだ」「月金しか行けないのは怠けだと怒られる」等々の被害的な観念が頭に浮かんでは消えしていて、「早く行って謝罪しなければ」とか思っていた。

事業所に着いたらすぐに所長が出てきて、応対してくれた。
いつも書いている出勤簿を持って来て、「日付と体温を書いたらそれでいいから~」と言われた。あれ? もしかして今日は通所扱い?

早速相談室で工賃の話をした。先月より数百円増えていた。嬉しい。
先月の通所日数が7日のはずなのに、所長は「8日だよ?」と言っていた。おかしいなぁと思って今調べたら、やっぱり7日だった。工賃も7日で計算されている。所長、しっかりして……。
そして、今月12月は仕事になるようなことをしていないので、「工賃が無い」とは言わなかったけど、多分無いのだと思う。まぁ仕方が無い。朝起きて身支度をして、外に出て事業所に通うことに意味があるのだから。交通費は出るだろうから、それで納得しよう。本音を言うと悲しいけど。

結局、私が感じていた被害的な観念の事実はまったく無くて、ただの妄想だったんだな、と思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。